のりぶ さん プロフィール

  •  
のりぶさん: 自然治癒力が道をひらく
ハンドル名のりぶ さん
ブログタイトル自然治癒力が道をひらく
ブログURLhttps://ameblo.jp/glory720/
サイト紹介文精神薬25錠一気断薬から4年。失職、外出不可。医療に騙され続け自分で治し方を模索してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供208回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2014/01/23 14:08

のりぶ さんのブログ記事

  • 愚痴ブログに変更
  • ブログタイトル変えました。「精神薬害患者のただの愚痴ブログ」にしました。反精神医療の方々と馴れ合いにはなりたくないのでコメントは受け付けません。私は何も考えない人がとにかく嫌いですから。今以上に暴言書くと思いますので、これを機に見ないほうがいいですよ。自分より苦しんでいる人をみて励みになる人以外は。今日も起きるや否や酸欠感があるのに息が吸えません。一番苦しいやつです。息を吐ききっても息が吸えません [続きを読む]
  • 体調が悪くなれない重圧
  • 体調が大幅に悪化したら、誰も助けませんから苦しんでください。こう言われて、神経が緊張しない人がいるのか?父の犯罪者ぶりは今更いうまでもないが、父にとって私は体調が悪くなっても俺の満足のために行動しろ、苦しんだって俺の足は引っ張るなって考えで、私は体調悪くなったらまずいと思うのは当たり前です。人はだめ、自分はOKですからね。こういうあほの親を持つ子供はみんな精神的におかしくなりますから勘弁してもらいた [続きを読む]
  • 一段階成長
  • 昨日の副交感神経をあげる取組はひとつくらいは必要ですね。万が一がありますし。まあ大体の人は精神薬になると思います。問題は副交感神経をあげるといわれているけど、あがってるのかわからないものが多すぎるんですよね。それは絶対にやめなきゃいけないやつですね。まあ巷に出回ってる情報が正しければ治癒率はもっと高いはずなので、全部やるに値しないはずです。交感神経があがるものをやめればいいんですが、予期不安だけは [続きを読む]
  • 大体わかってきた
  • 未だに不思議なのは、なぜ副交感神経をあげようと考えてしまったのか。1%の可能性があればなんでもやるって、やってることは優等生だが、失敗の思考なわけだし。勉強で出る可能性が1%でもあったらやるなら、やること多すぎて肝心なやつが疎かになる。副交感神経をあげようとしてるのはまったく同じこと。FXブログみてると、負ける人はことごとく同じ思考。療養は副交感神経をあげようとする思考が治らないのだろう。問題はウォーキ [続きを読む]
  • 全部やめる方向で
  • そもそも何かをとりいれて制するって考え方が失敗の思考。でもやりたいことまですべてできないのが覚悟を決められない理由。FXブログを見ていて負ける人は負ける思考にちゃんとなってる。だから病気が治らない人は治らない着眼点になってるはず。私が成功した数々は、どうやって打開するかなんてほとんど考えてない。そしてなにより小学生でも思い付くことしかやってない。療養はとてもじゃないが、小学生でも思い付くことではない [続きを読む]
  • この体調なんなの?
