メイン さん プロフィール

  •  
メインさん: Hakusan Creation
ハンドル名メイン さん
ブログタイトルHakusan Creation
ブログURLhttp://www.hakusancreation.com/?lang=ja
サイト紹介文ニューイングランドの自然や田舎暮しからのEdible Garden、日本の思い出など、美しい画像でお届けします。
自由文アメリカのバケーションランドとよばれる北米のメイン州の壮大な自然や、野草を生かした食べられる庭(Edible Garden)、田舎生活でみつけた小さなものたちまで、美しいなあ〜と感じたものをそのままに。バイリンガルサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供130回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2014/01/18 00:08

メイン さんのブログ記事

  • Swamp ~ 沼地
  • 家の横に、大きな自然保護地区がある。ほとんどは森だし、シダも生えてはいるものの、メイン州とはまるでちがう。この森の林床は、水の中。空気も生臭い。どこかで、ウシガエルのような声もする……ワニだな。こっちを、隠れて見ているな。 [続きを読む]
  • Tokyo Art Book Fair 10月5 ~ 8日
  • 10月5日から、Tokyo Art Book Fair 2017 が始まります。インディペンド・パブリシャーの部門に初参加するのですが、オフィシャルサイトで参加メンバーを見てみると、芸術大学やグラフィックデザイナー、写真家、北米やアジアの出版社などいろいろで、とても楽しみ。ビジュアル系の本が好きな人、紙が好きな人は、ぜひご来場ください。場所は、天王洲アイル。詳しくは、こちらのオフィシャルサイトで。 [続きを読む]
  • After Irma 〜 イルマのあと
  • ハリケーンの目がここを抜けた午前2時半頃に寝て、朝8時に起きて外を見てみれば、木の姿がちょっとちがう。ハリケーン前には、こんな姿をしていた。 フロリダ中央部へのイルマの影響は、カテゴリー2だったので思ったよりも少なく、とくにまわりでは数本の木が倒れた程度ですんだ。でも、これには理由がある。 住んでいる地域には、 雨水を貯める人工池がふたつあり、その池の水がさらに大きな湖に流れるように水路も作られている [続きを読む]
  • Irma Passing 〜 イルマが通る
  • このあたりは電線が地下を通っているために停電がなかったので、テレビやネットでずっとハリケーンの動きを見ていることができたのだが、夕方の7時から強風となり、真夜中の2時前後の1時間ぐらいは、瞬間最大風速が秒速で38mに達した。数十秒ごとに吹いては弱まり、吹いては弱まり、まるでレーダー上のハリケーンの目やその周りをぐるぐるまわる風のバンドの動きを、音で感じているかのようだった。実に長かった。 フロリダ中央 [続きを読む]
  • Settling in for the Night ~ ハリケーンを待つ夜 その2
  • この地域では、今夜から明日の月曜日の2時がピークらしい。懐中電灯をそばに、寝ることになる。水は一人当たり一日4リットルを準備するように言われたが、先週の火曜日の段階で売り切れで、手にいれることは難しかった。それで、持っていた食品用に作られたバケツ(20リットル)の6個に、フィルターをとおした水を入れた。 暴風がはじまると、犬も外にトイレにいけなくなる。人の勧めで、雑草がはえたままの土を空き地から引 [続きを読む]
  • Waiting for Irma〜 ハリケーンを待つ夜 その1
  • もうすぐ私たちの住む中央フロリダも、ハリケーンによる暴風域に入る。カテゴリー4とも5とも予想されていたイルマは、幸いにも西海岸に上陸するとカテゴリー2に落ちた。 先週には、家の上を風速200メートルを超えるハリケーンが通過すると予想されていたが、先日、急に西側にそれ、今日は勢力を落としてくれた。突然のコース変更に、油断していた西海岸の人たちは、あわてて車に乗り込んで北へ向かった。数多くの豪華客船も [続きを読む]
