Mie Miko さん プロフィール

  •  
Mie Mikoさん: おねこさまのつくりかた
ハンドル名Mie Miko さん
ブログタイトルおねこさまのつくりかた
ブログURLhttp://onekomieko.blogspot.jp/
サイト紹介文いろいろてづくりの日々。布小物、紙細工、フェルトや編み物などなど。料理もたまに頑張ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供245回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2014/01/11 09:22

Mie Miko さんのブログ記事

  • ミニポーチとミニミニポーチのセットをもっとつくる
  • めんどくさいのでMPとMMPとします。MPとMMPのセットをまたつくりました。じゃじゃんと4連発。あと少し布合わせをした分が残っているのだけど、さすがにポーチ14連ちゃんで飽きてしまったので次は大きめ作品をいくつか作ろうかなと思っとります。おちびちゃんと追いかけっこして遊びました。私がどどどどっと走って行って扉の陰に隠れる。おちびが追いかけてくる。おちびがギリギリまで来たところでばっと飛び出す。おちびがどどど [続きを読む]
  • ミニポーチとミニミニポーチのセットをつくる
  • 何作るつもりで買ったかわからん、短いファスナーたちの消費に励みます。ミニポーチとミニミニポーチのセットをつくりました。大きい方は14cmファスナー、小さい方は10cmファスナーを使用。ずんべらぼんでは面白くないので、大きい方には斜めに切り替えを入れてみた。ミニポーチは3cmのまちつきで。ミニミニポーチはまちなし。ミニポーチにDかんつけて、ミニミニポーチにバッグチャームチェーンつけてセットで持ち歩けるようにして [続きを読む]
  • パッチニャークバッグをあとふたつつくる
  • パッチニャークバッグをあとふたつつくりました。前回はグリーンだったので、今回はピンクとあお。今回はなんだかヒジョーに合理的でない裁断の仕方をしてしまったような気がする。勝手に手間を増やしちゃった感じ。もっと頭を使わねばならんな。歌を歌いながら楽しくミシンをやっておりましたらおちびが廊下の隅っこで警戒しながらこっちを見てた。だれかー。たすけてー。おかあちゃんがへんなおとだしてるー。そんな驚くほど下手 [続きを読む]
  • パッチニャークバッグをつくる
  • 猫柄布をつなぎ合わせて、パッチニャ―クバッグをつくりました。グリーン系でまとめて大人っぽく。実は裏側は猫布たちの配置を変えておりまして、配置は変えたのに、それぞれの場所の布幅は変えないことにしちゃったもんだから裁断するのがヒジョーにメンドーだった。内側は大きいぽっけを2分割の方式で。持ち手は金具付きのお上品なやーつを使用。マグネホックもつけますた。わぉ。贅沢仕上げ。トンネル付近でおもちゃを追いかけ [続きを読む]
  • ベンリー口金のバッグをもっともっとつくる
  • さらにベンリー口金のバッグをつくりました。今回はかわゆい系も作ってみたよ。まずはこんなの。色はモノトーンでシックな感じだけど、猫のタイプ的にはかわゆい系。で、こんなの。この布は姉の土産布で、すごくオキニ。でもちょっと残り少なくなってきて寂しい。あとは、こんなのとこんなの。じつはもう一個作ったのだけど、持ち手の部分がなんかザラザラしてて(塗装のなんか?)母に差し上げることにしますた。こんなの。これは [続きを読む]
  • ベンリー口金のバッグをまたつくる
  • 28cmがま口はとりあえず成功したので、ベンリーたちを片付けることに。ベンリー口金のバッグをまたつくりました。こんなのと、こんなのと、こんなの。この口金はなんだかお上品な感じがして、ついつい地味系の布ばかり選んじゃう。持ち手の部分がアンティークゴールドだし、あながち間違いではないのだろうけども。暑さのせいか、おちびの遊び方にちょっとした変化が。今までは連続ジャンプでおもちゃに飛びついていたのに、最近あ [続きを読む]
  • 28cmがま口でバッグをつくる
  • ベンリー口金に続き、もう一個試してみたいアイテムがあったのだ。こんなに大きながま口は初めてやなかろか。ということでこちらも試作を兼ねた実質本番で。大きながま口バッグをつくりました。比較対象がないので大きさ伝わんないのだけど、幅28cmのがま口です。かなりの存在感。タックを入れてボリューミー仕上げ。まちもたっぷり。ぽっけはつりさげタイプのが中にひとつ。ほらほら、こんなに大きいの。おさしんではアクリルテー [続きを読む]
  • ベンリー口金のバッグをつくる
