心の病ココちゃん さん プロフィール

  •  
心の病ココちゃんさん: 自律神経失調症 休職から退職へ -心の病 対策 -
ハンドル名心の病ココちゃん さん
ブログタイトル自律神経失調症 休職から退職へ -心の病 対策 -
ブログURLhttp://top10rank.seesaa.net/
サイト紹介文自律神経失調症「きっと治るよ、辛い思いはもうしなくていいよ」がんばって発信していきます。
自由文ちょっとしたことでとても緊張する。
ドキドキと動悸が起こる。
おそってくる不安恐怖、様々ところにからだの変調が出てくる。
絶望感により休職、退職と…
僕は経験してきました。

同じように苦しみをもつ方々に、
「だいじょうぶ、きっと治るよ」「辛い思いはもうしなくていいよ」
って、このブログで綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/01/17 09:32

心の病ココちゃん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 病気に至るきっかけ 大切な人が亡くなる 自律神経がくるう 
  • 雲一つない空、澄み切った空、きれいなひこうき雲、2本、放射線状に広がっていました。青空とマッチして絵になります。見ていて気持ちいいです。♪…空に 憧れて 空を かけてゆくあの子の命は ひこうき雲♪メロディーが頭に浮かびました。荒井由美(松任谷由美)「ひこうき雲」彼女の高校時代の作品です。歌詞はとても悲しいのです。身近な人が天国へいってしまった。事故や病気で逝ったのではありません。自ら進んで逝ってしまっ [続きを読む]
  • 夜10時の幸福行き列車に乗ると幸せになる?
  • 夜10時の幸福行き列車に乗ると幸せになる?そんな列車があれば、絶対に乗りたいとみんな押し寄せてきそうですが、睡眠を列車に例えているのです。夜10時には眠りなさいそうすれば幸福になると…このように言ったのはアーユルヴェーダー(インドの伝承医学)の医師です。そして10時就寝、それを3日間続ける良いそうです。幸福感を得られない理由は、家族関係、夫婦関係、職場の人間関係が上手くいかないさまざまな困難に出会うなど [続きを読む]
  • 太古の暮らしが一番健康的?
  • 現代人の今過ごしているような生活って、人間が地球に生まれてからに比べると、あっという瞬間的なわずかな時間なのです。現代人と同じグループの新人類(現生人類とも言う)から数えると、新人類が登場したのが、20万年前くらいと考えられています。そうすると、20万年かけて今の現代人がある。文明を築いてきたのは、ほんのちょっと前の出来事なのです。圧倒的に、狩りをする、土に触る、自然の恵みをいただく等、自然とともに暮 [続きを読む]
  • 辛い時は苦あって当たり前 四苦八苦 楽もある
  • 苦あって当たり前 四苦八苦 楽もあるまわりを見ると幸せな人ばかりさて自分は…なんて嘆いている人は星の数ほどあるでしょうね。生き方と恋愛、人間関係の悩みYahoo 知恵袋なんて見ているとなんて様々な悩みを抱えて生きているのだろうと自分だけではないと気づかされます。苦しみ、悩みのない人は誰もいないでしょうね。笑顔で毎日過ごしている人も内実は人に言えないだけで、さまざまあると思われます。何とか今の悩みや苦しみ [続きを読む]
  • ため息は防衛反応、深呼吸は自律神経の安定につながる
  • ため息は防衛反応、深呼吸は自律神経の安定につながるため息をつくことがありますね。無意識にやっているのは、自分のからだを守るためなのです。ため息は言い換えれば深呼吸、つまりたくさん酸素を取り入れようとしているのですねそのようにからだが要求しているのです。ため息をつくときは、失敗したとき、仕事でミスしたとき、失恋、トラブルの後、負けたときいやなことがあったとき、ふがいない自分を嘆いているようなときなど [続きを読む]
  • 負の感情のストレス 怒りは病の源 より悪化させる
  • 負の感情のストレス 怒りは病の源 より悪化させるちょっとした怒りを覚えたとき、怒りの感情さえなければどんなに楽かと思います。怒りによって心の病を発症すると専門家も言っています。いわゆる負の感情によるストレスです。病気の直接の要因になったり、患っている病を悪化させることになるのです。怒りを抑えきれず、大声を出したりものに当たったり、エスカレートして相手に対して暴力を振い、犯罪者になることだってありま [続きを読む]
  • 自信 心とからだ
  • 自信というのは… 欠点ばかりの人はいない、むしろ長所が多いわたしも過去そうだったけれど、自分に対して自信がもてない人がいます。ひどいときには自己嫌悪になり、落ち込むということもありますね。自信というのはポジィティブになり、パワーを生み出してくれる、健康になりますね。生きる上でとても大事な要素だと思います。自信が生まれると、自分が好きになるのですね。自分が好きになるというのはナルシストで、あんまりよ [続きを読む]
