幻想芸術集団 Les Miroirs さん プロフィール

  •  
幻想芸術集団 Les Miroirsさん: Les Miroirs〜耽美なる制作日誌〜
ハンドル名幻想芸術集団 Les Miroirs さん
ブログタイトルLes Miroirs〜耽美なる制作日誌〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/les-miroirs/
サイト紹介文都内で活動中の劇団・Les Miroirs…座付執事による優雅で耽美な日々の記録。
自由文《幻想芸術集団 Les Miroirs (レ・ミロワール)》
2006年、前身劇団より旗揚げ。
ロマンティックで耽美的な中にも僅かな毒を含む独特な世界観と、ヴィジュアルへの徹底した美意識を持つ。様式美、詩的な台詞回し、映像やダンサーを用いた演出、アトリエ公演など、小劇場演劇の枠に嵌らない活動を展開し続ける芸術集団。

http://les-miroirs.jp
メンバー:a-m.Lully・朝霞ルイ・乃々雅ゆう・夢月姫
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/01/19 11:05

幻想芸術集団 Les Miroirs さんのブログ記事

  • サロン開催予定◇3月〜6月
  • サロンイベント“cafe&bar MIROIR”2017年前半の開催予定を一挙に公開っv(・灬・)v毎月、過去作品の映像上映×様々な企画、キャスト手作りのオリジナルカクテルや美味しいドルチェをご用意して自由が丘でお待ちしておりますよん♪舞台公演とは一味違う、Les Miroirsの世界・キャスト達の魅力を身近に感じられるサロン…是非体験してみて下さいませ+。【3月の開催】3/26(日) 15:00〜22:00映像上映 「震える砂塵 -Noctur [続きを読む]
  • サロン用稽古◇朝霞ルイ
  • 朝霞ルイです。今週末に迫りましたサロンイベントの稽古を、本日は歌姫・祐妃美也さんと一緒に。久し振りに持ったこのダブルバレル銃。重い…サロン当日は、この銃や「震える砂塵」劇中で主人公が愛用していたナポレオンの刻印が格好良いマスケット銃を実際に持ってお写真の撮れるサービスもありますよ。ミリタリー好きでなくとも、あれを見たらときめいちゃうのではないかな?レプリカですが重量はリアルなので、お取り扱いには [続きを読む]
  • フライヤー撮影♪
  • 6月公演・耽美童話の会、フライヤー用のお写真を撮影して参りましたゾv(・灬・)v「荊の肖像」「櫟の館」2本立て公演といふコトで、対照的な印象の2パターンを撮ってみました。どちらもミステリアスで素敵ですよん♪耽美童話の会、冠名にぴったりの美しさで御座居ますっ完成が楽しみですなぁ〜6月公演は、キャスト応募もまだまだ受け付け中です!(最終締切4/8)ロマンティックで妖しい、Les Miroirs流吸血鬼譚「荊の肖像」に出演で [続きを読む]
  • 6月公演キャスト募集(追加オーディション情報)
  • 6月公演「荊の肖像」キャスト応募、まだまだ受け付けております。 ++荊の肖像++吸血鬼文学の金字塔と謳われる、レ・ファニュ作「カーミラ」に着想した短編芝居を、フルートの生演奏と共にお送りします。原作の持つ耽美的な雰囲気はそのままに、詩的な台詞回しと情景描写を繊細に紡ぐ会話劇。別の短編作品「櫟の館」との2本立て公演として上演致します。→公演詳細記事+公演日程・会場+2017年6月8日〜11日 (全 [続きを読む]
  • 個人稽古◇朝霞ルイ
  • 朝霞ルイです。今月末のサロンで上演する「LILI MARLEEN」の為の自主練を、会場の自由が丘Mumさんで少しだけ。先週、脚本らしきものが手元にきたのですが…「震える砂塵」舞台上演時の台詞そこそこ。しかもほぼ違う役の台詞ばかりで、軽い恐怖に“震える朝霞”です。大半書き下ろし状態の、云わばスピンオフ的な?出し物です。26日まで気合いを入れて覚えなければ…しかし、わたしがLes Miroirs作品のなかで最もお気に入りかもし [続きを読む]
