グリコ さん プロフィール

  •  
グリコさん: おわりの。はじまり。
ハンドル名グリコ さん
ブログタイトルおわりの。はじまり。
ブログURLhttp://sousou55yahha.blog.fc2.com/
サイト紹介文50代からのコンパクトな暮らし。「循環」を生活の礎に「暮らし」を整えます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供316回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2014/01/08 17:01

グリコ さんのブログ記事

  • 自分のこころにヒットする言葉20
  • 50〜のコンパクトな暮らし 読み物5、こころ 自分のこころにヒットする言葉20ちょっと溜めてました、、3月4月分のASAHI新聞『折々のことば』から、テーマは”LIFE”っすね。○「幸せ」な時とは  情報が取捨選択されて 視野がすごく狭まった状態なのだ。 永田カビこころを一つの事にフォーカスすれば幸せにハイタッチ、逆も叉同じ。○だってママ、私しか子供育ててないもんね。 間違いとか、あるもんだよ。 私だって [続きを読む]
  • 自分で出来るストレスケアの方法を教えてもらう
  • 園芸部長が”ストレスフルだ〜”とあちこちに言えるようになって本人が色々な人と話す機会が増えたのは良いことだと思っている。(飲み会が少し増えたけど、いろんなところで毒を吐いて欲しいぜ)他の人も職場で”闇”をかかえているのが判ったりで”な〜んだみんなそれぞれ”闇”があるんだぁ〜”と今更ながらほっとしている園芸部長である。。今までが寡黙過ぎじゃ〜。これからもそうして吐き出す場所を拡げて欲しいものだ。私に [続きを読む]
  • ちょろっと北鎌倉 散歩
  • 山ノ内方面から車で北鎌倉に入る。この頃鎌倉の変わり方が激しい。。。そしてこれからが又人が多くなるのであるよ。。。北鎌倉も”おされかふぇ”や”古民家カフェ”が増えはじめて冒頭写真の”香下庵茶屋”は元円覚寺の中にあったお茶屋さんらしい。(北鎌倉下り方面ホーム下車すぐ)※香下庵茶屋はHPがなかったので、Checkしたい方はぐるなびでも見てくれ。ココも一応”古民家改修カフェ”である。こんなかんじ。テラス席。この [続きを読む]
  • 週の始まり ターシャ・テユーダー静かな水の物語を観に行く
  • 月曜日は映画を観に行こう、、と前日こっそり決め ひとり映画館に行く。”ターシャ”の映画と”ムーンライト”とどっちにしようか迷ったのだが、週始めから重いのはやめよう、、と、私っぽくない”ターシャ”の映画を選んだ。いつも平日のシネコンはガッラガラが多いのに、今日は2/3以上席が埋まっていた。ファンが多い〜・ざっくりみたところ平均年齢65歳以上・男性ガーデナーもちらほら・ビニール袋のガサガサ音があちこち [続きを読む]
  • あ〜幸せ、、と感じる時。
  • 本日はよぉ〜く晴れて、洗濯機君に頑張ってもらい4回も洗濯機を廻してしまった。。。私が ”あ〜幸せ、、”と感じる時は・清掃で部屋の空気がシャキッと整った時。・洗濯でパリッと乾いた衣類を畳む時。・風呂上がりにバリバリなタオルを使える時。そしてナンバーワンが・お日様の匂いがするお布団で寝れる時。もう、これがなんといっても御馳走?おいしいものを食べるより干した布団で寝れる事のほうが感謝度が高くなる。そう言 [続きを読む]
  • 玄関リセットの前の ちょこっと掃きグッツをゲット