  • 何もできない人に限って出来る出来るとかっこいいこと言う割に、やらせたら文句しか言わずできない。結局出来る人がやるわけで、出来る人が不満にならないわけがない。世の中って2:6:2の法則に基づくから、必ず出来る2が出来ない2の後始末をしなくてはならない。スピリチュアル系は大体6の人が多いから出来る2の人にはなんの解決にもならない。残業の時もそうだが、残業する人は仕事が遅いのではなく、優秀であるがゆえにあらゆる [続きを読む]
  • 精神薬は偉大
  • 未だに毎日頭おかしくなってます。起床するなり凄まじい灼熱感と酸欠感、息が吸えないので苦しいのを寝るまでやってますからね。それを1日15時間×4年7ヶ月1700時間やってますから、私は25,500時間息が吸えなくて苦しいってやってきたことになります。それにプラスして、家族の外出その他すべてに予期不安。もう2年以上出かけていません。この病気は精神薬なくしては治せないのかもしれませんね。もちろん精神薬だけでは無理で [続きを読む]
  • これだけは自分に感謝できる
  • 過去の成功体験がいっぱいあること。それは本当によかったです。成功体験を振り替えれば、勉強にしろ、残業にしろ、投資にしろ、禁煙にしろ、なにをやらないかに重点を置いています。療養はなにをやるかばっかり重点を置いています。ウォーキングは2月から毎日悪化します。理由はわかりません。体力がないからというのがガセネタだということはわかりました。 [続きを読む]
  • さすがセンスないわ
  • 今日も凄まじい灼熱感、凄まじい酸欠感、それなのに息が吸えない。これを一日中。いや一年中。今日も特に原因無し。いつも通り原因がない日に地獄の苦しさ。さすがセンス無し。四年半考えて今日も同じように苦しむ。考えてない人より精神的なダメージがでかい。 [続きを読む]
  • 引き算の思考
  • 物事の本質は実に単純。【禁煙】タバコなんて吸う意味ない。吸いたいと思ってる脳が異常。【髪を触る癖】髪を触る意味ない。【残業】重要な仕事なんてほとんどない。重要な仕事は大分前から言われてる。【投資】未来を予想するのは不可能。確率の問題。【外食の吐き気】食べられないのはしょうがない。だって気持ち悪くなるんだから。【療養】???こんな思考、結果論で言えば誰に聞いてもそうだよって言われると思うんですよね。 [続きを読む]
  • センス無し
  • 毎日毎日凄まじい灼熱感と酸欠感でさすがセンス無し。最近はセンス無しを認められるようになってよかったです。世の中が全否定する過去の栄光、現在の栄光がありすぎると、なかなか療養に苦戦する自分を受け入れられません。なぜこんな療養に苦戦しているのか?私の中ではいつまでも治らない人とか考えてない人と同じ土俵にいるのがとにかく嫌なんですよね。だから毎日もがいていましたが、最近はセンス無しだとようやくわかりまし [続きを読む]
  • 悪天候で悪化
  • 昨日は突如、大雨・雷・雹(ひょう)が降ってきて、凄い音だったので、神経が勝手に興奮してしまい、それからずっとだめでした。凄まじい灼熱感の何を恐れているかというと、灼熱感が凄いときは、大体酸欠感もすごく、酸欠感が凄いときに息が吸えないのが一番まずいやつだからです。さすがセンス×の思考。 [続きを読む]
  • センス無さすぎ
  • 治ったブログを書こうとしましたが、このブログだと、治ってない前提なので、自分に甘えが出てしまい、まったく意味ないですね。本当にセンス×ですね。こんなにセンスない人いるんですね。とにかくやりすぎてます。本50冊、病院15ヶ所、やった取組50個以上。残業しなくなった時、本1冊のみ。FXは本3冊のみ。禁煙も本1冊のみ。この差…。結局答えなんて1冊の本に載っているってことですよね。療養は病気になってない人が書いて [続きを読む]
  • 迷子
  • 最近FXのブログを見るんですが、損する人はすぐわかります。だから治る人には、私のブログは治らないとすぐわかるはずなんです。明日から治った人になってブログを書いてみようか考えてます。完全に迷子です。 [続きを読む]
  • 腹痛すぎ
  • 胃腸炎になったのか。何度トイレに行っても治らない。私は腹痛が凄いと決まって手足が冷える。手足が冷えると自律神経が乱れているわけだから、灼熱感や息苦しさが増す。やっぱり気にしないレベルではない。意識が症状に向くようなレベル。体調以外は大体順調なだけに、本当に悔しい。シンクロの井村コーチも言ってましたが、練習して下手になってたら、なにしてんの?ってなります。四年半療養して年々悪化してなにしてんの?セン [続きを読む]
  • 思考はわかったけど…