  • 3/26サロン企画
  • 3月のcafe&bar MIROIRは、Les Miroirs 作品のなかで異色の存在感を放つ「震える砂塵」特集♪喇叭の音と逆巻く砂が、異世界へと誘います… 素敵なゲスト・歌手ラレ役でご出演頂いた祐妃美也サマをお迎えしてのちょっとした企画や、劇中に登場したアノ小道具を持っての撮影サービスなど盛りだくさん!これは見逃せない〜でしょう??3/26(日) 15:00〜22:00@自由が丘Mum →《駅からの道順》◆上演◆“LILIE MARLENE (リリー・マル [続きを読む]
  • 外部出演◆乃々雅ゆう「イト2017」
  • 劇団員・乃々雅ゆうの外部出演情報です。第4回 うつのみや春の演劇フェスティバル 参加作品舞台芸術創造機関SAI「イト2017」2014年上演版をもとに、栃木にて新たな「イト」が誕生。 2038年1月19日3時14分7秒・・・「世界が静止する日」“記憶の海”との融合により世界中の電気通信機器の機能が停止し人々の生活は激変を余儀なくされた・・・はずの世界。朝の目覚め少年ヒカル高校三年生彼が見た景色はこれまで自分の知って [続きを読む]
  • 2月サロン終了しました♪
  • 2月のサロン企画、終了致しました。ご来場ありがとうございますm(・灬・)m今回は短編劇上演ということで、キャスト達も当時のお衣装のままサロンに立たせて頂きました♪「parnassius」短い演目ではありましたが、あのカウンター内の至近距離で繰り広げられる儚く美しい物語は、舞台でご覧頂くお芝居以上に密度の濃い時間をお客様へお届け出来たのではないでしょうか?cafe&bar MIROIRでは、今後も過去作品に準えた様々な企画をお [続きを読む]
  • 終夜灯 ありがとうございました。◇乃々雅ゆう
  • 2/20 at 兎亭様で行った、夜の住人企画「終夜灯」。ご来場いただきましたお客様有難う御座いました。平日の夜でしたが、皆さん遊びに下さいまして本当に嬉しかったです。私がずっと思っていた事を形にして、一つの物語としてお見せ出来たこととお伝えできたことで、あの作品はようやく昇華したかなと思っております。ギリギリのタイミングでトラブルなども多々在りましたが、楽しく終えることが出来ました。私の中の終夜灯は、 [続きを読む]
  • 蝶が誘うpoicheの世界〜アポロンの蝶
  • サロン開催まであと3日♪座長からほんとに2つ目のコラム(?)が届きましたo(・灬・)oこれを読んで、2/26のサロン企画を更に楽しんじゃいませうっ+++++今回改訂上演します短編劇、そのタイトルにもなっている“parnassius”について。パルナシウスは蝶の名前(学名)、正式にはParnassius apollo。和名では、アポロウスバシロチョウと云います。「poiche」をご覧になった方は見覚えがあるのでは?そう…“ほら、捕まえたよプシュ [続きを読む]
  • 絵画で見るpoiche〜アモルとプシュケ
  • 遂に今週末、2/26に迫りました【cafe bar MIROIR】2月の陣(?)当日の演目について、有名な絵画を紹介しつつ、脚本担当(座長)が語ってくださいましたよんo(・灬・)o+++++週末のサロンで上映します「poiche(ポワシェ) -純白い睡り-」、そして久々に上演しますその序章的短編劇「parnassius(パルナシウス)」。そのモティーフとして度々登場する、「アモルとプシュケ」。劇中の台詞にもあるように“愛と疑念が共に在ることは不可 [続きを読む]
  • サロン用フライヤー出来ました
