berger さん プロフィール

  •  
bergerさん: たぬき日和
ハンドル名berger さん
ブログタイトルたぬき日和
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/qqtp2u7d
サイト紹介文感音性難聴者です。カメラで、鳥や犬猫などを撮っています。趣味の釣りやマラソンなども綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供354回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2014/01/05 13:45

berger さんのブログ記事

  • (2017.8.13)の植物+虫撮り『ダリア』『ブルービー』など
  • 8/13(日)です。高知県安芸郡北川村の『モネの庭 マルモッタン』です。徳島県の自宅から3〜3.5時間の道のりですが、毎年数回の撮影で訪れています。(数年前に、5月に北川村で開催されるマラソン大会で、来園したのがきっかけでした。)睡蓮を撮影して、他にも沢山の被写体が有るので撮影練習です。まずは、入り口の看板で見かけた『ブルービー』と『リュウゼツラン(竜舌蘭)』を探します。他にもダリアなどが咲いているので、撮影練習 [続きを読む]
  • (2017.8.13)の植物撮り『睡蓮』
  • 8/13(日)は、高知県安芸郡北川村の『モネの庭 マルモッタン』で、植物撮りでした。AM9:00の開園と同時に乗り込みます。(高知県東部で、メッキアジ釣りでしたが・・・・魚影すら見えずで、撃沈していたので・・・睡蓮などを撮影です。)暑〜い日差しが照り付けていますが、多くの人で賑わっていました。今日のメイン被写体は『睡蓮』です。もう終盤です。あと1ヵ月ほどで、終了です。9:00〜12:00の時間帯に花びらが開いているので、 [続きを読む]
  • (2017.8.12)の鳥撮り『カイツブリの親子』『ヒドリガモ』他
  • 8/12(土)です。この日は、ほぼ終日の鳥撮りでした。ホームグランドの出島野鳥園と、1300m級の山に登りでした。出島野鳥園では、『ヒドリガモ』冬カモですが、北へ帰らず徳島県で過ごしています。春に「羽を痛めたヒドリガモが2羽いる」と言っていたので、その子かな。夏羽に替わっていました。2週間前に、カイツブリが西池の真ん中で営巣していたのですが・・・・台風で、巣は跡形も無く消えていました。代わりに、『カイツブリ』 [続きを読む]
  • (2017.8.10)の鳥撮り『オオルリの幼鳥』『ゴジュウカラ』他
  • 8/10は、植物撮りがメインでしたが、山間地に入るので鳥も狙います。黒沢高原では『キセキレイ』『キビタキの幼鳥』『オオルリ』のメスの幼鳥かも・・・・。他には、エナガ・ヤマガラ・ヒガラ・ホオジロなどの通年鳥が居ました。岳人の森では『オオルリの幼鳥』羽に青みがかかっているので、分かり易かったです。親ほどのサイズに成長していました。『センダイムシクイ』〇〇ムシクイかも知れません・・・「ムシクイ類の判別は、難 [続きを読む]
  • (2017.8.10)の植物撮り『レンゲショウマ』
  • 8/11(木)の昼下がりです。徳島県神山町の『岳人の森』で、植物撮りです。標高1000mの高山植物園です。メイン被写体は『レンゲショウマ』です。『レンゲショウマ』最終盤なので、「台風の影響も有ったので、散っているかな」と不安でしたが、何とか・・・残っていました。(予定は先週でしたが、台風で1週間遅れでした)花と蕾が残っていますが・・・・茎の部分が弱ってきているので、花が下向きになっています。「難しそうな撮影にな [続きを読む]
  • (2017.8.10)の植物撮り『サギソウ』『ヒツジグサ』
  • 夏休みの第一日目です。植物撮りからスタートします。毎年、8月に撮影している『サギソウ』と『ヒツジグサ』です。AM4:00に家を出て、3時間の夜明けドライブです。AM7:00に徳島県三好郡の『黒沢湿原』(標高600m)です。『サギソウ』花は、純白の2〜3cmです。茎の長さは、20〜30cmです。飛んでいる白鷺に似ている事が、名前の由来です。7月下旬〜8月下旬に、開花します。黒沢湿原では、6月頃に地元の小学生が苗を移植しています。メ [続きを読む]
  • 明日から夏休み
  • 今日も「暑〜い、仕事を終えれば」、明日から1週間の夏休みです。先週〜今週は、残業に通院(整骨院)とジムトレで大忙しでした。「布団に入る頃は、日付が替わって」でした。「暑さに体力を」と「あれやこれやとピンチと多忙で・・・メンタル」を奪われていたので・・・ブログもアップ出来ない状態でした。連休中は、ブログをアップして・・・その後は、少し休みたいと思います。連休中は、「積極的休養」で適度にストレス抜きで [続きを読む]
  • (2017.8.5)の鳥撮り『カイツブリ』『クサシギ』
