ダイネムター さん プロフィール

  •  
ダイネムターさん: がんばってんジィ!
ハンドル名ダイネムター さん
ブログタイトルがんばってんジィ!
ブログURLhttp://homuchon15.blog.fc2.com/
サイト紹介文ドイツと日本の教育の違いや、お子さんをドイツ内外のドイツ学校に通わせている方々へのお役立ち情報を掲載
自由文おすすめの本やサイトの紹介等もしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2014/01/17 17:26

ダイネムター さんのブログ記事

  • ドイツのTVドラマが面白い!
  • ホーム・アローンはドイツでもヒットしたが、ドイツでのタイトルはKevin allein zu Haus (ケビンが家で一人ぼっち)。さて昨日金曜日にドイツの第一放送局であるARDで始まった3週連続のドラマのタイトルが、先のタイトルをもじって、Eltern allein zu Haus(親だけの家)。普段はニュース以外、ほとんどテレビを見ないのだが、たまたま目を通した新聞に大きくこのドラマのことが取り上げられていたため、珍しく家族に3週連 [続きを読む]
  • 政治家の陰謀?
  • 先週の木曜日長男は高校生活最後の校内試験を受けた。朝の8時開始で終了は11時半、3時間半にも及ぶ地理の試験だ。内容は最後の2年間の学習内容中、今年度のアビトゥアのテーマから2つが出題され、その内の1つを選択解答するというものであるらしい。今までは同じ位の問題量であるにも係わらず、試験時間が2時間半ほどであったため、問題をこなすのが大変だったが、今回は最初に問題を比較選択する時間が必要なものの、3時 [続きを読む]
  • ドイツの熱血教師
  • 長男のアビトゥアの最終筆記試験第一日目まで、残り52日となった。子供達が通うギムナジウムでは、後期一回目の試験期間に入っており、アビトゥア受験資格期にある11年生の次男と12年生の長男は、今週ライストゥング(能力)コースである2教科の試験を受けた。次男は将来生(物)化学に進学希望のため生物と数学の試験を、化学技師を目指す長男は数学と化学の試験をそれぞれ受けた。長男の試験に至っては、アビトゥアの模擬試験を [続きを読む]
  • ドイツの図書館に行こう
  • 日本の学校には割りと普通に図書室というものが存在する。ドイツの学校はといえば、小学校は大概の州が4年生までということもあってか、図書室が無い学校もある。確かにドイツの小学1年生は、入学して半年ほど経って、漸く大文字と小文字で書かれた本が読めるという具合であるため、高々3年半で、しかも午後の授業がない、従って昼休みも無い学校に図書室がないのは仕方がないのかもしれない。その証拠というわけではないが、子供 [続きを読む]
  • 専門大学への近道
  • ドイツ国外に住むママ友の日独家庭の子供が現在、その国のドイツ学園の10年生に通っている。実科学校課程に在籍しているため、イースター休暇までに夏からの進路を決定しなければならず、悩んでいる。と言っても、悩んでいるのは当の本人ではなく、友人であるママ友の方である。この国のドイツ学園に、この夏から日本のドイツ学園のように、Fachoberschule(専門上級学校)というものが設立予定であるため、そこに進ませるか、ギム [続きを読む]
  • アビトゥアを取る意義
  • 私のドイツ人伴侶は化学技師だが、時々勤務先の部署の採用のための面接に立ち会うことがある。最近、面接にやってきたドイツ青年の話をしてくれたのだが、この青年の経歴がいやはや何ともである。一応ギムナジウムを卒業しているのだが、卒業後すぐに地元の専門大学に進んだものの、9期4年半経っても学士も取ることができず(通常は3年程度)、中退した後、3年間の化学研究室職員という職業訓練を修了している。現在既に27歳だとい [続きを読む]
  • 初体験 − 親が知っておきたいこと
  • 土曜の朝、15歳の次男は意気揚々と一年越しの彼女と、その両親の車に乗り、週末を過ごすためにアムステルダムに出かけた。この週末旅行の話が出たのは、木曜日の夜である。いつものように、彼女の家に出かけて帰宅時間に遅れて帰ってきた次男が、唐突に週末のアムステルダム行きを打診してきた。土曜日の朝から日曜の夜にかけて、彼女の両親と共に、泊りがけでアムステルダムに行くのだという。念のために、彼女の父親と男同士、彼 [続きを読む]
  • カフェ・パウゼ 39 (成績表チェック事項)
  •   カフェ・パウゼ 39 (成績表チェック事項)読者の方からのコメントで思い出したのですが、3年前、このブログを立ち上げ、毎日記事を書いていた頃、『成績表をもらったら』という、前期成績表配布の季節に相応しい記事を、この時期に公開していたことに気づきました。気になる方は、一度この過去記事を読んでみてください。本日はこのブログにお越し頂き有難うございました。ランキングは励みになりますので、もしよければ下の [続きを読む]
  • 専門大学VS総合大学