  • サロン企画cafe&bar MIROIRのフライヤーが届きましたぞっo(・灬・)oシックでオッシャレ〜♪会場の雰囲気にもぴったりで御座居ます。週末から、色々な場所で配布・設置させて頂く予定です。お見掛けになりましたら、是非お持ちくださいませm(・灬・)mLes Miroirsの世界を身近に感じて頂けるサロン企画、もっと沢山の方々に知って頂きたーいっ!ち、な、み、に、、今月のサロンは26日で御座いますよ*皆様、ご予定あけてくださって [続きを読む]
  • フライヤー作成◇朝霞ルイ
  • 朝霞ルイです。先日、池上会館で撮影して頂いた写真を元に、バロックダンス愛好会のフライヤーを作成しました。既に愛好会のblogでアップされていますが、こちらが表面。メヌエットの舞踏譜に描いてあるこのイラストを真似てみた。もう随分前になるが、初めて見た舞踏譜がやはりこれだったので、バロックダンスといえばこの絵のイメージ。わたしが裁縫間に合っていれば後ろ姿も上着のラインももっと美しくだせたのだけど…れいさ [続きを読む]
  • 2/26サロン企画
  • 2月のcafe&bar MIROIRは…冬にちなんでポワシェ祭り♪詩人の魂を運ぶ蝶・プシュケが自由が丘に降臨しちゃいますゾo(・灬・)o公演をご覧になった方もそうでない方もお楽しみ頂ける企画をご用意しております〜2/26(日) 15:00〜22:00@自由が丘Mum→《駅からの道順》【短編劇上演】「parnassius 改訂版」15:30頃〜・18:00頃〜上演時間20分程出演:朝霞ルイ/乃々雅ゆう「poiche -純白い睡り-」プレ公演として上演された短編劇。改訂 [続きを読む]
  • 1月サロン終了しました
  • cafe&bar MIROIR、第一回目が無事に終了致しました♪1月は直前の告知になってしまったにも関わらず、たくさんのお客様にお越し頂きまして感謝感謝で御座居ますよぅm(・灬・)m1月のメニュー、苺と紅茶プリンのタルトはお客様に大好評!甘さ控えめ、お茶にもお酒にも相性◎なタルトと…けっきょく薔薇じゃ!お皿に薔薇のイラストが描いてありますよん。お洒落〜ルイ様、チョコソースを駆使してさらっとこれを描いちゃいます。10年 [続きを読む]
  • 舞踏会の宣伝写真♪
  • 4月に開催するバロックダンス愛好会の舞踏会イベント《Bal Masqué (バル・マスケ)》の宣伝用にお写真を撮って参りました♪バル・マスケとは、仮面舞踏会という意味で御座居ます(・灬・)と、いふコトで…朝霞ルイ様・乃々雅ゆう様ともに、仮面を着けての撮影です☆ゆう様のお召しのドレスは、昨年雑誌ゴシック&ロリータバイブルにも掲載された神剣れい様お手製のもの。ルイ様のお衣装は、、ご本人突貫仕上げ(製作期間2日)。舞台 [続きを読む]
  • サロン、とは?
  • カンパニュラで御座居ますo(・灬・)o地下作業にて引き隠りの間に、団員の方々がblogを更新してくださっている…執事感激*さてさて〜今月29日より始まります【cafe&bar MIROIR】、色々とご質問を頂くようなのでご説明致しますね。こちら、サロンと呼んでおりますが名前にもあるようにカフェ&バーで御座居ます☆ふらっとお茶を飲みにいらして頂くような感覚で気軽にお越しください。15:00〜22:00の間は勿論、お好きな時間にいら [続きを読む]
  • あのコーヒー◇朝霞ルイ
  • 朝霞ルイです。先日、劇場の近くのドイツの雑貨を扱うお店へ行って参りました。今年11月に再演します「アルラウネの滴り」の為に、ある小道具を入手するべく…結局店頭には無かったのだが、店主さんが非常に気さくな良い方で、ドイツ在住のご友人に訊ねてみてくださるそうです。バイエルン選帝国時代の芝居をやるのだとお話ししたら、非常に興味を持ってくれあれこれ会話が弾んだ。バイエルン王室御用達というコーヒーを一袋買い [続きを読む]
  • 6月公演・出演者募集
