moonbeam さん プロフィール

  •  
moonbeamさん: Magenta Light
ハンドル名moonbeam さん
ブログタイトルMagenta Light
ブログURLhttp://magenta120.blog107.fc2.com/
サイト紹介文オーストラリアン・ブッシュフラワー・エッセンスの紹介とエッセンスと共に生きる人生。
自由文2010年にブログを始めました。
オーストラリアン・ブッシュフラワー・エッセンスについて、検索して尋ねてくださる方が多いので、これからも多くのことをたくさんの方に知っていただくために書いてゆくことにします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/01/17 07:00

moonbeam さんのブログ記事

  • ソーラーロゴスとアイシスによる根本からの癒し
  • フラワーエッセンスを長く続けて飲んでいると、フラワーエッセンスが必要ないという次期がやってきます。それは自分の感情のコントロールが上手にできるようになるので、怒ったり、焦ったり、悲しんだり、落ち込んだりが毎日の生活の中でなくなってくるのです。私の知人で、家族みんなでフラワーエッセンスを何年か飲み続けて、今は誰もがフラワーエッセンスを摂る必要がなくなったという方もいます。たまに何か特別なことが起きた [続きを読む]
  • フィロセカ・愛を受け入れる
  • フィロセカのレメディーは他人からの賞賛を受け入れることです。人から誉められた時、 “いえいえ、そんなことはありません”という人は多いです。いったいその言葉の裏には、どんな思いが隠れているのでしょうか? “自分は誉められるに値しない人間だ”と自尊心の低い人もいますし、本当に謙遜の意味で言う人もいます。でも、もう一つのタイプは、かえって反対に奢った気分で言っているかもしれません。“あなたなんかに誉めても [続きを読む]
  • ピーチフラワードティーツリー・飽きずに目標を達成する
  • 熱しやすく冷めやすい性格の人は、今なにかで大喜びしていたかと思うと、がくんと沈み込んだりして気分にむらがあります。何事も特に起こらない平凡な日々は退屈でたまらないのです。だからいつも何か面白いことはないかと探していて、見つかれば上機嫌、見つからないと不機嫌になるのです。わがままな子供のような人ですね。人間に対しても、自分が興味を持てることを相手が提供してくれないと、その人を嫌い、無視するくらい冷淡 [続きを読む]
  • ポウポウ・ハイヤーセルフと共に生きる
  • ABFEのエッセンスは、一つの花のレメディーの中に、全く違った働きがいくつか含まれていることが多いです。ポウポウは、まず一つには、自分の取り入れた情報を一様化して統合するということをしますから、仕事や勉強をする時に、頭の中を整理するのに役立ちます。もう一つの働きとして、ハイヤーセルフの存在に気づかせてくれるというものがあります。“ハイヤーセルフ”という言葉を使いながらも、はっきりと意味が汲み取れていな [続きを読む]
  • オールドマンバンクシア・疲れを取り、やる気を取り戻す
  • 人間には色々な分類の仕方があるけれど、最近気がついいたことは、一方は他人のためや社会のために何かをしたいと思うタイプ、もう一方は、ただ自分の利害のため、あるいは自分の楽しみや生き易すさのためにだけに生きているタイプに分けられるということです。前者は人のために尽くさない人生は無意味だと考えるだろうし、後者は人のことを考えるなんて思いもよらず、自分が好きなことをして生きられればそれが一番いいということ [続きを読む]
  • 心だけでなく、体だけでなく
  • 精神的なことと肉体的なことは、相反すると考えられがちですが、人間は肉体があって精神があるのです。肉体と精神の管理は同等に必要なのですが、どうしてもどちらかに偏りがちです。スポーツ型の人間は体を動かすことだけで終わることが多いし、精神的な人間は芸術鑑賞とか瞑想とか、静止するほうを重視します。このブログを訪問してくださる皆様は後者が多いのではないかと思いますので、体操の重要性について考えていただきたい [続きを読む]
  • モンガワラタ・・・自分の意志を強くする
  • 寡黙な人は、何かを内に秘めているようで神秘的な魅力があることと思います。ところが本人にしてみると、言いたくても言えないでいるのかも知れません。その理由はやはり自信がないのだと思います。“こんんなことを言ったらみんなにどんなふうに思われるだろうか?私が発することばに人が大げさに反応したらどうしよう。ひと目につくくらいなら、黙っていて誰かが変わりに言ってくれるのを待とう”などと、これらの思いが心の中を [続きを読む]
  • マウンテンデビル・・・人間愛に充ちる
