フィレンツェのユキ さん プロフィール

  •  
フィレンツェのユキさん: フィレンツェ 花より。。。生活
ハンドル名フィレンツェのユキ さん
ブログタイトルフィレンツェ 花より。。。生活
ブログURLhttp://ameblo.jp/yuku810/
サイト紹介文花の都、フィレンツェより 花より。。。生活、実施中!
自由文イタリアはフィレンツェより
おいしい生活、お届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供317回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2014/01/12 22:32

フィレンツェのユキ さんのブログ記事

  • フィレンツェからどこに行こう...
  • どこか行こう...なんとなく、そう思って、よく考えてみたら、フィレンツェに来てから、この15年という間、ロクにイタリアという国を見ていない...と、今更ながら気付く私。イタリアは、どことなく日本に似ていて、南北に長く、その特徴もまた、地方によって大きく違う。メルカートで働いている時、イタリア人のお客さんが来て、「どこから来たんですか?」と聞くたびに、あぁ、そこ、行きたいな〜〜と、思ったものである。「サルデ [続きを読む]
  • 知らない人にも、ぶぉんじょるの〜...
  • それは、母親と地元にあるショッピングセンターに行った時のことだった。私は、1人のおばちゃんと目があった。ただ、すれ違いざまに、ふと顔を上げたら、目の前に、そのおばちゃんが居たのだった。なんとなく、おばちゃんも、こちらを見て、どちらからともなく、「こんにちは〜」と言った。お母ちゃんは、私に聞いた。「知ってる人?」私は答える。「ううん、知らない人。」そしたら、お母ちゃんは言うのだ。「やだねぇ、あんたっ [続きを読む]
  • 作ってみよう、スキアッチャータ!
  • スキアッチャータ。この辺りの人は、フォカッチャのことを、こう呼ぶ。メルカートの中のパン屋さんのスキアッチャータが美味しくて、いつかあんなの作れたらいいな〜そう、いつも思ってた。そう思いながらも、あまり勉強熱心なタイプでない私は、フランスパンレシピで、スキアッチャータを作るという、無謀な方法に出てみた。用意するは、小麦粉 400gr・水280gr・砂糖7gr・塩7gr・オリーブオイル適当。そして、フレッシュイースト [続きを読む]
  • 私を構成する成分は・・・イタリアか?
  • ▼私を構成する成分は・・・久しぶりに友人を訪ねる。そしたら、「COOP(コープ)は安いし、いいんだけどさ、COMUNISTA(共産主義者)だからさ...」とブツブツ言っている。イタリア人は、右派か左派かで、個人の意見がはっきり分かれているので、テレビの討論番組でも、友人たちの間でも、政治の話になると、比較的盛り上がる。私は...というと、イタリアでは選挙権がないが故、傍観者となるわけだけど、誰が大統領であろう [続きを読む]
  • そうくるか...と思ったこと
  • それは、狭い歩道であった。朝の10時ごろというと、わりかし、高齢の方たちが多い。私の前には、2人のおばあちゃんが、会話を楽しみながら、始めての街でもないだろうに、キョロキョロしながら、歩いていた。信号無視するイタリア人が多い中、年齢のこともあってか、きちんと信号を守る、おばあちゃんたちであった。歩道は思ったよりも狭く、私が後ろに着いた時点で、道はいっぱいになった。そこにやってくるは、口をへの字に曲げ [続きを読む]
  • イタリアでは、サン・バレンティーノ
  • 日本では、女の子から男の子にチョコレートをプレゼントするバレンタインデー。イタリアでいう、サン・バレンティーノは、男性から女性に...が普通らしい。最近、レストランなんかでは、バレンタインデー特別メニューとかやっているけれど、いずれにしても、チョコレートは、贈らない。かわりに、あったら自分が食べる。こんな私も、遠い、とお〜〜い昔に、手作りチョコを作ったことがある。小学生くらいの時だ。そして、クラスの [続きを読む]
  • イタリアで、ドリップコーヒー
  • 時々、日本で飲めるような、ドリップ式のコーヒーが飲みたくなる時がある。もちろん、イタリアのコーヒーは美味しいし、それこそ、BARなんかに行って、アメリカンコーヒー...なんて言おうものなら、普通のエスプレッソにお湯を入れられるだけだから、やっぱり、普通に、イタリアのコーヒーを飲む。ただ、大きなマグカップで、ゆったり本でも読みながら...なんて言ったら、やっぱり、ドリップコーヒーの方が、楽しめる気がする。そ [続きを読む]
  • 37セントの得...
