ねこさん さん プロフィール

  •  
ねこさんさん: - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで
ハンドル名ねこさん さん
ブログタイトル- Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで
ブログURLhttp://bike-tourist.air-nifty.com/
サイト紹介文夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で
自由文銀マド─自画像篇─ / (銀のマドラー)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2014/01/05 09:05

ねこさん さんのブログ記事

  • 高橋順子 夫・車谷長吉
  • 八月中旬へと 偶然にも素晴らしい本に出会う あらっと気がついて図書館を検索したらちょうど空いたので すかさず図書館で借りきた 感想文は読み終わってから書く けれども読みながら湧き上がってくる感動を抑えることができない 車谷長吉さんは六十九歳、誤嚥による窒息のため亡くなったのが2015年のことだった 奥さんは詩人の高橋順子さんで、一歳上です 三回忌に綴った回想記がこの本で、高橋さんや車谷長吉さん、そのほか周りの [続きを読む]
  • ともだち (2)  ー 立秋号
  • ともだち (七月中旬号)を書いてから何日かが過ぎる。 その間にさりげなくツマにこの話を持ちかけてみた 「ともだちってのはなんでも話せるけど話せるだけやからな」 と喋りはじめたところで、ツマは大きく相槌を打ちながら 「そういうところがええのよなあ〜」 という ぼくはさらに続けて「ともだち」ってのは 「何の支えにもならないし 命を賭けて協力し合うなんてほとんど稀で 所詮「なかよし」なだけで 『ともだちって大事で [続きを読む]
  • 鶴さん そのつづき(4)
  • 8月10日に積丹半島に行ったのです。 どんな理由があったのかは、今から思い出すことはできず、その頃の心理を推測しながら考えるのですが、はっきりとしないです。 思いつきだったのか、秘境てきなイメージを地図から感じ取って、海の綺麗そうな場所へと向かったのかもしれません ・・・・・書きかけ ++ その時に書いた日記は以下です 「1977年北海道へ」の日記 [続きを読む]
  • 8月になりました・夏バテ知らず
  • 8月がゆるりゆるりとはじまる 日ごろの暮らしを大きく変化させたりするとリズムを崩しかねない そんな年齢であると薄々気づいている 大食いをしても大酒を飲んでも 必ず変調をきたすのも知っている なのに スーパーでお買い得のお肉を見つけるとカゴに入れて ウキウキして夕飯を食べると しっぺ返しがくる カマスを食べてみたり 長芋を食べてみたり 豆腐、納豆、オクラ、枝豆であったりもする 八月はじまる [続きを読む]
  • 鶴さん そのつづき(3)
  • 無鉄砲が続く 8月6日から有珠山が噴火の兆候を見せ始めていた。ちょうど8日の夜に青函連絡船で函館へと渡る人混みの中で有珠山に駆けつけるマスコミか学者の人の何名かの話が耳に飛び込んできた。 それを聞いてぼくもその火山に行ってみたくなる。だから、9日の朝、札幌駅に降り立ってすぐに躊躇わずにまた急行に乗って有珠山のある道南の方面へと引き返したのだった。 無計画というものは恐ろしいことであり無駄が多いのであるが [続きを読む]
  • 鶴さん そのつづき(2)
  • 物語は衝動的にはじまる 旅に憧れを抱いたり、ひとり旅を夢見ていたわけではない。 二三日前に街に出たときにふらっと立ち寄った本屋で北海道の旅本を手にとったのがはじまりだった。 衝動的というより他に言いようのない思いつきだった。 電車の乗れば北海道まで行けるだろう程度に考えたのだろう。 時刻表を買い周遊券のことを知って、母に北海道へ旅に出ると話したのは出発の直前だった。 母もそれを止めようとはしなかった。 [続きを読む]
  • 鶴さん そのつづき
  • 図書館の窓際の机から庭の景色を見ている カラスがちょんちょんと木陰を跳びはねている むかし鶴さんという居酒屋で他愛のない話を掘り起こして語ったことがあった それを「鶴さん」という物語風の作品にまとめている http://wp.me/P6fXhf-wj ふっと 鶴さん そのつづき みたいなのを書いてみようかなと思い始めている (追憶) 居酒屋・鶴さん [続きを読む]
  • 鯖をくう骨一本ずつ数えて人生
  • 七月下旬が暮れるころから やたら蒸し暑い日が続く 八月になると 毎年 やれやれと思い もう一踏ん張りで夏も終わるのだと思うのに 体力に自信をなくしているのか 心が元気を失っているのか ちょっと時間が過ぎるのを怠く感じている 特に変わったことはないけれども 暑い日の午後に 冷房を入れて昼寝をするのだが ホームベーカリーの話をしたりして 値段のことや どんなことができるのかなど あれこれとツマと喋っている 七月くれて [続きを読む]
  • 土潤溽暑