  • 2017年は愛に関する「マウンテンデビル」でスタートします。偶然にしろ必然にしろ、私が今年目指すテーマと一致しました。人が怒るとき、パッと真っ赤な炎が上がるように見えるそうです。また恨みは、じめじめとした粘っこい水銀のように染み出るかもしれません。どちらも強力な負のエネルギーですが、これらに勝るのが愛のエネルギーなのだそうです。愛は人が生きる上での最大の力です。自分の周りにいる特定の人が嫌いという [続きを読む]
  • 自分を大切に・・・心のままに
  • 騙しあいの無い人間関係をあなたはいくつ持っていますか?心にも無いお世辞を言ったり、自分を庇うための言い訳をしたり、計算づくで会話をしたりということが多くありませんか?でもそんなことが無くなったら...だれもが、自分を偽ることなく心のままに生きることができたら。誤解も生ずることなく、裏表の無いクリアーな世界になるのです。そこでは、自分と相手との間に信頼が生まれるでしょう。誰もがそうなったら信頼の輪( [続きを読む]
  • 年の瀬に・・・ソーラーロゴスとアイシス
  • 毎年年末になると、その年に摂ったエッセンスが何だったかを顧みることにしている。自分が、どの時にどのエッセンスを一番必要としていたかが解ると、一年の流れが見える。今年はソーラーロゴスが圧倒的に多かった。ソーラーロゴスを一口で言うとパワーのエッセンスと言えるだろう。自分の中にある、力の泉が湧き上がってくるように、自信が生まれ、活発で行動的になる。やらなければならないことが、頭の中で計画的に整理されてど [続きを読む]
  • Merry Christmas!
  • 子供のころの幸せなクリスマス。たくさんのプレゼント。たくさんの夢。たくさんの愛。クリスマスには幸せを分けてあげよう。寒さに震える心を愛で包んであげよう。Merry Christmas!きらめく星の祝福が、誰の上にも降りそそぎますように... [続きを読む]
  • リトルフランネルフラワー・子供の自分を解放する
  • 羽目をはずしたとき、自分では思ってもいなかったことをしてしまうということがありますね。それは、自分の中の子供が跳び出してくるのです。こんなことを言ってはならないとか、こんなことをしたら恥ずかしいとか、人からどう思われるかを気にして、自分がしたいままには行動しないのが大人です。確かに、自分の思ったままに行動する人は、自分勝手、非常識、灰汁(あく)が強いなどという欠点はありますが、時には、“自分もああ [続きを読む]
  • ケイポックブッシュ・あきらめない
  • Never give up Never give up Never give up・・・Winston Churchill世の中には、いつもはつらつとしていて、やる気十分の人がいるものです。そういう人の周りにいると、自分まで元気が出てきて、“いいなあ、自分もそうなりたいな”と思います。でも、その人たちでも、たまに負けそうになり意気消沈してしまう時がありかも知れません。それでもそんなことは表に出さずに、けなげにがんばっているのかも知れません。人間は強いけれ [続きを読む]
  • カンガルーポウ・相手の要求を解ってあげる
  • 人が何人か集まると話しに花が咲くものです。ですが、考えてみると、話している人はだいたい一人で、後は皆聞き役に回ってせいぜい相槌を打つだけの場合が多いです。世の中、話し手と聞き手の二つの人種に分けることができますが、あなたはいったいどちらに属しますか?話し手にも二種類あって、話を面白くしてみんなを笑わせ楽しませる人もいますが、中にはちっとも興味の湧かないことを次から次へと喋りまくる人がいます。さてあ [続きを読む]
  • ジャカランダ・フォーカスしてものごとを成し遂げる
  • 〜たくさんのことを短時間でするには、一度に一つのことをするのが一番だ。〜 Samuel Smiles春になり、ゴールドコースは澄んだ青空が広がり、色とりどりの花が咲き始め、美しい日々が続いています。うちのジャカランダの木にも花が咲き、早くも地面に薄紫の花が零れ落ち始めました。ジャカレンダの花は、枝の先にたくさんかたまって咲きますが、一つづつ開き、落ちるのもひとつづつです。つまり、ごちゃごちゃとかたまって咲いた [続きを読む]
  • アイソポーゴン・失敗から学ぶ
  • 知恵とは成功からよりも失敗から多く得ることができる・・・Samuel Smiles今日から9月。毎年九月になると“あれあれ、いつの間に一年の大方が過ぎてしまったのだろうか?”とちょっと焦りのようなものを感じます。だんだん年を取ってゆき熟年に達すると、なんだか一通り自分の人生でやらなければならないことをしてきたような気がして、もうリスクを負わずに平穏に老後を暮したいと思うものです。でも人生は生きているかぎり学び [続きを読む]
  • イラワラフレームトリー・一人でもだいじょうぶ
