しき さん プロフィール

  •  
しきさん: 四季この一枚
ハンドル名しき さん
ブログタイトル四季この一枚
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/siki584
サイト紹介文この一枚であなたの人生が変わる!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供137回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/01/15 19:43

しき さんのブログ記事

  • カフェ巡礼  プロント(新梅田食堂街)
  • プロント(新梅田食堂街)チェーン店なので一定に水準はありますね。390円まあまあかな。お店が広くメニューもバラエティー。新梅田食堂街はいろいろあって穴場ですよね。いずれ特集をします。 [続きを読む]
  • カフェ巡礼  野の花(河内長野)
  • 野の花(河内長野)河内長野から緑ヶ丘の方面にあります。新しく建てたんですね。河内長野にはこういうところが多い。スタッフは美人ぞろい・・・そこかよ(^◇^)ランチで1200円でしたか。いいお味がしていました。ここはデザート中心ですね。デザートに力が入っています。絶品です。千代田から離れていますがまあいいところです。老人が集まってお茶会をしていますね。 [続きを読む]
  • 土徳流離(どとくりゅうり)〜奥州相馬復興への悲願〜
  • 土徳流離(どとくりゅうり)〜奥州相馬復興への悲願〜昨夏に仙台から常磐線で南に下り、福島第一原発の帰還困難区域の通過を試みた。原発から北20キロには南相馬市の原ノ町駅があり、ここで代替バスに乗り換える。出発まで時間があるので駅前の大きな図書館に入った。もちろん原発事故の書籍はたくさんあったが、その中に真宗門徒の移民の講演会ポスターがあったのを思い出したが、その時は「真宗門徒って苦労が多いんだなあ」く [続きを読む]
  • 鯛よし百番  
  • 鯛よし百番 に行きました。行ったというか、前を通っただけです。ここは、飛田の一角にあって、「おにいさん、よってらっしょいよぉ〜」という前を通らないといけない。飛田は初めてです・・・てか、入ってないですよぉ〜〜〜〜〜(*'ω'*)ビツクリなのは、その前を小学生が平気で通ってるの。なんて声かけるのかなあ、宿題しろよかなぁ。 [続きを読む]
  • 大阪交響楽団 第208回 定期演奏会
  • 大阪交響楽団 第208回 定期演奏会2017年2月22日(水)19:00開演ザ・シンフォニーホール 指 揮 : 外山 雄三(ミュージック・アドバイザー)ピアノ : 横山 幸雄ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番 ト長調 作品58チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 作品74 「悲愴」 ピアノ協奏曲第4番ですが、今回は最前列から4列目だった。左右、バイオリンとコントラバスがステレオで聞こえる。(笑)だか [続きを読む]
  • 太陽の蓋(真宗大谷派難波別院にて映画会
  • 太陽の蓋(真宗大谷派難波別院にて映画会福島原発事故当時、官邸や発電所、福島の人たちがどう対応してきたかをリアルに描いている映画です。いやはや、原発がこんなに危ないものなのに、国がコントロールできていないという事実、福島原発ではベントを開けるために人力でしたという事実、相変わらず再稼働をあきらめない人たちがいるという事実にはあきれましたわ。事故原発から職員が撤退したらこの国は終わりだ、という覚悟は良 [続きを読む]
  • THE WAY WE TALK 〜私たちの話し方〜
  • THE WAY WE TALK 〜私たちの話し方〜吃音といえば落語にどもりを笑うネタがあったか。そうかと思えば自分の書くネタで差別、下ネタ、は使わないという作家もいた。私自身は以前の職場に吃音の人がいるのにその落語のDVDで見て笑っていた無神経ぶり。吃音は身近にはあるが忘れ去られている、だからよけいに言い出しにくいかもしれない。 ということで、今回は吃音を扱った映画の紹介です。ここに出てくる監督兼主演者であるマ [続きを読む]
  • 大阪交響楽団 第208回 定期演奏会 
  • 大阪交響楽団 第208回 定期演奏会 2017年2月22日(水)19:00開演ザ・シンフォニーホール 指 揮 : 外山 雄三(ミュージック・アドバイザー) ピアノ : 横山 幸雄     (常に音楽界をリードするトップ・アーティスト) ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番 ト長調 作品58チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 作品74 「悲愴」 感想は後日・・・ [続きを読む]
