ティンカーベル さん プロフィール

  •  
ティンカーベルさん: おとぎの国のガーデナー
ハンドル名ティンカーベル さん
ブログタイトルおとぎの国のガーデナー
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/fairylandgardener/
サイト紹介文英国在住ガーデナー。貴族のガーデンでの仕事、イギリス生活、ジャックラッセルのハニーのことを紹介。
自由文ガーデニングをはじめたきっかけ、そして、イギリスでガーデナーになるまでの過程や現在働くオックスフォードシャーにある貴族の7.5エーカーのガーデンでの仕事、イギリスのガーデニングライフとジャックラッセルのハニーのことをつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供191回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2014/01/17 07:04

ティンカーベル さんのブログ記事

  • 薔薇はやっぱり6月がピーク
  • イギリスの例年6月に咲くバラたちは、今年は異例の早さで5月の終わりから咲き始めました。ちょっとずつ咲き始め、その後気温が下がり、6月中旬に高温(27度前後)になるとワーッと一気に開花しました。6月18日撮影ラベンダーも同時にローズ `グルス アン アーヘン' は、高温で天気が良かったせいかいつものピンクより色が濃いようでした。トップテラスのリトルホワイトペットも遅れてはいけないと慌てて咲き出しました。中央の高 [続きを読む]
  • 6月のポタジェのハーベスト
  • 6月になり、ポタジェの種から育てた野菜の苗をほとんど植え終えて、きれいなポタジェができてきました。去年からのカボロ デ ネロとスプリングオニオンロケットとサラダリーフ今年もカリフラワーがこんなにきれいにできました。ターニップ(カブ)、コジェット(ズッキーニ)、そして、カリフラワー。カリフラワーは、オーナーやハウスキーパーさんからお褒めの言葉をいただきました。地元のフラワーショーに出品するといいとも言わ [続きを読む]
  • ポーセラーツの親子教室
  • イギリス南東部でも日本に負けず、なんと20日、火曜日は29度、21日、水曜日は31度と猛暑です。ほとんどの家では、エアコンがないので、ものすごい暑さだと思います。家は、大きな松の木が南側に4本もあるので夏は比較的ひんやりとしています。イースターホリデーに親子でポーセラーツをしました。私は、箸置きを作ってみました。ちょっとお正月っぽいですそして、花柄の花瓶を作りました。娘は、アクセサリー入れと小さな角皿を作り [続きを読む]
  • おとぎの国のスコットニーキャッスル♪
  • 昨日の記事↓の続きです。絵のように美しいスコットニーキャッスルブリッジをわたると14世紀のオールドキャッスルに到着しました。なんだかキャッスルと言うより、おとぎの国のお菓子の家のような感じです。手前のベッドには、ハーブが植えられていました。オールドキャッスルの一部だった壁には、白い藤が咲いていました。アーチをくぐると、反対側にもウィステリア(藤)藤のカーテンになっています。みごとなウィステリアです [続きを読む]
  • 絵のように美しいスコットニーキャッスル
  • ロンドンのグレンフェルタワーの大火災にはイギリス中が驚きを隠せません。なぜこのような大惨事が起きたのか、原因はまだはっきりわかっていません。5月末にビジットしたシシングハーストキャッスルガーデンから車で約20分のところにナショナルトラストのスコットニーキャッスル Scotoney Castle があります。10年以上前に行った事があり、また行ってみたいと思っていました。ロマンチックなガーデンだなあと思った記憶があ [続きを読む]
  • シシングハーストのホワイトガーデン
  • 5月の終りのシシングハーストのホワイトガーデンは、爽やかに白い花が咲いていました。アリウムは終わりかかって、オルラヤ、セントランサスが花盛りでした。残念ながら、ローズ ムリガニーは、まだまだでした。あれー、ホワイトガーデンなのにクリーム色発見!たぶん、これは、カリフォルニアポピーの'ホワイトリネン'だと思います。ホワイトと名前がついていても、黄色っぽいことはよくあります。トラデスカンティアのホワイト [続きを読む]
  • カラフルなシシングハースト
  • シシングハーストキャッスルガーデンと聞くと、ホワイトガーデンと真っ先に思う人が多いと思いますが、実は、とってもカラフルなガーデンなんです。タワーの下をくぐると、コートヤードへ。そこにはありとあらゆるパープルが!いやにパープルが多いと思ったら、実はパープルボーダーでした。時々、ピンクや赤が見られますが、どこを見ても、パープルばっかりです。真紅の薔薇、ローズ モエシーがここにも!ローズガーデンは、ホワ [続きを読む]
