guch63 さん プロフィール

  •  
guch63さん: 映画と愛猫とオーストラリア
ハンドル名guch63 さん
ブログタイトル映画と愛猫とオーストラリア
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/guch63
サイト紹介文映画と愛猫、、まったり流れてオーストラリア、仕事の合間に映画か、映画の間に仕事なのか??
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供353回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2014/01/15 11:36

guch63 さんのブログ記事

  • ”シェーン”は生きている??
  • ジョージ・スティーブンス監督、アラン・ラッド主演、53年に公開された”シェーン”は西部劇の名作である。昭和28年と言えば日本では早川電機が日本で初めてテレビを販売した頃で何とちっこい白黒が17万円以上もした、、。それとちょっとウィキを見たらこの年からNHKの紅白歌合戦(第4回)がテレビ、ラジオで同時中継となり大晦日に放映されるようになった記念の年でもあったらしい。そして洋画と言えば”禁じられた遊び”、 [続きを読む]
  • ”羊たちの沈黙”(91年)
  • 原作を書いたのはトーマス・ハリスで原題は”The Silence Of The Lambs"と邦題はそのまま直訳されたものだ。ジャンルとしては犯罪スリラーものだが”猟奇殺人”と言ったほうが良いかも知れない。92年にはオスカーに7部門でノミネートされ5部門、作品、主演男優、主演女優、監督、脚本と主要部門を制覇した”秀作”である。その監督、ジョナサン・デミが僅か73歳で昨日亡くなった。74年からずっと監督業を続け多くの作品を [続きを読む]
  • ”完全なる報復”(09年)
  • 原題は”Law Abiding Citizen"と言う、即ち”法を遵守する市民”って事になるのだが邦題では”完全なる報復”、、いや〜、これは巧いタイトルだな。要するに善良で幸せな家庭を持つ市民が突然侵入して来た二人組の強盗に愛する妻子を殺害され自分も重傷を負っちまう、、ジェラルド・バトラーがその夫になるのでこりゃ身体を張ってのアクション満載の復讐劇か??と思ったのだが、、ちょっと変化球だった。確かに復讐に燃えるのだ [続きを読む]
  • アンザック・デイ 2017
  • 4月25日、今日は毎年やって来る”Anzac Day”である。これは”Australian New Zealand Army Corps.”の略で第一次世界大戦末期、1915年にガリポリの戦いで勇敢に戦った兵士達を称える日である。1916年に正式に制定されたのだがその後、第二次世界大戦後には戦没者記念日してすべての戦争に参加した兵士達を称える日となっている。昔はこの日はちょっと外出するのも気が引けたが街の飲み屋にさえ入らなけりゃ問題は [続きを読む]
  • ”アラビアのロレンス”(62年)
  • このブログを立ち上げる前はかなり頻繁にYahooさんの”知恵袋”と言うサービスに出入りしていた。それも”外国映画”のジャンル専門だったのだが毎回投稿したり回答したり、、それらがたまたまベストアンサーに選ばれると何の役にも立たないポイントがどんどん加算されそれが今や16万点にもなっているそうな、、。その”知恵袋”でよく目にする質問が”これまで見た映画で一番感激したモノは?”ってヤツなんだが何せもう半世紀 [続きを読む]
  • 電話が鳴らない、、新規賃貸募集中なんですが
  • 今日で丸4日が経過した。先週の木曜に”For Rent"(賃貸募集中)の看板を表通りに出したのだが全然問い合わせの電話が鳴らないのだ、、、。これは21号のハンガリアン家族、5月末まで出て行かない、、と約束したにも関わらず月末には越したいと言って来たので新規に募集しているのだ。出て行きそうだな、、と言うのは何となく判っていたのだが5月の中旬から10日間留守にするってのにコイツは参った。その理由には唖然とする [続きを読む]
  • ”Kー19”(02年)
  • 原題は”Kー19:The Widowmaker"と副題に”後家さん作り”と不名誉なタイトルだが邦題には副題はつかずそのまま”Kー19”となっている。良く”Kー9”と言われるがあっちは本来は”Canine"、、で意味は”イヌ科の動物”と言う事だ、、読みはそのままで頭を”K”に入れ替えて”KーNine、、Nineを数字に置き換えて”Kー9”、即ち警察犬とか軍隊で活躍する”ワン子部隊”を意味する言葉になっているので”1”が付くだけで原子 [続きを読む]
  • キャッシュレスのオーストラリア
  • その昔、54年のフランス映画に”現金に手を出すな!”(現ナマ)と言うジャン・ギャバン主演の犯罪映画があった。その現ナマ、日本ではこのところ高額強盗事件が頻発しているのだが、オーストラリアの一般生活ではこの21世紀、すっかり現ナマはお見限りになっている。インターネットの登場と同時期に公共料金の支払いは全てネット決済に移行したし元より給料だってかなり昔から現金支給なんて事はあり得ない。無論家賃にしても [続きを読む]
  • 4億円強奪!