  • 先回の卒業後の就職に関する記事と多少なりとも重複するとは思われるが、アビ受験生がいる我が家では入学先がトップテーマであるため、お付き合い願いたい。ドイツは16年ほど前に、欧州教育会議で学士と修士を明確に区切るボローニャ改革を受け入れ、従来修士卒が前提であった総合大学も、専門大学や欧州諸国の大学からの学生の受け入れをするようになった。また大卒者増加を狙う政府の意図もあり、確実に大学進学者数も増え、近 [続きを読む]
  • 就職で理系が有利なのはドイツも同じ
  • 昨年日本でヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主人公森山みくりは、心理学専攻の院卒だが、就職先が見つからず、派遣会社に登録し勤務したものの、切られてしまう。これは何も日本だけに限らず、ドイツでも状況は似たり寄ったりだ。今週と来週、NRW州では大学週間で、州のあちこちの大学で、将来進学を希望する生徒のために、講義見学、進学相談会、説明会などを催している。私も大学入学資格試験の成績の3分の1を [続きを読む]
  • TIMSS国際数学・理科教育調査2015
  • まず有名なPISA国際学習到達度調査との違いについて説明すると、TIMSSが小学4年生と中学2年生(上級学校8年生)を対象とする学習内容習熟度テストであるのに対し、PISAは義務教育の終了段階にある15歳の生徒を対象に学校で習った知識や技能の活用能力を見るテストである。次に結果を見ると、下記のようになる。15年前のPISAショック以来、学力が低い生徒、移民の背景を持つ生徒、学習環境にない生徒などに重点を注いできたド [続きを読む]
  • 日本とドイツの大学入学(資格)試験問題
  • 長男のギムナジウムの地理基礎コースの男性教師は、職業軍人などの経歴を経て、教師になった人物だが、鼻から日本の試験問題を馬鹿にしている。日本の問題は暗記物が中心で簡単だと主張しているのである。確かにギムナジウムの地理の基礎コースの試験は、暗記で解ける問題はなく、提示された10ほどの資料を基に論述する問題であり、3つのテーマの1つを30分以内に選択し、それを3時間掛けて解くことになる。具体的な一例を挙げると [続きを読む]
  • 年始
  • 迎春 2017            明けましておめでとうございます。            本年もよろしくお願いいたします。いよいよ長男のアビトゥア受験の年となりました。干支である酉のように自分の道へと羽ばたいていって欲しいです。ランキングは励みになりますので、もしよければ下のドイツ情報のバナーを してくださると嬉しいです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • カフェ・パウゼ 番外編 (18年前・・・)
  •   カフェ・パウゼ 番外編 (18年前・・・)正確に言えば、その前日である午後10時45分に、それはやって来た。この時に備えて、夜光塗料の塗ってある腕時計を既に一ヶ月ほど前から夜間でも外していなかった。確かに時間がかかるとは知っていたが、まさか一日仕事になるとは思いもしなかった。漸く事を終えて、発泡酒を一口、口に含んだのは既にその日の午後8時を過ぎていた。そう、18年と数時間前、初産の陣痛が始まった [続きを読む]
  • ギムナジウムってこんな所(8年間を振り返って)
  • 早いもので今年も残すところ、あと一週間余り。ここNRW州の学校も昨日の木曜日が授業の最後で、冬休みに入った。ギムナジウムの最終学年にいる12年生は、2月の初めに前期終了となる他の学年と異なり、これをもって前期が終了する。彼らが学校に通うのもあと残すところ3ヶ月ほどである。イースター休暇の始まる一週間前はアビ週間と呼ばれ、学校には登校するものの、職員室や他の学年の教室に雪崩れ込んだりの無礼講である。そして [続きを読む]
  • ドイツの補習塾の実態
  • ドイツで補習塾といえば、長年、中間成績や前期の成績で4や5(注 ドイツでは1が最高)がついた生徒が行く所だったが、近年では補習塾に通う生徒の3分の1は成績向上が目的である。小学校で塾に通ったり、家庭教師をつける生徒は僅か5%に過ぎないが、ギムナジウムともなると、5人に1人がそれに該当するという。気になる塾や家庭教師の効果については、ドイツでもいくつかの調査研究がなされているが、成果は明らかではなく、非 [続きを読む]
  • 努力するのが馬鹿らしくなるドイツ
  • 怒髪天を突くというのが私の現在の状況だ。(その1)生活保護受給者がパートなどに出ると、その分、受給額から引かれてしまうため、極力働けないように努力している受給者がいる。生活保護受給者の子供にドイツの第一ブランドのランドセル購入費支給許可がおりた判決がある。(その2)離婚の場合、基本的には子供と普段生活していない元配偶者が子供と生活している元配偶者に対して、養育費を支払うことが義務付けられているのだ [続きを読む]
  • ドイツブランドは信用できるか?
