しま子 さん プロフィール

  •  
しま子さん: うらろぐ
ハンドル名しま子 さん
ブログタイトルうらろぐ
ブログURLhttp://sinameco.blog98.fc2.com/
サイト紹介文表ブログでは言えない、一度も嫁に行けなかったびんぼー四十路独女の心のつぶやき
自由文蝦夷地在住の独身貧困四十路。友達が少なく家族縁も薄いですが、1人で暮らしています。いろいろあって手取り11万のブラック企業を辞め、10ヶ月の就活後にやっと再就職したばかり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供275回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2014/01/05 17:12

しま子 さんのブログ記事

  • 給食が嫌いと言う子は恵まれている
  • スポンサードリンク私は給食が大好きだった。家では食べられないオカズも食べられたし、美味しいプリンやゼリーも給食でしか食べられなかった。惣菜コロッケだけとか卵かけご飯だけ・・・という食卓や給食のない土曜はインスタントラーメンが当たり前だった身としては毎食温かくて美味しいバリエーションのある食事が出来るのは給食だけだった。今の給食は素晴らしい内容となっている。ご当地食材をふんだんに使い、栄養面も考えら [続きを読む]
  • 記憶からも居場所は無くなる
  • スポンサードリンク従兄弟の家を後にした後は、施設に入った伯母のところへ向かう。従兄弟からは施設に入ってからは薬も減ったし、調子がいいと言われ、認知症もそれほどでもないと言われていたけれど、やはりというかなんというか・・・2週間前は私の事が判らなくても、名前を言えばわかってもらえてたけれど、今回は名前を言っても解ってもらえなかった。伯母の中では私は姪ではなく、赤の他人、見ず知らずの人となり下がってい [続きを読む]
  • 貧乏くじを引く性格なんだから仕方がない
  • スポンサードリンク従兄弟宅でお墓の話になった。私にとっては父方の墓だけど、従兄弟にとっては母方のお墓お参りには行っているようだけど、従兄弟は別に守る墓がある。壊れた花入れの話をしたら、どうやら去年には壊れていたらしい。私は去年はお墓参りはしていなかったので、1年以上は壊れたままという事になる。たぶん私がお金を出さなかったら、この先もずーっと壊れたままだろうという事は察しがついた。従兄弟も伯父の娘と [続きを読む]
  • 傷跡はそのまま
  • スポンサードリンク次は農家をしている従兄弟の所の仏壇参りへと向かう。希薄な関係とはいえ、絶縁状態の従姉妹に比べればまだ付き合いもある。少なくても父や伯母の万が一の時は連絡は取り合う程度にはね(苦笑)何処を見ても同じように見える農道を走るので私は決まった道しか走らない。なのにいつもの道を走ると通行止めになっていた。だけどスマホのナビですら通行止めは表示されず、通行止めになって居る道を進めと指示がでる [続きを読む]
  • お墓参りで家系の因縁を感じた。
  • スポンサードリンクお盆休みはお墓参りと納骨堂参りへお盆休み中はなんだかお天気が悪い。雨の中のお墓参りは大変なので、天気予報をチェックしていたのだけど、見るたびに雨の日が増えていく。でもずるずると伸ばしてしまったが、せっかくの休みは実家の草取りもしなければならないし、曇りの日になったのをみて決行。あちらには昼前に着いたのど、またしても小雨が降っている。天気予報では曇りになって居るので、そのうちあがる [続きを読む]
  • 詮索好きとコミュ能力の違い
  • スポンサードリンク私はコミュ症&会話下手語弊があるかもしれないが「他人に対して興味が薄い」のかもしれない。会話は言葉のキャッチボールと言うけれど、それには相手から言葉を引き出すことが必要で、それが出来ない。何かを質問するという事が詮索しているように感じてしまい苦手で聞こうと思えない。自分が色々聞かれるのが苦手なので余計そう思うのかも知れない。頭の悪い私は聞かれれば、言いたくないこともはぐらかすこと [続きを読む]
  • 所詮は他人の話
  • スポンサードリンク世の中には常に「自分の方が上」じゃないと気が済まない人がいる。何かを言えば「ウチなんて」とか「私なんて」あるいは「ウチの子供なんて」と返ってくる。何かのモノの話をすれれば、自分はもっとすごいこんなものがあるといい家庭菜園の話をすれば、自分の畑の方がもっとすごいとなり病気の話をすれば、自分の病気自慢になり、医者通い苦労話になり仕事の話をすれば自分のしてきた苦労と自分の子供達の苦労そ [続きを読む]
  • 自分の常識が他人の常識とは限らない
  • スポンサードリンク朝、ゴミを捨てに行くと、前日のゴミが回収されずにあった。もちろん私が出したゴミではない。昨日は資源ごみの日だったのだけれど、残されたゴミ袋には中身が入ったままのペットボトルが入っており、他のペットボトルも汚れたまま。もちろんキャップや外装フィルムもそのままになっている。あーあ・・・。出した人、これ判っているのかな自分が出したゴミを戻してきちんと分別し直してくれるのかなウチの父は元 [続きを読む]
  • 2週間ぶりの畑
  • スポンサードリンク先週は不幸があったりしてバタバタとしていたので、2週間ぶりの畑今時期の野菜の成長具合には驚かされる。何もなかったはずのキュウリの苗に立派なキュウリがなっていた。今までは雌花が腐ってしまっいたのだけど、上手く受粉したようだ。ちょうど雌花と雄花が何個が咲いているので、上手く出来るといいな。(それでないとお高いキュウリになってしまう・笑)キヌサヤはもう終わり代わりにササゲ(平豆)が実を [続きを読む]
  • 自分以外の体温を感じる幸せ
  • スポンサードリンク某女優さんや議員さんの不倫ニュースがTVを賑わせている。どちらも「手を繋いでいるところ」をスクープされたもの。若かりし頃は他人と手を繋ぐことに意味を見出せなかった。甘えられない性格もあって人前で腕を組んだり、手を繋いだりするのは嫌いだった何故いい年をして、手を繋がなきゃならないんだろうそう思っていた。小学生の頃はお友達と手を繋いだり、運動会やダンスなどで手を繋ぐことが当たり前だっ [続きを読む]
  • おばさん体型を助長している?
