琉惺 さん プロフィール

  •  
琉惺さん: 琉惺のヒトリゴト
ハンドル名琉惺 さん
ブログタイトル琉惺のヒトリゴト
ブログURLhttp://ameblo.jp/ru-sei88blood-xx/
サイト紹介文心の浮き沈みを詩に書いています。お気に召しましたなら嬉しい限りです。
自由文何とか生きています。
吐き出す言葉たちには、気分にムラが有る為 暗い詩や明るい詩、恋愛詩 様々です。同じ様な気持ちの方に是非読んでいただければな…と思います。コメントの返信は申し訳ありませんが 遅くなります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2014/01/22 13:10

琉惺 さんのブログ記事

  • 硝子のランプ//
  • 「硝子のランプ//」生命力に満ち溢れた感覚に陥る瞬く間の瞬間は車のライトに逃げ去る子猫のように走りたくなるけれども坂道なんか到底走れないあたしは俯くしかないみっともない 意気地なし。傷付くのをおそれ何も出来ない自分に墜ちてきた石がジュエリーになるかガラクタになるかそんなことを考えてる浅ましい女に過ぎない…にほんブログ村 [続きを読む]
  • it//
  • 『It//』誰からも愛されることもなく誰からも頑張ったねとか言われることもなくあたしは名前でさえも呼ばれることもなく一体人なのだろうか…虚しいも哀しいもなにもなく只、只、無の真ん中で息をしている [続きを読む]
  • 飾られた世界//
  • 『飾られた世界//』あたしさえ諦めずに耐え続ければ希望や幸せな未来とかそんなもんが手に入るのだろうか今までの遺してきた足跡や欠片を振り返って見ても作り事や異国の望みの物語のような気すらする飾られた世界のようで信じられる訳ない哀れな毎日毎日を倒れそうになりながら其れを堪えてなんとか踏ん張って生きているにほんブログ村 [続きを読む]
  • 地獄の果て//
  • 『地獄の果て//』毎日のように地獄をさ迷って其の先に見えたような光さえも地獄だった泣く事さえ出来ない其の漆黒の闇の中であたしはひたすら膝を抱え多分、来るはずもない誰かの助けを待っているのだろういつまでもいつまでもにほんブログ村 [続きを読む]
  • 哀しみの塔//
  • 「哀しみの塔//」此処から出してもっとあたしを強く想って求めてあたしはこのまま暗い塔の小部屋の中…唯一救い出してくれるのはあなただけほら、下界へのカウントダウンがもう直ぐ始まるよ早く此処から出して!手を取って外の光の海へと連れ出してにほんブログ村 [続きを読む]
  • 朱い水溜まり//
  • 「朱い水溜まり//」ほんの小さな水溜まり其の水がだんだんと朱くなり沼となってあたしを飲み込む飛び越えることはできた筈なのにあたしは自ら其の水溜まりに足を踏み入れた。もう、どうしようもなく仕方なく身動きできないまま死に逝くあたしの心にほんブログ村 [続きを読む]
  • 出ない声//
  • 「出ない声//」声が出ない。涙が出る。咳で腹筋や身体中の関節が痛む悲鳴をあげる神経たち微かに呟いてもまるで赤の他人のような涸れた掠れた声…か細く其の声も想いも愛する人には届かない。辛いにほんブログ村 [続きを読む]
  • キライだ//
  • あたしのコトを もし、素晴らしいと言ってくれる人が居るのならもう少しだけもしかしたら頑張れるかも知れない…でもでもそんなことは夢物語で現実には駆けつけてくれる人なんて居ない。騙されて其れに気付いても何も言えず自身でなんとかしようともがけばもがくほどどんどん深みにハマるもう、総てが大キライだ!!にほんブログ村 [続きを読む]
  • 歌姫の涙//
  • 歌姫の涙//脚のこわばりがなかなか治らない一週間以上続く微熱に大人の世界の無情さに気付く「此処に立って居るのは一体、誰?」そして何を求め何を隠し通し何をしようとしているのだろう…沢山の名前と顔があたしの思考を埋め尽くす。数秒後何も考えられなくなり色鮮やかに飾られたイルミネーションを背に一粒の涙を落とす。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 光る檻//
  • 光る檻//知られ出る真実が今、暴かれる。甘い泣き言ばかり並べ立てたあたしの心の中が葛藤し始める食べる事さえ出来ず好きだと思って居た人にさえ当たり散らしてこんな気持ちのまま必然なのか偶然なのかなんの心構えもないまま流されてゆく感情だけがあたしに問いかける「本当に其れは最善なのか?」にほんブログ村 [続きを読む]
  • 寒い//
  • 寒い//なんて寒いんだろう近くにいても傍には居ない。人肌が一番温かいのはだれでも知っているけどそれでも貴方はあたしを抱き締めてはくれないだから何を言ってもどんなコトをしてもあたしの悲しみや寂しさは救われない独り泣き崩れても何の意味もないけど涙が止まらない。こんなんならまだ、ホントに孤独な方がマシだにほんブログ村 [続きを読む]
  • 真実の笑顔//