  • あっという間に7月中旬から下旬へ「桐始結花」(きりはじめてはなをむすぶ)の時節を送り「土潤溽暑」(つうるおうてむしあつし)を迎えて「溽暑」(じょくしょ)な日々を我慢で乗り切って、やれやれ8月を迎えることができそうです。 七十二候では、8月になって立秋を迎えるまでの間に「大雨時行」(たいうときどきふる)という言葉をあてはめ、暑い夏から秋へと移ろうのを待つのでしょう。 夏休みが真っ盛りです。 澄み渡る青空に [続きを読む]
  • 人間は我儘なのだというところに行き着く
  • ??テレビや映画でおなじみの人たちが相次いで亡くなってゆく知らせを報道で知りながら人の儚さを感じている その一方で、人物の大きさや足跡の偉大さ、心の持ち方、生き様のそれぞれ、遺した言葉などなどをみてそこには筆舌に尽くしがたい多くのものがあったに違いない そのことを想像をして、お涙頂戴の風潮につられてもらい泣きばかりをしたり悲愴的になってばかりにもいかないのではないかと、自分に向き合う ??向き合う こ [続きを読む]
  • 大暑も過ぎて 七月の下旬へ
  • 大暑を迎えた いよいよ覚悟の夏である 24日には ししとうとオクラ を炒めてみた ネットを彷徨っていて オクラとししとうを炒めていた人があったので 面白そうで真似してみる ペペロンチーノ風で これが絶妙に美味しい お昼は うどん 冷やしうどん梅干しのせ にしている 質素倹約は大切なことで 健康にも良いと信じている お昼から飽食はいけない 冷たいおうどんをいただき 梅干しをのせてみる 23日の夜は タイのペペロンチーノ だ [続きを読む]
  • 七月ぼちぼち
  • 健康診断での体重は減ったのですけど2年間の前半1年目でそれほど減らず後半でぐぐぐと減量しましたからどこか具合が悪いのとちゃうか?大腸ガンとかと そんな心配もありながらガンマGTPの値が高くてそれも3年分のデータがみんな高いわけで体重が少なくなると「高い目」マークが目立つ七月ぼちぼちゆうとのごはん [続きを読む]
  • 七月中旬号
  • 京都から帰って一日だけぼんやりして仕事に出かけた金曜日の朝にWi-Fiが不通にこれってNTTの都合だったのですけど知らずにルーターを初期化してしまいあらら 故障やんか 諦めるかとなったのですが結論からするとAPN の再設定で回復しました暑い日が続きますのでお出かけも渋ってしまいあり合わせのものを食べて過ごすこともある七月中旬号 [続きを読む]
  • 同窓会(クラス会)
  • 夢のようなことを考えているけど 案外実現できるかもしれない ぼくの力で実現させることができるくらいなら 悩まないから +++ 「還暦同窓会 〇〇中学校」 で検索すると 同窓会の情報が載っていますので そこにある情報やフォームを参考にしてください 年末に あなたも同窓会に来ませんか +++ もしもそんなふうにみんなと繋がれたらええのになあ 幹事を買って出てくれる人を募集中 [続きを読む]
  • ともだち
  • 「ともだち」とは掛け替えのないものだから大切にしようと大勢の人が言います「ともだち」って何でも話せて言いにくい悩みも聞いてもらえて居てくれてとても嬉しいけど別の見方もしているのです、ちかごろ「ともだち」って話を聞いた後にも本当に相談に乗ってもらって自分のゆくべき道を考えるときの大きな力になってくれるのだろうかともだちって言って居ながらもそれって本当はお互いが何も知らないのではないか知ってるつもりに [続きを読む]
  • あらっ!と思うような話(する母のこと)
  • 母は八十六をまわってから「あらっ!」と思うような話をはじめることが増えたような気がする 「あらっ!」という話とは、恥ずか(羞・辱)しい話もあれば、ぐっと我慢をしたむかし話、(今ではもう叶わぬことのないような)諦めていたこと、(長い人生で)どうでもよかったこと、悲しい話、嬉しい話、悔しい話、さらにはフライデーに載るような田舎版の話などがあるわたしたちは何でも話す親子や家族であった毎日の学校での、喩え [続きを読む]
  • たなばた様の夜
  • 7月7日金曜日たらこのスパゲッティでしたたなばた様の夜です嗜好が違うウチの人量を少なめにして最近ハマっている黒毛和牛ミンチのミートソースとたらことの二種類を作ってくれました++きょうはイベントでキャンドルナイト(消灯)を呼びかけているので職場で全員が定時で仕事を引き上げてビアガーデンに行きます事情があってぼくは行けなかったのでウチの人に駅の近くのイタリアンな店とか居酒屋でもと昼休みにLINEで誘っておくと [続きを読む]
  • 台風が去って夜明けの静かなる
  • 台風が過ぎ去り静かになって夜が明けてもう一度豪雨が来てそんな中を新聞屋さんのバイクが走り去ると同時に雨が止んで静けさが来る目が覚めてhonto のサイトを散策中お昼になったら本を見に出かけよう豪雨去って 静かな朝に素敵なタイトルの本みつけた [続きを読む]
  • ちょっと贅沢なお肉
  • (7月に突入)早いもので7月になりましたねえやはり暑くなりましたお店を覗くと綺麗に包装されたお肉が目にとまりました日曜の午後お値段は1000円/1kg ほどするんですよ勢いみたいなもんが働いたのでしょう美味しかったです7月はじまる [続きを読む]