  • いつも朝の外回り清掃の時、裏の物置からほうき&ちりとりを出して清掃するのだが、ついつい玄関をあけて掃き掃除をするのを忘れる。。。靴に付いた泥が玄関でパラパラっと落ちていてそれをササッと掃く、小型のほうき&ちりとりセットを探していた。無印でみかけたそれは私のイメージより大きく他も色々見て回ったけれどデスクを掃くようなものも、ちょっと長め。で、フライングタイガーも見てモップみたいなものはあるがほうきは [続きを読む]
  • 今の距離感がちょうどいい ニャンコとの関係
  • 我が家4代目のニャンコにして初おのこ、総次郎 男子5歳。三代目のニャンコがリンパ腫で3歳の若さで虹の橋を渡った時ニャンコと私の関係は共依存であった。現在は、、というと付かず離れず、というよりは付かず、己の要求のみをトップダウン(ニャンコが)。ニャンコの中での順位は1、ねえちゃん2、ねえちゃん3、めし4、ゴシゴシ5、あそび3〜5の要求を叶えてくれる人、かあちゃん(私)その他の要求を叶えてくれそうな人 [続きを読む]
  • 上野千鶴子せんせーの言葉に勇気を頂く。
  • 50〜のコンパクトな暮らし 読み物3、こころ  これからの後半生、自分を育て直す50を過ぎて始めたこのブログ、最初断捨離の記録でつけはじめたのだが、方向性が・『暮らし』という私の外側を整える と同時に、・『私という内側』の構造改革、 (までもいかなくても) ちょっとずつこころのリフォームが出来たらいいな、の二本立てになろうとしている。・親との関係(もう居ないので関係性は直せないのだけれど)・自分と [続きを読む]
  • 例え方が おもろいっ!
  • 西魔女渾身?のマジパンクッキー。↑(ただ残ったマジパンを焼いただけ、?型も一番無駄の無い型を利用しただけという、あくまでもそういうシロモノ。笑)気圧の変動で体がついていけなくて頭の中も整理出来ないので本日は閑話休題。なので、西魔女の容赦しない”たとえ”が絶好調なのでちょっと紹介する。”くどい”(素材台無し)味のことを『築地から届いた新鮮なマグロをフリッターにしてマヨネーズをかけた感じ』とか”キレる [続きを読む]
  • 放置してても 咲いてくれるやつら。
  • 今日はけなげな連中をご紹介する。私がほぼ手をかけず放置しているにも関わらず季節を感じて毎年存在をアピールする連中だ。私の実家から杏の木と共にちゃっかり引っ越して来た芍薬。東魔女(義理母)はこの一重の芍薬がお好きである。すっとしていていいの?と言う。これは東魔女(義理母)が引越の時に連れて来た”せっこく”、という蘭。ブラン様〜うちにも蘭が、、あ、アリマス。★素敵な食卓のしつらえと、センスの良い写真、 [続きを読む]
  • 雨の日は しんねりチョキチョキウエス作り
  • 東魔女(義理母)が余暇のディに行っている間、チョキチョキウエス作り。件のゲボ祭りでやっと電動ベットのシーツを『BOX型』に換えたので今まで使っていたフラットシーツをチョキチョキ。ボロ布の事をウエスって呼んでたけど、kaoru様←(ブログはお名前を すると飛びます)から”ウエスはどこに売ってるの?”とお尋ねがあったので、まずは『ウエスとはなんぞや?』からいく。(相変わらず、めんどくせーおんな、、)定義 [続きを読む]
  • ざわつかないおうちを 維持する そのひとつが月一定例清掃
  • 天気が良いのに家に居る。天気が良いから家に居る。どっちにしたって家に居る。まぁ、私にとって家が仕事場なので、そういうことになる。本日のお仕事は”月一重点清掃レンジフードの会”。(フェリシモかっ、、)いつもなら7日の日なのだが、GWで色々ずれ込んだ。そう言うときもあるある。ふだん、写真に写らないが、やっている、さかな焼きの煙が出る所と五徳。スッキリ。ふだん、写真に写らないが、やっている、魚の煙が出る所 [続きを読む]