  • 実に不謹慎だがこりゃ映画の題材に最適じゃないでしょうか?白昼福岡市内の繁華街で起きた事件、報道されている事だけじゃ何から何まで謎っぽくて詳細が一切判らないもどかしさがあるのですが、。第一、今時現金を1.9億円ずつ2回に分けて銀行でおろす、、これ自体がちょっと不自然だ、それにおろしたのは東京在住の若い会社員でしかもそんな大金にも関わらず銀行の玄関先なり通用口に車を着けずにガードマンの護衛もなく通りを [続きを読む]
  • ”SPOOKS スプークス/MI-5”(16年)
  • このイギリスのスパイドラマは長年シリーズとして放映されているようだが全く知らなかった。最もFOXさんで放映してくれなきゃ知る事もないのだが、、そのドラマの映画バージョンがこの”Spooks スプークス”で副題が”MIー5”となっている。”ミッション・インポッシブル”と混同しそうだが本家、イギリスの情報部を描いたものである。これはブロ友と言えば良いのか(女性をブロ友と呼ぶのは気が引ける)オネムさんがブログに紹介 [続きを読む]
  • ”エイリアン:コヴェナント”(17年)
  • 来月公開されるリドリー・スコット監督の”エイリアン”最新作なんだが”コヴェナント”と付いている。本来の意味は”誓約”とか”契約事項”なんだがこの場合は”船名”らしいので邦題は流石にそのままではないだろうか?最初の”エイリアン”が公開されたのが79年だった。主演はシーガニー・ウィーバーで監督はリドリー・スコット。そして続編が今度は原題では”Aliens"と複数だったが邦題は簡単に”2”を付けただけで86年 [続きを読む]
  • ”5時から7時の恋人カンケイ”(14年)
  • おいおいおい、、、ナンじゃいこの邦題は??これじゃ”5時から男が”何処かから出て来て恋に落ちる??そんなおちゃらけタイトルじゃないか?それに”関係”をカタカナで書くなよっ!コメディの積もりか?原題はそのまま”5 To 7”、何でそのままじゃいかんのか?まあ確かにこの原題は昔の”9 To 5”と言うコメディタッチの映画を思い起こすのだが、。良く考えると5時から7時と言うのは微妙な時間帯だ。勤務中でもない [続きを読む]
  • ああ〜神様、どうしてこんな哀れなジジイにお仕置きを、
  • イースターのど真ん中、もう今日は絶対に仕事はせんぞ、、と事務所も夕方には早々と閉めた。そして家内が”マドンナ会”、、あの歌手のマドンナから命名されたんだとばかり思ってたらナンと妙齢の女性群が集まって”定期的にお食事会をしませんか?”、となり最後に勧誘されたおばちゃんが”ま〜、それ、どんな会”って言ったとか、、その”ま〜どんなかい”が元ネタだった、、これには思わず笑っちまったよ。っでイースターの最中 [続きを読む]
  • ハッピー・イースター、、らしい
  • オーストラリア全体がイースターらしい、、おっさん世代は”復活祭”として知っているのだがクリスマスに次ぐ大きな祝日になっているそうな。まあ祭日の少ないオーストラリアじゃ金曜から月曜まで4日連休になる。でも一番困るのは毎年大幅に日が変わるのである、、ちょっとウィキを覗いたら、;復活祭は移動祝日であり、もともと太陰暦にしたがって決められた日であったため、年によって太陽暦での日付が変わる。グレゴリオ暦を用 [続きを読む]
  • 電話ですよ〜、
