よしくん さん プロフィール

  •  
よしくんさん: 全国のスーパーで売っている地産品を探しに
ハンドル名よしくん さん
ブログタイトル全国のスーパーで売っている地産品を探しに
ブログURLhttp://ameblo.jp/shenpi/
サイト紹介文全国を車での車中泊で駆け巡りスーパーで売っている地産品を探しています。
自由文私は今から35年前に海外旅行を始めました。たまにはパックにも加わりますが、大部分は個人旅行です。今は退職してフリーなので、思いついたときによく行っています。このブログは今までのことを写真を見ながら思い出しつつ書いているものです。だいぶストックはありますので、しばらくは大丈夫です。それに新しい旅もします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供227回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2014/01/16 12:53

よしくん さんのブログ記事

  • 海沿いの国道134号線(湘南国道)
  • AKB48の2011年5月に発売され、第3回選抜総選挙の投票権付きのCDでもある『Everyday、カチューシャ』。 このAメロの繰り返し(A´メロ)の歌詞に『海沿いの国道をまだまだすいているバスに乗り、潮風を追いかけて誰よりも早く夏を探すんだ』というフレーズがある。 まだ早い夏に女友達と一緒に海を見に行った。 彼女が頭に付けているカチューシャを外し急に振り返った時に、その長 [続きを読む]
  • マグロ丼のお弁当
  • この横須賀ポートマーケットで夕食にと思って、マグロ海鮮丼を買った。 具として置いてあるものは漬けマグロ、しらす、半熟卵、漬物などである。 見るからにおいしそうだが、実際にも新鮮でおいしかった。 最近どこでも生卵を上にのせている丼類、ラーメンなどをよく見かけるが、味がまろやかになり良い工夫だと思う。 しらすは三浦半島から江の [続きを読む]
  • Yokosuka Port Market の地産品
  • 三笠公園へ行ったら、近くに横須賀ポートマーケットという物産館があるという案内の看板があったので、ここに行ってみた。 こうした物産館は全国の有名観光地、規模の大きい漁港などにはどこにでもある。 札幌の二条市場、八戸の八食市場、那珂湊、寺泊、境港などの海産物市場。 もちろん関西にも九州にも沖縄にも数えきれないほどある。 規模は小さくなるが、道の駅も同じよう [続きを読む]
  • 大山豆腐
  • 関東各県の地産品は何だろうと考えた時に、神奈川県で出てくるものはあまり見当たらなかった。 横浜のグルメ、お土産は沢山あるが、昔から伝わる地産品には目立ったものが何かあるのかな。 そうした時に東京のスーパーでも、大山豆腐という豆腐が売られているのはよく見かける。 大山はまさか鳥取県の国立公園大山(だいせん)であるはずはないので、神奈川県丹沢山系の大山(おおやま)を意味す [続きを読む]
  • スーパーでも目立つ海軍カレー
  • 横須賀ではイオンと神奈川県の地元スーパーであるSANWAにも行った。 この両方とも米軍基地に比較的近いところにある。 私が期待していたことは、これらのスーパーに米軍関係者を当て込んだアメリカ食品、輸入食品が数多く置いてあることではないかということであった。 しかしこの期待は全く当てが外れた。 両者とも地元の日本人を対象としたスーパーであった。 米軍 [続きを読む]
  • 海軍カレーは横須賀のトップグルメ
  • 帝国海軍は日露戦争以降、カレーライスを艦内食として出すようになった。 戦後海上自衛隊もこの伝統を引きつぎ、週に一度は各艦でカレーライスをメニューとして取り入れられていた。 最近では週休二日制が採用されて以来、金曜日をカレーの日として採用しているようである。 船に乗っていると曜日の感覚が全くなくなってしまう。 それを忘れさせないという意味もあるようだ。 &n [続きを読む]
  • 横須賀へ 対潜水艦空母『いずも』と軍港めぐり
  • 神奈川県へはまだ地産品調査ということで行ったことはなかった。 でもラゾーナ川崎にSANWAというスーパーがあるので、そこにはよく行っているが、地産品とおぼしきものはなかなか見つからない。 それもそのはず、東京に近すぎるからだ。 東京都と境を接する埼玉県川口市のスーパーでも同様に全くない。 ということで神奈川県で地産品を見つけるとしたら、三浦半島あるいは湘南、 [続きを読む]
  • パタヤのイラン料理店
  • パタヤには世界各国から観光客がやってくるせいか、そのレストランなども多種多彩だ。 中でもよく目立つのが、インド料理、あるいは中東系の料理店だ。 パタヤの中央通。 海岸通りより一歩中には行った所にある、パタヤのメインストリートだが、ここにはホテル、土産物店、スーパー、個人商店、屋台、各国レストランなどがひしめく。 日本では珍しいし、さらに値段が高くて食べられな [続きを読む]
  • パタヤビーチで戯れる二匹の犬
  • パタヤの海岸。およそ4キロにわたって内側に緩い弓なりのカーブを描いて続いている。 しかしここで泳いでいる人はそんなに多くはない。 海の色もそんなにきれいだというわけでもない。 日本海側の砂浜海岸のほうがよほどきれいだ。 ここから船でラン島まで行けがまあまあだが。 翌日の昼間パタヤ海岸通りを海を見ながら歩いていると面白いものに出くわした。 [続きを読む]
  • 私の好きな雰囲気 パタヤビーチ
