とうゆき さん プロフィール

  •  
とうゆきさん: 趣味人の宿部屋
ハンドル名とうゆき さん
ブログタイトル趣味人の宿部屋
ブログURLhttp://yadobeya.blog.fc2.com/
サイト紹介文主にアニメ感想などを肥やしに面白い検索キーワードを探すブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供240回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2014/01/04 11:32

とうゆき さんのブログ記事

  • 君は君だ ウルトラマンジード 第2話「怪獣を斬る少女」 感想
  • ウルトラマンジードとなって戦いながらも世間からの否定的な意見を聞いたリクは二度とフュージョンライズしないと宣言。そんな矢先、知り合いの子・エリが宇宙人ダダに攫われる事件が発生! 突如目の前に現れた謎の女性・鳥羽ライハによると、エリには宇宙人が狙う謎のエネルギー・リトルスターが宿っているという。さらに倒したはずのスカルゴモラもエリを狙うように出現。危機を前にし、リクが出した答えとは!?<出演> 濱田 [続きを読む]
  • ロリMyペドアニメーション 天使の3P! #01「小学生にドッキリ!」 感想
  • 過去のトラウマからひきこもり気味の高校生、貫井響は、密かに歌唱ソフトで曲を制作し、動画サイトに投稿するのが趣味だった。そんな彼に会って話がしたいとメールしてきたのは、小学五年生の少女たち。子供の頃から姉妹のように一緒に育った三人からお願いされたことは、お世話になった人への感謝のために、彼女たちが過ごした思い出の場所でライブを成功させる事だった・・・。脚本:雑破 業 絵コンテ:柳 伸亮 演出:篠崎康行 [続きを読む]
  • 主従の在り方は十人十色 Fate/Apocrypha 第2話「聖女の出立」 感想
  • 僕が左斜め前にいるイカしたセイバーの背中を突っついたらどんな顔をするだろう。※ネタバレ全開バスに揺られながら、物思いにふける一人の少女―ルーラー。フランスの少女の身体を依代に顕界する異例な召喚をされた彼女は、此度の大戦に違和感を抱いていた。しかし、己の役割を全うすべく、ルーマニアの都市・トゥリファスへ出立する。一方、赤と黒の両陣営も来るべき戦いに向け動き出す?―。脚本:東出祐一郎/コンテ:浅井義之/ [続きを読む]
  • 寺島拓篤と佐藤聡美のご成婚
  • てらしーとしゅがぁが結婚とは驚き桃の木山椒の木。どっちも東京アナウンス学院の出身だったのか。なんにしろおめでたい話。この二人、魔法科高校の劣等生で共演してんな。西城レオンハルト役と柴田美月役で。つまりレオと美月が結婚……Twitterで幹比古役の田丸篤志の名前を入力したら「田丸篤志 結婚」でサジェストされるのが酷い。同じくネタにされる明坂聡美。ミルキィホームズのアルセーヌ様とストーンリバーか。ダブル聡美 [続きを読む]
  • 異形の聖杯戦争――開幕 Fate/Apocrypha 第1話「外典:聖杯大戦」 感想
  • これはサーヴァントの物語ではない。これはマスターの物語ではない。そして、聖人の物語でもない。これは、人間(ヒト)が願いを叶える物語だ。 ――これは英雄の物語ではない。英雄を志す者は無用である。かつて、冬木と呼ばれる街で執り行われていた、七人の魔術師と英霊たちによる「聖杯戦争」。しかし第二次世界大戦の混乱に乗じて、“とある魔術師“が聖杯を強奪する―。数十年が経ち、その聖杯を象徴に掲げたユグドミレニア [続きを読む]
  • 激闘決着 弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.25「空を仰ぐ」 感想
  • インターハイ1日目の山岳賞争い。いよいよ全開の真波と、執念で食らいつく手嶋の戦いは、リザルトラインまで残り400m!そこで真波にメカトラブルが発生、チェーンが外れてまさかの失速を起こす!山頂目前で手嶋はついに真波を抜き去り、千載一遇のチャンスに一筋の光を見た手嶋。そして真波が見たものとは...!?山岳賞を獲得するのは果たして...!?ついに決着![STAFF]脚本 砂山蔵澄コンテ 鍋島 修演出 大庭秀昭作監 番 [続きを読む]
  • 群雄相打つ 漫画版Fate/Apocrypha 3巻 感想
  • 徐々に蠢き始めた赤と黒の陣営。黒の陣営のキャスターによって命を消費される寸前、ホムンクルスの少年は脱走し、アストルフォによって助けられる。名もなく、虚弱なひとりのホムンクルス。彼の辿る運命はーー。Episode:09「切り裂きジャック(ジャック・ザ・リッパー)」相良z馬ー!開幕数ページで死亡。バラバラになっちゃった。Fakeの狂信者ちゃんといい蒼銀の静謐ちゃんといい最近のアサシンの(自分を召喚した)マスター殺し [続きを読む]
  • 二つの赤備え 「おんな城主 直虎」第24回より
  • 「向こうにもここに至るまで物語があるのだろうな。」「一度聞いてみたいものですなあ。」真田丸のこの源次郎と内記のやり取りは脚本家の三谷幸喜氏による「おんな城主 直虎」への激励だと言われてたけど、第24回「さよならだけが人生か?」で描かれた下記の台詞が森下佳子女史なりのお返しだったんじゃないかと思う。それは庵原助右衛門朝昌の「最後まで忠義を尽くした者こそ敵にすら惜しいと思われるのではございませんでしょう [続きを読む]
  • 俺は自転車が好きなんだ 弱虫ペダル RIDE.24「雑草の走り」 感想
  • 山岳賞を狙う真波を追って、つづら折りが続くいろは坂を必死に登る手嶋。そんな手嶋の平凡な走りから真波は彼に対して興味を持てなかったが、手嶋は何度引き離されても執念の走りで食らいつく!その姿を目の当たりにした真波は、それに応えるかのように温存していた力を発揮し、全開で加速していく。意識が飛んで挫けそうになっても踏みとどまり、手嶋は限界の力を振り絞る![STAFF]脚本 久尾 歩コンテ 紅優、鵜飼ゆうき演出 斉 [続きを読む]