  • 8/5(土)です。休日恒例の鳥撮りです。夜明け前に家を出て、『出島野鳥園』で夜明け後から鳥撮りスタートです。カワセミをメインに狙います。まずは、4〜5日前に「カイツブリが巣を新築した」との情報を得ていたので見てみます。西池の真ん中に営巣しています。出島野鳥園では、アシの木などに巣を係留して作るのですが「こんな場所で、大丈夫???」の池のど真ん中です。藻が有るので、その上に家を建てたみたいです。既に産卵し [続きを読む]
  • (2017.7.30)の野生動物撮り『スクスク育っている子狸・その2』
  • 7/30(日)の「鳥撮り改め、狸撮り」です。ポン子とポン太Jrが、茂みに消えてから約30分後に、再び現れます。今度は、観察舎の下から出てきました。『ポン子』過去最短距離の2mほどの至近距離です。ズーム無しでも、収まりきれませんでした。夏毛と子育ての影響で、毛が短く薄くなっています。観察舎の窓から背伸びして、無理やりカメラを傾けました。あまりの窮屈な体制だったので、カメラフードを窓枠に「カッン」とぶつけます。流 [続きを読む]
  • (2017.7.30)の野生動物撮り『スクスク育っている子狸・その1』
  • 7/30(日)です。夜明け時間に合わせて、ホームグラウンドの『出島野鳥園』へ向かいます。AM5:00から鳥撮りスタートです。『カワセミ』を狙います。今年は2羽の幼鳥が孵って居ますが、姿を見せる事が少ないです。昨年の今時期は、幼鳥がよく姿を見せてダイビング撮影などの練習ができましたがこの日もスタートからゴイサギやカルガモなどが、池の杭を陣取って、カワセミの姿無しでした。代わりに・・・・茂みから黒モコ物体が・・・ [続きを読む]
  • 7月のトレーニング合計
  • 7月のトレーニングの合計です。RUNは、走行距離・・・25km 走行時間・・・2.5時間 消費カロリー・・・1436kcalスリムステッパー 6時間50分 消費カロリー3904kcalでした。毎年、トレーニング量が落ちる7・8月なので「少ないけど、しかたない」結果でした。1〜2回/週のトレーニングでした。夏の暑い時期のトレーニングなので、心身共に負担が大きいです。ジムなので温調が効いているので、外トレに比べれば天国です。仕事ては外 [続きを読む]
  • (2017.7.29)のキス釣り『蒲生田岬』
  • 早朝時間は、カマスとメッキ調査でした。AM8:00過ぎから、蒲生田岬でキス釣りです。蒲生田岬での釣り人は居なかったので、好きな場所へは入れます。確実なのは、通称『浜』ですが・・・・・「久しぶりに他の場所にするか」で、通称『温泉前』です。イカ釣りが有力な場所です。、久しぶりに空いていました。(左奥に見えるのが、椿泊です。早朝のカマスポイントです。)蒲生田のキス釣りポイントの中では、水深が深い場所です。竿…ス [続きを読む]
  • (2017.7.29)の『椿泊のカマス・メッキアジ調査』
  • 7/29(土)は、『カマス』と『メッキアジ』の調査釣行でした。久しぶりに、小物釣り用ルアーを引き出します。昨年に使用したままだったので、針を交換します。主力機の『5.5cmシンキングミノー』と『テールスピン』です。ミノーは淡水用(トラウト用)ですが、飛距離性と動きの良さ(低速・高速でも、良い動き)に優れるので針を海水用に交換して、使用しています。テールスピンは、飛距離性と海底〜水面近くをバランス引けるので、重宝 [続きを読む]
  • (2017.7.23)の野生動物撮り『狸の暑中見舞い』
  • 7/23(日)です。夜中から始動して、タチウオ釣りでしたが・・・撃沈して・・・鳥撮りに変更します。(辰巳北突堤へ行きましたが、「釣れない+お腹が痛くなって・・・30分で憤死」しました)近くの『出島野鳥園』へ、AM5:20に乗り込みます。西の観察舎に着くと・・・・黒いの動く物体が・・・目に飛び込みます。『ポン太&ポン子』薄暗い時間帯と池の水の反射に邪魔され、これが限界でした。ほぼ1ヵ月に見掛けました。子供が居ないか [続きを読む]
  • (2017.7.22)の植物撮り『コオニユリ』他
  • 7/22(土)です。昼の暑い時間は、避暑地の高地で森林浴です。標高1000mの『岳人の森』(高山植物園)へ向かいます。毎年、撮影している『レンゲショウマ』を見に行きます。『レンゲショウマ』まだ咲始めでした。見頃は、1〜2週間先になりそうでした。この日は、本格的の撮影をしませんでした。『コオニユリ』見た目は、普通のオニユリと変わりません。『アポイキキョウ』ツートンカラーも発見しました。『キレンゲショウマ』小さな蕾 [続きを読む]
  • 捨て猫から野良猫へ
  • 1ヵ月ほど前に『出島野鳥園』では、親子の捨て猫が有りました。今でも出島野鳥園で過ごしています。野良猫になって、しっかりと生活しています。駐車場で大半を過ごしています。観察舎に入ると「鳥が来なくなる」と厄介者にされるので、よく理解しているみたいです。帰りに、時々撮影します。風格も野良猫の風貌???です。「まだまだ・・・かな」威厳を示して、歩く子猫ですが・・・・・母親は、「プップッまだまだ格好だけ」と [続きを読む]