  • ベンリー初挑戦。ベンリー口金のバッグをつくりました。試作兼本番。いやー、思ってた以上にかわゆい。まちを内側に入れ込むと、2通りの表情が楽しめます。開けるとこんな感じ。小さい内ぽっけがついとります。これはなかなかいいんでない??我が家の甘えん坊は、いまだにモコモコ上着でのちゅぱがやめられません。でも上着だけ置いてあってもダメなのです。ちゅぱする時はもれなくふみふみがついてくるのですが、上着に中身が入っ [続きを読む]
  • ワイヤー口金のバッグをもっともっとつくる
  • ワイヤー口金のバッグをあと4つつくりました。今回は最近入手した新猫布たちをお色違いで大放出。猫inマカロンが2つと、レトロ系おねこが2つ。次はちょっと新しいアイテムに挑戦しようと考えておるのですが、まだ型紙を作っただけなので成功するかどうかはわからない。我が家の甘えん坊はこのくそ暑い(失礼。言葉がきちゃなかったわ)時期でもお膝に乗ってきます。しばらく乗ってると暑くなってきて、その後床でクールダウンする [続きを読む]
  • ワイヤー口金バッグをもっとつくる
  • ワイヤー口金のバッグをまたつくりました。赤の持ち手にしちゃった。ちょっと冒険。あとは、黒メインの大人系がふたつ。夏はちょっと暑苦しく見えるかもなので、秋冬に使っていただければ。おちびがなかなか台所から出てきてくれません。呼びに行ってもパーテーションの陰に隠れてこっちを窺ってる。そこから狙っててもなんにもできないじゃないか。おばかちゃーんと思ってたらびっくりしたっ!! 腕がにゅーんと飛び出してきた。我 [続きを読む]
  • ワイヤー口金のバッグをつくる
  • ワイヤー口金のバッグをつくりました。以前作ったのが全部お嫁にいったもんですから。(→★)小さく見えるけど、18cmのワイヤー口金なのでそんなに小さくはないのですよ。内ポッケがひとつ。あとはこんなのと、こんなの。お気づきだとは思いますが、ワイヤー口金10組ありますんでまだ続きますよ。おちびがお鍋でお昼寝。はっ なんかこえがする!おちびはちょっとビビりちゃんなところがあるので、廊下側から聞こえてくる人の声と [続きを読む]
  • チューリップバッグをラストふたつつくる
  • ぎゃーっ。もう8月ですってよー。チューリップバッグをラストふたつつくりました。こんなのと、こんなの。でもラストふたつと言いながら、ほんとはもう一個作ったんだー。自分用に。 自分用のバッグを作るのはほんと久々だった。普段は「作っては見たもののこれちょっといまいちだったかも」とか「ありゃ、これよく見たらここちょっと失敗してるー」とかいうのが自分用になるもんですから。なんだか贅沢した気分だわ。おちびが気持 [続きを読む]
  • チューリップバッグをまたまたつくる
  • チューリップバッグをまたまたつくりました。今回は子猫柄をお色違いで3つ。黄色ちゃんはリアルプリントのラタン柄と合わせて。ピンクちゃんは生成りの持ち手がアクセント。水色ちゃんはヒッコリーとばっちりですた。このバッグはカーブがきついので、まちを合わせる時も、持ち手をつける時も真ん中起点で入れ口側に向かって縫っとります。ぐるぅりとなった1本の曲線を2回に分けて。それが前と後ろ、内布の前と後ろ、さらに持ち手 [続きを読む]
  • また和猫ポーチをつくる
  • 作りかけで放置していた和猫ポーチをつくりました。お色違いのはちわれーずと、椿にまみれた黒猫ちゃんと、とっちらかる猫たち。そしてその他もろもろもう少し和猫布はあったのだけど、これ以上はファスナーとの色合わせができそうになかったので断念。次はチューリップバッグを片付けねばならん。最近運動不足なので、ちょっくら腹筋でもとやってみたらおちびが飛んできました。それもしっぽをボンボンに膨らませて。私が運動して [続きを読む]
  • 個性がきらり★の猫バッグをまたつくる
  • 暑さのせいか、全然集中力が続かない。なんか作っててもすぐ飽きちゃう。で、作りかけのなんやかんやが部屋の中で散乱する。それを見てまたやる気がそがれる。という悪循環から一刻も早く逃れる為、途中でほっぽり出した個性派猫バッグをのこり3つつくりました。まずはおしゃれ帽子猫。続いて金魚すきすき猫。オーラスはアリス猫です。裏にはチェシャ猫。この布はすごくオモローでかわゆくてお気に入りだったのだけどついに使い切 [続きを読む]
  • チューリップバッグをもっとつくる
  • チューリップバッグをまたつくりました。この布、ネコばっかかと思ってたのに11:2の割合でフレブルが混ざってた。まぁ、ほぼ猫布ということで良しとするけど。サイドにはデニムを合わせますた。もう一つは茶系で。 こっちはストライプデニムと合わせた。ちょっと地味だったかしら。床でべちゃりと寝ているおちび。いやーん、かわゆーい。と思うのは、親ばかフィルターがかかっているのだろうか。ランキングに参加しています。ぽち [続きを読む]
  • チューリップバッグをつくる
