tamuchan さん プロフィール

  •  
tamuchanさん: 田村一夫流 公務員試験をブッ飛ばせ!
ハンドル名tamuchan さん
ブログタイトル田村一夫流 公務員試験をブッ飛ばせ!
ブログURLhttp://tamtam1951.blog.fc2.com/
サイト紹介文前多摩市副市長の田村一夫が、実体験に基づく本当の公務員事情、採用面接の実態を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/01/15 17:50

tamuchan さんのブログ記事

  • 志望理由と受験先の課題
  • 【LINE@必勝倶楽部】志望理由で多くの受験者と差別化し一歩リードするには受験先の抱えている課題についてチェックしてください。どのように調べるかと言えば毎年3月に出される「施政方針」や「予算概要」などにヒントがあります。施政方針の中でその年度で重点的に取り組むべき施策を明らかにしています。予算もそれらの事業に重点的に配分しますし予算額が少なくても予算概要などに重点をおいた内容が公表されています。また議 [続きを読む]
  • 志望理由と受験先の将来像
  • 【LINE@必勝倶楽部】志望理由とやりたい仕事がリンクできたら面接官はあなたの意欲を感じ取ることができると思います。その次はあなたがどこまで受験先を調べているのかを面接官に伝えましょうそのためには受験先の将来都市像ややりたい仕事に関する将来像を確認しそこに興味を持っているということをアピールしてください。具体的には総合計画で明示されている「将来都市像」や個別計画での「将来像」「計画の推進方法」などを公 [続きを読む]
  • 志望理由と「やりたい仕事」
  • 【LINE@必勝倶楽部】面接で志望理由を聞かれ必死になって考えた内容を落ち着いて答えられたとしてもここでホッとしてはいけません。面接官が次に聞くことは「どんな仕事をしてみたいの?」ということです。実はこの質問でつまずく人も多いので注意してください。つまずく原因の1つに受験先自治体の業務から外れたことを答えてしまうことがあります。都道府県を受験しているのに「市民と密着した業務に関わりたい」「直接市民と生 [続きを読む]
  • 「最終面接官が教える!公務員面接突破術」出版
  • 【LINE@必勝倶楽部】昨年から準備を進めてきた新企画の面接対策本高橋書店から出版することができました。関係者の皆さんに本当に感謝しています。私が現役公務員当時に多摩市で職員課長として採用面接に関わってから副市長として最終面接をして合否判断をしてきた15年間の経験をもとに面接官はどのように受験者を見ているのか評価しているのか採用者側の視点から書いた面接対策本です。今までの面接対策本とは違う視点でまとめま [続きを読む]
  • 「人の役に立ちたい」が志望理由として受け入れられるか?
  • 面接で「なぜ公務員を目指すのですか」という質問に素直に「人の役に立ちたいから」と答える人が大勢いますそれ自体は間違ってはいません。私も多摩市に入って初任者研修の時に講師の部長から「市役所は『市民』の『役に立つ』『場所』だといわれ「全体の奉仕者」云々(うんぬん)よりストレートに納得できました。しかし面接を「人の役に立つ」だけで突破できるとは思いません。なぜなら面接官から「民間も同じではありませんか」 [続きを読む]
  • 公務員と民間の違いを考えるヒント
  • このブログで過去2回「公務員と民間の違い」について聞かれたときに多くの皆さんが答えてしまう例を挙げてきました。つまり利益追求、サービス対価が必要、特定の人へのサービス等という答えが多いのですがそのような型にはまった答えでは面接官は興味持たないと書きました。ではどうしたらよいのか今回は考えるためのヒントを差し上げます。私の公務員経験から考えるとヒントは3つあります。①公務員の仕事は 民間企業が活動し [続きを読む]
  • 答えにくい質問を考える。(公務員と民間の違い その②)
  • 利益追求の次に多いのが「民間は特定の人へのサービス 公務員は公平なサービス」です。確かに民間サービスは契約によって成立するので特定の人へのサービスと言うことになります。一方、行政サービスは基本的に行政区域に居住する人を対象に相手の合意を前提としない一方的なものになります。でも、考えてみましょう。市民にとって民間サービスは受けるか否かの選択ができますが行政サービスは選択できません。そのサービスは独占 [続きを読む]
  • 面接で聞かれる答えにくい質問。(公務員と民間の違い)
