FX業者比較 さん プロフィール

  •  
FX業者比較さん: FX業者比較
ハンドル名FX業者比較 さん
ブログタイトルFX業者比較
ブログURLhttp://xn--fx-p19dy1go91b84t.jp/blog/
サイト紹介文FX業者比較で低スプレッド、1000通貨の取引可能など、好みの条件から一発検索して徹底比較
自由文FXブログのページでは、FX取引のことに限らず節約、保険、クレジットカードに関する記事など、日常生活の中で出てくるお金に関する話題を取り上げて記事にし公開しています!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供224回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2014/01/16 20:37

FX業者比較 さんのブログ記事

  • FXを始めるのであれば、まずはやってみること。
  • 何事も、新しいことを始めることは緊張したり、いろいろと考えてなかなか始められないことが多いのではないかと思います。 FXも、経済誌やネット広告、さまざまなところで目にして、簡単に稼げるとか、すぐに利益が出るなど、良いことばかりみたいな書き方がされています。 そんなに美味しい話はないだろうと思う人も少なくはないはずです。 確かに、投資にはリスクがつきもので、儲けもあれば損失もあるのです。しかし、リスクを [続きを読む]
  • ハイリスクハイリターンを狙うならポンドです
  • FXの中で動きが激しい通貨といえばポンドではないでしょうか。イギリスのポンドはポンド円やポンドドルがありますが、どちらも値動きが激しい通貨だと思います。ポンドで億を築いた投資家もいれば一瞬で溶かした投資家もいます。 実際取引中のチャートを見ていると他の通貨は動いてないのに、ポンドだけ異常に一方向に動いていくときがあります。一度売られ始めるととことん売られ、買いが入ってくるととことん上昇していくのが特 [続きを読む]
  • ネット証券の利用価値を追求し、儲けるFX
  • 携帯電話やアプリでも投資を行うことができるので、自在に投資を楽しむことができる時代になりました。特にネット証券と呼ばれるSBI証券でのFXの取引には、十分に利用しやすいFXゼミナールを口座開設後に利用していくことが出来ます。 FXの取引ページの利用の仕方等を学ぶことが出来、基本的な画面の見方や注文の仕方を早速覚えて行くことができるようになります。十分に利用しやすい環境を整えましょう。また口座を開設し、先物や [続きを読む]
  • FX初心者にありがちな失敗と原因、解決策
  • FXとは簡単に言ってしまうと為替の取引です。例えるならば株のようなものと考えていただければ分かりやすいでしょう。 例えば100円で1ドルを購入したとしましょう。 それを1万円分、つまり100ドル分です。 それがしばらくして1ドルの値段が105円になったとします。 そうすると購入した100ドルは日本円で1万5百円になりますね。 そこで決算し、ドルを売却すると500円の利益になるというものです。初心者の方でも始めやすいというこ [続きを読む]
  • 浜田内閣府参与の円高誘導発言についての誤解
  • 先日、浜田内閣府参与が、これ以上円を売る必要はないと発言をしました。 この発言を受けて、ネットの意見などを拝見をしていると、国際的なルールで内閣の一員が為替相場に言及するのは国際的なルール違反ではないか、という意見がFX投資家から相次いでいると私が見た限りではそう思います。しかし、本当にこれはルール違反なのでしょうか。 まず、この国際的なルールはどのようにして決まったのでしょうか。 まず、為替レートと [続きを読む]
  • FXという言葉には何かしらの魅力が感じられる。
  • いわゆる賭けと申しますと、どことなくギャンブル性が強くなってしまいますが、これがたとえば株ですとか先物ですとか、そういう取引になりますと、これが不思議とギャンブルとは程遠いイメージがございます。それどころか、かえって崇高な眼差しで見られるんですから驚きです。 それなら株や先物を始めれば良いわけですが、これがなかなかハードルが高い。リスクも大きく、とても気軽に始められないのが難ですね。ところが最近で [続きを読む]
  • フィフティフィフティに思われるFXでのトレード
  • FXは上がるか下がるかだけなので、丁半博打的な印象がありますよね。 ただ、実際にトレードしてみると、人間という欲深さの性からか、なかなか勝つことができないのは、トレードしている人なら誰もが実感していることだと思います。 しかし本当に人間の欲深さから勝率50%なのに負け越してしまうため、大体のFXトレーダーが退場を余儀なくされるのでしょうか。まず、フィフティ・フィフティに思われるFXでのトレードですが、この時 [続きを読む]
