カウンセリングルーム・Dolphin さん プロフィール

  •  
カウンセリングルーム・Dolphinさん: パニック障害と嘔吐恐怖症状を自力で治療克服した方法
ハンドル名カウンセリングルーム・Dolphin さん
ブログタイトルパニック障害と嘔吐恐怖症状を自力で治療克服した方法
ブログURLhttps://ameblo.jp/relax-in-now/
サイト紹介文10年以上、パニック障害と嘔吐恐怖で苦しんだ私が、薬無しで自力克服したお話を紹介しています。
自由文薬なしで、パニック障害と嘔吐恐怖を克服しました。
もちろん再発もありません。苦しみはもはや単なる記憶となり、辛かった状況が、今や楽しみの場ともなり、毎日を過ごしています。一般的に言われている治し方に疑問を感じているあなたにこそ、読んでいただきたい内容となっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供205回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2014/01/20 23:44

カウンセリングルーム・Dolphin さんのブログ記事

  • 今日のTwitter、アメとムチ
  • はじめてのパニック発作、鮮明に覚えています。ドアが閉じるや否や、胃のあたりから、何かが込み上げてくるような感じ。ドアが開いて、速攻ホームへ。憑き物が落ちたかのように、症状は消えました。その一瞬の出来事が、のちの10年を食い潰すことになるとは思いもしなかった。コツコツは誰もが苦手です。私も面倒くさがりの、大雑把。すこしでも合理的、簡潔に物事を遂行したくなるたちです。しかしながら、どうしてもコツコツ、 [続きを読む]
  • 今日のTwitter、アメとムチ
  • いつも何かに急き立てられ、何かをしてないと落ち着かない。周囲からみると、やることたくさんあって充実してるねとか、結果を出してるようにみえるけど、本人からしたら、何も手に入っていない感。すぐにハードルを上げてしまう自分は苦しいね。パニック障害は適切な治療をしないと、慢性的な問題になる傾向があります。安静にして治っていくものではないだけに、行動練習の時間の確保をいかに日々の生活に組み込んでいくかが大事 [続きを読む]
  • パニック発作が出てきた時にお守りをどうするか
  • パニック障害発作が出てしまうと、あなたは何をしてしまいますか?当時の私はガムを食べてしまったり、ラジオを聞いたり、...気がそれて、少しは楽な気がするので、そんな対応をしていました。しかし、そんなその場しのぎのことを続けている限り、発作症状は消えることがないとわかったのは、かなり後になってから。どのようにしたら、そのような「お守り物」を使わずに、回復に結びつけていけばよいのでしょうか。私の方法を今 [続きを読む]
  • 今日のTwitter、アメとムチ
  • 昔、私が腕を組むときは、見栄をはるときでした。決して怒っていたり、何かを考えあぐねているからではないのです。おかげで、肩はガチガチでした。フリをする生き方はとても疲れるものです。街中の雑踏すみを歩くな真ん中歩け。すみを歩けば誰にもぶつからないかもしれません。でも自分をこれ以上消し去る必要はないでしょう。ぶつかるとは自分の存在を知らしめる事…ぐらいに考えたっていい。なので堂々として真ん中を歩けばいい [続きを読む]
  • 今日のTwitter、アメとムチ
  • 自分自身を監視するのではない。観察するのです。双眼鏡を逆さにもって、より遠目に自分自身を観察するのです。自分自身に近づきすぎるから苦しみが増すのです。人は問題が起こると、すごく複雑に問題解決を図ろうとしてしまう傾向があります。「問題だ、これは大変だ!」と木ばかりをみて森を見ない。もっと全体を上から眺めてみましょう。問題解決は足されたものを削りに削ったシンプルした方法が一番です。 [続きを読む]
  • 外食恐怖(会食恐怖)を治した私の方法
  • パニック障害、嘔吐恐怖症を克服するには行動練習が欠かせません。やりたくないし、できたら苦労しない!と言われそうですが、やりたくなくても、やれる方法、多少苦労はしますが、苦労が報われる方法をブログ、カウンセリングではお話しています。 パニック障害、嘔吐恐怖症は、家に閉じこもって安静を決め込んで治るものではありません。とは言うものの、どのように練習を繰り返していったらいいのか、難しいですよね。ただやれ [続きを読む]
  • 今日のTwitter、アメとムチ
  • あの人を批判してみたらそんなあの人は実は自分。相手を許すことは、自分も許すことに繋がるのです。相手の中に、批判の的があるということは、あなた自身にも心当たりがあるから気付くのです。他人は自分の鏡。何十年も悩んでいたからといって、治す方法が複雑になるわけではありません。むしろシンプルな方法に徹し、それがうまく使えるようになることの方がずっと効果が現れてきます。問題を複雑化してしまったら、対処はシンプ [続きを読む]