  • 私は時間があると、書店にいき、様々な本を見るのが趣味の一つであったのだが、昨年の春頃にNRW州の首都デュッセルドルフの街中にあった大型の書店が倒産閉店してからというものの、その楽しみがなくなってしまった。この書店は教科書や参考書のコーナーも充実しており、欲しい本はほとんど在庫としてあった。最後に私がその書店に足を運んだ際、書棚で見つけたのが、DudenのLernattackという問題集で、所見したのは確か英語か何か [続きを読む]
  • ちょっと待った、ギムナジウム進学!
  • ギムナジウムから他の形態の学校に転校するのは、人気の総合学校は勿論のこと、実科学校も空きがなければ転校できず、空き待ちとなり、二回目の進級に失敗し、退学を余儀なくされた場合、受け皿となる主幹学校に転校せざるを得なくなる。また実際にそうなったケースを教育雑誌でも読んだことがある。ここまでは周知の事実といったところだが、最近、更なる事実を知った。ギムナジウムの中等部の最終学年である9年生で二回目の進級 [続きを読む]
  • 『バイリンガルになれても』という悲痛なタイトル
  • 最近、ドイツで生まれ、ドイツの大学まで卒業したという日本人女性のブログの記事を幾つか読んだ。読んだ中で特に心に残ったのが『バイリンガルになれても、何者にもなれなかった』というタイトルの記事で、「言語はオプショナルツールでしかありません。(・・・)要するに本質的ではないのです。」というくだりだった。彼女は現在、通訳・翻訳家という自由職に就いているが、求職の際、大手企業には相手にもされなかったと書き綴 [続きを読む]
  • ドイツの高校、大学は得か?
  • 公立高校一年目の学費45万円、国立大学一年目の学費80万円以上。奨学金なしには大学にいけない世帯が半数を超えた日本。15年後には年間100万になるという学費を憂えて、国外脱出する家族さえ出てきているという話もきく。確かに今の所、ドイツではギムナジウム等の高等部の学費は無料、大学も初志貫徹で年数制限をクリアーすれば、基本的に無料である。自宅に一番近い高等部のある学校が規定距離以上である場合は、定期券 [続きを読む]
  • アウトレット商品には要注意!
  • 長男のアルマーニのTシャツにアイロン掛けするのには閉口する。洗濯をする度に、袖口の三つ折の箇所にとんでもない皺が寄るのである。 神経質な長男がオランダのルールモントにあるアウトレットでこのTシャツを購入した際は、恐らくそれなりに真っ直ぐしていたとは思えるのだが。これにアイロンを掛ける度、たかが一枚のTシャツに不当な値段をかけておきながら、品質はこの程度かと溜息がでるのであった。昨晩、たまたまつけたテレ [続きを読む]
  • 進学のためにアビを取るなら2,0でも問題有?
  • 近年、アビトゥアの成績の平均が上昇していることは既に何度もブログに書いた。それに伴い、大学の学部学科の足切点も上昇するわけで、どこぞの心理学科などは0,8という話であり、アビが1,0でも希望する医学部に入学できなかったという生徒まで出てくる始末である。一般的に足切があるので知られている学部は、医学部、歯学部、獣医学部、薬学部などであるが、心理学部、経営学部などにも、足切りは存在する。ドイツでは大学に進 [続きを読む]
  • 日中韓、ドイツにおける上級学校の選択
  • 秋休みも終わり、久しぶりにNRW州学校庁の統計に目を通した。かなり前に同統計についてブログを書いた際、日本人子弟は韓国と比較すると、ギムナジウムに就学している生徒が少ないことが印象に残った。これは資料として使った学年度がたまたまそうであったのか、或いはそういう傾向があるのか。今回は一年のみでなく、2005/06年度から2015/16年度という長期間で、これについて調べてみることにした。中国に関しては2006/07年度 [続きを読む]
  • 物別れに終わった円卓会議
  • ギムナジウムの将来に向け、学校運営者、教職員、生徒、保護者の各代表者、経済界代表者、労働組合代表、各政党の担当者を招いての円卓会議が学校庁長官レールマン女史主催で今週火曜日に行われた。9年制への復帰、各学校の選択或いは学校内での各生徒の選択。意見がまとまらないままに終了したため、先行きの見通しはたっていない。しかしながら次の二項目では意見が一致したという。一つ目は来年5月の州選挙前に新たに円卓会議が [続きを読む]