  • とにかく検証すること
  • FXで勝つためにはとにかく検証することです。 類まれな才能を持っている人は、持ち前のセンスと嗅覚で相場から利益を出し続けることが可能かもしれませんが、ほぼすべての人にそのような能力が備わっていないのは多くを語らなくても明らかです。 平々凡々なわれわれは、一部の羨ましい恵まれた勝ち組トレーダーのあとを追っていては成功できないのです。FXでは特別なある種の才能が必要で、それを持って生まれなかった時点で勝ち続 [続きを読む]
  • FXは資金にゆとりを持ってやるのが成功の秘訣
  • 初めてFXをやってみようと思ったのは、5年前、マンションを小さいところから大きいところへ引っ越して間もない時でした。 前のマンションの返済が月8万円くらい。新しく買ったマンションの返済が月13万円くらいだったので、5万円のプラス。しかも、ランニングコストなので毎月かかるもの。 収入も少し上がったとは言え、返済がきつくなりました。 そこで、お給料だけでは足りず副業は何かないか?と探していたところ、ある雑誌から [続きを読む]
  • 連続負けによるエントリー恐怖症
  • どんな世界でも成功と失敗があります。成功すると嬉しい。失敗すると悔しいし、気持ちがもやもやする。どちらが楽かと言われたら言うまでもなく前者です。成功すると、頭の中の快楽物質ドーパミンが刺激されて、よしやろう!と前向きな気持ちになります。そういうときは気持ちが軽いので、すぐにエントリーできますし、エントリー後、くよくよするということはありません。非常にいい精神状態です。いつも、こんな感じだったらいい [続きを読む]
  • 円を外貨に交換するときにかかる手数料、FXなら低額です。
  • ちょっとした休日を使って海外へ出られる方は本当に多くなりました。ちょっと前まで海外旅行というと、けっこう特別な人にしか与えられないものというイメージが強かったのではないでしょうか。それが今では誰でもすぐに行ってしまう。本当に素晴らしい世の中になりましたね。 この海外旅行でまずやらなければならないことは、円を外貨に交換するという手続きです。これをやらなければ向こうではなにもできません。こうした海外旅 [続きを読む]
  • 今回の日銀の追加緩和の実施を見送るのは妥当
  • 黒田日銀総裁は、20日午後、金融勢策決定会合の決議を経てから記者会見をし、追加緩和の実施を見送ると発表をしました。 これは、3月の消費者物価指数が昨年10月以来、再びゼロになったことを受けて、一部の政府の政策審議員たIMF、欧州の投資銀行が近々に追加の量的緩和を実施せよ、という声がかなり上がったので、追加の緩和を実施に期待が集まりました。しかし、結果は追加の緩和を行わいという結果になりました。 今までの [続きを読む]
  • なにかと忙しい日本人のための、いつでもどこでもできる取引。
  • ともかく日本人は働き者だと言われることがあります。考えてみますと、それはごもっとも、いつでも何かをしてないと気がすまない、俺がいないと大変だ、という気持ちがどうも強いみたいで、一人で頑張ってる方も少なくないでしょう。しかし、その姿は外国のビジネスマンとは違い、カッコいいものではないような気もするのですが。ごめんなさい。 確かに今の日本をつくり上げてきたのは大先輩たちですから、カッコいいものでない、 [続きを読む]
  • FX口座を開設。証券会社によっては様々なデータを送るメール配信も
  • 完全にオンライン上で完結し使いやすい環境で皆様が満足に取引を行うことができる環境を整えています。初めての方でも簡単に取引を行うことが出来、SBI証券は投資を続けて行く際にも、積極的に取引を行うことが出来、安心な証券会社です。投資の対象となる期間限定の情報にも注目することが出来ます。オンラインで個人の口座を開くことができるようになります。口座を開設して、十分に投資を行うことができ手間もかからずに口座の [続きを読む]
  • FXの自由度の高さを実感しながら投資
  • FXの投資を難しく考えている方や、初めての投資を行う方は自由度の高さを実感することができるようになります。自在に投資を行うことが出来、必ず利用者が満足することができる投資方法を実現する必要があります。FXの投資は自由に売り買いができる点です。 証券会社で今現在の値を確認することも出来アプリを利用することで、しっかり利用確認をおこなうことができるようになります。自由度の高さをしっかり確認することが大切で [続きを読む]
  • 2015年のユーロ・円に関する価格推移と今後の展望
