FX業者比較 さん プロフィール

  •  
FX業者比較さん: FX業者比較
ハンドル名FX業者比較 さん
ブログタイトルFX業者比較
ブログURLhttp://xn--fx-p19dy1go91b84t.jp/blog/
サイト紹介文FX業者比較で低スプレッド、1000通貨の取引可能など、好みの条件から一発検索して徹底比較
自由文FXブログのページでは、FX取引のことに限らず節約、保険、クレジットカードに関する記事など、日常生活の中で出てくるお金に関する話題を取り上げて記事にし公開しています!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供208回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2014/01/16 20:37

FX業者比較 さんのブログ記事

  • 波が荒いときは押し目買いのチャンスをひたすら待つようにします
  • FXは誰と戦っているかといえば、値動きが微動だにしない時間帯だったり、海外の市場が休みだったりして変動が少ないときは、個人投資家と戦ってることが多いですが、価格が大きく変動するときは、海外のヘッジファンド、投資会社、大手金融会社、機関投資家、中央銀行を相手に戦っていることになります。 ドル円で1円動くときに必用な資金は1兆円といわれています。1銭動くのに100億円のマネーが市場を駆け巡っていることになりま [続きを読む]
  • FXの失敗取引はトレーダーを成長に導いてくれます
  • FXは失敗取引も次に繋がるので、できれば取引したチャートを保存しておくことをお勧めします。私はいつも取引したチャートを保存しており、週末に検証する時に使っています。ところで、FXでよくある失敗例にもいくつかありますが、ボリンジャーバンドをブレイクしたのに少し上昇してすぐに反転してロスカット、移動平均線のゴールデンクロスで買ったのに下げてしまい、ロスカット・・という経験をされた方も多いと思います。エコノ [続きを読む]
  • 外貨預金で痛い目にあったので、FXはしっかり勉強したい。
  • 私は30代後半男性、今は会社員をやっています。最近になってから、ポイントサイトやライティングの副業を始めましたが、もう少し収入をアップさせたいと思いまして、FXや株を勉強しています。今日はFXにいつて書いていこうと思っています。 FXを知ったのは6.7年ぐらい前にだと思いますが、当時は資産を外貨で運用するのが、流行っていたように思われます。国の借金が、膨大に有り、円の価値が無くなるのではないかと言われていまし [続きを読む]
  • 外国為替証拠金取引、FXを始める素晴らしさとは。
  • 投資っていうものは、けっこう昔からやってる方もおりましたが、最近では誰にでも手が届くものになったという感じがいたします。それはきっと、FXというものがこの国でも広まってきたからなんでしょうね。FXとは外国為替証拠金取引のことです。簡単に言いますと、米ドルやユーロなどの外国通貨を買ったり売ったりして利益を出すという取引なんですね。最近では本当に注目され、多くの方がこれをやられております。FXの取引が成り立 [続きを読む]
  • 誰も理解をしていない浜田内閣府参与の円高誘導発言の真意
  • 先日、浜田内閣府参与、いわゆる今回のアベノミクスの生みの親と言っても過言ではない方がこれ以上円を売っても仕方がない、というような発言をしました。 正直、私はこの発言に多いに賛成です。 だいたい、日本人というのは頭がおかしいと思います。 戦後、成長できたのはアメリカが設定してきた為替レート1ドル360円というレートのおかげになります。それが、1970年代に変動為替相場制度になり、幾多の試練を乗り越えて日本経済 [続きを読む]
  • FX投資のタイミングを十分に利用し上手に投資を行う
  • FXの投資を行う際には外貨が下げ値の時に資金を投資する必要があります。オーストラリアドルのここ平均の10年の1ドルの単価は90円だとします。例として2−13年の時点でこの通貨の価値が78円まで下がったとします。この78円が過去最安値の値だとしたらこの金額は買いとなります。その後に一ドルあたりの金額が98円になったとしたら、その分の利益を挙げることができるのがFXです。またこの際にも証券会社への手数料を支払うこと [続きを読む]
  • FXで初めて年間を通して利益を出した時の話
  • FXをやっていてはじめのうちは買ったり負けたりを繰り返しながら時間だけが過ぎていきました。ゼロサムゲームと言われているので、継続して勝つようになるためにはそれなりの時間と経験が必要なのは分かっていましたが、なかなか精神的にも負けが続くと辛い部分がありました。FXで負けていた時は、とにかく手法にこだわっていました。テクニカル分析を色々と使いバックテスト重ねて、どういうテクニカル分析をどのタイミングで使用 [続きを読む]
