tamuchan さん プロフィール

  •  
tamuchanさん: 田村一夫流 公務員試験をブッ飛ばせ!
ハンドル名tamuchan さん
ブログタイトル田村一夫流 公務員試験をブッ飛ばせ!
ブログURLhttp://tamtam1951.blog.fc2.com/
サイト紹介文前多摩市副市長の田村一夫が、実体験に基づく本当の公務員事情、採用面接の実態を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/01/15 17:50

tamuchan さんのブログ記事

  • 志望理由③受験職種選択の理由
  • 【LINE@必勝倶楽部】今日の地方上級試験お疲れ様です。受験対策の成果を発揮することができたと思います。今までのブログで公務員を目指したきっかけ公務員の魅力が整理されました受験先の志望理由を整理する前にもう一つステップがあります。それは公務員と言っても国家公務員…総合職、一般職、国税や労基などの専門職地方公務員…都道府県、政令市、市区町村など受験職種は様々です。面接官に「その仕事なら国家公務員では」「 [続きを読む]
  • 志望理由②公務員の魅力整理
  • 【LINE@必勝倶楽部】公務員を目指したきっかけがまとまったら次は「公務員の魅力」について整理してください。これも予め準備しておかないと答えにくい内容です。面接官に「なぜ民間ではなく公務員が良いの?」「民間と公務員の違いはなに?」と聞かれたときに多くの受験者はハッキリと答えられません。大切な基本部分を考えずに志望理由をつくろうとするからです。国内には民間企業に勤める人が約4,800万人います。一方、公務員 [続きを読む]
  • 志望理由①公務員を目指したきっかけ
  • 【LINE@必勝倶楽部】今回からは志望理由編です。面接試験では受験先の志望理由を聞かれる前に「なぜ公務員を目指しているの?」「なぜ国家公務員なの?地方公務員なの?」といったことも質問されます。事前に整理しておかないと答えにくい内容です。いきなり受験先の志望理由を考えるのではなく公務員を目指した「きっかけ」から整理しましょう!物心ついてから一貫して公務員を目指していた人は少数派だと思います。多くの人は民 [続きを読む]
  • 自己PR⑧キャッチフレーズ
  • 【LINE@必勝倶楽部】自己PRの最後は「キャッチフレーズ」です。自己PRがまとまったので最後はそれを「一言で表現」できるように考えてください。これがイザという時に役立つのです!東京特別区では面接時に「あなたを漢字一文字で表すと何ですか?」「色で例えると何ですか?」といった定番質問があります。すべての受験先で必ず聞かれるとは限りませんが面接の最後で「最後のあなたに1分間差し上げますから あなた自信を自 [続きを読む]
  • 自己PR⑦最終まとめ
  • 【LINE@必勝倶楽部】自己PRの7回は自己PRの最終まとめです。自分で分析してきた「強み」「「弱み」などをまとめた自己PRを友人達にチェックしてもらい思わぬ指摘を受けたと思います。それらをもう一度冷静に分析して見ましょう!この過程をごまかさないでしっかりできれば面接官の違和感も払拭されるはずです!合わせて作った「自分史」からアピールポイントに関連するエピソードを複数探し出しておいてください。面接本番 [続きを読む]
  • 自己PR⑥友人取材
  • 【LINE@必勝倶楽部】自己PRの6回は自分でまとめた自己PRを友人などの第三者に確認してもらうことです。ここでは他人に見せるのが恥ずかしいといった気持ちは捨ててください。なぜ第三者のチェックが役に立つかというと自分の考えているアピールが第三者には違うものに映ることが多いからです。例が適切かどうかわかりませんが自分の録音した声を再生して聞いてみると他人の声のように感じた経験があると思います。「あれっ、 [続きを読む]
  • 自己PR⑤自分なりのまとめ
  • 【LINE@必勝倶楽部】自己PRの5回は確認できた「強み」「弱み」を軸に自分のアピールポイントをまとめてみましょう。その際には受験先の求めている人材像をチェックして受験先がどのような人材を求めているかも参考にしてください。注意すべき点はアピールの柱を見失わないことです。つまり自己PRの根と幹の部分は変えずにというか変えられないはずなので枝葉の部分でアレンジするにとどめておいてください。受験先ごとにいく [続きを読む]
  • 自己PR④弱みの改善
  • 【LINE@必勝倶楽部】自己PRの4回は確認できた「弱み」をどのように改善しているか改善のための努力をしているのかを明確にします。面接官は弱みと言う隠したい部分を素直に話してくれる人に感心を持ちます。その上で知りたいことは「弱み」の改善に取り組んでいるかどうかという点です。弱みのない人はいませんしかし弱みを理解した上で改善に努力している姿にその人の将来の成長度を感じることができます。面接官はそのような [続きを読む]
  • 自己PR③弱みの確認
