makko さん プロフィール

  •  
makkoさん: こんな毎日
ハンドル名makko さん
ブログタイトルこんな毎日
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mmmom/
サイト紹介文思春期まっただなかの2人の子どもを持つ、働く母の日々のあれこれを書いています。
自由文フルタイムで仕事をしながら、思春期の息子、娘と毎日格闘しています。仕事をしているか家事をしているか通勤しているか・・というほど時間がないにもかかわらず、自分の好きなことにも少しずつ手を出して・・忙しさはマックスです(笑)。カウンセリングを勉強したり、ゴスペルをやったり。日々のつぶやきをブログに書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供296回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2014/01/10 22:02

makko さんのブログ記事

  • 大きな子どもたちと淡路島デイトリップ。
  • 受験終わりの息子がスノボに行くのをみて「去年も受験だっていって家族でスノボ行けなくて今年も受験ってことで家族で行けなかったのにヤツは友達と行くんやな!」と、すねモードの娘(笑)。だよねぇ。行きたかったのに我慢して我慢してほんで、おにいのために我慢してたのにおにいは受験終わったらさっさと行くんかい!ってやつよねぇ。来年は娘は自分が受験やしね。ということで、娘とスノボに行く計画を立てました。いや、私はや [続きを読む]
  • 息子(19歳)と娘(17歳)その関係
  • 娘と息子。仲良しです。っていうか、家ではそうでもないしケンカすることも多いしお互いブツブツ不満を言っているけれど話し出すとけっこう仲良し。っていうか、やっぱり親が家にいない時間が多いからなのかもしれません。ふと気づくと娘が息子の部屋に行って長々となにやら話をしていたり・・とかあって、ついつい私も乱入して嫌がられたりします(笑)。そのくせ、娘は息子が部屋に入ってくるのをいやがって入れてあげないのでまぁ [続きを読む]
  • 浪人生息子の進路、決まりました。
  • 息子の進路が決まりました。まぁ〜本当に長かった・・・第一志望はかなわなかったけれどご縁のある大学で今年はここだけにはこだわった「建築」を勉強することになりました。本人は、浪人したのに・・・こんだけやってきたのに・・・第一志望の大学の試験は手ごたえがあったのに・・などなどやっぱり思うところがあるみたいですが、でもでもやっぱりご縁です。自分にあった道しか用意されていないので縁といってももちろん自分の努 [続きを読む]
  • 異動前に思うこと。
  • 会社に来ると元気になる。もうこれだけでありがたいなと思うのです。自分の席があってパソコンがあって仕事がある。仕事をしていると人が入れ代わり立ち代りやってくる。対応しているうちに無駄話したり笑ったりビックリしたり特には泣けることもある。仕事は自分の性分に合っているし基本的にここでこの仕事をするのが好き。子どもが産まれてからこの会社にきて15年、こうやって人に支えられて今日までどうにかこうにか過ごしてき [続きを読む]
  • しゃれっけあるメール。
  • 会社でメールみてびっくりしました。有志でソフトボールしましょう、ってお誘いの全社メール。会社のランニングクラブの幽霊部員の私ですが、ソフトボールやテニスなんかもたまに集まってやってはるようでたまにそういうメールがきます。しかしね、たいがいは土日の週末。なんですが、今回は〜よくよくみてみると〜「○日(土)午前2時から△△を貸し切ってソフトボールをします。」って〜!!!真夜中午前2時から集まってソフトボ [続きを読む]
  • 20年来の友達の話。Part3
  • いやそれで?ってすんません。私、話長いので。サプライズで行ったので病室にはいってまんまるな目をして私を見た彼女をみてはい、まず成功(笑)しかし元気そうで安心した。きてよかった。と思いました。そこからケガの顛末を彼女が話してくれたわけですが、その話がもう本当に・・・なんというか・・いや〜息子連れてきてよかった、グッドタイミングとはまさにこのこと。やっぱりすべては必然必要なことがちゃんと起こるようにでき [続きを読む]
  • 20年来の友達の話。Part2
  • そんなテレビの出演者へのスタイリングを仕事とする彼女、なんとなんとこのたび大けがをしまして。20年来の友達といっても私がいったん仕事をやめてから再会するまでには10年近くかかり、その後も、たまーに会うことがあるもののさして話をすることもなくきたのですが去年、昔の同窓会をするってことで集まってひっさびさに飲みました。そしてそういうときはとんとんと近くなるものでまた、次は、会社の人もまじえてご飯でも行こう [続きを読む]
