tai さん プロフィール

  •  
taiさん: 海上釣堀ファン
ハンドル名tai さん
ブログタイトル海上釣堀ファン
ブログURLhttp://www.fish-pal.com/
サイト紹介文海上釣堀の釣りについて紹介しています。海上釣堀の楽しさをお伝えしたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/01/06 17:00

tai さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 釣掘りでの熱中症対策
  • 春の終わりから秋にかけての釣りは海上釣掘に限らず、熱中症対策、UV対策は必須です。釣堀の多くはテントなど日よけがしてある場所は少なく、だいたい炎天下で海面からの照り返しも強い場所が多いと思います。熱中症対策としての水分補給は、もし準備していかなくても管理塔などに飲料水の自動販売機が設置してあることが多いので購入できますから、こまめに水分補給をすることは心がけましょう。炎天下にいますのでUV対策として帽 [続きを読む]
  • 竿納めの釣堀
  • 寒波がやってきて、この冬一番の冷え込みの中の海上釣堀 海上釣堀じゃのひれ釣り時間 08:00〜13:00潮見 大潮月齢 28.6満潮 06;38 145cm干潮 11:48 077cm満潮 17:12 150cm天候 晴れ北北西〜北 7m※前日が雨 水温12度、気温3度〜7度場所 岸に近いC,D枡の貸切水深6,7m前半、風と潮が逆。潮は澄んでいる。釣りの間、潮どまりはあったものの、風で浮きが流される。経過 C枡の釣り座は北東の角。背中に [続きを読む]
  • 海上釣堀での鯛の釣り方 3つの秘訣
  • 海上釣堀の楽しみ方はいろいろあります。なかなか船釣などでは味わえない青物などの大物を釣るという楽しみもあります。大物狙いも良いですが、せっかく出かける釣りですから、釣り味もよく、食べても美味しい鯛は確実に釣っておきたいという方も多いです。鯛はどこの釣り堀でも先ずは放流されている対象魚であり、1年中ターゲットにできるものですから、先ずは鯛釣りをマスターすることが大切です。海上釣堀での鯛釣りについて、 [続きを読む]
  • タオル(タオルハンガー)
  • 海上釣堀での釣りに限ったことはないのだが、釣りにタオルは必需品。 私の場合は、タオルは最低でも3枚は持っていく。 首に巻いて、汗などをふくもの釣れた魚をつかむもの手の汚れなどをぬぐうもの。 釣れた魚を掴むタオルは船に備え付けのものを利用したりする場合があり、甲板においておいて共用する場合も。 手を拭くタオルは、餌をつけたあとや、魚を掴んだあと、手を洗ってぬぐうものなので、決まった場 [続きを読む]
  • シマアジ 釣り方
  • どこの釣堀でも隠れた人気者というとシマアジではないでしょうか。 天然モノはほとんど手に入らないですし、養殖モノでも結構な値段がします。 釣堀だと、コツさえつかむと釣れますからね。 だから、シマアジは極寒の時期は放流自体もしない釣堀が多いですが、放流される時期は、こぞってシマアジを釣りたいという人が多いです。 放流されるサイズも釣堀によって様々。30cmからの小型のものから60cmを超え [続きを読む]
  • ザ・フィッシュグリップ
  • これは絶対必要というものではないですが、釣り上げた魚から、ハリをはずし、スカリの中に釣った魚を入れるという一連の動作を行ううえで、非常に便利です。 鯛にしても青物にしても、タモ入れして、取り込んだとき、タオルなどで魚をつかむ人が多いですね。 そして、口からハリをはずして、タオルでつかんだままでスカリに入れるわけですが、ハリをはずすときに暴れたりするので、旨くはずせなかったりするものです。&n [続きを読む]
  • 海上釣堀での真鯛
  • 海上釣堀でのメインターゲットと言えば真鯛となるでしょうね。 釣堀で真鯛を放流しないところは無いといっても過言ではないでしょう。 1年中、安定して釣れるというのも人気のあるところです。 養殖鯛を放流しますので、大きさは30cm〜50cmまでのサイズが多いですけど特別に大鯛として60cmを超える鯛を放流する釣堀もあります。 養殖鯛というと天然鯛と比べて、質が落ちるような印象をもたれる方 [続きを読む]
  • 過去の記事 …