浜須賀車輌工房 さん プロフィール

  •  
浜須賀車輌工房さん: 気まぐれな鉄ヲタ備忘録
ハンドル名浜須賀車輌工房 さん
ブログタイトル気まぐれな鉄ヲタ備忘録
ブログURLhttp://ameblo.jp/dioramania/
サイト紹介文鉄道模型から実車撮影、日々の出来事まで色々と綴っています。小田急がメインです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/01/13 17:22

浜須賀車輌工房 さんのブログ記事

  • マイクロエース小田急2400形HE車
  • 東京では今日、ソメイヨシノの開花が発表されましたが、なんでしょうかこの寒さは・・・。 マイクロエースから、小田急電鉄の2400形HE(High Economical)車バリエーション違いが夏頃に発売されるとアナウンスがありました。 これは、前回(2007年)に発売された製品を試験冷房車だった2478に改造したものです。 今回は、この2478を含む編成と旧塗装時代に試験的にロマンスカーSE車のKD-17台車を履いたクハ2474 [続きを読む]
  • ディスクローターが回転する!!KATO東急7000系
  • 今週末になって、Nゲージ新製品情報が入り KATO(関水金属)のレジェンドコレクションシリーズで日本初のオールステンレス製電車の東京急行電鉄の7000系が夏頃に発売されることになりました。横浜市金沢区にある、東急車輌製造(現在の総合車両製作所)の敷地内に展示されている、デハ7000系。(この画像は敷地内でイベントが行われた時に撮影したものです。通常は敷地外からも撮影は厳しく禁止されているので、ご注意くださ [続きを読む]
  • 鉄道模型 路面モジュール
  • 今年も東京ビッグサイト開催される、鉄道模型コンテスト会場で「T-TRAK CONTEST 2017」が行われます。元々は、2000年頃に鉄道模型雑誌のRM MODELSの中で企画された「路面モジュール」が原点で、その後有志で数々の鉄道模型のイベント等で運転会を行っている息の長い趣味のサークルです。 私も十数年前に参加して、作品を展示しました。 作品は、もし箱根登山鉄道の箱根板橋駅に登山電車の軌道線が残っていたら・・・と [続きを読む]
  • 製品化してくれたのは有り難いけど・・・
  • 横浜で行われた、横浜鉄道模型フェスタで展示されていたグリーンマックスの小田急1000形赤電が、届きました。箱は、赤くない(笑)小田原〜箱根湯本間の三線軌条(狭軌1067ミリと標準軌1432ミリ)の標準軌での旅客輸送の廃止に伴い、狭軌の小田急の車両で運行することになり(普通列車の乗務は箱根登山鉄道が受け持ち)、箱根登山のカラーにラッピングされた1000形4連が3本用意されました。箱根登山線小田原駅ホームに停車中の小田急 [続きを読む]
  • 販売延期(ノД`)シクシク
  • ここ数日は強烈な寒波がやってきて、各地で大雪による交通機関の乱れや物資輸送の影響が大変気掛かりです。皆様がお住まいの地域は、大丈夫ですか?さて、今回のネタは先週に横浜ランドマークタワーで行われた横浜鉄道模型フェスタでグリーンマックスのブースに展示されていた小田急の「赤電」1000形です。本来なら今週末から週明けには店頭に並ぶはず・・・・、だったのですが予定より1週間発売が延期になってしまいました(泣) [続きを読む]
  • 霊峰 富士山を背に
  • この時期ならではの青い空と雪化粧した富士山をバックに 新松田〜開成の酒匂川橋梁にてここから下は、秦野〜渋沢間で。こちらは、雄大な富士山をバックに。4000形急行とロマンスカーEXEの離合。ロマンスカーMSEのさがみ号。 10両固定化改造工事を施された1096Fの快速急行新宿行き。LEDのヘッドライトも眩しい!! 下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです!!にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 日本海縦貫線の女王
  • 今回は、もう一つの「白鳥」を紹介いたします。TOMIXから限定販売されたさよなら白鳥この白鳥が引退してから、もう15年以上も経つとは、時の流れるのは早いものです。確かこの頃に使用された向日町電車区の485系は、「雷鳥」と共通だったと思います。ここから先は、実車の乗車記録です。これは、特急「白鳥」が廃止になる二か月前に乗車した記録です。10時12分に大阪駅を出発した白鳥は、新大阪そして京都に停車します。この時、 [続きを読む]
  • 特急「白鳥」〜「はつかり」の思い出
  • 今年の正月に、酒に酔った勢いで買ってしまった(笑)TOMIXの485系3000番台JR東日本の土崎工場(現 秋田総合車両センター)で大規模リニューアル工事を施した車両です。基本セット(Tc+M"+M+Tc)は買ったものの、増結セット(M"+M)が無いと、やはり寂しい。いざ、増結セットを探すも店頭もネットも軒並み「売り切れ」の文字ばかり。最後の頼みの綱で、TOMIXの直営店へ。最後の1セットを買うことができました!定価販売だけど、仕方ある [続きを読む]