  • 20年来の友達の話。
  • その友達はもともと素人の出演者でした。むかしむかーし素人を起用する番組で出てくれていた女性です。最初の印象は、ミナミによくいる日サロに通う黒くてケバイお姉ちゃん。ま、大阪っぽくておもろい。そんな感じでした。つきあううちに、誰とでも仲良くなれるその性格と楽しいトーク、そして非常によく気が回る・・そんなところがみんなから愛され番組が終わったあとも他の番組の裏方としてケータリングなんかを手伝ってもらうよ [続きを読む]
  • お買い物同行 3回目。
  • 先日ご紹介したシェリーさんのお買い物同行。3回目に行ってきました。回を重ねるごとにシェリーさんの魅力はうなぎのぼりです(笑)。本当にすごい人。そして、ホント、いつ見てもキレイ、聡明、ステキ生活のこと、からだのこと、子どものこと、服のこと、いっぱいお話ししましたがいつも目がキラキラして、本当にひとつひとつがすごく心に沁みこむお話。なにか、取り繕うとか、飾るとか、社交辞令とかそういうものが全くないので本 [続きを読む]
  • マウンティング
  • ママ友ならぬパパ友のマウンティングがしんどいというfacebookの記事を読みました。マウンティング?なんぞや?本来は、犬などの動物が自らの優位性を示すために、相手に馬乗りになる行為を指す。その様子が“自分のほうが幸せ”とアピールする女性間の人間関係に似ていると、漫画家の瀧波ユカリさんが表現。いじめなどの明らかな対立と異なり、ふとした言葉や態度がきっかけとなって、関係を壊さない程度に見栄を張り合う。沢尻エ [続きを読む]
  • 受験終わりました。
  • 息子の受験がやっと終わりました。結果は来週。ほんとーーーーーーーーに長かった。でも、ホント、この1年はよく頑張ったと思います。知らんけど(笑)。ちょっと息子の部屋に行って話をしていたらいろいろ話してくれました。この1年しんどかったこと。夏はすごく頑張ったこと。誰より早く予備校に行って自習室でやろうと決めたこと。秋に買った物理の問題集でだいぶ進歩したこと。去年のいまごろは実は物理がちんぷんかんぷんだった [続きを読む]
  • 夕食断食続けてます
  • 夕食断食、続いてますよ。家に帰って娘に「チョコいる?」ってひとかけらのチョコを差し出されぱくっと食べてしまう夜もあるけれど基本、夜は食べていません。とりあえず1週間やってみようと思っているからできるのかもだけど意外に慣れるとストレスもあまりないです。だいたい夜中近くなるとぐう〜っておなかがなるんですがぐう〜ってなるともう絶対にそこで食べたらアカン!って思うので、余計に食べません。っていうか、おなか [続きを読む]
  • 普通に生きてる人たちが面白い。
  • なんか本当に、「ふつうのひと」が面白いな〜と思います。ひとの会話聞いてたらけっこう笑えることあります。電車の中とか。買い物中とか。大阪だからなのかそんなの関係なくやっぱり人間がおもしろいのかきっとどちらもかもしれませんがね。この前、グランフロントで歩いてるときに横を歩く若い2人組の女性が話していた会話。「私な、刺繍を始めようかと思うねん」「へぇ〜そうなんや〜どしたん?」「いや、そしたらな、毎週、週 [続きを読む]
  • 異動になりました!
  • 4月から異動になりました!思い返せば人生初の異動です。独身のころは5年間同じ部署で働き、子どもができて会社を辞め5年ほど専業主婦をしてその後、元の会社から声がかかり子会社に誘われて再就職したのが15年前。それからずーっと同じ部署で今日まできました。「今回は(同部署に)長い人を異動させる」と聞いていたので覚悟はしていたもののきたか〜!って感じです。子どもが小さい間、時間に追われず、ほとんど定時で帰れるこ [続きを読む]
  • いまを生きること。
  • いまがしあわせ、朝起きて、家族がいて、いろんな会話して会社に来て会社の仲間がいて、おいしいもの食べたり笑ったり話したり仕事して失敗したり成功したり帰りには買い物したり映画観たりまっすぐ帰ってテレビ観たりお風呂でぼーっとしたり。本当にこんな毎日がしあわせ、と思います。尊敬する医師 徳永進先生もよくおっしゃるように末期がんでホスピスに入った患者さんに「何がしたい?」と聞くと「会社に行きたい」だったり「 [続きを読む]
  • 子育ては親育て。
  • 日曜日の夜は、毎回お楽しみが多い子どもたちです。ま、だいたいはテレビですけど。世界の果てまでイッテQ!行列のできる法律相談所・・・まぁ〜ホント面白いですね。私も最近大好きになりました。テレビだからとはいえみんながリビングに集い、ゴロンとテレビをみている時間はバラバラでいる時間が多い昨今、とても貴重に思えます。こどもが小さい頃は、テレビをずっとつけているのがイヤで見たいテレビがあるときだけつけてあと [続きを読む]