  • 仲間はずれにされた経験がある人はたくさんいると思います。いじめの場合は相手側にその意思があるのですが、ところが、相手はそんなことになっているとは全く気づいていないこともよくあります。つまり多くの場合、自分で自分から仲間はずれになっているのです。そういう人たちは、どこかに孤独癖があり、どうしても自分から輪の外へ出てしまいます。自分を仲間に入れてもらえる自信がないのです。その原因は、子供の頃、親から十 [続きを読む]
  • Drive
  • ライアン・ゴスリング主演のこの映画は、2011年に作られた。私が好きな映画の中では比較的新しいものだが、それでももう五年は経ってしまっている。私は秘かにゴスリングのファンなのだ。あのポケッとした表情がいいなと思う。といっても、これのほかには「Fracture」しか見ていないので、たいしたファンとは言えない。近頃はやたらと喋る映画やテレビが多いが、この映画の中では台詞は極少にとどめてあるので、役者さんたちは [続きを読む]
  • ハイバーチア・知識を自分のものにする
  • 人生はあなた自身のもので、誰か他人が教えてくれるわけではない。書物からではなく自分自身から学びなさい。自分について、自分で学ぶことから、真の知恵が湧いてくる。これが終わりなき人生の旅。 ・・・Krishnamurti私たちの人生は、まことに学びの人生と言えるでしょう。生まれてすぐの赤ちゃんは、自分が生き延びるために、まず自己主張をすることを学ばなければなりません。やがて子供 [続きを読む]
  • グレースパイダーフラワー・恐怖に負けないように
  • 私たち人間は多かれ少なかれ恐怖を抱えています。何が恐いかは人によって異なりますが、恐怖が全くないと言う人が本当にいたらお目にかかりたいものです。動物は恐怖を抱いて生きてはいません。もちろん、飼い主に怒られるときの犬や、屠殺される時の牛などは恐怖を感じるでしょうが、普段は何も恐がらず心配せずに生きているのです。人間には競争心というものがあって、それがあるからこそ、自分も他の人のようにがんばろうとか、 [続きを読む]
  • Epilogue
  • 私たちは5月27日にゴールド・コーストの家に帰ってきました。約三週間留守にした小さな家は、“お帰りなさい。お疲れさま”とやさしく私たちを迎えてくれました。どこへ行っていたとしても、家に戻るということはとても嬉しいことです。この旅行は私たち二人にとって、大冒険だったのです。普段は小さな家で平穏に暮していますが、大きな世界を見るということは、と言っても世界のたった一部しか見てはいないのですが、それでも [続きを読む]
  • 雪の中を走る
  • バンフでの五泊の滞在の後、再びカルガリーへ戻りました。今度は一時間半のドライブだし、ナビゲーションの使い方もすっかりこなしていますのでらくらくです。ところが冷え込んで、雪が降ってきました。外の温度は摂氏1℃です。もう一度下がったら、全部凍ってしまうわけです。雪を久しぶりに見た感激よりも、窓の四隅に雪が積もってゆくのが不安でした。でも運よく町に近づく頃には、温度も2℃に上がり、無事にホテルに到着しま [続きを読む]
  • バッファロー・マウンテン・ロッジ
  • バッファロー・マウンテン・ロッジは、ヒドゥン・リッジ・ロッジのお隣と言ってもいいくらいのところにあります。そこへ移ったのは、週末はヒドゥン・リッジ・ロッジの料金が高くなるからです。“サウンドオブミュージック”のテーマを思わずくちずさみました。CRMR(Canadian Rocky Mountain Resorts)FAMILYが所有している三つのロッジがありますが、ひとつはエメラルド・レイク・ロッジ、二つ目がレイク・ルィーズにあるDeer [続きを読む]
  • バンフの街
  • バンフはアルプスの小さな町に観光客が溢れているという感じです。バンフ国立公園に滞在する人はチケットを買わなければならないのですが、町の真ん中のインフォメーション・センターで購入できます。それを滞在中は車の窓に貼っておかなければなりませんが、誰かが特に調べるわけではありません。街の近くの可愛い家フェアモント・バンフ・スプリングス・ホテルは、カナディアン・パシフィック鉄道に沿って建てられたホテルの一つ [続きを読む]
  • Hidden Ridge Lodge (ヒドゥン・リッジ・ロッジ)
  • Hidden Ridge Lodge (ヒドゥン・リッジ・ロッジ)はセルフコンテントの宿泊所です。スターダストは風邪がひどくなって、ここではほとんど寝ていました。なかなか治らないので、バンフの町の診療所へ行って、抗生物質を出してもらって飲んだあと、やっと良くなってきました。ここはキッチン、ダイニングと、ラウンジがあり、二階のラフトがベッドルームになっていて、ベランダにはスパもあります。部屋からの眺めもいいし、病気で [続きを読む]