  • シシングハーストのクライミングローズ
  • 5月の終りにシシングハーストキャッスルガーデンに行ってきました。暖冬だったので、シシングハーストの薔薇は、いつもより2週間くらい早く、美しく咲いていました。とてもいいタイミングで訪問できました。2年前の6月20日のシシングハースト薔薇の様子キャッスル入り口脇左側のアプリコット色の薔薇は、'メグ’とても美しい色合いの華やかな薔薇です。とても気になった薔薇です。Rosa 'Meg'ローズ 'ポール トランソン'壁 [続きを読む]
  • パシュリーマナーのスカルプチャー
  • 5月の終りにイーストサセックスに行ってきました。元ガーデナーの友達が、パシュリーマナー Pashley Manor に行きたいとのこと。ガーデンと言うよりパークに近い感じなので、あまり興味がありませんでしたが、ちょうどスカルプチャートレイルを開催していたので、娘も飽きないだろうと思い行くことになりました。素敵な真紅の一重の薔薇にめぐり会いました。夫も、お友達も気にいっていました。Rosa moyesiiとても魅力的な薔薇で [続きを読む]
  • パーチヒルのポタジェは、ハーフムーン♪
  • パーチヒルのサラ・レーヴァンさんがレクチャーをしたり、トークをしたりする建物は、なだらかな丘の上にあり、斜面にハーフムーンの形にポタジェが造られています。斜面に作られたポタジェを見たのは初めてでした。トップはラベンダー、ボトムは、ユーフォルビアで常緑なので、冬でも緑があります。手前はアーティチョークサイドはローズマリーでこちらも1年中楽しめます。ダークパープルと黄緑は、とうが立ったレタス。右側はビ [続きを読む]
  • サラ・レイヴァンのカラーとストラクチャー
  • 昨日のパーチヒルのフラワーアレンジメントに続き、今日は、パーチヒルのサラ・レイヴァンのカラーとガーデンストラクチャー(サポート)を中心に書きたいと思います。サラ・レイヴァンさんご家族は、15年前にパーチヒルファームに引っ越し、コンクリートだらけのデイリーファームを壊し、ガーデンを造ったそうです。グラベル(砂利)の」小路をすすんでいくと、手作りの木の枝のフェンス。ジギタリス、ウォールフラワースイート [続きを読む]
  • パーチヒルファームのフラワーアレンジメント
  • サラ・レイヴァン(日本ではレーブンとかかれることも)さん Sarah Raven のイーストサセックスにあるパーチヒルファームEast Sussex  Perch Hill Farm に行ってきました。サラさんは、ガーデナー、料理家、作家で「カッティングガーデン」、「ワイルドフラワー」、「ガーデンクックブック」、「シシングハースト:ヴィタ サックヴィル−ウエストとガーデンの創造」 などを書いています。シシシングハーストキャッスルの元オー [続きを読む]
  • フェアリーガーデンのローズ
  • 週末は、イーストサセックスの方へ足を延ばしてきました。土曜日に2つのガーデン、日曜日にもう2つのガーデンを見ることができました。娘に文句を言われながらですが、付き合ってもらいました。写真の整理があるので、4つのガーデンは、後ほど。うちの庭のローズ ’ウォラトンオールドホール’ が週末でかけている間に咲きはじめていました。週末の気温は25度ぐらいの夏日だったので、出かける前とは、花の数が全然違いまし [続きを読む]
  • うちのオールドローズ
  • うちの庭の小さなローズガーデンの形が大分できてきました。オールドローズの花がどんどん咲いてきて、毎日見るのが楽しみです。ローズ 'バロン ジロー ド ラン'まるでフラメンコダンサーのドレスのようなフリフリでゴージャスです。こんなビロードのようなダークレッドの薔薇が大好きです。うちの庭には全部で5種類のダークレッドのバラがあります。フレンチオールドローズ'バロン ジロー ド ラン'薔薇とわすれなぐさが同 [続きを読む]
  • 5月末のイングリッシュガーデン模様
  • 5月末のガーデンの楽しみといったら、ラバーナムウォーク♪今年は、輝きがいつもより違いました。あまりに暖かかったので、早くに咲いてしまった部分があり、残念ながら、少し色あせた感じに見えました。雨が少なかったのと、暑さが早くやってきたせいもあると思います。もうちょっと、もうちょっとと最高の時を待っていたら、いつの間にか終わっていたようです。去年も少し残念だったので、2年前のラバーナムをご覧ください!↓ [続きを読む]
  • プランツの再利用で寄せ植え!
