蜜 さん プロフィール

  •  
蜜さん: ジャカルタで蜜会
ハンドル名蜜 さん
ブログタイトルジャカルタで蜜会
ブログURLhttp://jakarta32.seesaa.net/
サイト紹介文2014年からジャカルタに。お酒とゴルフと夜遊びを愛する蜜と、ここでお逢いしませんか? こっそりと…
自由文お酒をたしなむのが好き。それが誰かと一緒にならもっと幸せです。
2009年から4年半暮らした中国・上海で、ゴルフの楽しみも覚えました。

上海でもレストラン・バー巡りのブログを書いていましたが、
2014年から暮らすジャカルタで味わう出来事・人との出会いも大切にしたくて、新たに記していこうと思います。
女性ならではのジャカルタの香りをお届けする中で、ちょっとだけ蜜の心の奥も覗いてみて下さい♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/01/06 06:33

蜜 さんのブログ記事

  • 汗にまみれながら夢中でしゃぶるの、深夜まで…  「mAmink Daeng Tata'」
  •  『 君のお口の周りを、ナニで汚して欲しいんだい? 』 顔が歪むほど唇をいっぱいに開けながら、夢中になってしゃぶり尽くす夜を望んだのは、紛れもなく蜜自身だ。そして、ついに目の前に、想像していた以上に立派な大きさと肉付きのソレが突きつけられた瞬間、反射的に咥え込みそうになるのを、 『 こらこら・・・ ちゃんと、 “しゃぶらせて頂きます” って言わなくちゃ 』 と焦らされて、もう早く、欲しくて欲しくてたまら [続きを読む]
  • 反り立つバナナを 淫 in してみました。
  •  さて。。  前記事 の、  オトコを誘惑する下着はここで買いなさい。の続きの話題を進めるのに 欠かせない見出し画像 がコチラ ↓ ↓ ↓ ↓   パオ〜〜〜ン  反り返る おっきなバナナを in! してみちゃった♪   いやぁん  なんて不謹慎でハレンチなのかしらっっ。ドキがムネムネしちゃーう!  ※ 死語   そう。 今回の記事は、オトコを惑わすセクシーランジェリーに留まらず【 オンナを虜にする 男性用エロエロT [続きを読む]
  • オトコを誘惑する下着はここで買いなさい。
  •    例えば、こんな のとか・・・♪  上海に暮らしていた 数年前、蜜はもっぱら 10元 (=120円〜180円) で、 限りなく布地の面積が少ないスケスケTバックなどを好んで買い漁っていました。 イメージは ↑ こういうのね☆   右のボディストッキングとかは 90元くらいしたかな?  10元ですよ、 10元!!蜜が愛用していたその 10元セクシーパンツ♪ は、上海では特にとりたててそういう専門の所でだけ売っているなんてこ [続きを読む]
  • そそり立ったアレから半年・・・ 昼下がりに「肉男」を求めてしまう欲望
  •  どんなに忘れなきゃ… と意識しても、 このカラダが覚えている。 グッと奥まで入り込んで、ぎゅうっと締めつけて離せなかった、あの恍惚が刻み込まれて、残像が記憶から消えることなど無い。だけど、、 蜜は不自由な身のオンナだから。 「あの男」 のもとへ幾度も向かうには、距離があまりにも遠すぎて。ワガママなんか言えないから、じっと我慢していたわ。それなのに。今度、 「あの男」 のほうから、 『 蜜の、キミのすぐ [続きを読む]
  • しっぽりアツアツ?それともヌルめがお好き?  「REZEKI」
  •  どんなにジャカルタが毎日蒸し暑くても、人肌恋しく、体がホットになる刺激を求めてしまう夜って・・・  ありませんか?   お好みはそれぞれ。 絡みついて奥まで芯まで痺れるほど、アツアツに燃えたぎるもよし。しっぽり、ゆるゆると昇る心地よさに身を任せるのもよし。ヌルヌルヌルめが今宵の気分♪ ってこともある。 さぁ、貴方はいったいどんな愉しみ方で仕事終わりの一晩を彩りますか?               [続きを読む]
  • いっぱいコスって萌えてイこう!!  「莆田 PUTIEN」
  •  さて・・・・  今年も、 この季節 がやってまいりました  ( 蜜のブログ更新頻度が悪すぎて、若干 機を逸した 感はありますが。。。 )   え? なんの季節かって?? お忘れでしょうか。いや、、 忘れそうなほどに記事を上げるのが遅くて既に記憶の彼方となっていると思いますが、 イムレック (チャイニーズニューイヤー) の祝日のちょっと後くらいに巡る出来事の話ですよ☆ 去年から恒例と (勝手に) なっている、 [続きを読む]
  • 激しく揉みしだかれ、敏感な突起をヌルヌル刺激されて。
  •  ・・・すみません、 前回更新 からまたちょっと間が空いてしまいましたが   新年から 2度にわたって立て続けに自らのチチ をさらけ出し、記事を書いてまいりました、その真意は さて、ここからが本題! (引っ張るの長ッ)   えぇ、タイトルが示すその通り、、おっぱいに滴らせたローションで、敏感な突起をヌルヌル刺激され、激しく揉みしだかれる快感と苦悶の狭間を、去年のクリスマス翌日に某・冬は寒ーーくなる地域 [続きを読む]