  • 夏に向かう準備3 園芸部長の冬物をしまう
  • 五月晴れ!朝から紫外線が剣山のように首筋にチクチク、、マジ土方焼け決定。今日は洗濯物日和なので2回洗濯物を廻し、後回しにしていた園芸部長のセーターを手洗いして干した。やっぱりセーターは手洗いですな。。。自宅で洗うと仕上がりがさっぱりVふんわりして気持ちがいい?その他園芸部長の冬のダウンなどをクリーニングに持っていく。近年、季節の移ろいをゆっくり堪能する間が無く、いきなり夏!いきなり冬!という感じで情 [続きを読む]
  • 夏に向かう準備2 あけびの籠に内袋をつける
  • 夏は籠バックだ。なんつったって、汎用性が高いのが魅力。日常使いにもちょっとしたお出かけでも洋装でも和装でも(今の所出来ないけど、、)。現在 あけびの籠のマチの広いものが1、マチの狭いものが1 小振りの山ブドウの籠が1である。その中でマチの広い籠に内袋をつけた。sousou( すると飛びます)の布と↑パラスパレス( すると飛びます)で服を買うと包んでくれる風呂敷のコラボである。sousouの地色に合 [続きを読む]
  • 夏に向かう準備1 電気ポットをしまう
  • 東魔女が自分でお茶を入れなくなって来てひさしい。冬場は私がお茶を入れて持ち歩ける保温魔法瓶に注ぎ、東魔女に渡す。夏場は夏用のマイボトルに麦茶を入れたものを数本作って置いてそれを東魔女が冷蔵庫から出す。新茶の季節なのだが我が家は早々に”麦茶”にシフトチェンジとなり、電気ポットがさらばの季節になった。電気ポットのお掃除、クエン酸どのくらいだっけ?と記憶を辿っていたらなんと電気ポットの側面にクエン酸洗浄 [続きを読む]
  • この本に 脱帽。『一汁一菜でよい という提案』
  • 料理研究家というひとが、何を考えているのかが知りたかった。この本はもう、『思想』であり、”食の情報”というラビリンスの中に迷い込んだ”自称 料理嫌いの私”を救済してくれそうなどこをめくっても腑に落ちる、そんな本。引用したい所がたくさんあるのだけれど、著作権うんぬんからそれもできない。変換する語彙力も持たないので何が良いかを上手く伝えられない。くぅ、、で〜ももう、絶対お薦めっす。あっという間に読めち [続きを読む]
  • 江ノ島ボウルは開場50周年フェス実施中〜?
  • GW中に園芸部長と再びボウリング場に行った。江ノ島ボウリングセンター( すると飛びます)は閉場するボウリング場が多い中、生き残っているボウリング場である。それがあっという間に50周年を迎えると言う。で、今色々フェスをしていて、上記写真のチロルチョコをもらった。HPのインフォメーションのところを見て頂ければ分るのだが・抽選会がある・次回の特別クーポンがもらえる・5月26日〜28日はなんと終日ワンゲ [続きを読む]
  • プチ贅沢 大磯の國よしで鰻
  • 食通、、ではない私。しかし体調を崩してドナドナ状態♪だったこともあり、東魔女のあんなこんなでGWの小旅行も流れたし、ここは鰻でも食べてパワーを充填だ〜Vというわけで山の帰りに寄ってみた大磯 國よし。( すると飛びます)なんでも”当店は享和3年(1803年)に旅籠の國吉屋として創業し、、、”からはじまり、”薬品を一切使用しないで育てた国内最高級品の養殖鰻を良質の井戸水にうたせ身が引き締まったとこ [続きを読む]
  • ちょこっと 山へ行く