  • パニック障害の一つ、広場恐怖症の克服について
  • 今回はパニック障害の方で多い、広場恐怖についてお話しますね。この広場恐怖は、乗り物恐怖と並んでパニック障害の方に多い症例で、嘔吐恐怖を伴ったり、人目が気になってしまう、対人恐怖、醜形恐怖といったものへ、とらわれが強くなっていきます。そのどれもが、日常生活で外出する際には、ありふれた行為なので、この状態で苦しむようになると、外出がままならなくなるなど、社会との接点、生活の質の低下につながり、ますま [続きを読む]
  • 今日のTwitter、アメとムチ
  • 治そうと 頑張る人ほど 自滅する。 花を見るより、まずはタネを植えよ。 知れば知るほど不安感。聞けば聞くだけ安心感。不安と安心は表裏一体。無くすに無くせない人間としての宿命。どうせ無理、どうせ手に入らないと見て見ぬフリの日々。そんなあきらめが、今のあなた。フテ寝を決め込むより、「どうせ」を疑ってみよう。難しいことはいいの、いらない。いかに、自分が複雑にしたがっているのか、問題を抱えたがっているのか [続きを読む]
  • パニック障害になると苦しむ、乗り物恐怖症を克服する方法・3/3
  • 「症状がでたら実況中継しましょう」とは言うものの、実況中継しても...症状は消えないし、何も変わらないんだけど...と思っている方もいるかと思います。その点の覚えておいてほしいことを、今回はお話しますね。 そもそも実況中継は、「症状を消し去るために行うものではないということ」じゃあ、何のために?と思われるかと思います。 ●実況中継は「そもそもの今」に気付くためのもの そもそも、症状、不安は自分の中の頭の中 [続きを読む]
  • パニック障害になると苦しむ、乗り物恐怖症を克服する方法・2/3
  • 前回の記事では、あなたの不安や恐怖感は、頭の中のストーリー、思考が作り上げているのであって、もはや状況(事実)そのもので、苦しんでいるのではないということをお話しました。そして湧いてくる感情が、どんな事を考えて湧いてきたものなのかに、気付く訓練として「私は今、●●●なことを考えていることに気が付いています」と実況中継してみる試みを提案しました。こうした訓練は自分の思考と置かれた状況を、客観的に分 [続きを読む]
  • パニック障害になると苦しむ、乗り物恐怖症を克服する方法・1/3
  • 今回から数回にわたり、私がやってきた電車克服のための方法をお話しようと思います。あなたの乗り物恐怖症は、もはや実際の乗り物というよりは、頭の中のストーリー、あなたの思考が作り上げてきているということです。この思考の中身にまずはリアルタイムに気付くことが第一歩。思考に「客観的」視点をもって眺めることができるようになったら、半分は乗り物恐怖症は治ったようなものです ●まずは駅まで歩いていきましょう。 [続きを読む]
  • 10年以上、そんな状態であっても嘔吐恐怖症は治る
  • あなたが嘔吐恐怖症を自覚してから、今日まで、どんな経過を辿りましたか?毎日の食事が辛くて仕方がないと、毎日憂鬱に過ごしている人も多くいるでしょう。食事を目にしただけで、えずいてしまう人もいるでしょう。匂いを嗅いだだけで、喉元が閉まってくる人もいますよね。どうして、こんな自分になってしまったのかと毎日のように考えては、涙も出てくる人、もうとっくに涙さえ、枯れてしまった人もいるでしょう。明日にもこの [続きを読む]
  • パニック障害を克服するのに必要な行動力
  • あなたは自分の第一声にどれだけ素直に従っていますか?他人の声、情報など、自分の第一声を邪魔する声は多くあります。それに従うのは、ラクだったりするのですが、一方でそんな声が多いと、迷ってしまって、行動力がにぶりやすくなりますよね。ネット社会の現在は、なおのことでしょう。 行動力が早い人は、自分の第一声に忠実な人が多いものです。直感に従ってるといってもいいでしょう。「とりあえず」で動いています。 逆に [続きを読む]
  • あなたの嘔吐恐怖に、こんにちは!してみる
  • 嘔吐恐怖症になると、外食が苦手になりますよね? 特に定食屋さんみたいに、「はい!これあなたのね!」みたいに、おぼんに乗せられて料理が運ばれてきたら、マーライオンに変身です 食事をして、オェっとなりそうになったら、とりあえず、「こんにちは〜」と挨拶をしましょう。 ??定食屋さんであなたは食事ができますか? 大戸屋という定食屋さん、知っていますか?今夜、私はそのお店の「鶏と野菜の黒酢あん定食」を食べま [続きを読む]
  • 今日のTwitter、アメとムチ