  • おっぱい、、違う 『いっぱい』 ありがとう♪  (ブログ3周年 過ぎてた…)
  •  ・・・なんで 新年しょっぱな から、蜜は自分のチチを、やたら何度もさらけ出してるかという いきさつについては次記事で触れる ことにしてー。。 ↑ ソコ次回なのかよっ!w   蜜はね、思わず感動してしまったんです。なんのお断りもなく 去年11月10日にアップした記事 から更新を小休止し、これまた なんの前触れもなく 新年1月7日に、しれっと再登場したにもかかわらず・・・ 様々な方から、ブログ再開を喜んで下さるメ [続きを読む]
  • カイロ☆パイズリ!!  〜2017新年のご挨拶と、ご無沙汰ながらの…
  •  や、、 約 2ヶ月ぶり となるブログ更新でございまして・・・ いささか緊張しております。そして、なんだかとっても気恥ずかしいです。。久々すぎて。  こんな当ブログながら、 これまでご愛読下さっていた ありがたき皆さま。なんのお断りもせずにサイトをしばらく休止状態にしてしまい、本当に、大変失礼いたしました。すっっごくご無沙汰しております  ※ すっかりご無沙汰・・・ ではありませんの。 アッチは現役!w  [続きを読む]
  • おねえさんの手で、トロトロを肉棒に巻きつけてあげるわ。  「OJJU」
  •  ここは、そういうお店なの。 お客さんのすぐ目の前で、お客さんのためだけに!若い女のコが、その手を巧みに使って あったかぁ〜いトロトロを肉棒に巻きつけて、とろける感触を味わって頂くの♪   ちょっと想像してみて下さいね。どうですか・・・?  こういうサービスって、やっぱりお好きでしょ。   おかげさまで、最近オープンしてから とっても大人気 なんですよ予約が取れなくて、整理券で順番待ちになっちゃうく [続きを読む]
  • 頬張ったお口の中でとろけて、はじけちゃって! 〜「美卯」オトナ焼肉
  •  蜜流☆  殿方との焼肉デートに挑む際のお作法   『 肉を頬張らせたくなるオンナ 』 になれ。   せっかくの高級な焼肉店へのお誘い。そこで、よろこんでご馳走しますよと仰って下さるのですから! それならせめて、上等なお肉を嬉しそうに、ゆっくりと舌に絡めて頬張る姿を見せながら・・・ 「 美味しい〜!   口の中でとろけちゃう 」 と、ちょっと潤んだ瞳で笑顔を作り、お相手の殿方に、目でも愉しんで頂けるよ [続きを読む]
  • 回りだすルーレットに ハートを全部、賭けた  「BEER GARDEN」
  •  この、左手の薬指で輝きを放つ指輪をはめた彼女の手を、強く握るオトコが一体どういう間柄の相手だと、あなたは感じますか       握る、なんてものじゃない。そんな生優しくなんかない、もっともっと激しい。 まるで掴んで奪い取るような手つきで指先に込められた力は、彼女を決して離すまい…  というオトコの熱と欲望が切に伝わってきて。                                     [続きを読む]
  • ナマで握る「天国」の隣で、、 こねたら大きくなっちゃった♪
  •  『 実は・・・ デキてんだろ? お前ら。 』 という文春砲から 逃げ回っていたので雲隠れ的にブログ更新が滞りましたなんて壮大すぎる言い訳から、再び早12日が過ぎ。。。。   残念ながら、もはや口実すら思いつきませんがとにかく皆さま こんばんは。  そーですねぇ、、あ、もう10月に入ったじゃないですか。 10月といえば!!  年に一度、どんな きわどいコスプレ で野外を出歩こうとも許されてしまう素敵な日 があり [続きを読む]
  • 実は・・・ デキてんだろ? お前ら。
  •  いやはや。。  蜜ってば、ついに、文春さんに撮られちゃいまして。    こないだ、うっかり。 やられてしまいました…アーメン。     んで、事務所と相談しまして、ヘタな釈明会見とかするのはやめて、沈黙を貫くって方針になり、やれアッチの離島で自主休養したり、4800kmも先のソッチの島へお忍びで向かう準備などしながらそっと身を潜め、ひたすら文春砲から逃げ回っておりました。。。。             [続きを読む]
  • 反り立ったモノを、生温かくブツブツした中に包み込む快感を 「魚男」
  •  ・・・ずいぶん念願だったモノを、初めて目にした瞬間、想像以上に大きく赤く、ご立派なのが雄々しく反り返っていたから。思わずゴクンと喉を鳴らしちゃったわ。  その、そそり立ったモノが、生温かくブツブツとした柔らかい感触の中に、深ぁく包み込まれているのよ?  グッと奥まで入り込んで、締めつけて、もう離さないの。あぁ、なんていやらしい姿なのかしら。。                            [続きを読む]