  • イギリス南東部の昨日は、夏のようで26度もありました。暑いとさすがにばてます。日本は、30度を超す気温のところもあるようですね。体調を崩さないようにお気をつけください。先日植えた約60個のテラコッタのポットのほかに小さなコートヤードのハンギングバスケットとバレルポットにも寄せ植えをしました。ポットの寄せ植えが終わってから、あまったプランツでつくります。こちらは、ポタジェのポット。テラコッタのポット [続きを読む]
  • チェルシーフラワーショーとアニュアルボーダー
  • 月曜日からチェルシーフラワーショーが始まりました。今年のRHSのウェブサイトでは、ショーガーデンを3Dで見ることができます。お時間があったら、見てみてください。RHS チェルシーフラワーショー20173Dは、残念ながら色が鮮明ではありません。写真の方がきれいに色が出ています。今年も日本勢が頑張っていますね。石原氏は、またもやゴールドメダル。一年ぶりの野田氏も、シルバーギルドメダル受賞です。おめでとうござい [続きを読む]
  • 薔薇が咲き始めました!
  • まだ一つ、二つと少しずつですが、うちの庭の薔薇がぽつぽつと咲き始めました。薔薇を探していたときに、選んだ薔薇のひとつがギリシャ神話の最高神ゼウスとエウリュノメの娘の(ゼウスは、15人くらいの女性と25人くらい子供をつくったようです!)三美神のうちの一人だったので、あわせて、ほかの二人もお迎えしました。本当は、3姉妹並べて植えたかったのですが、どれもランブラーで2つはガレージの両脇に、1つは家の窓と [続きを読む]
  • 夏の寄せ植え2017
  • 今年も、早々と5月12日に夏の寄せ植えをしました。毎年、レイディー・フィリモアとお友達がお手伝いに来てくださいます。夏になる前のイベントのひとつのようです。今回は、レイディー・フィリモアがお忙しくて、お友達が一人で植え込みをするというので、私もお手伝いしました。いつものようにウィッチフォードのバスケットポットにコンポスト、肥料、ウォタージェルを入れて、全て準備して置きました。数日前の夜の気温が7度 [続きを読む]
  • 菜の花畑に巨大な彫像!
  • 5月のイギリスは、あちらこちらにカウパセリの白い花が揺らぎ、ブルーベルのブルーや菜の花の黄色があちこちで見られ、爽やかで散歩がしたくなります。先週までずっといい天気だったので、(今日5月16日火曜日は、大雨でした)週末にハニーの散歩がてら、家族でフィガロに乗って30分くらいドライブしてから、チェキンドン Checkendon というカントリーサイドを散歩しました。ハニーは、車の移動もなれたもの。近距離のとき [続きを読む]
  • イギリスのブリックウォール
  • コピッドホールには、たくさんのブリックウォール(レンガの壁)があり、今、あちこちの壁が花盛りです。ポッティングシェッドのウォールに誘引されたクレマチス モンタナ 'エリザベス’霜にやられてだめになったりしながらも、復活して、今年はこんなにたくさんの花を咲かせました。4月20日に、もうこんなに花盛りで、1ヶ月くらいたった今も咲き続けています。4月20日撮影4月20日撮影レイディー・フィリモアは、クレ [続きを読む]
  • 5月のポタジェの収穫。冬越しした野菜が大活躍♪
  • イギリス南東部は、先週の初めに、予想以上に気温が2度まで下がって驚かされました。耐寒性のないスクアッシュ、コジェット、茄子、フレンチビーンズなどはまだコールドフレームで待機しています。暖かかったので、早く植えてしまった友人は、コジェットが霜でやられてしまったそうです。イギリスの天候は、どうなるか予想がつかないのでグッと我慢が必要です。もしくは、天気予報をこまめにチェックして、気温が下がる日に忘れず [続きを読む]
  • チューリップ 'アイスクリーム’
  • イギリス南東部では、遅咲きのチューリップをいまだに楽しんでいます。しばらく朝晩の気温が低かったので、まだ開ききっていないチューリップ 'アイスクリーム’もしかして、違うチューリップではないかと心配しましたが、濃いピンクとグリーンの蕾の中央からちゃんとソフトクリームの白い部分が出てきました。5月の初めのころの写真ですが、1週間たってもあまり変化がありません。長く楽しめるチューリップなのかもしれません [続きを読む]
  • 犬のハニー、カヌーに乗るの巻
  • 昨日の朝は、突然気温が2度まで下がり、 びっくりさせられました。天気予報では、最低気温7度でした。夏の寄せ植えを木曜日にするので、テラスのテラコッタポットにコンポストを入れて、プランツをのせていました。用心のため、寒さにある程度強いものだけ出して、後は、ポリトンネルで待機させていました。ポットのプランツは無事でしたが、遅咲きのピンクの藤の蕾がほとんどだめになっていました。イギリスの春は油断ができま [続きを読む]