トレモニ さん プロフィール

  •  
トレモニさん: バイナリーオプション 常勝 ブログ アフィリ無し
ハンドル名トレモニ さん
ブログタイトルバイナリーオプション 常勝 ブログ アフィリ無し
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tremoni1/
サイト紹介文日々のトレード記録をとります。理屈抜きで結果がすべて。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供166回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2014/01/07 22:10

トレモニ さんのブログ記事

  • 5分足バージョン
  • システムの概要についてですが、以下の画像をご覧ください。レートの動きは不規則な場合が多いですが、ある時点では、まるで、地層の断面のような断層になる場合があります。ここでの特徴は、陰線と陽線とが交互に出現することです。この特徴は、バイナリ―のトレードをする者にとっては、非常に魅力的です。つまり、次に陽線がくるか陰線がくるかが、精度高く予測可能になるからです。この特徴を、勝てるルールとして、どのように [続きを読む]
  • 新バージョンの特徴
  • 1.寸毫の余地なく完全無裁量です。2.テクニカルインジケータを内包せず、全てをプライスアクション  のみで判断するロジックです。3.15分足でエントリーゾーンを探索し、1分足でエントリーする。4.エントリー頻度は、1時間あたり0回〜2回程度です。  平均すると、1回あるか無いか程度です。5.ドルストレート通貨ペアの4つを利用します。 [続きを読む]
  • テクニカルインジケータを絡ませる危険性
  • テクニカルインジケータとは、MAやBB、RSIなどを指す。パラメータを変えて組み合わせれば、色々な局面でのエントリーの判断が容易になると思われている。しかし、どれだけ説得力ありそうな組み合わせを構築したとしても、大きな危険性がある。つまり、最終的には固定化したロジックと成り下がってしまう。相場は一様ではないので、その様相によっては負けがかさむ。 [続きを読む]
  • 新バージョンと今週実績
  • 新バージョンにつきまして、先週、ルールの大きな調整をして確定させ、今週、実弾テストを進めています。添付の通り、月曜日から13連勝で、なかなか負けません。よくあるように、単純に矢印サインに従うというツールではありません。まず、15分足にエントリーゾーン探索用のインジを貼って待ちます。そのエントリーゾーンか来たらアラームが鳴ります。そこで1分足して、エントリーサインのインジへ切り替えて、監視をはじめる [続きを読む]
  • 新バージョンと今週実績
  • 新バージョン、ほぼ完成した。現在、検証中。概要としては、・レート相関関係重視・ライン際のロールリバーサル特性の活用・不安定なテクニカルを排除し相関関係とプライスアクション主体・1分トレード・エントリー頻度は、時間当たり0〜2回程度そして、最大の特長は、「完全無裁量」ということ。以前公開したモノは、結果的に裁量部分を残していたが、今回は完全無裁量として仕上がっている。 [続きを読む]
  • 新バージョンについて
  • 現在、新バージョンについては改良に改良を重ねて、かなり安定してきています。ご参考に、ここ1週間のリアル実績を添付します。概要としては、・レート相関関係重視・ライン際のロールリバーサル特性の活用・不安定なテクニカルを排除し相関関係とプライスアクション主体・1分トレード・エントリー頻度は、時間当たり0〜3回程度となります。 [続きを読む]
  • 8/11TH 3勝0敗1分 +1,600円
  • 現在、新バージョンについては改良に改良を重ねて、かなり安定してきています。ご参考に、ここ1週間のリアル実績を添付します。概要としては、・レート相関関係重視・ライン際のロールリバーサル特性の活用・不安定なテクニカルを排除し相関関係とプライスアクション主体・1分トレード・エントリー頻度は、時間当たり0〜3回程度となります。 [続きを読む]
  • 8/10WE 3勝1敗 +1,400円
  • 現在、新バージョンについては改良に改良を重ねて、かなり安定してきています。ご参考に、ここ1週間のリアル実績を添付します。概要としては、・レート相関関係重視・ライン際のロールリバーサル特性の活用・不安定なテクニカルを排除し相関関係とプライスアクション主体・1分トレード・エントリー頻度は、時間当たり0〜3回程度となります。 [続きを読む]
  • 8/3WE 4勝3敗1分 +1,000円
  • 現在、新バージョンについては改良に改良を重ねて、かなり安定してきています。ご参考に、ここ1週間のリアル実績を添付します。概要としては、・レート相関関係重視・ライン際のロールリバーサル特性の活用・不安定なテクニカルを排除し相関関係とプライスアクション主体・1分トレード・エントリー頻度は、時間当たり0〜3回程度となります。 [続きを読む]
  • 8/2TU 5勝1敗 +2,200円
  • 現在、新バージョンについては改良に改良を重ねて、かなり安定してきています。ご参考に、ここ1週間のリアル実績を添付します。概要としては、・レート相関関係重視・ライン際のロールリバーサル特性の活用・不安定なテクニカルを排除し相関関係とプライスアクション主体・1分トレード・エントリー頻度は、時間当たり0〜3回程度となります。 [続きを読む]