  • イタリアンパセリやセージにバジリコ...どれもイタリア料理には欠かせない、重要な役割をする、香草である。こんな香草が、庭にチロッとあれば、それに越したことはないが、頑張って育ててみよう!と思って、今も元気に育っているのは、どうやら、ローズマリーだけである。私は天才的に、枯らすのがうまい。もちろん、乾燥ものも売っている。冷凍ものもある。それでも、フレッシュなものには、味も香りも勝てない。で、市場やスー [続きを読む]
  • たまには遠出をしてみる...
  • フィレンツェに住んでいる...そういうと、「こんな素敵な街に住めて、うらやましいわ〜〜」なんて言われる。確かに、来たばかりの頃は、全てが真新しくて、学校が終わると、日が暮れるまで歩き回った記憶がある。それが、いつしか時が経ち、それが日常となると、そのテリトリーは、自分の住んでいる家あたりになるわけである。たまにこちらに来られる方々に、「長いから、いろんなところ知ってるでしょ?」なんて言われると、実は [続きを読む]
  • イタリア人の、なんとも言えない算数力
  • イタリア人の算数嫌いは、初めて知るところではない。...にしても、こんな記事を見てしまうと、もう一度、小学校に行っておくれと思う私、日本人。この答え、さて、なんと答えたか、イタリア人。ある人は、22 と答え、またある人は、1と答える。思いのまま計算し、思いのまま答えているのだが、法則なんてあったもんじゃない。そして、この問題では、1と言うものあれば、100というものあり、10とか20とか。イタリア語がわからなく [続きを読む]
  • ロールケーキレシピで...
  • 日本のお菓子は美味しい。イタリアにいると、改めて思う。実は、結構、お酒好きが故、お菓子は、あまり食べない。「ケーキバイキング」なんていうのが、まだ、私が、日本の会社に勤めてた頃、割にあって、みんなで行こう!とかあったけど、1個でいいな、そう思ってた方だ。ところが、こちらに来てみると、甘いものは、徹底して甘く、それはそれで美味しいのだけど、あぁ、日本のお菓子は美味しかったなぁ...と、目を細めて昔を思い [続きを読む]
  • イタリアの、もうちょっとなんとかならないの...なこと
  • ナポリのゴミ問題。何年か前に、マフィアとの絡みで、ゴミが街にあふれる...ということがあった。ほとぼりが冷めた今は、ニュースとしては、すっかり忘れられ、誰もがいつもの日々を過ごしている。忘れた...というだけで、解決したわけでもないことは、出るゴミを一緒くたにして焼きはらうことで、病気になる人間が出ていることを、つい先日、ドキュメンタリー番組で知ることとなる。私は、家を借りている人間だから、直接、国にゴ [続きを読む]
  • 故郷というもの...
  • 「故郷」というと、誰しもが、生まれ育った町を思い出す。小さな頃、私は、古い小さな家に住んでいた。あまりにも小さな家で、弟たちは嫌っていたが、いつも誰かが遊びに来ていて、賑やかな家だったことを思い出す。学校の行事で、お楽しみ会(確かそんな風に言っていた。)があると言っては、うちに集まり、グループごとで、劇をやると言っては、うちに集まっていた。小さなおんぼろだった家の割には、いつも誰かしら遊びに来てい [続きを読む]
  • イタリアのSNSの使い方...
  • 毎日、なんとなく目を通す、SNSの数々。いろいろな人が、いろいろな思いを綴り、美味しそうな食べ物をのっけたり、素敵な場所へ案内してくれたり、はたまた、ドギツい言葉で罵倒してたり、人の数だけいろいろなニュースがある。その朝、私が目にしたのは、イタリア人が載っけていた、あるビデオであった。この時点では、ごくごく普通の買い物の様子。あっあ〜まんま み〜あ〜〜なんと、兄ちゃん、買い物してるフリをして、店員が在 [続きを読む]
  • イタリアのスーパーマーケットでは...