  • 東南アジアの雑踏。 忙しくせわしい動き、ざわめく街かど、雑でおおざっぱな町の風景、上を見れば視界の多くを占める電線、湿ったムンムンとした空気感。 もう最近はだいぶ慣れてしまって、当初よりあまり感じなくなったが、こうした雰囲気が自分にはあっているのか、こういう環境の中にいると逆に何故か落ち着く。 でもこの前ハンガリーのブダペストで感じたクラシックな静寂も、このところいい [続きを読む]
  • バンコクのエッカマイで食べたもの
  • タイには今までもう何回行っただろうか。 20回は行ったと思う。 このところは毎年1回のわりだが、この国には旅行者を飽きさせない何かがある。 私などまだ少ない方で、一か月に一回とか中には常駐、そして移住した人なども多い。 バンコクもよいけどパタヤビーチも魅力的だ。 バンコクからはバスで2時間。 手軽に行ける。日帰りだってできる。 [続きを読む]
  • 北海道のそば 幌加内
  • 日本一そばの生産量が多い都道府県はどこですかというクイズ問題があれば、たいていの人は長野県だと答えるだろう。 日本三大そばとは、岩手県わんこそば、長野県信州そば、島根県出雲そばがあげられている。 その他にも有名そばとして、山形県板そば、新潟県へぎそば、福井県越前おろしそば、兵庫県出石そばなどいずれも本州のものである。 特に日本海側山岳地帯の東斜面に位置するところが多い [続きを読む]
  • 北海道の納豆と味噌
  • 納豆と味噌の材料となる大豆の都道府県別生産量。 これは断トツで北海道であるというのは間違いない。 日本の3割を占めている。 でも2位が何故か佐賀県であるというのがよくわからないところであるが。 これらが国産大豆として市場に出ている。 この大豆は味噌、醤油、そして納豆などに加工される。 味噌の生産量日本一は言うまでもなく味噌の大手生産会社の [続きを読む]
  • 新発見 北海道のインスタント中華めん
  • 北海道のスーパーの棚には数多くのラーメンが置いてある。 ラーメンはどこでも多いが、北海道は東京の数も種類も二倍ほどはある。 これは全部がインスタント生麺と呼ばれるものである。 袋麺のコーナーはまだほかにある。 さらに地元メーカーのものも多いというのも特色である。 西山製麺はその代表格。 札幌味噌ラーメンの製麺メーカーである。&n [続きを読む]
  • 函館のお菓子は道産材料を使用
  • 実はお菓子はもっとも不得意とする分野である。 まずは普段からそう食べない。 そして血糖値のことが心配である。 朝昼晩の食事と違って間食の傾向のあるお菓子は、無駄な食べ物だと感じている。 今までもお菓子についてはあまり取り上げてこなかったし、そもそもあまり探してはいない。 さらに言うとあまりにもたくさん種類や数がありすぎて、どれが地産品なのかどうか、 [続きを読む]
  • 函館の松前漬け、昆布
  • 函館お土産には松前漬けがある。 松前は北海道の最南端にあり、函館にも近い。 江戸時代には松前藩が置かれ、大名がこの地を支配していた。 函館は1854年の日米和親条約により、アメリカ船の水、食料、燃料などの補給地になったことにより、町としてのデビューを果たした。 そして防衛拠点としての五稜郭もできた。 函館山が半島となり、外海からさえぎるので、港を作 [続きを読む]
  • 函館の海産物 イカ
  • 函館の海産物と言えば何と言ってもイカ。それもスルメイカ。 居酒屋で食べるイカソーメンが有名だ。 函館観光に行ってイカソーメンを食べない人はまずいないだろう。 イカソーメンはイカ刺しと違い、イカを縦に細く切るということにその特色がある。 これで口当たりがなくなり、飲み込みやすくなるのか。 しかしこれは全国どこでも食べられるし、それにホテルのバイキング [続きを読む]
  • 湯の川観光ホテルの部屋食
  • 今回の北海道何もしない旅行で、食事がバイキングであるということを条件に選んだが、湯の川観光ホテルではそのうちの一食は部屋食(個食)であった。 ホテル内の和食レストランの中の事前に用意されていた席に案内された。 おやっ。本当にここなのか。これでよいのか。 思っていたより相当豪華だった。 このツアーは最低料金の非常に安いツアーである。 &nbs [続きを読む]
  • 『さいち』のおはぎはヤオコーで
  • このところ2016年11月28日付けで書いた、秋保温泉のスーパー『さいち』のおはぎという題名の記事に毎日検索が集まっている。 と言ってもわずか20前後だが。 今でもだが、ピースボートの新造船についてのものも毎日多い。 こうしたことは多分ヤフーかグーグルのあるキーワードでの上位にランクされているからだ。 ためしにヤフー検索で『ピースボート 新造船』と打ってみた [続きを読む]
  • 湯の川観光ホテルのバイキング
  • かつては温泉地の旅館、ホテルの食事といえばほぼ部屋食であったが、最近はバイキング形式をとっている所が多い。 これは食べる方にとってはおかずの種類が多い、好きなだけ食べられるというメリットがあるが、反面たびたび席を立たなければならず落ち着かないというデメリットもある。 ホテル側にとっては何しろ経費が安くて済むという大メリットがあるだろう。 私自身はこのバイキング形式が好 [続きを読む]
  • 函館3泊4日 クラブツーリズムの旅
  • 毎年冬の時期に行われるクラブツーリズム主催の北海道格安旅行には、このところ毎年のごとく行っている。 JTBなどの他の旅行社も売り出していると思うが、流氷のある道東地区を除いて観光客が少ない道央、道南地区への旅行は値段が安いというだけを取れば、正に天国だ。 値段は3泊4日の食事有、観光なしで大体3万円前後。 おまけに一人部屋。 このクラブツーリズム [続きを読む]