  • ”GWは山に行く。”と園芸部長は言う。”それも 標高が高めの、、”と園芸部長が言う。”秩父あたりの、、”と園芸部長が言う。ちょっとまったぁ〜!1、私は体年齢が東魔女と同じ位のモチベーションなんだっ! こんなはずでは、、と言う位からだが衰えているっ、、2、ウォーミングアップ無しでいきなり高い山?無理無理! 3、車で遠出?それから登山? 疲れるじゃん。ありえねぇ〜4、そんなに行きたければ山屋のサークルで [続きを読む]
  • 猫の額の我が家の庭
  • 花盛りの我が家の庭。昨年末から”造園”に精を出していた園芸部長。本人はコーピングのつもりらしかったが、明らかに”修行””修行”てんこ盛りの造園作業。で、花の苗も種からつくっていたものの、今年は、というか 今年も 変動の激しい気候であまりよく苗が育たなかった。。。(ついでに言うと友人からもらったチョロギも発芽せず、、とほほ)私の大好きなワイルドフラワー群が出来ず、ネモフィラも旨く育たず、スノーボール [続きを読む]
  • やる気の バロメーター=ジャム作り
  • 体調が戻って来たら 少しずつやる気が出て来た。これはイチゴでビタミン補充をしたせいかもしれぬ。私が”ジャム作り”に目覚めたのはブログのお陰である。たぶん実年齢は私の方が上のような気がうっすらするのだが”暮らしかた”の大先輩はotayori様( すると飛びます)でしょう。多分ずっと若い時から丁寧な暮らしを実践して今に至っていると思われるお方、、、(私なんか数年前からの付け焼刃の暮らしだもんね、、汗) [続きを読む]
  • 嬉しいプレゼント 5年毎に無料交換 タカギの浄水器
  • 我が家は蛇口一体化浄水器を使用している。タカギ( すると飛びます)5年で浄水器本体を無償交換、、ともうそんなに年月が経ってしまったか。にしても嬉しい?カートリッジと本体。5年間使った蛇口。本当に毎日ありがとうございました。。新しい蛇口が来たらこれはもう流しをイレギュラーリセットだ。念入りにゴシゴシ。蛇口の首のところとか。細かい所をCheckCheck。うん?いいね?もちろん、GW狭間の平日で出勤する人た [続きを読む]
  • GW未だ間に合う イチゴ狩り
  • イチゴが食べたい。イチゴを買っても主に二人のお弁当&義理母に廻してしまうので私の口に入らない事が多い。こんどこそ!と思ってイチゴを買いにいってもらったらなんと園芸部長が野菜室に入れたつもりで冷凍室にイチゴを入れてしまい、コッチコチに。だめじゃん。そうなると増々イチゴが恋しくなってイチゴ狩りに行って来た。場所は伊豆の江間いちご狩りセンター( すると飛びます)イチゴ狩りももう終盤、ここは12月か [続きを読む]
  • ぷち贅沢 二度目のシェービングへGO!
  • 東魔女は咳止めの薬が効くのか、ほぼ一日中寝ている。GWの小旅行もキャンセルとなったので、いつもの週末と同じ。よぉし〜2度目のシェービングに言っちゃおう?と床屋さんへ再び足を運ぶ。今回は前回よりワンランクアップのエステシェービングコース である。(襟足、顔、眉カット 高品質化粧品+超音波美顔器使用)ここの床屋さん、前回もそうだったが、シェービングで女性客が入るとそれまでのラジヲBGMをリラクゼーション音楽 [続きを読む]
  • ホカペがオシャカに!東魔女ゲボ祭り、、(汗)
  • 我が家の大手毬咲き始める。病院から調子良く帰って来た東魔女(義理母)だったが、咳がひどくて案の定 昨日夕方から ゲボ祭り。咳をしても ひとりならぬ咳をしても ゲボリ。である。。。もう内蔵が全部下がっているので咳をすると腹圧で押されてゲボ〜。アッチコッチ ゲボ〜。腹圧に おされて床に ゲボの華、、↑(これ、なんですかっ!となつきせんせーにおこられそう、、才能無し!あはは〜)東魔女が汚れた衣類を抱えて [続きを読む]