  • 【LINE@必勝倶楽部】自己PRの3回は「弱み」の確認です。弱み・弱点・短所の類いです。面接ではあなたの弱点「弱み」についても聞かれます。面接官が受験者であるあなたのことを知るために自分のことを冷静に分析できているか自分の本当の姿わかっているかを確認し自分の「弱み」という少々言いにくいことでも素直に本当のことを話してくれるのかを見極めるためです。弱みのない人はいません。あなたの周りにいる自信満々の人で [続きを読む]
  • 自己PR②エピソードの発掘
  • 【LINE@必勝倶楽部】自己PRの2回は「自分の強み=アピールポイント」に関わるエピソードの発掘です。参考にしてもらいたいことは前回同様に自分史です。自分史づくりの作業で高校生以降の出来事が羅列されたと思います。その中からアピールする強みの具体的なエピソードを探し出しましょう!できれば直近のエピソードが良いと思います。面接で中学生当時のエピソードを熱心に話す人もいますが面接官は「中学生当時から成長して [続きを読む]
  • 自己PR①強みの探しかた
  • 【LINE@必勝倶楽部】面接シートに記載しなければならない項目の2大テーマは自己PRと志望理由です。今回からそれらの整理方法のポイントについて解説します。自己PRの1回は準備段階での「自分の強み=アピールポイント」の探し方です。参考にしてもらいたいことは自分史です。高校生以降の出来事を思いつくまま書き出してください。面接で使えそうなものに限って選択するのではなくフィルターを通さずにまずは、すべてを思い [続きを読む]
  • 2017年向け面接合格パーフェクト講座スタート
  • 【LINE@必勝倶楽部】今年の公務員試験もいよいよ面接段階を迎えようとしています。限られた期間で万全な面接対策をしてもらえるように「面接合格パーフェクト講座」をスタートします。最終面接官として合否を決定してきた私の経験を活かし公務員志望の皆さんを最終合格まで導く講座です。内容はオリジナルな自己PR・志望理由などをまとめ本番面接時の受け答えも自信をもってできるように指導します。テキストを読み込むだけでは [続きを読む]
  • 横浜市エントリーシート②
  • 【LINE@必勝倶楽部】前回に続いて横浜市エントリーシートです。記載項目に沿って注意事項をまとめておきます。セールスポイント…これは自己PRと関連しますから  記載項目にはない自己PRを並行してまとめておく必要があります。改善したいところ…社会人としての自覚を疑われるようなことは避けてください。 例えば、ルールを守れない、時間にいつも遅れる、物忘れが激しい等など得意分野、趣味特技など…ありのままに記載 [続きを読む]
  • 横浜市エントリーシート
  • 【LINE@必勝倶楽部】今年の公務員試験もいよいよ本番突入です。筆記試験対策も大詰めですが面接試験対策の準備も怠らないようにしてください。そうしなければならない理由があります!それは受験申込時に志望理由や自己PRを書かなければならない受験先もあるからです。例えば横浜市を例に取ってみましょう。今年の一次試験日は6月25日ですが受験申し込みは5月11日までとなっています。その際にエントリーシート提出が必要 [続きを読む]
  • 志望理由と受験先の課題
  • 【LINE@必勝倶楽部】志望理由で多くの受験者と差別化し一歩リードするには受験先の抱えている課題についてチェックしてください。どのように調べるかと言えば毎年3月に出される「施政方針」や「予算概要」などにヒントがあります。施政方針の中でその年度で重点的に取り組むべき施策を明らかにしています。予算もそれらの事業に重点的に配分しますし予算額が少なくても予算概要などに重点をおいた内容が公表されています。また議 [続きを読む]
  • 志望理由と受験先の将来像
  • 【LINE@必勝倶楽部】志望理由とやりたい仕事がリンクできたら面接官はあなたの意欲を感じ取ることができると思います。その次はあなたがどこまで受験先を調べているのかを面接官に伝えましょうそのためには受験先の将来都市像ややりたい仕事に関する将来像を確認しそこに興味を持っているということをアピールしてください。具体的には総合計画で明示されている「将来都市像」や個別計画での「将来像」「計画の推進方法」などを公 [続きを読む]
  • 志望理由と「やりたい仕事」
  • 【LINE@必勝倶楽部】面接で志望理由を聞かれ必死になって考えた内容を落ち着いて答えられたとしてもここでホッとしてはいけません。面接官が次に聞くことは「どんな仕事をしてみたいの?」ということです。実はこの質問でつまずく人も多いので注意してください。つまずく原因の1つに受験先自治体の業務から外れたことを答えてしまうことがあります。都道府県を受験しているのに「市民と密着した業務に関わりたい」「直接市民と生 [続きを読む]
  • 「最終面接官が教える!公務員面接突破術」出版
  • 【LINE@必勝倶楽部】昨年から準備を進めてきた新企画の面接対策本高橋書店から出版することができました。関係者の皆さんに本当に感謝しています。私が現役公務員当時に多摩市で職員課長として採用面接に関わってから副市長として最終面接をして合否判断をしてきた15年間の経験をもとに面接官はどのように受験者を見ているのか評価しているのか採用者側の視点から書いた面接対策本です。今までの面接対策本とは違う視点でまとめま [続きを読む]
  • 「人の役に立ちたい」が志望理由として受け入れられるか?