  • Night Driving, Part 3 ~ ナイトドライブ 3
  • いつ落ちてくるかわからない稲妻を撮ろうと、シャッターを開けっ放しにしておくと、画像に写ってくるのは稲妻だけではない。閃光が走るたび、まわりの景色(林や牧草地)も、いっしょに撮影される。画像の下の赤い光は、追い抜いていった車のライト。フロントガラスに映っていた自分に車のダッシュボードも、写っている。 [続きを読む]
  • Florida’s Sandhill Cranes ~ フロリダのカナダヅル
  • カナダヅルの多くは、夏には北へ渡り、冬になるとフロリダへもどってくるのだが、フロリダの中央部には渡りをしないツルたちがいる。体は大きく、寿命は30年を超える。つがいになれば、一生いっしょにいる。住宅街を歩く堂々たる様をみれば、人間には慣れていて、危害を加えないように見える。が、そこは野生動物。身に危険を感じれば、攻撃に出てくる。あのくちばしに突っつかれたら、どうなることか……。 [続きを読む]
  • Discovering New Places  〜 新しい場所の発見
  • 引越をして新居に落ち着くまでには、時間がかかるもの。段ボール箱にうんざりしてきたので、気分転換がてら、メルボーンとココアの間にある海岸へ出かけてみた。雷雨がときおり降る日だったので、もったいないぐらい人の姿はなかった。サンシャインステイト(日光の州)と呼ばれるフロリダだが、雲がものすごい力を持って空を移動するのがおもしろい。 [続きを読む]
  • Eclipse 2017 〜 皆既日食 2017
  • フロリダでは、2017年8月21日の今日、皆既日食が見えた。特別なメガネをかければ日食を見ることができるので、メガネの値段はどんどん上がり、品薄になっていった。 でも、実は下を見ても、日食を見ることができる。 重なり合った木の葉や枝が、路上に落とす影の間にできる小さな明るいギャップは、通常は、月などに隠れていない丸い太陽の形をしているのだが、日食の日には、月によって隠れた三日月型となるのだ。 街路樹の下に立 [続きを読む]
  • Tokyo Art Book Fair 2017
  • 10月5日〜8日に天王洲アイルで開催されるTokyo Art Book Fair (東京アートブックフェア)に参加します。Hakusan Creationの本を展示販売しますので、お近くの方はぜひご来場ください。アジア最大のアートブックフェアで、国際色、若さ、独創性にあふれるアートブックのお祭りです。 [続きを読む]
  • A Farewell to Maine ~ さようなら メイン州
  • ありがとう メイン州 アメリカの北東端のメイン州に住んで10年、私と妻は、たくさんの冒険をしてきました。その多くは、このブログで紹介してきた通りです。そして、Hakusan creation と私たちの冒険は、これからもまだまだ続きます。新しい場所へと移動し、新しいプロジェクトを始めます。どうぞまたこのサイトを訪れて、何をどこでしているか見てくださいね。お楽しみに。See you soon! [続きを読む]
  • Witness ~ 目撃者
  • 夏になると、よく横になって移り変わる空を見つめる。柔らかい草の香りが漂ってきて、何とも言えない気分になる。通り過ぎる人から見れば、全く何もしていないように見えるかもしれないけれど、永遠なる今に起きている世界の変化を目撃しているんな。 [続きを読む]
  • Pioneers 〜いざ、野原へ!
  • 8年前ぐらいにこの家に引越す前まで、野原の野草は、つねに牧草として刈り取られていた。私たちは、それを止めてほっておいた。野原が、自然に変わっていく様子を観察したかったからだ。 まず野生のブラックベリーが、土から湧いてくるかのごとく広がった。森のほうは、開拓者として、カバの木を送りこんできた。写真は、近赤外で撮ったカバの木。 自然農法で有名な福岡正信氏に1990年代にお会いした時、「人間が何もしなければ、 [続きを読む]