  • 給料が少ないので副業を見直しFXを勉強しています。
  • 私はもうすぐアラフォーのサラリーマンです。もうすぐアラフォーなのに私の勤める会社は中小企業で給料があまり多くありません。よって今は会社に内緒で副業をやっています。しかし、副業といってもポイントサイトとアンケートサイトなので、会社にバレてもたいしたことはありません。ポイントサイトは大体1ヶ月1500円ぐらいの収入になります。アンケートサイトは頑張って月に500円ぐらいになります。合わせると全部で2000円ぐら [続きを読む]
  • 欧州時間の様子
  • 5月20日、欧州時間のクロス円の様子です。ユーロ円は欧州時間がスタートしてからすぐに下げていき、東京時間の値幅をすぐに失いました。134円を割りたくてしょうがなかったようです。割ると、すぐに戻してきて東京時間にいた場所に帰ってきています。おかえりユーロ円。相方のユーロドルも帰ってきています。日足が下げるのは危ないよと行っています。1時間足は下落でも、日足は押し目ともいえる形です。本日のニューヨーク時間に [続きを読む]
  • テクニカル分析を身に付ければ誰でも売買タイミングがつかめる
  • FXをしている人の中にはどのタイミングで売買をするのがいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。国の情勢を考えて売買をするといっても、通貨が大きく変動するような情報が手に入るわけではありません。しかし、このFXを利用して大きな利益を毎日のように得ている人もいます。 コンスタントに確実な利益を得るためにはテクニカル分析を身につける必要があります。テクニカル分析は過去の値動きからこれらからの値 [続きを読む]
  • 手法に完璧さを求めずにFX取引は自分で考えて判断力をつける
  • すべて予想していた通りに事が運んでひとつの取引が簡潔することはとても理想的だけれど、しっかりと練った手法を用意しても利益や損失に関係なく大体予想できないことが起こるので、完璧に手法通りの取引を心がけるよりもFXをするときの目安程度に見ていたほうが良いといえます。 取引手法に縛られた考え方だと長く取引をする上で大事な、相場が荒れているときにとっさの判断で苦境を切り抜ける力がいつまで経っても身につかなく [続きを読む]
  • 外国為替証拠金取引には欠かせない外国為替情報。
  • 現代のこの世の中は情報化社会と言われておりますが、この情報にもいろいろありまして。どうでもいいような情報もあれば、すごく大切な情報もございます。まあ、それは求める人によってそれぞれではありますが。たとえば、為替情報というものがあります。日々、著しく変動してますね。今、外国為替証拠金取引、いわゆるFXというものが、ものすごく人気のです。この取引では為替情報と言うものが勝敗に大きく関わってきます。FXとい [続きを読む]
  • FXには元本保証などはありません
  • FXを投資として行う方も増えてきています。 しかし、FXには元本保証などはありませんので、リスクを考えて投資する必要があります。 FXですが、まずは初心者の場合、デモ取引でしばらくデモを行うことが大切です。 デモを行うと、取引画面の見方だったり、またどのように稼げばいいのか、ということが分かります。このデモ取引である程度まで稼げるようになってからそして本番に行くことをお勧めします。 FXでは、最初の通貨選びな [続きを読む]
  • FX取引で最も大切なのは損切りのできる決断力
  • FX取引は今や誰でも気軽に利用できる為替取引と言えるでしょう。 たとえ初心者でも間に取引業者のサービスを挟むことで、一日に何度も取引を容易に繰り返すことが可能となっています。 しかし、だからこそ注意が必要なのはFXで大切なのは利益を出すことよりも損失を小さく押さえ込むことです。どんなにFXの上級者であったとしても、全ての取引で利益を勝ち取ることはできません。 必ずいつかは損失を出すこととなるでしょう。 その [続きを読む]
  • FXでロスカットが必要な理由と追証による催促
  • FXには、ロスカットというシステムがあります。多くの投資家にとっては、それは発動されると困るものですね。それが発動されれば、もちろん大きな損が発生してしまう事になるからです。 私は一時期、「そのシステムは無い方が良い」と思っていました。以前の私は高金利の外貨を目的に売買を行っていたのですが、その時には上記の強制損切りのシステムを恐れていたのですね。何が何でもそのシステムを回避するために、色々と考えて [続きを読む]
  • FXは損切りを早目にすることで被害を最小限に抑えられます
