”塾で伸びない子専門”東京個人契約プロ家庭教師 さん プロフィール

  •  
”塾で伸びない子専門”東京個人契約プロ家庭教師さん: ”塾で伸びない子専門”東京個人契約プロ家庭教師
ハンドル名”塾で伸びない子専門”東京個人契約プロ家庭教師 さん
ブログタイトル”塾で伸びない子専門”東京個人契約プロ家庭教師
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/katekyo_zamurai/
サイト紹介文中学生で定期テストや受験対策の勉強方法でお悩みなら、塾で伸びない子専門!東京個人契約プロ家庭教師
自由文学習塾・個別指導塾・家庭教師で成績が伸びなかったら勉強方法の個人契約プロ家庭教師。定期テスト対策や受験勉強(中学受験、高校受験、大学受験)を通して小中学生・高校生に「勉強方法」「学習習慣」を指導。お子様が自立するから成績が伸びる!・学習塾で成績が伸びない・勉強方法がわからない・学習習慣が身に付かない…お子様の勉強や成績のことでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2014/01/11 20:24

”塾で伸びない子専門”東京個人契約プロ家庭教師 さんのブログ記事

  • 塾の夏期講習費用を無駄にしないために
  • なぜ、毎年夏休み明けに家庭教師の問合せが増えるのでしょうか?夏休み明けに塾から家庭教師に切り替える方は口をそろえて「塾の夏期講習で何も身に付かなかった」と言います。実際に指導してみると、確かに何も身に付いていないに等しい状態です。塾の夏期講習費用の相場は受験学年では10万〜30万円です。決して安い金額ではないにも関わらずなぜこのような悲劇が起きてしまうのでしょうか?原因として多いのが①集団授業に理 [続きを読む]
  • 子供の慢性疲労を引き起こす要因③スクリーン
  • 近年増えている子供の慢性疲労(正式には小児性慢性疲労症候群)の要因として考えられるストレス、スナック、スクリーンという3つの”S”について。今回はスクリーンについて書きたいと思います。ここで言うスクリーンとは特に・パソコン・携帯ゲーム機・スマートフォンを指します。どれも今どきの中高生には当たり前に普及していてこれらを自由に使いこなせる小学生も珍しくはありません。これからのITの時代にこれらを子供の頃か [続きを読む]
  • 子供の慢性疲労を引き起こす要因②スナック
  • 近年増えている子供の慢性疲労(正式には小児性慢性疲労症候群)の要因として考えられるストレス、スナック、スクリーンという3つの”S”について。今回はスナックについて書きたいと思います。昔に比べて食生活が変わってきたことが体調不良の一因として近年注目されています。特に普段の食事で注意したいものは2つ。1つ目は【糖質】です。糖質は脂質、タンパク質と並ぶ三大栄養素ですが本来、糖質は炭水化物を通して食物繊維と [続きを読む]
  • 子供の慢性疲労を引き起こす要因①ストレス
  • 近年増えている子供の慢性疲労(正式には小児性慢性疲労症候群)の要因として考えられるストレス、スナック、スクリーンという3つの”S”について。今回はストレスについて書きたいと思います。子供は親が考えいている以上にストレスにさらされています。・友人関係・クラス内の人間関係・ネット上での人間関係・学校の先生との関係・部活の上下関係・親子関係・勉強に対するプレッシャー・現状や将来に対する不安・学校の勉強や宿 [続きを読む]
  • 子供の慢性疲労を引き起こす3つの”S”
  • 近頃の子供たちは「勉強以前の段階でつまずいている」というのが以前から私の指摘しているところです。【知育・徳育・体育】という言葉があるように健全な肉体に健全な精神が宿ります。健全な精神がなければ前向きに勉強しようという気持ちも起こりません。ところが最近は子供の慢性疲労(正式には小児性慢性疲労症候群)という症例が増えてきています。私の学習塾や家庭教師の経験でも長時間姿勢を保てなかったり指導中でも耐えられ [続きを読む]
  • テスト結果が悪くても“やる気”を引き出す3つの質問
  • ・お子様がテストの結果を教えてくれない・テストの結果のことで親子ゲンカになる・テストの結果が悪くても子供が変わらないとお悩みのお父様お母様テストが終わるといつも「テストの結果を見せなさい!」「なんでこんな点数なの!」という反省会になってしまうとお子様はますます勉強嫌いになってしまうだけです。しかし、お父様お母様も本当はテスト後の気まずい反省会を回避して逆にお子様に次回のテストに向けて前向きな気持ち [続きを読む]
  • 中間テストから期末テストへ【7つの大きな違い】
  • 「中間テストはそんに勉強しなくてもなんとかなった」と安心している中学生・高校生へ「期末テストもなんとかなる」と思っていると痛い目に合いますよ。なぜなら、中間テストと期末テストでは以下に挙げる【7つの大きな違い】があるからです。①期間が短い②授業の進みが速くなる③授業の内容が濃くなる④授業の内容が難しくなる⑤部活が忙しくなる⑥周りが頑張る⑦成績が出る中間テストで何とかなったし、周りもそんなに勉強して [続きを読む]
  • 【既卒(浪人)不登校の方】昼割で格安家庭教師【13〜15時】