  • 私が最終面接官をしてきたときも必勝倶楽部で面接対策を行っている現在もしっかり答えられない質問があります。その代表例が「公務員と民間の違いは?」という質問です。皆さん自身を持って答えられますか?よくある答えが「民間は利益を追求するが 公務員は利益追求ではなく公共サービスを提供する」もっともな答えに聞こえますが面接官からすれば突っ込みどころ満載です。どのような点かというと「利益を追求する」ことを避けて [続きを読む]
  • 2017年公務員試験受験日程
  • 今年の公務員試験日程について主な受験職種で確認していきます。4月16日 横浜市(社会人技術先行実施枠)4月22日 衆議院法制局(総合職)4月30日 国家総合職、北九州市(行政特別枠)5月4日  参議院法制局(総合職)5月6日  衆議院事務局(総合職)5月7日  東京都Ⅰ類B(一般・新方式)、特別区Ⅰ類(一般)5月13日 衆議院事務局(一般職)5月14日 東京都Ⅰ類A、裁判所(事務官、家裁調査官補)5月中旬  北海道(総合土 [続きを読む]
  • 公務員就職説明会も目白押し
  • 民間就活の合同説明会だけではなく公務員就職の説明会も開催されています。国家公務員については「霞ヶ関OPENゼミ」が3月2、3日「総合職中央省庁セミナー」全国7カ所で3月5〜20日の間「一般職各府省合同業務説毎回」が同じく全国7カ所で3月1〜22日の間で行われます。地方自治体も同様に「東京都職員採用セミナー」が3月17、18日に「大阪府市合同職員採用セミナー」が3月16、17日に「横浜市就職セミナー」が [続きを読む]
  • 説明会などなど
  • 民間就活の合同説明会が始まります。公務員志望の皆さんも興味ある分野での民間企業説明会にも参加してみたらいかがですか?民間企業受験者の雰囲気に接し民間と公務員の違いを肌で感じ取ることができるかもしれません。本番面接でもよく聞かれることです。公務員は国や地方自治体のため国民や市民のために貢献することですが民間企業であっても社会を支えているという意味では同じように貢献しています。さて、どこがどのように違 [続きを読む]
  • ガバナンスでの取材記事
  • 平成生まれの若手職員を応援するというテーマでぎょうせい「ガバナンス編集部」から昨年インタビューを受けました。月刊誌「ガバナンス」1月号に掲載されましたのでご覧ください。現役若手職員はもちろんこれから公務員を目指す人にも読んでもらいたいと思います。Amazon公務員部門第1位獲得講座最終面接試験官が添削する 絶対合格ワークシート講座==============================Amazon公務員試験書籍ランキング第1位 ★独学者絶 [続きを読む]
  • 消防大学校での講義
  • 総務省消防庁から依頼があり、東京都調布市にある「消防大学校」で上級幹部科研修の一環として市町村行政(地方議会)についての講義をしてきました。対象者は北海道から沖縄県まで全国から集まった消防に関わる幹部の皆さんで消防庁、方面本部長、消防署長などのそれこそ幹部の皆さん50人に私の話を聞いていただきました。2時間の講義でしたが講義内容をまとめ、レジュメを作るなどで準備は結構大変で自分自身も地方自治制度議会 [続きを読む]
  • 受験先の観察方法
  • 前回のブログで「受験先の空気を知ることも重要な面接対策」について書きましたがどの様にすれば良いのか、もっと具体的に知りたいという声があったので追加します。確かにただボーっと見ているだけでは印象に残らないと思います。地方公務員志望の場合は①特徴的な街並みを回って、その自治体が様々な顔を持っている様子②商店街の様子③商店街で買い物をしている人、公園や公共施設を利用している人などを観察してみると受験先の [続きを読む]
  • 受験先の空気を知ることも重要な面接対策
  • 受験先の情報を知ることは重要です。今は公式ホームページで受験先の情報を手に入れることができます。基礎的なデータだけではなく総合計画や重点施策などを必ずチェックしておいてください。それは志望理由を明確にするためにもあなた自身が受験先でどんな仕事に取り組みたいと考えているのか本番面接でも必ず確認される内容です早い時期からチェックしておいてください。それに加えて受験先の雰囲気やまちの様子を知っておくこと [続きを読む]
  • 面接試験の動向
  • 面接試験でプレゼンテーションを実施する自治体が最近増えているように思います。プレゼンテーション面接突破の鍵はプレゼンテーションシートをどの様に仕上げるか面接官を前にして限られた時間でしっかりとプレゼンテーションできるかこの2点です。シートは面接官が見た時に一目で印象付けられる様にしなければなりません。私は文章でダラダラと書くのではなくフォローチャート図のように視覚に訴えることを指導しています。また [続きを読む]