  • スポンサードリンク北海道も夏真っ盛り基礎代謝が低くて、寒がりな私も半袖ブラウスに袖を通すようになった。若かりし頃から素肌に直でブラウスやTシャツなどが着られなくて、夏場でも綿のタンクトップの上にシャツ類を着てしまう。事務服などはブラウスの上にベストを着ることも多いので、ブラ、キャミソール、ブラウス、ベストという形ベストを着るなら透ける事もないのだし、夏場くらいは直にブラウスを着ても・・・と思っても [続きを読む]
  • 男の子だから仕方がないって事はない
  • スポンサードリンク葬式とはいえ、遠方まで出かけたので、いつもお世話になって居る実家のお向かいさんと斜め向かいさんへお土産を持って行った。「気にしなくていいのにー」とは言われるが、貰いっぱなし、されっばなしだと気が引けるしね。斜め向かいの奥さんとは久しぶりにしゃべったのだけれど、まぁご近所も大変そう。近所に一緒に住んでいた親が施設に入って一人暮らししている息子さんがいるのだけれど、その息子さん、一切 [続きを読む]
  • 距離を置きたがれているのかも
  • スポンサードリンク名ばかりといえ、ウチは「本家」に当たる父は幼い頃からそこの親戚たちと交流があり、死んだ生きたとなれば、飛行機に乗っても参列していた。私は何度かその故人にお会いしたことは会ったけれど、葬儀会場に入っても、ほぼ知っている人はいない喪主にあたる奥様に「どちら様」と問われる始末(汗)父の名前を出すとすぐに判ってくれ、「遠いところからありがとう」と親族と一緒に会場に寝泊りまでさせてもらった [続きを読む]
  • 伯母がボケていた
  • スポンサードリンク仕事中に親戚から電話が入ったので何事かと思いきや、親戚が亡くなったとのこと。父が元気な頃は全て父がしていたので任せきりだったきけど、今は代わりに私が行かねばなるまい。たぶん私の代になれば付き合う親戚もほぼいなくなるのは目に見えてはいるのだけど、父が存命中は恥ずかしくないようにしたいし、父が元気なら絶対に行くだろうと思うから繁忙期を過ぎて、休みを貰えたので、せっかく父の地元に行くの [続きを読む]
  • 年をとると痛いところが増える
  • スポンサードリンクなんだかここ1ヶ月以上、親指の関節が痛い腱鞘炎?というより骨が痛い感じ押すと痛いし、力から入らないよくインスタントの袋とか納豆のタレの袋など、簡単に手で切れるものですら力から入らず開け難い。食器を洗おうと、洗剤を押すと痛みが走る。なんだろう??腱鞘炎になるほどタイピングはしていない。それにタイピングでの腱鞘炎ならもっと使っている指があるのに。リウマチなのかなぁ??それにしては腫れ [続きを読む]
  • 結婚している人より貴方のほうがいい
  • スポンサードリンク父は「苦労の度合は自分で判断するものではない、他人から『あの人は苦労している』といわれて初めて苦労していることになる」と言っていた。そういう意味では私は苦労はしていないらしい。元来がのほほ〜んとしているせいなのか、先を見通す力がないのでに取り越し苦労ばかりして空回りすることも多々あるけれど。それでも何とか生きている。いや一人で生きざるを得ないから頑張っている。頼れる人も守ってくれ [続きを読む]
  • シミ、シワ、クスミにたるみ・・・これが現実
  • スポンサードリンク会社の帰り、資格試験の写真を撮りに行ってきた。去年、セルフ証明写真機を使ってあまりのブサイク加減に衝撃を受けて、長年使用する資格試験の写真はやっぱり多少高くても写真屋さんで取ろうと決めていた。そういえば職訓に通っていたときに「あそこの写真屋さんは綺麗に撮ってくれるよ」と老舗の写真屋さんをお奨めされていたので、そこへ行ったのだけれど・・・・自分の記憶を頼りに行くと見つからない。あれ [続きを読む]
  • そうめん(ぶっかけただけ)