  • 既卒・浪人・不登校の方「家庭教師は高い」と思っていませんか?東京個人契約プロ家庭教師サムライ先生なら勉強方法や勉強計画の徹底指導・徹底管理で週1回2時間の指導でも全教科の成績が劇的に変わります!さらに今なら平日15:00までの時間1時間あたり一律4000円!初回は無料相談、無料体験を2時間ガッツリ行っておりますのでお気軽にご連絡ください。ひきこもり支援相談士認定協議会認定不登校専門家庭教師の資格も [続きを読む]
  • 【定期テスト1週間前からの】逆転“最速”勉強法
  • テスト前にやることをためない勉強方法を【部活と両立】定期テスト対策“最速”勉強法①【部活と両立】定期テスト対策“最速”勉強法②でご紹介しきました。テスト2週間前からの勉強方法は【定期試験2週間前】テスト勉強のやる気が止まらなくなるコツ①【定期試験2週間前】テスト勉強のやる気が止まらなくなるコツ②でご紹介しました。それでは、「気付いたらテスト1週間前だった・・・」ということで藁にもすがる思いでこのサ [続きを読む]
  • 【6月Vもぎ】日程・出題範囲・過去問・申込み・対策勉強法
  • 東京都・千葉県の高校受験を控えた中学3年生のみなさん ・都立入試・県立入試に向けた実践力アップに・私立併願校の判定材料にVもぎは積極的に受験しましょう。1.まずは6月のVもぎを申し込みましょう。*希望の会場が満員になる可能性があるので、お申込みはお早めに。「Vもぎの申込がまだ」「日程の確認をしたい」という方はこちら← 2.6月のVもぎの出題範囲を確認しましょう。出題範囲の確認はこちら← 3 [続きを読む]
  • 【5科対応】定期テスト対策【受付中】
  • なぜ、学校や塾で同じ授業を受けていても成績の伸びる子と伸びない子がいるのでしょうか?それは学校や塾に通っている時間以外での学習習慣に大きな差があるから。ここで質問です。Q.1 あなた(のお子様)は「自立」できていますか?「依存」状態ではないですか?ご確認がまだの方はこちらをご覧ください。成長段階チェック《7つのQ&A》Q.2あなた(のお子様)は《勉強の4段階》①学校生活(ノートの取り方、プリントの [続きを読む]
  • GWにやるべき、たった1つのこと
  • 5〜6月に中間テストを控えた中高生と保護者様ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?新学年のスタートは順調ですか?もし、今の段階で学校に付いていけていないとしたらゴールデンウィーク中にしっかり復習しておきましょう。中間テストは範囲がそれほど広くはないので5科目合計で100点アップも夢ではありません。ゴールデンウィーク中に今まで習った単元を完璧に復習して5科合計100点アップを目指してましょう [続きを読む]
  • 【中学生・高校生】定期テスト社会時事問題対策【2017年5月】
  • 中間テストが近付いてきました。「もう10点伸ばしたい」という中学生・高校生には定期テスト社会の定番【時事問題】普段からニュースに触れておくのが一番だが、テスト直前に今までのニュースの総復習をしたいという中学生・高校生のために学習塾教材会社の時事問題対策サイトのご紹介教育開発ONLINE月刊最新時事問題2017年5月2017年4月2017年3月以前はこちらこちらに目を通しておくだけで5〜10点アップ!それ [続きを読む]
  • どんな人にも「使命」がある。
  • こちらの記事をご覧ください。 日本のアパレル業界は、メイド・イン・ジャパンで救えるか〜「ファクトリエ」http://president.jp/articles/-/21941就職活動で知り合った友人で今は衰退する日本の繊維産業を救うべく奔走しています。彼がなぜここまで頑張れるのか?彼を突き動かすものこそ「使命感」です。生まれた家出会う人起こる出来事その一つ一つに導かれてたどり着いた「このために生まれてきたんだ」と思える仕事こそ私 [続きを読む]
  • ゴールデンウィークの勉強計画表
  • もうすぐゴールデンウィークですね。学校や学年にもよりますがたくさんの宿題が出たり休み明けにテストがあったりで遊んでばかりもいられないですよね。いつも休み期間中に・宿題をためてしまう・計画の立て方がわからない・やる気、集中力が続かないという中学生・高校生はこちらの『1週間の勉強計画表2017』↑ でダウンロードを印刷して使ってみてください。記入方法はコチラ↓『1週間の勉強計画表2017』の使い [続きを読む]
  • チャレンジカップ2017 グランプリ決定戦
  • 子供たちの半年間のチャレンジを発表する舞台チャレンジカップ2017 グランプリ決定戦http://www.challenge-cup.net/を見てきました。・おざなりになっていた掃除を楽しむために、 雑巾がけの距離で石川県縦断を目指したり・制度が変わって退屈になってしまった学校を 制度に頼らず自分たちで楽しむ工夫をしてみたり・近隣のお年寄りに中学校全員で 絵葉書を書いて届けたり・地域交流のために地域のカルタを作ったりなどなど解決 [続きを読む]
  • 学習塾のリスク
  • 受験をするためには学習塾に通うのが当たり前のようになっていますが学習塾に通うことのリスクというのもいくつかあります。例えば・受け身の授業が合わない・先生が合わない・無味乾燥なテキストが合わない・授業のレベルが合わない・授業のペースが合わない・宿題の量が合わない・友達付き合いでペースを乱される・学校で困っていることが解消されない・学校のワークがおろそかになる・やたらと先取りさせられる・プリントが増え [続きを読む]
  • なぜ、いつもテスト勉強が一夜漬けになるのか?