  • 泡立ててお相手します♪ 2時間… いえ、4時間無制限! 「casa MEXICO」
  •  白くふわっふわのソレを、こんもりと泡立てて。 お疲れの貴方に、夢のような心地よさを。 ひとしきりの快楽を   ご指名ありがとうございます。 ・・・どう? 気持ちいいですか?? ね、こんなモコモコした感触も、お嫌いじゃないでしょう?  2人きりで、いっぱい一緒に 泡と戯れましょ♪   あ、ふつうは… お相手致しますのは、2時間くらいなんですけど〜。。 お客さん素敵だから 4時間無制限 でたっくさんサー [続きを読む]
  • ギラギラに飾り立てた男ぶりに心乱されたいから 「THE DUTCH」
  •  『 Give me, Give me a Shake ラブゲームで勝てる恋は 遊びにもならない  ギラギラに飾り立てた男ぶりに 心乱されたいから  Give me, Give me a Shake 油断したら その胸からいつでも逃げ出せる  恋なんて すれ違いのもどかしさに揺さぶられ 燃えるの  恋に踊る心は 幻だけ愛してる  抱きしめられて ふるえる胸 朝になれば 消えてしまう 』   ― “Give me a Shake” MAX        ・・・・・えぇ、本 [続きを読む]
  • 『エロダンプ』  −国際オートショーで狙われた桃尻−
  •  ・・・一度、こういうことをやってみたかった。  なんて言うんですかね? こういうの。 AV パケコラ?w   ※ パッケージコラボ      たぶん。                                                                                                                                [続きを読む]
  • 蜜、ママになるかもしれません☆  〜「樹林」で紡がれる恋模様
  •  せっかくオンナとして、この世に生を受けたのなら。 できれば一度は身をもって味わってみたい、と望む経験ではないでしょうか。※ 感覚には個人差があります   ママになる  ということ。   蜜に、そんな日が訪れるかもしれないなんて、あまり想像したことすらありませんでした・・・ だって望むべくもなくて。けれど、こういうチャンスって不意にやってくるものなんですね。ありがたいご縁のおかげで。。 憧れだった、 [続きを読む]
  • 縛った跡の消えない、イケナイ浴衣遊び… しちゃった。  「HAUSE ROOFTOP」
  •  「 きつく縛って いいから。 」  ギュッて強く。たとえ激しく動いて乱れても、途中でほどけてしまったりしないように。  うんときつく・・・   そうお願いしたのは、確かにあたし。 「 よく分からないから、もう好きにして。 」 とも言ったわ。だから、こうなった責任は自分自身にある。浴衣を脱いだら、こんな生々しく赤い、縛られた跡が、肌にくっきり残ってしまっていたことは。。。                [続きを読む]
  • 1回だけでいいから、ヤらせて! お願い!  「SPICERACK」
  •  いつの間にか、女のコの膝に手を滑らせ、太ももまで指を這わせて・・・  「 ね、一度でいいからさ? 」「 お願い! 1回だけだから、やらせてよ 」  こんなふうに口説き落とそうとしてくる殿方の、その言葉の選択が、本気で意味不明すぎて蜜は吹き出しそうになってしまう。 なんで?一度きり “しかない関係” だ、なんて初めから言ってくるようなオトコに、女がカラダを許すとでも思うのかしら? (笑)そんなの不誠実す [続きを読む]
  • 24時間、ドロドロまみれの恍惚を欲して。  「KWANG TUNG」
  •  もう5年以上も前の出来事なのに。あの恍惚 を、カラダの芯が 記憶しているのが分かる。あれ以上の、眩むような究極の天国を揺れ泳ぐ愉悦に溺れる瞬間・・・ そんなものは訪れるはずがないと思いつつ、けれど貪欲に求め続けるのをやめない。  ドロドロ のもたらす快楽を。  あぁ、あの粘っこく重いドロドロ感。 白く濁って、深みがあって、うんと濃くて、口の中… 舌の上… 喉の奥…  まみれて。時折、 指の先に絡めた [続きを読む]
  • <4> 真冬の野外プレイ 〜谷間美女が太いのを挟み込んで
  •  実は、 ウルル はとても寒かった。   ( あ… 未だにレバラン旅行の話してんのね? 更新遅すぎだよね? )  ケアンズ が年中暖かい地域なもので、薄着のまま飛行機に乗ってしまい、ウルルの空港に沖止めで着いた時、タラップに出た瞬間マジで死ぬかと思う寒さに感じた。それは、次なる目的地 シドニー も同じで、この通り ↑ 蜜自身も含め、基本的には防寒具がないと歩けない気温。 7月は真冬。   ・・・なのに、な [続きを読む]