  • 面接で「なぜ公務員を目指すのですか」という質問に素直に「人の役に立ちたいから」と答える人が大勢いますそれ自体は間違ってはいません。私も多摩市に入って初任者研修の時に講師の部長から「市役所は『市民』の『役に立つ』『場所』だといわれ「全体の奉仕者」云々(うんぬん)よりストレートに納得できました。しかし面接を「人の役に立つ」だけで突破できるとは思いません。なぜなら面接官から「民間も同じではありませんか」 [続きを読む]
  • 公務員と民間の違いを考えるヒント
  • このブログで過去2回「公務員と民間の違い」について聞かれたときに多くの皆さんが答えてしまう例を挙げてきました。つまり利益追求、サービス対価が必要、特定の人へのサービス等という答えが多いのですがそのような型にはまった答えでは面接官は興味持たないと書きました。ではどうしたらよいのか今回は考えるためのヒントを差し上げます。私の公務員経験から考えるとヒントは3つあります。①公務員の仕事は 民間企業が活動し [続きを読む]
  • 答えにくい質問を考える。(公務員と民間の違い その②)
  • 利益追求の次に多いのが「民間は特定の人へのサービス 公務員は公平なサービス」です。確かに民間サービスは契約によって成立するので特定の人へのサービスと言うことになります。一方、行政サービスは基本的に行政区域に居住する人を対象に相手の合意を前提としない一方的なものになります。でも、考えてみましょう。市民にとって民間サービスは受けるか否かの選択ができますが行政サービスは選択できません。そのサービスは独占 [続きを読む]
  • 面接で聞かれる答えにくい質問。(公務員と民間の違い)
  • 私が最終面接官をしてきたときも必勝倶楽部で面接対策を行っている現在もしっかり答えられない質問があります。その代表例が「公務員と民間の違いは?」という質問です。皆さん自身を持って答えられますか?よくある答えが「民間は利益を追求するが 公務員は利益追求ではなく公共サービスを提供する」もっともな答えに聞こえますが面接官からすれば突っ込みどころ満載です。どのような点かというと「利益を追求する」ことを避けて [続きを読む]
  • 2017年公務員試験受験日程
  • 今年の公務員試験日程について主な受験職種で確認していきます。4月16日 横浜市(社会人技術先行実施枠)4月22日 衆議院法制局(総合職)4月30日 国家総合職、北九州市(行政特別枠)5月4日  参議院法制局(総合職)5月6日  衆議院事務局(総合職)5月7日  東京都Ⅰ類B(一般・新方式)、特別区Ⅰ類(一般)5月13日 衆議院事務局(一般職)5月14日 東京都Ⅰ類A、裁判所(事務官、家裁調査官補)5月中旬  北海道(総合土 [続きを読む]
  • 公務員就職説明会も目白押し
  • 民間就活の合同説明会だけではなく公務員就職の説明会も開催されています。国家公務員については「霞ヶ関OPENゼミ」が3月2、3日「総合職中央省庁セミナー」全国7カ所で3月5〜20日の間「一般職各府省合同業務説毎回」が同じく全国7カ所で3月1〜22日の間で行われます。地方自治体も同様に「東京都職員採用セミナー」が3月17、18日に「大阪府市合同職員採用セミナー」が3月16、17日に「横浜市就職セミナー」が [続きを読む]