  • 金型の進化で可能になった、KATOの飯田線旧国電
  • ここ数日、関東地方の寒さは身にしみますね〜。春が待ち遠しくなりました。松任谷由実の「春よ来い」が、頭の中でヘビーローテーションしてます(笑)先月に発売された鉄道模型雑誌RMModelsの特集で、KATOの新製品を企画している営業の方のインタビューが掲載されていますが、プラスチック製の車体を造るのに欠かせない金型。以前は1車種につき、1つの金型を製作しなければならず、あまりレアな車種は敬遠されていました。しか [続きを読む]
  • 新年早々、模型弄り(笑)
  • 新年あけましておめでとうございます。今年も拙いブログではありますが、お付き合いいただければ幸いです。元旦の初詣は、こちらの駅から。小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅江ノ島へ向かいます。日本の三大弁財天のひとつ、江島神社へ参拝しました。元日なので、多くの初詣客で賑わっていました。今年初の江ノ電も。先月に極楽寺検車区で開催された江ノ電タンコロまつりで「チラ見」させていた(笑)江ノ電2001Fの新塗装が気に入って [続きを読む]
  • 大晦日に偉大なNゲージの父を偲んで
  • 年末の慌ただしい日々に振り回され、気付いたら、もうすぐ今年も終わり(汗)製作途中の鉄道模型も、増えるばかり。皆様も既に雑誌やウェブでご存知と思いますが、日本のNゲージ鉄道模型のパイオニアである株式会社関水金属の創業者で代表取締役会長の加藤祐治さんが先月、永眠されました。享年88歳でした。加藤会長は、50年前に日本で初めて日本型のNゲージ鉄道模型を量産化した、まさに日本のNゲージの父と呼ぶにふさわしい方 [続きを読む]
  • 江ノ電タンコロまつり と 東武ファンフェスタ
  • いつも、更新が遅くなってゴメンナサイm(_ _;)m江ノ電タンコロまつりの会場がある、極楽寺検車区の最寄り駅極楽寺駅。この佇まいが、いいんですよねー。タンコロまつりの主役、108号。引退してから30年以上経っていますが、丁寧に整備されています。今回の目玉(笑)2001Fの新塗装も、半開きのシャッターと養生シートのスキマから「チラ見」させるところがニクイ(笑)検車区のK塚さん、やりますね〜!江ノ電さんの、こういう「遊 [続きを読む]
  • 速報!神奈中バスコレ 第6弾
  • す私にとっては、毎年の恒例行事になりつつある(笑)神奈中バス(神奈川中央交通)のバスコレクション販売会。今回で6回目となりました。昨年までは、前日に平塚のビジネスホテルに泊まって、早朝から販売会場の列に並びましたが、今年は当日の始発電車に乗って到着しました。販売会場の平塚紅谷町まちかど広場には、神奈中バスコレを購入する人の列ができていましたが、約30分くらいで無事に購入できました。神奈中バスコレは [続きを読む]
  • 神奈中ツインライナーのバスコレ
  • 先日、夏前から予約していた神奈川中央交通ツインライナーのバスコレ走行セットが届きました!予約してから半年近く経っていたので、すっかり忘れかけていました(笑)来月のはじめには、毎年恒例の平塚で行われる神奈中バスコレの販売もありますし。ツインライナーはベンツ・シターロの町田営業所所属がプロトタイプで、町田バスセンターから山崎団地を結んでいます。同じタイプのツインライナーが厚木営業所にもありますね。茅ヶ [続きを読む]
  • 金属製鉄道模型の酸化被膜除去剤
  • 最近、ようやく「積んである」(笑)金属製の鉄道模型キットを組み立てはじめました。車体の組み立ては金属製ならハンダ組みしますが、ハンダを流すためにフラックスという塩化亜鉛溶液を使用します。ただ、ハンダ付けした後は塩化亜鉛溶液を洗い流さなければ金属面が腐食してしまうため、薬剤を使用して洗います。鉄道模型店で最も入手しやすいのは、大阪のマッハ模型が発売する「ブラスクリーン」という酸化被膜除去剤です。し [続きを読む]
  • 小田急 高性能軽量車
  • 昨日の日曜は茨城県の大洗でガルパンのお祭りで盛り上がったようですが、私は部屋の掃除などしていたら、1日が終わってしまいました(笑)中古の鉄道模型を扱うお店で見つけた、小田急の2200形の登場時仕様。鉄道コレクションやクロスポイントの改造ではなく、グリーンマックスの京急1000形の板キットを切り継ぎ(前面は京急のキットにオマケで付いていた。しかし、幅広ww)厳密に言えば、前面の行先方向幕は登場当時は無く、サボ [続きを読む]
  • 1/150の、カワサキNinja