  • 2015年のユーロ・円は、145円近辺でスタートを切りました。2014年12月に直近高値の149円台だったので、2015年時点で、4円の円高になっていました。その後のユーロ・円は、1月15日近辺に135円台を付けた後2.5円程円安になり、137円台になりました。その後、一気に7円以上の円高に振れ、1月20日頃には130円台になりました。2月になり反発もあり、2月中旬頃には、136円台になりました。しかし、その後、ユーロ安になり、3月中旬には12 [続きを読む]
  • FXで勝つためには連敗を招く感情的な取引は厳禁
  • 感情的になってFXをしていても成績はよくならない上にもしかしたら退場する可能性もぐんと高まることだってるから、単純なルールでも何かひとつ決めてそれに反しない取引をしていれば自然と感情を取り入れない習慣が身に付いて勝ちへの大きな一歩になります。 そういった前提条件のためにまず努力が必要なのは、初心者にありがちともいえる不利な状況下での逆転勝ちを目論んで連敗のスパイラルに陥るのを防ぎ、その経験から冷静に [続きを読む]
  • 週末リスクがありそうなときはポジ整理しておく
  • 為替市場は24時間開いていますが、現地時間の土日になると休みになり、月曜の朝までFXの取引きは中断されます。そのとき週末をまたいでポジションを持っていると、思わぬ事態に巻き込まれることがあります。週末に持ち越しても良い条件というのがあるので、チェックしておくと良いでしょう。週末に持ち越しても良いのは、日本時間の土曜の早朝のFXチャートが上昇しながら終わっていること、ダウ平均が上昇して引けていることが条件 [続きを読む]
  • 米ドル円とユーロ円の様子
  • 私が予想した通りの値動きを米ドル円がしています。私は欧州時間に米ドル円がニューヨーク時間にさらに上昇して120.20近くまで上昇していくと予想しました。現在は、120.18まで来ています。米ドル円がクロス円の中で一番強いです。一番弱いのがユーロ円とポンド円です。東京時間から米ドル円は強かった。ユーロ円とポンド円は欧州時間になってから急に本性を見せ始めました。弱いですが、もっと言えば弱すぎます。ある [続きを読む]
  • 金融当局の為替介入によるFXへの影響について
  • 為替取引であるFXをしていると、金融当局の為替介入に出くわすことがあります。 為替介入とは、為替相場の水準がある国にとって都合が悪い時に金融当局がインターバンク市場で通貨を売買することで、為替相場をコントロールしようとするものです。 日本も2003年から2004年にかけてと、2010年後半から2011年にかけて円高に苦しめられていた時に、円売りの単独介入を複数回実行していました。このような為替介入が行 [続きを読む]
  • FX取引で注意したいポイント
  • FX取引を取り扱うのは、FX専門業者の他に商品先物業者、証券会社、ネット銀行等合わせると60社以上あります。FX取引をするには業者選びも大切なことです。大手証券会社の関連証券会社から殆ど名前を知らない専門業者まであります。これからFX取引をしようと考えている方や既に取引をしている方も次に掲げる点につきチェックしての取り引きをお勧めします。   チェック項目 1.営業時間…24時間取引可能な営業体制にある [続きを読む]
  • 手持ち資金が少なくても大きな取引が可能な投資
  • ハイリターンを狙う環境でFXを行うことが可能になる環境を誇っているのが、証拠金を預けたレバレッジで例えば100万円の入金で、その中の30万円を証拠金として入金した時にその分の儲け率を上げて利益を得ることができるようになります。そのため利用者が上手に資金を増やしていくことができる仕組みを持っているのがFXになります。FXの投資は原則として高まれば、高金利通貨も高くなります。低金利通貨が高くなれば売りが高まるこ [続きを読む]
  • 欧州時間、2度騙しに引っかかり損切り
  • 欧州時間の始まりは、トレンド発生かと思いきやレンジになりました。デモトレードで、発生したと思ったトレンドに付いて行ったら損切りになりました。95.40で買ってすぐ損切りになり、再度95.40に戻してきたので、これはだましで上昇していくパターンかと思い、もう1度ポジションを持ってみましたが、ダメでした。合計で20PIPSの損切りにあう始末。豪ドル円に何度も振り落とされました。今日はそういう日なんだ。 [続きを読む]
  • 大きなトレンド方向に分足の時間軸で逆張りトレード
  • 難しい理論を使ってFX取引をしたら勝ちやすいという思い込みがあるけれど、基本的にはトレンド方向に乗ってポジションを持てば負けにくくなって勝利に近づきやすいので、今あまり取引の成績がよくないと感じている人は簡単な方法で利益を狙う順張り手法を試してみるといいかもしれません。ただ、トレンド方向だと成功率が高いとはいっても為替チャートと同じように口座資産も上下に動きながら少しずつ大きな利益を目指していくもの [続きを読む]