  • ぼくと駄菓子のいえ
  • ぼくと駄菓子のいえ学校帰りの子どもたちがあふれる小さな駄菓子屋が富田林の喜志駅近くにある。「風和里(ふわり)」と名付けられたお店を切り盛りするのは松本明美さんとその娘よしえさんだ。お店にくる子どもたちに中には親の離婚やネグレクトなど、家族の問題や学校でのいじめに悩み、居場所を求めてやってくる子どもたちが少なくない。そんな子どもたちの話し相手になったり、時には厳しく叱ったりとお母さん役をつとめている [続きを読む]
  • ヘイトスピーチ
  • ヘイトスピーチヘイトスピーチとはマイノリティーに向けられた差別的言動、差別扇動である。在特会とそれに抗議するカウンターを丁寧に描いています。映画はなぜ在日が大阪に多いのかを分かるように描いていきます。この在特会のレイシズムに反対する人たちの輪が広がり、一般市民がカウンターに参加する様や、性的少数者である(LGBT)の人たちも運動に合流し、なかよしパレードに発展していくさまがなかなか面白いです。両者を描 [続きを読む]
  • 沈黙
  • 沈黙宗教の映画と聞いて見に行きました。映画は17世紀の江戸時代、キリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるために、日本にたどり着いたポルトガル人の宣教師を主人公に描いています。日本にたどりつくのですが、そこでは想像を絶するありとあらゆる拷問の数々がまちうけていました。信仰を選ぶのか人命を選ぶのか究極の選択が迫られる中、神父は人を助けるために棄教を選んでいくのです。ポイントは権力による宗 [続きを読む]
  • SHINGO西成 元気です!西成!!6回目です!
  • SHINGO西成 元気です!西成!!6回目です!行ってきましたっ。初SHINGO西成見ましたっ(^_-)-☆当日の出演者は西成出身であつまてありました。林家そめすけさん、大きな会場でやりにくかったやろなあ、大きな声を出していて大変、おもしろかった。沖縄、でいごの会、うまかった。まちゅこけ声量たっぷり、美人MONKEY  BANANA  モンキーバナナうんなかなか・・・ベリーグッドマンなかなかのってた、人気があったそして、SHINGO [続きを読む]
  • 金剛山 2017.2.11
  • 金剛山  富田林駅からロープウェー前まで金剛バスで40分。このバス、ICカードだめの現金のみ、いまどき・・・。そして、6分で山頂へ膝まで雪が・・・山頂のかつらぎ神社こんなパウダー初めてです。ロープウェイからは大阪平野が私の家が見えるはず・・・???左が河内長野駅前息の南海バス、右が富田林行の金剛バス。長野行は10分おきに臨時便が到着富田林行は自国通りの30分おきこの差は何だ?ちなみに両方とも三菱のふ [続きを読む]
  • 望むのは死刑ですか 考え悩む“世論”
  • 望むのは死刑ですか 考え悩む“世論”日本の死刑制度について国民の8割が「賛成」という日本政府による意識調査の結果がある。現在の日本で死刑が存続される理由はその調査結果のためだという。しかし8割が賛成は本当なのか?ある日、一般市民135名が「審議型意識調査」をするために集められた。テーマは日本の死刑制度。2日間調査をして、弁護士や専門家、犯罪被害者等から話を聞くなかで、参加者がどういう意見を持ったの [続きを読む]
  • 聖なる呼吸、ヨガのルーツに出会う旅
  • 聖なる呼吸、ヨガのルーツに出会う旅本作は、ドイツ人映画監督シュミットが、ヨガの起源に興味を抱き、現代ヨガの源流、クリシュナマチャリアの軌跡を追った記録である。監督はアートが生まれるプロセスが大事という。もちろんきれいなヨガの実演はありますが、監督自身が実際に教えを請い、ヨガをしているところが印象的でした。心と体、環境と一体になれるヨガ。必見です体と心は呼吸が大切です・・・○○ [続きを読む]
  • かみさまとのやくそく
  • かみさまとのやくそくこの映画は胎内記憶の研究をしている池川医師と研究者たちのドキュメントです。子どもたちが何のために地球を選んで生まれてくるのか、映画で語られています。特に印象的なのは、障害や病気をもって生まれてくる子どもたちは、自分で決めて生まれてくるとのこと。人生のシナリオとして、あえてハンディキャップを選びたくさんの経験を積み重ねてきて、魂のレベルはずっと先の方まで進んでいる。だから“可哀相 [続きを読む]
  • シーモアさんと、大人のための人生入門
  • シーモアさんと、大人のための人生入門シーモア・バーンスタインはピアニスト。50歳で演奏家を引退し指導の道にすすんだ。この映画はシーモアが音楽に隠された感情を引き出し、そして、芸術に向き合い、自らの内にある可能性を開花させることが、いかに人間としての豊かな生き方に結び付くかを、ピアノを通して問いかけ伝えている。〜シーモアの語録から〜・私が考えるに宗教と音楽の違う点は、宗教には信仰心が必要なこと。神の [続きを読む]