  • 先日、事務所で急ぎの用事が、焦ってやっていると電話が、、ちょっと手が離せなかったので家内に”ちょっと、出てくれよ〜、、今、手が離せん”と頼んだら”アナタ、何寝ぼけてるんですか?テレビの電話ですよ、、”、だった。”じゃ早く出ろよ、、”、”だから言っているでしょテレビの中で鳴っているんですよ、どうやって出るんですか?”、しかし執拗に電話に出るヤツが不在なのか何時までもリ〜ン、リ〜ンと煩いのだ。こんな経 [続きを読む]
  • ”リベンジ・リスト”(16年)
  • あのジョン・トラボルタの最新作なんだが、、日本国内では劇場スルーらしい。もう昔の名前で出ても配給元は買い付けてくれないのか??そりゃもう”サタディ・ナイト・フィーバー”の頃とは大分違うのだが、、でも10年に”From Paris With Love"、(”パリより愛をこめて”)で演じためっちゃ強いチャーリー・ワックスより大分全身が絞られて妻を殺された男の悲壮感がいっぱいだった、。原題は”I Am Wrath"、、”俺は怒り” [続きを読む]
  • アシュリー・ジャッドのミステリー犯罪映画
  • アシュリー・ジャッドと言う女優さん、90年代から2000年代前半までは大活躍していたのだがインディーのドライバー、ダリオ・フランキッティと01年に結婚し映画界からはほぼ引退、一番輝いていた時期なのに実に惜しい、それが13年に離婚、でももうアラフォー後半になってしまったのでママ役やおばあちゃん役っきゃないのだ。イタリア系のパパだったらしいが生まれはカリフォルニア、ケンタッキー大学からハーバード大学院 [続きを読む]
  • 自然大陸オーストラリア三選
  • 今年は2017年、平成29年って事はオーストラリアへ渡って丁度29年になるんだ、、もう20年を越すかな、と何時も思っていたが正確には平成元年にやって来たのでもう滞在30年に近いんだった。そんなに年月が経過しているのだがさてこの期間、何処かへ休暇なりで出掛けたことがあっただろか?そんな事をうっかり家内に漏らそうものなら機銃掃射を食らいそうなのでここだけの話にしておこう、。しかし行かずとも名所旧跡は知 [続きを読む]
  • 新装になったシネコン
  • 別に宣伝する訳じゃないのだがご近所で改装工事が進んでいたショッピングセンターがやっと完成し駐車場もそれなりに完備された。元は57年頃から市内からちょっと離れた(10キロ程度)箇所を再開発するべぇ〜、、と始められたようでちっこい店舗を買収、買収、、どんどん大きくなっていったようだ。今や20万平米近い売り場面積に大型デパートが2軒、スーパーが2軒、ダイソウを含めたディスカウントショップが4軒ありその他 [続きを読む]
  • 会談後に起きた階段の怪談(80年)
  • これは実際に起きたお話です。舞台は”キングコング”も登っているし”めぐり逢い”などの映画でも登場するニューヨークのエンパイア・ステート・ビル、主演はguchの一人芝居、公開されたのは確か80年か81年だったか、、。出張でNY滞在中の出来ごと、営業とご挨拶を兼ねて日本の観光振興会と言う運輸省の外郭団体へお邪魔した時の事でした。そのエンパイア・ステート・ビルの47階だったか、かなり上層階にあった事務所へ。午 [続きを読む]
  • 今日の開幕日は野球漬け
  • 今朝は4時起床、テレビでニューヨーク・ヤンキースVSタンパベイ・レイズのMLB開幕戦が実況中継されるのでこりゃ寝ちゃおれん、、まだ真っ暗なリビングのソファに座ったら何処からともなくエリーが隣にやって来て一緒に”レッツ・プレイボール”、、昨年の10月以来なので半年振りにやって来た野球シーズンです。今年はやるぞ、、と期待してたのにヤンキースの田中くんが3回も持たずに7点も取られて敢え無く降板、試合もあっさ [続きを読む]