  • 6月上演「荊の肖像」の出演者を募集しております。++公演++2017年6月8日〜11日 (全6公演or7公演)新中野 Waniz Hall にて++作品++「荊の肖像」 〜イバラのしょうぞう〜吸血鬼文学の金字塔と謳われる、レ・ファニュ作「カーミラ」に着想した短編芝居を、フルートの生演奏と共にお送りします。原作の持つ耽美的な雰囲気はそのままに、詩的な台詞回しと情景描写を繊細に紡ぐ会話劇。→公演詳細記事++募集内容++女 [続きを読む]
  • サロン準備◇朝霞ルイ
  • 朝霞ルイです。今月29日のMIROIRサロンの準備を、少しずつ進めています。写真は自由が丘駅前の女神広場。2月の半ばまで綺麗なイルミネーションがあります、夜にいらっしゃるお客様はこんな素敵な雰囲気も楽しみにおいでくださいね。…さて、サロンでは月毎のオリジナルメニューをご用意する予定ですが、冬らしくと考えたカクテルレシピがどうもこれシェークかな?と思って、久し振りにシェーカーを引っ張り出してみました。恐ろし [続きを読む]
  • ◆cafe&bar MIROIR◆
  • LesMiroirsメンバーがおもてなしする、自由が丘の隠れ家サロン《カフェ&バー ミロワール》。過去作品の映像上映・朗読メニューなど、美味しいお飲み物を片手に、ゆっくりとお寛ぎくださいませ…† *毎月最終日曜 15:00〜22:00 開催*公演稽古などにより、日にち・時間が変更になる場合がございます。当blog若しくは、公式Twitter(@lesmiroirs)にてスケジュールをご確認くださいませ。 メンバー手作りの日替わり [続きを読む]
  • 終夜灯†乃々雅ゆう・外部公演
  • 劇団員・乃々雅ゆうの、外部公演情報です。夜の住人 夜遊び企画【終夜灯】†2017/2/20open:18時半(カフェtime営業開始時刻)stage start:20時(上演時間約50分)†atレンタルスペース+カフェ「兎亭」東京都練馬区旭丘1-46-12エイケツビルB1西武池袋線「江古田」徒歩5分都営大江戸線「新江古田」徒歩10分兎亭様頁 †ticket1500円and1オーダー制 =====================朗読+映像+音 〈夜〉…何時も此処にいる [続きを読む]
  • 年間予定†2017
  • あれこれと水面下で作業を進めるうちに、、すっかり新年!遅れ馳せながら…本年も宜しくお願い申し上げますm(・灬・)m さてさて…Les Miroirsは2017年も愉しい企画が目白押し♪どどーんと、一挙にお知らせ致しませうッ2017年の年間活動予定で御座居ます〜 サァ、どうぞ…6月8日〜11日耽美童話の会 第四章「荊の肖像/櫟の館」@ 新中野 Waniz Hall既存の幻想怪奇文学に着想した2本の短編芝居を、生演奏の音楽と共にお楽 [続きを読む]
  • マンハイム楽派と劇中曲【作品コラム⑥】
  • 「アルラウネの滴り」作品コラムの最終回は、マンハイム楽派と劇中使用曲について。マンハイム楽派、とは、カール殿下がプファルツ選帝候時代に結成され、ヨハン・シュターミッツを中心に編成された宮廷楽団のこと。ヨハンの死後は、息子のカール・シュターミッツが後を継ぎ最盛期を向かえました。当時ヨーロッパ最高峰とも呼べる技術・才能を有する人材を募ったオーケストラであったそうです。それまでの急・緩・急の3楽章の構成 [続きを読む]
  • 珈琲を召し上がれ【作品コラム⑤】
  • 「アルラウネの滴り」作品コラム第5弾。劇中に登場する飲み物の描写について。アルラウネを毎金曜清めるアイテム、また宴を彩る酒として葡萄酒が頻繁に登場します。キリストの血を表す葡萄酒は、生命力の象徴でもあるのでしょう。バイエルンといえば、やはり麦酒(ビール)のイメージでしょうか?しかし劇中には台詞のなかにしか出てきません…それともうひとつ、度々登場する飲み物として珈琲があります。1670年頃にドイツ地方に伝 [続きを読む]