  • カウンセリングを受けると、色々と気付くことがあります。しかし、そこに良いか悪いかのジャッジをしてしまう人がいます。気付きは反省ではないのです。あなた自身の自己批判クセが、今のあなたを作り出してきているといってもいい。「あぁ〜、なるほどねぇ」と、感心をもって受け止めれば良いのです。ネットで情報を探れば、何か安直な方法は見つかるように思えます。しかし、こんなに、こじらせておいて、安直な方法で治るはずは [続きを読む]
  • 今日のTwitter、アメとムチ
  • 人は、嘆こうと思えば、いくらでも嘆くことができる。妬み、苛立ち、事欠かない今の世の中。それを見せている世の中が悪いのか、見ることを選択しているあなたがいけないのか。どちらにしろ、そんな自分でいること、そのものを横にずらし、今日、そして今必要なことに着手することにしよう。自分の悩み、問題を「見える化」、そしてどのように対処していくかを知り、それを「仕組み化」し、仕組みとして整って、はじめて一番大切な [続きを読む]
  • きょうのTwitter、アメとムチ
  • 焦りは空回りを生み出します。焦りで問題解決に向かうことはありません。焦っている最中は、考えが堂々巡りをしているだけですから、結局答えは出ずに、また焦るという悪循環に。「ゆだねる」というスタンス。「私は私自身に今日を任せます」まかせることに信頼を寄せましょう。焦るよりはマシです。悩みには二種類あります。本当に万事休すで悩んでいるのと、本当は解決策はわかっているはずなのに、それに向き合えずに、回避策ば [続きを読む]
  • 今日のTwitter、アメとムチ
  • 本当にこの方法で治るのか? よく聞かれる人がいます。ひどい目にあった体験からかもしれませんし、余計悪化したら?という心配もあるでしょう。しかし治りが早い人は決断が早い人でもあります。とりあえずやってみるというスタンスが取り組む上で何より大切です。動くのが早い人は治りも早いです。横には、いてもらえても、あなたの手足の代わりにはなれない。あなたの考えに頷いてはいても、あなたと同じ考えとは限らない。自分 [続きを読む]
  • 今日のTwitter、アメとムチ
  • 他人や、あらゆる状況が、あなたの障害物になっているのではありません。あなた自身が障害物となっていることに気付きましょう。他人や状況を避けても、あなた自身の中にある障害物に気付かなくては、あなたは前には進めません。風は目には見えないけれども、確実に存在します。感じようとすれば、すぐに吹いている風を自覚できるでしょう。心の穏やかさを保証してくれる、信じられるものを探している、あなたへ。それは風のように [続きを読む]
  • 今日のTwitter、アメとムチ
  • そうならなきゃと思っている、理想の自分と、心地良い状態の自分とは大きな開きがある。「解決の糸口が見えない」というのは、「解決の糸口が無い」とは違う。見えないだけだ。もしかしたら見ないように自らしているかもしれない。あるいは、見ている方向が違うのかもしれない。「我」を捨てましょう。あなた自身を一旦横に置きましょう。あなたの我の強さが回復を邪魔をしている。自分を開き直ることは大切。自己承認を相手に委ね [続きを読む]
  • 今日のTwitter、アメとムチ
  • 他人の怒り、イラつきは手に負えません。自分の怒りやイラつきを顔付きと態度で見せる人がいますが、本人無意識かもしれませんが、それは大人げないことです。自分の感情の責任を相手にかぶせないこと。自分の感情の責任は自らが取ること。相手はあなたのご機嫌取りではありませんよ。急な発作症状の万能言葉。「おはよう!こんにちは!こんばんは!」見ないふりではなく、まずは見る。いること、それがあることを認めましょう。人 [続きを読む]
  • 今日のTwitter、アメとムチ
  • いつも自分の体調や、気分を監視しては振り回されるあなた。どうなるのだろうか…となれば、安全欲求が発動し、自分の殻に閉じこもることに。そこでは自他共に寛容さが失われていきます。「こうなってるんだなぁ」と一歩引いた観察モードへ。客観視スキルはブログを参考に。回復してくると、本来持っていた欲求が顔を出してきます。それは大変結構なこと。しかし、わずかに残る症状を消し去りたいという欲求も生まれてきます。そん [続きを読む]
  • 承認欲求は手放す
  • 欲求を追い続けるだけ、欠乏感に駆られ「足りていない」という恐れは消えることがありません。「常にこうあるべき」「こうあって欲しい」と言うルールや、期待を多く持つ人は欠乏感への恐れにとらわれやすくなります。あなたの中にあるルール、期待はあなたのものであって絶対的なものではありません。他人からの称賛、承認などが、自分の価値と称してはいけません。常に人の目が気になり人に合わせよう、合わせてもらおうなどの行 [続きを読む]