organic_jb さん プロフィール

  •  
organic_jbさん: ジョホールバルでオーガニックな子育て&移住生活
ハンドル名organic_jb さん
ブログタイトルジョホールバルでオーガニックな子育て&移住生活
ブログURLhttp://ameblo.jp/johorbahru-white/
サイト紹介文マレーシア・ジョホールバルで働くシングルママが、JBでの移住生活・子育ての様子を綴ります♪
自由文モンテッソーリ教育やシュタイナー教育にも関心が深く、日本でも長くオーガニックな生活や自然派の子育てを目指してきました。
ジョホールバルでの新しい生活も、そんなさまざまな視点から模索し、見つめていきたいと思います♪

都市化の進むジョホールバルで、理想の生活を目指しながら。

そして、お仕事と子育ての狭間でドタバタと試行錯誤しながら。

楽しく日々を送っています♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2014/01/13 14:03

organic_jb さんのブログ記事

  • どことなくヘイジーなこの頃@ジョホールバル
  • このところとても暑いジョホールバル。どしゃ降りスコールも、毎日しっかり降っています。 それなのに、なんだか空気がしっくりこない。 目の痒みや喉のイガイガなど。この数週間、アレルギー症状が出ています 朝の景色も、うっすらとヘイジー。 娘も、あごや首周りに蕁麻疹やアトピーが出やすい。あまり出たことのない部位なので、少し心配に。 「リンパのある場所だから」と、同僚に教えてもらい [続きを読む]
  • はじめての「シャンプー台」@ジョホールバル
  • 「ヘアサロン」は、結構いろいろ試しています。 ジョホールバルでも、シンガポールでも。ローカルから日系まで。 手強い髪質なので、いつもスタイリストさんとは、とにかくよく話をします。 実は、父が美容師だったので、大学生になるまで他人に髪を切ってもらったことが無かったのです。 オトナになり、一人前に一般のサロンに行き始め、何が苦痛だったかと言うと…「髪型の注文」をしなければならない [続きを読む]
  • ごほうび景色に「春」を感じる@ジョホールバル
  • お仕事的に「よい画」を撮るために。 道なき道を歩いたり。地面に這いつくばったり。 よくあります 大好きなプロのカメラマンさんたちがしていたように、自分も格好だけは真似してみる。見よう見まねってやつ。 大汗かいた帰り道、ふと足元を見てみると、ごほうび景色が。 「じっちょりんのあるくみち」の世界! ふわふわをお団子にして食べたくなっちゃいます 常夏だけど、ほんの少し「 [続きを読む]
  • 「浴衣のお手当」と「縫い仕事」@ジョホールバル
  • 今週の金曜日は、娘の学校でインターナショナルデーのイベントが開かれます♪ 浴衣を着て登校すべく、お手入れです 前に、何かのイベントで浴衣を着て登校したのは良いのですが、相も変わらず大暴れしたようで、衝撃的に露な姿で帰ってきて・・・ 女子の母としては、それは驚きました(焦) 裾を踏んでも、お構いなしに走りつづけたようで・・・お端折りの仮止めも全部ほどけて、散々でした [続きを読む]
  • ジョホールバルでタイ発の「ほうじ茶」と出会う
  • ジョホールバルで、タイ発の「ほうじ茶」!? うっかり「キリン」と間違えそうな、「KUKURIN」 「砂糖なし」と「砂糖あり」、2種類の展開。やっぱり砂糖入れたいのね、東南アジア。 可もなく不可もなく、そつなく美味。さっぱりとしたお茶を頂きたいときには良いかもしれません 私は、緑茶が苦手なので、うれしいです!娘は「おうちのお茶がいい」と三年番茶派のよう ブキッインダの日本食料 [続きを読む]
  • 自然ゆたかな通学路@ジョホールバル
  • 朝の通学路。大好きな景色のひとつ。 「ジョホールバルの自然は豊かですか?」 よく、こんな質問をされます。 車を走らせれば、すぐに広がる椰子の木の景色。空も広い。 新月明けの今夜。この広い空に、星がきれいに輝いてる。 自然、ばっちり豊かです よく、ジョホールバルは「シンガポールの郊外」という表現で紹介されます。 ゆったりとした「人」と「空気」と「時間」。緑の美しさ。 [続きを読む]
  • デサルビーチで凧揚げ、傷心を癒す@ジョホールバル
  • 衝撃的な事件が起こり、落ち込んでいます。 iPhoneを初期化する事態となり、なんと1年分の写真データが消えました。 そもそものデバイス不調で初期化すらうまくいかず、手こずりました。しかし、まさかの最新バックアップが2016年5月だったとは…。 今週は、締切マターが多く、忙しなく動いていたのでなんだかんだと気持ちをごまかしていたのだけれど。 いまここに来て、涙が出そうに…突かれたら号泣し [続きを読む]