G. Cooney さん プロフィール

  •  
G. Cooneyさん: 声をめぐるエッセイ 国井仗司
ハンドル名G. Cooney さん
ブログタイトル声をめぐるエッセイ 国井仗司
ブログURLhttp://www.lingualite.com/blog/
サイト紹介文発音をネイティブ化する特効薬「国井モデル」がついに登場!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/01/20 17:43

G. Cooney さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 鼻の付け根を中から広げる
  • なぜ日本人はしゃべったり歌ったりする時に「のど声」になってしまうのか?僕はこのブログ上でこのテーマを徹底的に追及してきた。のど声とは何なのか、どんな状態をのど声というのか、声帯はそのときどうなっているのか…。その答は、これまでに書いた記事でおおむねカバーできたと自負している。そして次に僕が取り組もうとしている課題は、のど声を脱却する方法を明快に示すことだ。それには、問題点をできるだけシンプルに絞り [続きを読む]
  • 声帯を直視して範となすべし
  • 最近では、声帯が動く様子をファイバースコープで観察したビデオがYoutubeなどで簡単に見られるようになった。それをいくつも見ているうちに、ふと気づいたことがある。声帯そのものよりも、そのやや上にある「披裂喉頭蓋ひだ」のほうが、はるかに活発に動いている、という点だ。百聞は一見に如かず。いくつかビデオを見てほしい。(イントロとかはすっとばしてファイバースコープ映像にジャンプして構わない。)最初のグループは [続きを読む]
  • 頭声を生むパワースポット
  • 前回は鼻腔弁の位置について触れたが、念のためこれを図示しておこう。顔を横から見た図では、鼻腔弁は黄色い星印のあたりになる。正面から見ると、こんな感じ。鼻腔弁を黄色い星印で示したのは、単に目立たせるためだ。別にx印でも構わない。鼻腔弁が星形をしている、というつもりはまったくないので、誤解しないこと。この場所こそが、頭声を出すパワースポットなのだ。僕がイメージする鼻腔弁の形状は、平行に並んだ2枚の筋肉 [続きを読む]
  • 新年にあたって
  • 丸一年のブランクを経ての投稿だが、その間にもひそかにいろいろなアイデアを試し続けてきたので、昨年は結構実りある年になったと思う。基本となるアイデアは以前とほぼ変わらないが、ディテールを検証し、発声のステップについてより実践的にポイントをまとめたので、紹介しておこう。まず、静かに鼻で息をする。口は閉じたままにするが、いつでも開けられるようリラックスさせておく。そのままで、鼻腔(つまり鼻の空間)の、一 [続きを読む]
  • この1年の収穫
  • 今回は今年最後の書き込みになるので、ちょっとこの1年の進展を振り返っておこう。大きな収穫が2つあった。1つめは、「鼻腔弁」という概念を提唱したことだ。反回神経の配線が異常な遠回りをしているせいで、僕たちの声帯の位置感覚にはずれが生じているのではないか、という仮説を立てたことはすでに何度も述べてきたとおりである。僕はこの仮説をさらに発展させ、声帯が体感的にはのどよりずっと上にあるかのように意識すれば声 [続きを読む]
  • 声帯を手なずける方法
  • まず、声帯についてちょっと振り返っておこう。前にも紹介したが、声帯を上から見ると下の図のような形をしている(図はWikipediaの声帯の項から拝借した)。方向としては、図の上側がのどの前方だ。白い2本のお箸状の棒がコンパスみたいに閉じたり開いたりする。このお箸状のものが「声帯ひだ」で、ここが閉じて振動すると声が出る。いわばバイオリンの弦のようなもので、その間を通る息がバイオリンの弓の役目を果たす。ファーバ [続きを読む]
  • もし僕がボイストレーニングを任されたら…
  • 僕がもしアマチュア合唱団のボイストレーニングを任されたとしたら、たぶんこんなふうにやるだろう。現段階までの僕の考えをまとめたものと思って読んでほしい。皆さんは、「声はのどから出る」と思っていますよね。だってそこに声帯があるから。でも、それは間違いなんです。皆さんは、実は声帯にだまされてきたんです。確かに声帯はのどの中にあるように見えます。医学書を見てもそう書いてあります。でも、僕たちの脳が実際に声 [続きを読む]
  • 声と「進化のいたずら」
  • 今回はしばし技術論から離れて、簡単な思考実験をやってみたい。まず、両手の薬指を見てほしい。そして、この指を動かす神経だけが、ほかの指と違ってものすごく迂回して配線されていると仮定してみよう。想定するのはこんなシナリオだ。親指、人差し指、中指、そして小指を動かす神経は、脳から首、肩、腕を伝ってほぼ最短距離でそれぞれの指につながっている。ところが薬指の神経だけは、脳から首まで来たあとさらに鎖骨の下あた [続きを読む]
  • 過去の記事 …