  • スポンサードリンク今日の晩御飯そうめんに「だし」を載せて、サバ缶の汁と身を載せただけ・・・あはは手抜きにもほどがある。ある意味、ぶっかけてるとこといい、男らしいを通り越している。いや、今は男性の方がマメに料理されているのに、こんな言い方は男性に失礼だわ「だし」は山形の郷土料理らしいですが、夏にさっぱりしてて、尚且つ安くなってきた夏野菜も消費できるし、食欲がなくても食べやすいのでお助けメニューです。 [続きを読む]
  • 嫌われる人の「余計な一言」、よくある5大NG
  • スポンサードリンクyahooトップページで気になる記事を発見会話下手で他人とのコミュニケーションが上手く取れない自分にとって気をつけなければと思って読んでみた。余計な一言、でも自分では意外と気がついていないもの私も余計な一言は言っているつもりはなくても、後からあれば失礼な言葉だったかも・・・失敗した、と反省するのだけれど、言う時って気がついていないのだよねぇ・・・もう少し考えて言葉を発すれば良いのに。 [続きを読む]
  • 植物の生きる力
  • スポンサードリンク北海道も夏本番日によっては沖縄より北海道の方が気温が高い日もあったりして今年はビックリ。先月はぱっとしない天気が多かったけれど、7月に入り花も野菜たちも大きくなっている。グラジオラスは蕾を付け始めユリも早いものが咲き始めたミニダリアも可愛い花を付けている家庭菜園の方はキヌサヤがそろそろ終わりそれでもだいぶ助かったナスも実を付け始めたよ今までトマトの脇芽は成長を阻害するからと摘んで [続きを読む]
  • 親が元気だからこそ話し合うことをお勧めしたい
  • スポンサードリンクお金の事は親子であってもなかなかなぶっちゃけて話は出来ない。同居であった時、父と私の財布は勿論別々で父が高価なものや割高な買い物をしたとしても多少反対はしても最後は「父が働いたお金だから」とあまり構わなかった。お互いがどれほど貯金を持っているのか、借金を持っているのかそれも知らなかった。ただ、やはり思うのは元気なうちにこそお金やお寺お墓などその他相続などのことを話し合うべきだった [続きを読む]
  • レジ運が悪い
  • スポンサードリンク生まれてこの方、クジ運に恵まれたことはないのだけれど、もう一つ悪いよなぁ・・・と思うのが「レジ運」スーパーなどで空いているレジを選んだつもりが、なぜか時間がかかってしまい、他のレジに並んだほうがよほど早かった・・・という事が何度もある。この間も何人も並んでいるレジを避けて、少ない列に並んだのに、ドハマリした。なんか嫌な予感はしたんだよね。だって私の前のオバサン、服装がオカシイとい [続きを読む]
  • 男は上から、女は下から
  • スポンサードリンクフロアから階下を見下ろしていた人がつぶやいた。「アイツも薄くなったなぁ・・・」と意外と人間、上空には無防備で頭頂部をさらしている。すると、結構見えちゃうのですよね、透け具合が・・・。男性は意外と気にしているようで、自分と同僚の髪の量は気になるらしい男性の魅力は髪の多さではないと思っているけれど・・・ね。一方の私、化粧途中でテーブルに置いたコンパクトに映る自分を見てぎょっとした。こ [続きを読む]
  • 3連休といっても
  • スポンサードリンク久しぶりの3連休楽しみにしていたけれど、あっという間に終わってしまった。3連休以上のときは必ず1日は参拝にもう一日は実家の手入れ最後あまった日が自分の日としている。のんびりしたい気持ちもあるけれど、父のお腹に水泡が出来て、外用薬ではなかなか治らず、点滴をしているので、やっぱり3連休の時ぐらいはお参りに行こうと行ってきた。年齢を重ねるとなんて事はない傷がなかなか治らず、痕になったり [続きを読む]
  • おっちょこちょいにもほどがある
  • スポンサードリンク実家へ帰ると庭をぐるっと見るのが日課になっている。するとこの間毛虫がついていたボケや桜の葉が茶色く枯れている。殺虫剤を掛けたのに、何故だろう??と思っていたら大切なバラも葉が枯れているもしやと思ってみると同じように掛けてところの芝桜も茶色く変色私、大変なことをしてしまいました・・・毛虫用の殺虫剤と間違えて除草剤を掛けてしまっていたらしい・・・(しかも根から枯らすヤツ)殺虫剤は希釈 [続きを読む]