  • テスト3週間前「そんなに授業進んでないから大丈夫」テスト2週間前「そろそろワークを始めようかな」テスト1週間前「とにかくワークの提出は間に合わせよう」テスト前日「なんでもっと早く勉強しなかったんだろう…」中学生・高校生が陥りがちな落とし穴ですね。今は大丈夫でも勉強が難しくなっていく中高6年間の間にほとんどの人がこの落とし穴にハマります。さらに悪いことに一度ハマるとなかなか抜けらせません。私も中2〜 [続きを読む]
  • 『1週間の勉強計画表2017』の使い方【定期テスト対策編】
  • ・やる気、集中力が続かない・計画を立てても実行できない・塾に通っても成績が伸びないとお悩みの小中学生・高校生、そして保護者様日頃より当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。このたび、以前より何パターンか紹介してきた『1週間の勉強計画表』の最新バージョンをご紹介します。それがこちらの『1週間の勉強計画表2017』↑ でダウンロードご覧のように「その日、その週にできることをやり切る」とい [続きを読む]
  • 国語の成績の伸ばし方②「解き終わらない」をなくす読解問題の手順
  • 勉強しなくてもある程度解けるので家庭でも塾でもおろそかにされがちなのが「国語」です。しかし、テストや受験で一番差が付きやすいのもまた「国語」です。そして、社会に出て一番役に立つのもまた「国語」です。そんな国語ですが成績が上げづらくいまいち勉強方法がわかりづらいのでよく勉強方法を相談されます。多くのお母様が国語の成績が伸びないのは読書不足や「読解力」のせいだと思われていますがまず始めにチェックすべき [続きを読む]
  • この2つを意識すれば成績は必ず上がる!②
  • 定期テスト対策でも受験勉強でもそしてどんな科目でも知識や解法を効率よく身に付けるためには2つのステップを意識することが大切です。それは「理解・納得」と「反復・暗記」です。ということで前回 『この2つを意識すれば成績は必ず上がる!①』にて「わかった」「理解した」と頭で理解するだけでなく、「そうか!なるほど!わかった!簡単じゃん!」と心から納得することが大事だという話をしました。しかし、納得したか [続きを読む]
  • この2つを意識すれば成績は必ず上がる!①
  • 定期テスト対策でも受験勉強でもそしてどんな科目でも知識や解法を効率よく身に付けるためには2つのステップを意識することが大切です。それは「理解・納得」と「反復・暗記」です。「わかる」と「できる」とか「インプット」と「アウトプット」とも言われますがそれらをより具体的な言葉に置き換えた表現になります。 成績が伸びなやんでいる生徒に多いのが「解き方はわかったし 解き直しもしたけど テストになると解けな [続きを読む]
  • なぜ男の子はゲームにハマるのか?
  • 「息子がゲームばかりで勉強しない」とお悩みのお母様なぜ、お子さんはゲームにハマるのでしょうか?なぜ、男の子ばかりゲームにハマるのでしょうか?それはゲームにハマることが「本能」だからです。植物から猿に至るまで全ての生き物は生まれながらにして考えたり学ばなくても生きるのに必要な行動を取る能力が備わっています。これが「本能」です。もちろん人類も言葉を話し、思考することができるようになる以前から生まれつき [続きを読む]
  • 桜咲く京都、行ってきました。
  • 桜咲く京都に行ってきました。中学3年生の修学旅行で行った時には京都の魅力なんて何もわからず何も学ばずに帰ってきた私ですが、大人になってから行くと東京との景色の違いについて地理的関心が湧いてきたり地名の由来を調べているうちに学校では習わない京都の歴史を垣間見たり文学に出てきた場所がイメージと違って驚かされたり外国の方との交流を通して「ネイティブだったらそう言うのか」と学んだり・・・という感じでいつも [続きを読む]