  • 結局ひとつひとつの症状に囚われずに、大きく捉えていくことができなきゃだめだとはわかりましたが、囚われずに過ごせる灼熱感の痛さと、息苦しさではないですね。全集中力を灼熱感と息苦しさのきつすぎる症状に奪われています。苦しいけど15時間息が吸えなくていいなんてやっぱり思えませんね。少しの時間とかならいいんでしょうけどね。この苦痛を伴うことから逃げたい感情が出るがゆえに思考が間違った方にいってるんだと思いま [続きを読む]
  • 思考がそもそも違う
  • 考え方ひとつで物事は一瞬で変わりますね。禁煙・残業・投資・勉強とうまくいった思考に療養に対する考え方を当てはめてみました。視野が狭いんですよね。一つ一つに対策を打つなんて療養以外やってません。①出来ないときは絶対に無理だと思っている方の思考が正解②本質の部分を理解する(なぜ治癒する人が少数なのか)③いろいろなことを試さない④自律神経の悪くなるものはやらない⑤一つ一つに対策を打たない⑥自分ではどうする [続きを読む]
  • 体調以外は大体順調
  • 自転車のタイヤが歪んでしまい、もう自転車には乗れないかと思いましたが、体調が悪くなりながらもタイヤを買ってきてもらって直りました。怒りの感情はだいぶ消えています。父とこの体調くらいでしょうか。最近ブログを書く回数がまた増えているので、それだけ体調が悪いということですが、医者への怒りを露にしていない気がします。体調はというと、起床から就寝まで凄まじい灼熱感と息苦しいのに、息が吸えない苦しさです。灼熱 [続きを読む]
  • 着眼点は一体どこなんだ
  • 起床と同時に凄まじいまでの灼熱感と息苦しいのに息が吸えなくて苦しい1日が始まり、寝る寸前まで続きます。凄まじい灼熱感だけなら痛いだけなので別にいいんですが、息が吸えないのは苦しいので耐えられません。どこが治るポイントなのか全然わからないんです。症状に対する考え方を変える必要があるのか、はたまた父など私がストレスを感じやすい人たちへの考え方を変える必要があるのか。また考え方を変えるにも、どの視点だけ [続きを読む]
  • これが治らない思考
  • 毎日息が吸えなくて苦しい、灼熱感が凄いって四年半やっててあほですね。投資に置き換えると、「投資セミナーに20回以上行って、投資本も50冊読んだのに全然儲かってない」と言ってるようなものですね。その思考こそが儲からないわけですね。残業もそうでしたね。「重要な仕事しかない。どれも全力でやってるのに終わらないので人増やしてくれなきゃ終わらない。」この思考が残業思考ですからね。「どんな治療しても治らない。父の [続きを読む]
  • これほどまでの異常者とはどのように関われば?
  • 新たなテーマを追加しました。「異常者の父」今までの異常者ぶりを整理します。≪思考≫①外人は全員犯罪者②犯罪者は全員死刑にしろ③所詮零細企業は負け組。上場企業こそまとも。④地位と収入がないやつは負け組。大したことない人かどうかは地位で決まる。⑤病気になったやつは負け組⑥炊事家事洗濯は女がやるもの⑦他人が許されない事も自分はOK⑧なにもできないのに、人のやることにいちいち文句⑨誰よりもできないくせに、一 [続きを読む]
  • 考えたって毎日悪化
  • 毎日体調の点数は5点。満点は50点。稀に35点の日もありますが、基本は5点〜15点。この点数は一日中灼熱感が凄いのと酸欠感があり、息が吸えない、ないし吸いづらい状態。私は四年半治すことを頑張っているが、点数で一番多いのは5点〜15点。もちろんこの体調では、予期不安の起きる状況が来れば大きく悪化する。私は思考をfxと重ね合わせて考えるようにしている。同じように全体の10%未満しか成し遂げられないからだ。その理論に基 [続きを読む]
  • 考察
  • 2月、3月に凄まじかった灼熱感が、4月はほとんどありませんでした。5月に入り、凄まじい灼熱感が続いています。灼熱感が出る状況はわりと決まっていて、大体食後と家族の外出時です。つまり脳内にノルアドレナリンの濃度が高いと出やすいのかと思うんです。昨日はもちろんかなり息苦しさと灼熱感が凄かったですが、どちらかというと父の外出時よりも、そのあと食事をしてからいきなり悪化してきたように思います。予期不安が出 [続きを読む]
  • 父はおそらく異常者
  • 夕方まで寝れるわけない。すでに動悸と灼熱感がすごいが、時間はまだまだ。こっから恐怖の時間が始まる。以前、他の方のブログで、親にこ○されるかもしれないと書いていた人がいた。他にも、家の金をつかって不倫している親だとかいてた人もいた。結局、病気になる人の親って、異常者なのだろう。毒親なんてレベルではなく、完全に異常者なのだと思う。偏見の域を越えている。外人はみな犯罪者。犯罪者は死ななきゃわからないから [続きを読む]