  • (2017.7.22)の鳥撮り『ゴイサギ』
  • 7/22(土)です。休日恒例の鳥撮りです。ホームグランドの『出島野鳥園』へ向かいます。AM6:00から撮影開始です。『カワセミ』をメインに、『ヨシゴイ』や『ヒクイナ』を狙います。『ゴイサギ』徳島県では、よく見掛けるサギなので人気が薄いです。スカイブルーが綺麗な鳥なので、私は気に入っています。緑バックでも、色が冴えます。池の杭にも、よく止まります。サギやカモが杭の上に居ると・・・カワセミが警戒して寄ってこないの [続きを読む]
  • (2017.7.20)の鳥撮り『アオバズクの給餌と巣立ち寸前』
  • 7/20(木)の夕暮れで時です。PM7:00を過ぎた頃から、アオバズクの幼鳥と親鳥が枝間を飛び出します。『ツーショット撮影』SS・・・1/50〜1/13秒 ISO・・・6400〜12800 露出補正・・・+1〜+2PCで、補正しています。被写体まで5〜10mなので、ピント合わせがし易いです。時折、毛繕いしていました。SS不足なので、停止状態以外はブレ写真のNGでした。並んで止まっていると違いがよく分かります。幼鳥は「尾羽が短いんですね〜」などと [続きを読む]
  • (2017.7.20)の鳥撮り『アオバズクの幼鳥』
  • 7/20(木)は、仕事の前後で鳥撮りでした。巣立ち前と巣立ちしした『アオバズクの幼鳥』を狙います。自宅から車で10〜15分の、駐車場から徒歩20秒です。巣がある木に止まっているので、簡単に見つけられます。5日前から巣立ちしている3羽の幼鳥と親2羽が見つかります。PM6:30頃の様子です。時折、頭を動かしてキョロキョロします。『首のストレッチ???』首を左右に傾けていました。「何見てんだ〜」と睨まれました。『羽ばたき』 [続きを読む]
  • 『コノハズク』と『アオバズク』
  • 7/9に鳥取県八東で撮影した『コノハズク』体長20cmの成鳥です。時折、頭だけを動かしてキョロキョロしていました。昼間は、殆ど寝て過ごしていました。夜になればヒナも見えるそうでしたが、泊まりが必要になるので無理でした。7月中は、フクロウの森でアオバズクを頻繁に撮りに行っていました。近場なので、仕事が終わってからでも大丈夫です。自宅から車で10分ほどの『フクロウの森』では、アオバズクが巣営しています。『アオ [続きを読む]
  • (2017.7.15)の鳥撮り『カワセミ』『オオヨシキリ』
  • 7/15(土)です。休日恒例の鳥撮りです。夜明け前から始動です。ホームグラウンドの『出島野鳥園』です。ここ最近は、鳥も人も少なく寂しい状況が続いています。AM5:20から撮影開始です。予想どうり・・・・鳥の出が悪いです。西の観察舎で心地良い風を感じながら過ごします。AM8:00頃に、『オオヨシキリの幼鳥』「コヨシキリかな」と思わされましたが・・・・鳥撮りマイスターのM本さんに見てもらったら「オオヨシキリの幼鳥」でし [続きを読む]
  • カメラの三脚
  • カメラの三脚を補強です。これまでに持っていた三脚は、2〜3kgの積載質量(搭載重量)だったので、望遠レンズをセットした時には、カメラの重さ(3kg後半)に耐えきれず・・・不便でした。脚元からグラグラしていました。今回(7/8・9)の鳥撮り遠征の為に、新たに購入しました。ボーナスの資金で、「インターネットで、ポチッとな」でした。ベルボンの『Mark-7B』です。雲台のセットで、購入でした。 アルミ素材なので、重量が約5kgで [続きを読む]
  • (2017.7.9)の鳥撮り『火の鳥・アカショウビン』
  • 7/9(日)です。前日の夜中に移動して、朝まで車内泊でした。鳥取県の八東町です。ここは有名な『アカショウビン』の撮影ポイントです。生憎の雨日でした。  AM8:30に開門ですが、前日からの宿泊客が居ます。総勢30〜40人と大賑わいです。(天気の良い日は、50〜60人以上になると言っていたので・・・雨天気で、良かったかな??)巣穴の有る木に向かって、カメラをセットします。雨が影響しているのか、中々姿を見せません。開始か [続きを読む]
  • この魚・・・「どうやって食べるん???」
  • 7/15(土)は、鳥撮りでした。帰り道で、晩酌用の魚(肴)を購入します。予算は、ワンコイン(500円)です。夏魚が多く並んでいます。 大物から小物まで有り、予算が少なくても選択肢も増えます。タチウオが280〜400円(指幅3〜4.5本)と徳島県では、ある場所では釣れ始めています。美味しい魚ですが「タチウオは釣って食べるもの」と見逃します。「ニサダイ(サンノジ)が480円て・・・」磯釣りで釣れたら「海に蹴り込む魚(食べても磯臭い [続きを読む]