  • まだまだポーチにしたい布があるのだけど、あんまり続けると飽きちゃうもんで。なので一旦バッグをはさむことに。チューリップバッグをつくりました。むかーしにも何個か作っていて、これ→★を自分用にして使っていたのだけど大きさといい、肩から提げた状態でも中身を探れる長めの持ち手といい大変気に入っていたのであります。まちもたーっぷりなので、お買い物に行くときにも良いのです。中は2分割ぽっけがついとります。深さ [続きを読む]
  • 和猫ポーチをもっとつくる
  • 和猫ポーチをもっとつくりました。猫布界(そんなのあるのか知らないけど勝手に名付けた)には結構たくさんの和+猫の組み合わせが存在するのであります。まずはこちら。これは柄が大きいやーつだったので裁断に苦労した。そしてお色違いの2にゃん。さらにお色違いの3にゃん。作り始めたら手持ちの和猫を全部使ってみたくなってしまいまして。ファスナーとの兼ね合いもあるので、全部は無理かもしんないのだけどいけるとこまでいっ [続きを読む]
  • 和猫ポーチをつくる
  • あらら。更新が遅なってもうたわ。和風猫布を使ってポーチをつくりました。ファスナーは25cmのやーつ。内側も極力和風に。お色違いでもういっちょ。あ、もうにちょだった。(にちょ? にちょう?)どんどん作るよ。おちびちゃんはねこ鍋が大層気に入ったようで、夜寝る時も鍋に入っとります。ええ塩梅に丸まって、完璧なハートが出現。ここまでキレイにハートになるのは珍しい。ランキングに参加しています。ぽちっとしていただけた [続きを読む]
  • 個性がきらり★の猫バッグをもっともっとつくる
  • まだまだ続きますよ。個性派猫布のバッグをもうみっつつくりました。まずはエンジェル猫。お次は宇宙猫。ラストはカラフル姉アメ猫。USAコットンはカラフルなものが多いので、カラフル猫だけではどれのことだかわからなくなってしまうのです。この布の名前の意味するところは「姉がアメリカで買ってきてくれたカラフルな猫布」略して「カラフル姉アメ猫」なのです。でも次に姉から送られてきたのが、またもやカラフルな猫布だった [続きを読む]
  • 個性がきらり★の猫バッグをもっとつくる
  • 個性派猫布のバッグをまたつくりました。今回は黒メインをみっつ。こんなのと、こんなのと、こぉんなの。これは私が「ジャズ猫」と名付けている布。今回のバッグは50cmカットの布でギリ作れるように製図したので、布のロスもほとんど出なくてなんだかうれちー。おちびがケージの上でくつろいでおります。なんか変なポーズだなぁと近寄ってみたら、がっしりケージにはまり込んでた。ま、こんだけ一体化してたら落ちる心配はなさそう [続きを読む]
  • 個性がきらり★の猫バッグをつくる
  • 個性派猫プリントの布をメインに使った猫バッグをつくりました。秘蔵アメ布大集結。出ました。画伯ねこ。黒ヒッコリーと合わせて。ころんとした形に仕上げますた。内ポッケひとつに、マグネホック付き。今回は持ち手を付けるのにハトメリングなるものを使ってみた。続きまして、ぱぁ。出た。ダンス猫。さてさて、お次はどんなん出ますかねー。昨日はおちびちゃんを連れてまたまた病院へ行ってきました。肝臓を守るためにお薬を低用 [続きを読む]
  • ボディバッグをあとふたつつくる
  • ボディバッグをあとふたつつくりました。またまた茶色メインのと、ラストは夏っぽい色合わせで。楽しかったけど、ベルト部品がもうなくなったのでこれでおちまい。おちびちゃんは今回が生まれて初めての夏なのですが、上手に風の通り道を見つけたり、ねこ鍋を大活用しております。あー あぢいーこの子はへそ天はしない子なのかしら。まだ見たことないわ。ランキングに参加しています。ぽちっとしていただけたらさらに頑張ります。 [続きを読む]
  • ボディバッグをまたつくる
  • ボディバッグをまたつくりました。ファスナーが届くの待ってた。まずは黒メインで。あんまり猫が見えないけど、ペイズリーのゾウリムシ的なやつの中にいたりそこここに隠れております。内側は白系バンダナ柄。もういっちょ。これは皮革風リアルプリントの帆布と合わせて。内側はオレンジでちょっと派手目。そしてまた椅子デルモに持たせてみた。いかがざんしょ。先日、ちょっとびっくりすることが起きました。ふんふふーんぎゃーっ [続きを読む]
  • みえーるポーチの続きをつくる
  • みえーるポーチをあと3つつくりました。こんなのと、こんなのと、こんなの。山ほどある猫布たちは、一応お値段順に衣装ケースに並べて入っているのですが整理するためにそれぞれに(勝手に)名前を付けています。ちなみにこの布は「ヨガでぶ猫」。正解だけども失礼。爪とぎダンボールをいまいち使いこなせてないおちびちゃん。完全にベッドと認識しているようです。あ、お鼻くちょがついてる。せっかくのかわゆいお顔が台無しだわ [続きを読む]