  • 「真実の笑顔//」眠ろうとしないこの、あたしの身体は一体何を求めて脳を動かしているのだろう欲しいモノ欲しかったモノを次々と失い手に入れることが出来ずいつしか心の中は空っぽだ。いつの間にか人に合わせる事を覚えまた、自身を失ってゆくただただ心から笑いたいだけなのににほんブログ村 [続きを読む]
  • pumpkin night//
  • 今宵 此の夜に此の瞬間にたいがいのモノが押し寄せてきてあたしを黙らせるやらなくちゃいけないことはいつでも後回しどうでもいいコトに快楽を見いだしそれでも自由ではいられない此の無口な夜にそれでも華やかな外の賑わいについていけないあたしはどうして何を想いながら此の世界に堕ちてきたのだろうにほんブログ村 [続きを読む]
  • フェイク フラワー//
  • フェイク フラワー//あたしは少し身震いし空約束にぬか喜び綺麗事ばかり並べ立ててまるで造花の蜜のように其の意味を受け止める真っ直ぐ温かいそんな言葉を期待するのに…日の目を観ぬまま潰されるようなそうしてきた毎日があたしを鈍らせるだけどやはりまた、見ない振りしてやりすごすのだろうにほんブログ村 [続きを読む]
  • おもちゃの月//
  • おもちゃの月//メッキの剥がれたあたしの心に出入りする赤い悪魔そんな風にこんな風にコレからも苦痛に満ちながら笑って生きて行くのだろう決して外れることをしない月のおもちゃがせせら笑うにほんブログ村 [続きを読む]
  • 光//
  • 「光//」出口が見えたと思った瞬間に其の神々しい光は消え去りあたしは落胆する同じ場所をぐるぐると周り続けそして降り止まぬ雨の雫だけが迷いもなく逝くべき所を知っているかのように何にも拒絶されずに逝くべき所へと…真っ直ぐに…光の朝は嫌と云うほどに見るがあたしに本当の朝など来るのだろうかにほんブログ村 [続きを読む]
  • 詩//
  • 「詩//」押さえ込まれている思いは無意識に外へと溢れ出るだからあたしは詩を書く。無理やり閉じ込められた想いを吐き出す為。苦しくて苦しくて感情が麻痺しそうになる前に誰かに甘えてしまう前に縛った自分を解き放つ為ににほんブログ村 [続きを読む]
  • 届かない声//
  • 哀しみと怒りを力に変える事が出来るのならば何でも差し出しましょう産まれた日の空は遠く高く赤い太陽は此の小さな身体を焦げ付かす行方を示す小さな紅い実はあたしの声を封じ込めてさて、何処へと転がりゆくのやら…にほんブログ村 [続きを読む]
  • 感情//
  • 「感情//」あたしの感情には統一感がなく人との繋がりが中途半端で時々心を殺したくなる過信していた微力な力がだんだんと霞始めて蛇行しているいつも いつも そうだ何度やっても  そうだこんなことを何度繰り返せばあたしは本当のあたしを見つけることが出来るのだろう…にほんブログ村 [続きを読む]
  • ホワイトチョコレート//
  • 「ホワイトチョコレート//」何かが腑に落ちないもがいている人が傍にいても誰も目もくれない現実結末が悲劇だと知っている映画なのに自分の不幸と照らしあわして何度も観てしまう癖。嘆いても幸せなんかやって来ないのは解っているどうせなら誰にも見えない何処かへ堕ちて行きたい。甘い甘いホワイトチョコのような世界なんて此の世には無い。にほんブログ村 [続きを読む]
  • マジックカーペット//
  • 「マジックカーペット//」助けてと云う言葉は誰にも届かないさみしいつらいくるしいもう、飽きるほど心に思った言葉達。どうにも成らないことをどうにかしようと思ったあたしの誤算…もう、何にも興味がない。もう、誰も信じられない。苦しみながら学んできたものはあたしを魔法の絨毯に乗せて少しでも幸せへと導いてくれないだろうか…にほんブログ村 [続きを読む]
  • 求めるものは…//
  • 「求めるものは…//」切なく佇みながら一生の終わりじゃ在るまいしと毎回想いながらもキラキラした人生をおくる筈と昔の夢を辿り蜃気楼のような幻覚にもう知らない振りは何も出来なくなってしまった。あたしが誰かに抑えつけられ犠牲を払いながらえたものは一体何だったんだろう…にほんブログ村 [続きを読む]
  • かくれんぼ//
  • かくれんぼ//悲劇を積んであたしは、心を撤収したが直ぐに見つかり閉じ込められる。大空の下、此の瞬間を忘れないようにとかくれんぼ。堕落した自身に目を配るがしかし、何処かで悲劇を忘れたくない自分が居る咲いて、散ってまた咲いて再生を繰り返す野花のように [続きを読む]
  • 痛哭//
  • 誰にも何にも縛られない場所へと飛んで行きたいそんな儚く脆い希望はすぐさま目を覚まし現実と云う恐怖と塗り替えられる。苦痛の夢痛哭の想いは果てしなく続く異質な人間の形をかたどった生き物は愚かにもこれからも非難されるのであろう。鳥になりたい。(salon du ChouChou)/lovepoem/ にほんブログ村 [続きを読む]
  • カウントダウン//
  • あたしは剣を持っていない自分の非が解らない誰からも抱き締めて貰えぬ侘しさはほろほろと零れ涙のごとく地を這う一歩づつ躊躇いながら進んでも進んでも先は見えず残された時間はあと、どのくらいなのだろうか/lovepoem/ にほんブログ村 [続きを読む]