  • 色彩と人間の関係 心の病を改善する色?
  • 色彩と人間の関係 心の病を改善する色?色彩と人間の関係を心理学的に解明するような色彩心理学というジャンルの学問が2003年に米国で誕生したということですが、研究者でなくても色は心理的に大いに影響を与えているというのはよくわかります。たとえば「赤」とても目立つ色です。信号機の止まれは赤、遠いところからでもわかります、新生児のことを日本語では「赤ちゃん」「赤ん坊」「赤子」などと呼びます。出生後に最初に認識 [続きを読む]
  • 楽しいこと 幸せだったことを思い出す
  • 楽しいこと 幸せだったことを思い出す楽しいこと、辛いこと今まで生きてきてどちらが多かったでしょうか。うつ病など心の病になると、辛いことばかり思い出す人が少なくありません。というのは、うつ病の症状の一つに"過去の楽しい体験を正しく思い出せなくなる"というケースが患者にあるとのことです。記憶に楽しいこともたくさんあるのに、と思ってしまいます。脳科学者の第一人者である利根川進教授らの研究グループは、"過去 [続きを読む]
  • ストレス軽減 癒しの力は文句無し ペットたちの効果
  • 犬に触れたとき、のストレス軽減 癒しの力は文句無し ペットたちの効果心の病には人それぞれです。原因は 人によって違いますし、治す方法も人それぞれかもしれません。あの人が治ったから、私も同じ方法で、やってみたけれど、いっこうによくならないなんて少なくありません。ネガティブな感情は覆いかぶさっているようにどんよりして、隙あらばそのいやなことが脳裏を過ぎります。「あっ!また考えている、消去消去消去…」原 [続きを読む]
  • 「孤食」食事での会話、楽しい うつを招く要注意 
  • 「孤食」食事での会話、楽しい うつを招く要注意 「孤食」なんていう言葉、昔はなかったように思います。だんだん普及してきました。孤食(こしょく)とは一人で食事をとるなのですが、「寂しい食事」というニュアンスが強いのです。高齢になり、子どもたちはみんな独立して、所帯をもち生活している、パートナーも亡くし、あるいは離婚し今一人食事をしているそんな人が増えているといいます。高齢化社会になればなるほど、当然 [続きを読む]
  • 友達はたくさんいらない、ひとりだけでいい…
  • 友達はたくさんいらない、ひとりだけでいい…動物は群れで過ごすものが多いですね。生存競争を勝ち抜いていくには群れることが大きなメリットとなります。草食動物など、群れることで子どもを安全なところにおき体の大きなオスが群れの周りを取り囲んで防御すると、中々ライオンなどの捕食動物も近づけないのです。敵が近づいてきたら、大きな声を挙げて群れの仲間に知らせることもできます。気づくのが遅いと捕食される危険があり [続きを読む]
  • 自律神経失調症を治すには○○できるからだをつくっていく
  • 自律神経失調症を治すには○○できるからだをつくっていく。自律神経失調症を改善していくためには、もちろん専門医の治療も必要なんですが、わたしは、しっかり睡眠をとるように生活を改善していきました。巷には様々な療法などがあります。たくさんありすぎて、どうしたらいいのか混乱してまいした。原因が心の問題だということを認識していました。いろいろ不安感から夜が眠れない眠ってもすくに起きてしまう。なかなか質のよい [続きを読む]
  • 調子が悪いときの一つの方法 頭をからっぽにさせる 無になれば…
  • 調子が悪いときの一つの方法頭をからっぽにさせる 無になればよい…ちょっとしんどいときは何もやる気はしなくなるものです。頭がボーっとして気だるい、何もかもしたくないといった心境です。調子の悪いときは動かないでじっとしておく、それもいいのですが、よけいに悪くなったという経験はありませんか。それは、何もしたくない、やる気が出ない、そのときって脳は空っぽ、何も考えていないというのではなく、案外よけいな事を [続きを読む]
  • あえて悲しい曲を聴く たくさんの涙を流す 妙薬
  • あえて悲しい曲を聴く たくさんの涙を流す 妙薬音楽を聴くとリラックス効果が得られるのは実証されています。自律神経のバランスを整えるセラピーのCDもたくさん出ています。「自律神経失調症」は原因がわからないことが少なくありません。不定愁訴が繰り返し起こります。個人差がありますが、動悸めまい、頭痛、肩こりをはじめ、コリがあちこちに出ます。気だるさ、憂鬱、イライラなど様々です。音楽はきらいという人はあまりお [続きを読む]
  • 過去の記事 …