  • 前回、紹介したNゲージサイズのカワサキNinjaが発売されたので、早速購入しました。1つのパッケージには、赤/黒(ガンメタ?)と、ライムグリーン/白の各1台と、ライダーが2体が入っています。Ninjaについて、改めて説明するとNinjaは日本の川崎重工業のモーターサイクル部門が1984年(昭和59年)に北米や欧州等に向けて発売されたバイクで、北米向けのペットネームに付けられたのがNinjaなのです。欧州や後に国内販売されたモデル [続きを読む]
  • JR 貨物 隅田川貨物駅一般公開
  • 週末になって日中も厚い雲に覆われて、肌寒かった日曜日に、JR 貨物の隅田川貨物駅で行われた一般公開に行ってきました。機関車の留置線には、EH 500金太郎とEH 200 ブルーサンダーが休憩中。奥には貨物更新色のEF 65PF の姿も。貨物駅ならではの作業車、トップリフターもいました。貨物のイベントだけあって、各出店ブースはすべて「コンテナ」です(笑)車両展示では、先日JR 貨物大宮車両所で国鉄特急色に復活したPF 機のラスト [続きを読む]
  • 東急長津田のイベントへ
  • 今週は寒暖の差が激しくて、あまりにも寒いのでファンヒーターを引っ張り出したら、翌日は夏日の暑さになったり(汗)体調も今一つな日々です( ノД`)…この間の日曜日に、東急の長津田にある車両基地のイベントに行ってきました。このイベント、事前に申し込んで抽選して当選したら参加できるイベントでしたが、私は抽選から外れ(泣)同業者の模型鉄仲間の方が当選したので、入れていただくことができました(感謝)(当選者含め3名ま [続きを読む]
  • 小田急ファミリー鉄道展の戦利品(笑)
  • 先日の、小田急ファミリー鉄道展で手に入れたモノを色々と…。先ずは、小田急TRAINS さんからイベント限定価格で販売されていた、マイクロエースの小田急用動力ユニット。定価は一つ4000円超えなのに、なんと一つ税込1000円‼工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工い、いいんですか⁉これで所有する5000/5200形の10連2M8Tを、怒涛の6M4Tにできます‼次は、主催の小田急電鉄さん歴代の小田急ロマンスカーがプリント [続きを読む]
  • 小田急ファミリー鉄道展2016
  • 最近は、朝晩の冷え込みも厳しくなって、慌てて冬物の洋服を出しました(笑)先日の日曜日に、神奈川県海老名市にある小田急電鉄の海老名検車区で行われていた、ファミリー鉄道展に行ってきました。今年は小田急に東京メトロ、そしてJR 東日本の三社相互乗り入れ元年ということで、乗り入れる現役の車両が海老名検車区に揃い踏みしました。しかし、自社の車両を小田急さんのイベントで見られるとは、思ってもみなかったです(笑)小田 [続きを読む]
  • GMのコアレスモーター動力ユニット
  • 今さらながらに、購入しました(汗)これから取りかかる、小田急ABFM車の動力として、18m車用を入手。以前のGMの動力ユニットの紙スリーブに入っていたものとは大幅に変わり、完成品の車両ケースに使われている、硬質のウレタンに収められています。動力の流用するためにストックしておいた2モーターの都営5000と比べて。同じ18mだけど、ホイールベースが微妙に違う(汗)鉄道コレクションの18m動力と並べて。室内灯やインテリアも出 [続きを読む]
  • スバルに乗って、太田詣で
  • 秋の長雨から、ようやく解放された日曜日に先日我が家にやって来たスバルプレオでスバルの生まれ故郷の群馬県太田市に行ってきました。元、中島飛行機の本工場だった群馬製作所 本工場前で記念撮影。来年春には、社名が「富士重工業」から「SUBARU」に変更されるので、富士重工業の社名で詣でするのは、これがラストかもしれません。約10年前の、同じ場所で。当時の愛車、レガシィツーリングワゴンとの記念撮影。この頃はマルフの [続きを読む]
  • Nゲージのミニカー
  • 先日、中古の模型も扱う模型屋に行った時、1つ100円でNゲージサイズの舶来品のミニカーが売っていたので、「全部ください」と言って、引き取ってきました(笑)まず、左からBMW 745iシボレー コルベット・スティングレーポルシェ928Sフォード・カプリス?赤いの(笑)マトラ・シムカにも見えるし、独フォードのシエラにも見える…。車種、不明です(汗)フォルクスワーゲンのトラック?とデリバリー・バンデリバリー・バンの車体とシャ [続きを読む]
  • スバルを生んだ技術者たち
  • 台風一過で晴れると思いきや、秋雨前線が居座って雨続きですね…。また台風が発生したようですが、これ以上被害が出ないことを祈るばかりです。富士重工業が生産する自動車「スバル」の技術の歴史が詰めこまれた本で、一般には流通されていない関係者のみに配布されたものです。内容は富士重工業の前身の中島飛行機まで遡り、終戦後GHQの命令で軍需産業から平和産業への変換で、飛行機の部品を利用して誕生したラビット・スクータ [続きを読む]