  • 雨が降っている割には、近くのスーパーに行くと、わりかし人がいる。今日が土曜日であるということを、後になって気がつく私である。そういえば、メルカートで働いていた時も、土曜日だけは、イタリア人が多かった。この買い物、日本と違うのは、割に、男性が多い...ことである。確かに、大量買いをすれば、荷物も多くなるわけで、そんな時、役に立つ!そんな風に思うだろう。でも、ここイタリアでは、割に、男の人が、乗り気で買 [続きを読む]
  • おやびんを探しに...
  • 前回の支払いから、1ヶ月ほどたった今、再び、おやびん探しの勝負が始まる。本当は、別に勝負でもなんでもないけれど、のらりくらりしている、おやびんを捕まえるには、辛抱だけが勝負である。電話をしても出てくれないことを思うと、ここはメッセージを!と、送ったはいいが、案の定、返事は来ない。それでは、メルカートで偶然会っちゃったパターンで!と、出かけていっても、「ここには来てないよ。」と言われる。そしたらなん [続きを読む]
  • タモさんの「戦争が無くならない理由」とイタリア人と...
  • 「戦争が無くならない理由」タモリさんが、こうつぶやいた。「戦争が無くならない理由はなんだと思う?」それはな、人間の中に『好き』と言う感情があるからだ。そんなものがあるから、好きな物を他人から奪ってしまう。また、好きな物を奪った奴を憎んでしまう。ホラ、自分の恋人をレイプした奴を『殺したい』と思うだろ?でも、恋人のことを好きじゃなかったら、攻撃に転じることはない。残念だけど、人間の中に『好き』と言う感 [続きを読む]
  • 頑張る人
  • 今年になって、私の周りでは、妙についている人がちょこちょこ居る。例えば、飛行機の席のグレードアップなんて人は、一人や二人でないし、あら、凄いわね〜〜と思わされる人が多い。私もなんだか、あやかりたい気分になる。イタリアというのは不思議な国で、あんまり、「普通」というのが存在しない。なんの不足もない書類を持っていって、「普通」問題ないでしょ!と、思うことが案外、駄目出しされたりする。で、言われた通りの [続きを読む]
  • イタリアの、本当は綺麗な島では...
  • 「これからは、アフリカが発展していく気がするんだよね〜〜」おもむろに、友人が言った。面白いことを言うなぁ...根拠はないが、ふと、そう思った。アフリカといえば、「貧しい国」だと思われている。ニュースなんかを見ていると、食べるものが食べられず、泣いている子供の画像ばかりが出てくる。アフリカは、貧しいのだろうか?アフリカ大陸や、その周りの島々に何度か旅行で、行ったことがある。ビックリするほど海は綺麗で、 [続きを読む]
  • 知らなかったこと...
  • 何か面白いこと、したいよね〜これが、学生の頃から口癖だった。何か...というものの、その、何かは、ちっとも具体的でなく、そんなことを語りながらも、時だけがイタズラに過ぎていった。イタリアなんかに来ちゃったら、より一層、そういうことが難しくなる。その「いつか」、「何か」は、現実に流されて、生きる為に、ひたすら働いているうちに、何もできなくなっていく。イタリアで家を買うとしたら、手付金に40%は必要で、ちゃ [続きを読む]
  • イタリア人のつぶやき
  • イタリア人がつぶやく。なんて国だ、イタリアは。こんなんだったら、どっか他の国に行きたいよ。と。それは、例えば、何か理不尽なことが起こった時。いや、理不尽なことだらけなのだけど、街が汚いだとか、不法滞在者が何かやらかして、ちゃんと裁かれない時とか、はたまた、税金の一部が、ジプシーなんかに払われたりとか、何かあるたびに、こんな国にはいたくねぇ...なんて、つぶやくのである。私の知り合いのダンナなんかは、 [続きを読む]
  • イタリア人らしい...と思う話
  • その日ニュースを見ていた私は、ちょっとしたイタリア人の特徴を見つけた。確か、その日のニュースで流れてたのは、スーパーマーケットに押し入った強盗と逃げ惑う客たちのシーンだ。覆面をした5人ほどの強盗犯は、ピストルを片手に、白昼堂々と、スーパーマーケットに押し入るのだった。比較的大きめのスーパーマーケットには、barも併設されており、多くの客でごった返していた。小さな子供は、尋常ならぬ、その様子に、慌てて、 [続きを読む]