  • 新年あけましておめでとうございます。
  • 今年は酉年漢字の「酉」は酒つぼを意味しており収穫した作物や果実から酒を造ることや果実が熟成した状況を指していると言われています。この1年がみなさんにとって熟成した良い年になることを祈念いたします。さてぎょうせい発行の月刊誌「ガバナンス」1月号に20代で身につけたい仕事のスキルと磨き方のポイントをテーマにしたインタビュー記事が掲載されます公務員を対象としている月刊誌なので平成生まれの自治体職員へのエ [続きを読む]
  • 今の時期だからやっておくべき面接対策準備編⑥
  • 面接本番で自己PRを聞いていて違和感を覚えることが度々あります。それは本人の醸し出す雰囲気と自己PRが微妙にずれている時です。自分が強みだと思っていること逆に弱みだと思っていることが意外と違うケースが多いように思います。その様なことにならないように早い段階で友人達に取材してみるべきです意外と友人はあなたのことをあなたが考えているのとは違う評価をしていることがあります。そしてその友人の評価の方があな [続きを読む]
  • 今の時期だからやっておくべき面接対策準備編⑤
  • 面接官は自己PRに関連してあなたの長所・短所について質問します。今回は「長所」の注意点について書きます。長所について注意してもらいたいことはそれが「普段の生活」でどの様に活かされているかを答えられるようにしておくことです。ゼミやアルバイト先、仕事で長所を発揮したということをアピールしてもそれは当たり前のことです。誰でも周りの人が注目している状況では気持ちにスイッチが入り頑張れるはずです。しかし日常 [続きを読む]
  • 早い時期からの面接対策で絶対合格
  • 公務員試験の面接試験の倍率は、それほど高くありません人気とされる都道府県や政令市でも2〜3倍程度のところが少なからずあります。民間企業の面接に比べれば面接の倍率はかなり低いといえます。それでも残念なことに半分から3分の2くらいの方は、せっかく筆記試験に合格したのに、最後の面接試験という関門を突破できていないということになりますそうならないためにも早い時期からの面接対策に取り組んでもらいたいと思いま [続きを読む]
  • 2017向け面接対策ワークシート新講座リリースのお知らせ
  • 毎年、面接直前期になって慌てて面接対策をして自己PRや志望理由が上手くまとめられず残念な結果になってしまう人が大勢います。確かに今の時期は筆記試験対策に集中しているので面接対策までは手を拡げられないという気持ちもわかります。しかし面接対策を早い時期から取り組むことは結果的に筆記試験対策に注ぎ込んできたあなたの労力を活かすことになるのです。そこで早い時期から面接対策の取り組んでもらうためにワークシー [続きを読む]
  • 今の時期だからやっておくべき面接対策準備編④
  • 面接直前期になって自己PRができないと慌てる人がいます。自己PRだからすぐにできると油断しているととんでもないことになります。最悪のパターンは合格体験記で読んだ合格者の自己PRを真似してしまうこと優等生的な自己PRなら問題ないだろうと考え表面上の模範的な内容で取り繕ってしまうことです。その結果自分のキャラクターにあわない自己PRになってしまいがちなのでプロの面接官はそんなことはいとも簡単に見破りま [続きを読む]
  • 臨時情報
  • 東京都多摩市で来年4月採用職員の追加募集をしています。一般事務上級10人程度この時期の追加募集にしては多い募集人員だと思います。確認したら多摩市の公式HPにも掲載されています。申込は12月8日から14日までになっていますのでまだ間に合います。このように自治体によっては追加募集もあるので定期的にチェックしておきましょう!==============================Amazon公務員試験書籍ランキング第1位 ★独学者絶賛の [続きを読む]
  • 今の時期だからやっておくべき面接対策準備編③
  • 受験しようと考えたのが国家一般職なのか国税や労基などの専門職なのか都道府県職員なのか市区町村職員なのかある程度はっきりしたら次にそれぞれの受験先での仕事内容を調べておきましょう!国家公務員ではあまりないと思いますが地方公務員の場合には職員としてやりたいと言った業務が受験先の業務ではないケースも考えられます今のうちからしっかり調べておいてください。公式HPだけではなくそれぞれの自治体にある「情報資料コ [続きを読む]