  • FXで取引するときに損切りがなかなかできないときほど被害を拡大しているように感じます。野球と似たような所があり、全勝というのはかなりむずかしい世界です。勝ち負けを繰り返していく中で、何割か利益を出していくのが投資として長続きしていくように思われます。 FXで損を出すのは誰にでもあることなので、マイナスに転落していったら戻りを期待せずに早目に損切りをしていくことが大事です。損切りをしなければ良かったとい [続きを読む]
  • FXの窓開けは覚えておくと便利な戦略の一つ
  • FXには色々な戦略があり、すべて使うことは難しく感じますが、知っておくと便利な戦略があります。特に窓埋めは有効な戦略で私は窓埋めに注意して新規ポジションを持ったり、決済しています。窓埋めとは相場の急変などで大きく窓を開けて動き、一旦反転して窓を埋めた相場をいいます。例えば、窓を開けて相場が大きく上昇して一旦調整で窓まで下げてきた時に買いポジションを持つ押し目として捉えることも出来ます。反対に売りポジ [続きを読む]
  • FXでコツコツと上手く稼いでいく方法とは
  • FXとは簡単に言ってしまえば円とドルの差額で得たお金のことです。 FXで稼ぐこつはいくつかあります。 まずひとつ目に感情的にならないことです。売買中は感情的になってしまうものです。例えば初心者の人は目先の利益だけを考えてしまい、損をした時のことを全く考えません。こうなってしまうと損をしたときに大変なことになってしまいます。 慎重にしていくことで儲かるための第一歩となります。二つ目に基本的な売買をシステム [続きを読む]
  • 豪ドル円の予想外の動きに悩む
  • 現在東京時間午後ですもうすぐ1時になります。豪州議事録が東京時間午前に発表されました。いい結果と受け止められなかったみたいで豪ドル円は上値が重くなりました。東京時間がスタートしたとき96円近い水準にいた豪ドル円が発表1時間前になると、上値が重くなって95.75辺りまで下げました。その後戻すことなくヨコヨコ状態で発表を迎えました。発表直後の豪ドル円は大きな陰線に押されて下げました。買いポジションが好 [続きを読む]
  • ボリンジャーバンドの良さ
  • ボリンジャーバンドはかなり優秀なテクニカル分析です。本来このテクニカル分析は、順張りでの使用となるのですが中には逆張りで使っている人も多くいると思います。このテクニカル分析を作った人からすると逆張りで使用することに関しては少し不愉快に感じるかもしれませんが、逆張りで使用しても結果を出せるテクニカル分析です。順張りで使う時は主に押し目買いや戻り売りのポイントを探る際にとても便利になります。トレンドが [続きを読む]
  • 大事なイベントが一段落
  • ゴールデンウィークが終わり、米ドル円と豪ドル円にとって大事なイベントが一段落しました。豪ドル円は、豪州銀行政策金利。米ドル円は、雇用統計。豪ドル円については利下げを受け入れた格好で終了。米ドル円は、雇用統計の結果を受けて下げました。今回経験した2つの指標の値動きは、綺麗な値動きとはいきませんでした。どちらも上下に振れてからどちらかに大きく上げる値動きでした。このような上下動の激しい相場はポジション [続きを読む]
  • FXでは新規注文を入れたままのほうが良い。
  • FXでは、指値の新規注文を入れておいたがいいのか、入れないでいたほうががいいのかについての議論があります。 新規注文を入れたままではいけないという立場は、あらかじめ自らの手口を市場に見せてしまうと狩られてしまう可能性があるから良くないという主張です。プロのトレーダーによってこのような主張がよくなされる場合があります。 たしかに、いったん注文を入れるとその注文は他人からも見られる状況になって、欧米のヘッ [続きを読む]
  • 日銀の追加金融緩和の見送りに関して、とその結果
  • 日銀がきのうの金融政策決定会合で、欧米や一部の政策金融政策審議員が強く唱える追加緩和の実施を見送った。 これには、様々な意見があると思います。 では、今回の日銀が一般的には異次元緩和を実施し始めた経緯に関して少し解説をしていきたいと思います。 なぜなら、今回の異次元緩和を実施するにあたってその始めた理由がわからなければ、その追加緩和実施の趣旨はわからないと思うからです。 多くのFXトレーダーはテクニカル [続きを読む]
  • FXの定番MetaTrader
  • FXの定番といえばなんでしょうか。 色々な定番がありますが、ここではチャートソフトの定番としてMetaTraderを推します。 MetaTraderはメタ・クオーツ社が提供するプラットフォームで、バージョン4で人気を博し、現在バージョン5がリリースされております。 このMetaTrader、なぜここまで不動の人気に押し上げられたかというと、それはさまざまなユーザーがMetaTraderで使用できるインジケーターを開発したことがきっかけです。プ [続きを読む]