  • お買い物同行体験 その7
  • というわけで、これまで2回、お買い物同行してもらったわけですが、まぁ本当に、お会いするたびシェリーさんのすごさに感服です。プロとしての仕事ぶりと彼女の人となり、その人間性がもう本当に、これまで出会ったことのないような素晴らしさ。バランスのよさ。尊敬するっていうか、もう生き方そのものをモデルにしたいような方です。普段から、メイクのことでも服装のことでも体調のことでも食のことでもなんでもついつい質問し [続きを読む]
  • お買い物同行体験 その6
  • はじめて、シェリーさんのお買い物同行の服を会社に着ていきました。反応は・・・「どうしたの???」「おしゃれ〜!」「めっちゃドレッシー。なにかあった?」「全然違うやん〜!きれい!」等々、そりゃもうけっこう激震でした。人は他人のことなど、それほど見ていないものです。けれども!けれども、やっぱり、こんだけ違うとわかるわな(笑)。私としても、なんていうか、気分がすごくあがる。おしゃれするってこんな気持ちなん [続きを読む]
  • お買い物同行体験 その5
  • というわけで、同行で服を購入したものの次の日に「着ていこう!」と思ってもなかなか、ちょっと突然にこの全然違うテイストの服を着ていくということに抵抗があり行けないわけなんです。あ、そういえば、書き忘れていましたが、同行の直前に「髪型も変えてみたらどうでしょうか?」と提案していただき、これまで10年間通った美容室をやめて提案していただいた「顔分析」してくれる美容室に行ったのです。ナルーヘアー堀江というお [続きを読む]
  • お買い物同行体験 その4
  • 待ちに待ったお買い物同行は申込みをしてから実に9ヶ月近くが経過していました。ひー!緊張する〜!いろんなお買い物同行があると思いますがシェリーさんの同行は、とにかくすごいです。徹底的に下見をして私のサイズにぴったりそして私に似合いそうなものをみつくろってくださっています。なので、同行当日は言われるままについていってお店でひたすら、差し出された服を試着するだけ。次から次へと着てみます。サイズはほとんど [続きを読む]
  • お買い物同行体験 その3
  • スタイリストのシェリーさんとのヒアリングを終えその後、おしつけがましさは全くなく、自然な流れとして「骨格診断を受けられるのもいいですよ」「メイクセミナーはどうですか」と勧めていただき、また、私の仕事の状況もご理解くださり、難しいはずなのに土曜にセミナーを開催できるよう段取りしてくださり、私はそのセミナーにひとつひとつ参加していったのでした。目からうろこなことばっかり。これまで考えたこともなかったし [続きを読む]
  • お買い物同行体験 その2
  • そうやって私がブログにであったスタイリストのシェリーさん。「すぐにでも!」お買い物同行を申し込みました。するとすぐに連絡がきて「まずはヒアリングをしたいので会いましょう」とのことで、梅田にて待ち合わせをしました。そこで初めてであったシェリーさんはブログで写真を拝見していたものの、まぁ〜〜〜そりゃめっちゃステキな女性。同じ40代とは思えませぬ。ブログで感じたのは、彼女の誠実さ、仕事への真摯な思い、クラ [続きを読む]
  • お買い物同行体験 その1
  • とうとう少しずつまわりのみなさんにお話しするようになりました。最近とっても質問が多くて。そう、私の最近の服装、髪型、等々の変化について。もしかして・・と言われるくらいに今、多くなってきている、スタイリストさんによるお買い物同行。要は自分だけのために買い物に同行してもらう、というサービスです。いわゆるパーソナルスタイリストという概念でしょうか。とてもじゃないけど自分には・・と、思います?よね?思って [続きを読む]
  • LALALAND
  • LALALANDを観ました。ミュージカル映画だからたぶん好きだろうなというのはわかっていました。そして確かに好きでした(笑)。でも、周りの反応っていまいちで「期待していたほどの映画じゃなかった」って声が多かったんですね〜いやまぁな。確かに、アカデミー候補だったし期待値は相当高いね。確かに、アナ雪とか君の名はとかああいう作品とはちょっと違うというかそのときに「感動〜!」みたいなものは少ないのかもしれません。い [続きを読む]
  • 夕食断食に挑戦。
  • 血流がすべて解決するを読みました。って話をブログにすでに書いてたらごめんなさい。(確認せんのかい。)最近、図書館で借りられないくらいに最近の本(予約が数百件にものぼるやつ)は買って、読んで、すぐにメルカりで売る、という手法をとっています。ので、すでに売ったんですけど(笑)。(ってかホント、アップしたらびっくりするくらいにすぐ売れます。)この本〜なんかしみじみ、よかったです。と、いまごろ思う。健康本、 [続きを読む]