japan-architects.com さん プロフィール

  •  
japan-architects.comさん: japan-architectsブログ
ハンドル名japan-architects.com さん
ブログタイトルjapan-architectsブログ
ブログURLhttp://world-architects.blogspot.jp
サイト紹介文建築家設計による住宅、商業施設の内覧会、建築やデザインの展覧会等のレポートを中心にしたブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/01/23 09:46

japan-architects.com さんのブログ記事

  • サポーズデザインオフィスの新東京事務所+飲食店「社食堂」
  • 谷尻誠 + 吉田愛/サポーズデザインオフィスの新東京事務所「社食堂」のオープニングレセプションに行ってきました。「社食堂」とはスペース名で、社員食堂であり、一般の客が利用できるレストラン&カフェでもある。さらにサポーズの新規事業「絶景不動産」、写真家 若木信吾の事務所兼ギャラリー「YoungtreePress」も同居する。 場所は渋谷区大山町。小田急 代々木上原駅から徒歩7分ほど。築29年の集合住宅の地下テナント部分に [続きを読む]
  • 「GINZA SIX|ギンザ シックス」詳細レポート
  • p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px 'Hiragino Kaku Gothic Pro'; -webkit-text-stroke: #000000} span.s1 {f
    ont-kerning: none} 銀座の複合商業施設「GINZA SIX|ギンザ シックス」の内覧会に行って来ました。グ
    ランドオープンは4月20日。地上13階、地下6階。地下2階から地上6階と13階の一部が商業施設で
    、241のブランドが出店。7階から13階の一部は賃貸オフィスもある。施設名は銀座6丁目の立地
    にちな [続きを読む]
  • MARU。architectureによる大田区の「二重窓の集合住宅」
  • p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px 'Hiragino Kaku Gothic Pro'; -webkit-text-stroke: #000000} span.s1 {f
    ont-kerning: none} 高野洋平+森田祥子/MARU。architectureによる大田区の「二重窓の集合住宅」を見学
    してきました。東急大井町線 北千束駅から5分程の場所。敷地面積108m2、建築面積75m2、延床面積4
    20m2。RC造、地上6階。13住戸の共同住宅。敷地は大型車の交通量も非常に多い環状七号線(環七)に [続きを読む]
  • 長崎辰哉による我孫子の住宅「眺望の段床」
  • p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px 'Hiragino Kaku Gothic Pro'; -webkit-text-stroke: #000000} span.s1 {f
    ont-kerning: none} 長崎辰哉(アトリエハレトケ)による我孫子の住宅「眺望の段床」を見学してき
    ました。JR常磐線 我孫子駅から15分程の住宅地。 敷地面積319m2、建築面積66m2、延床面積100m2。木
    造2階建て。接道から20m以上ある細いアプローチ、そこから1m程の段差があり、右に大きく湾曲し [続きを読む]
  • 石井秀樹による自邸「雪ノ下の家」
  • p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px 'Hiragino Kaku Gothic Pro'; -webkit-text-stroke: #000000} span.s1 {f
    ont-kerning: none} 石井秀樹(石井秀樹建築設計事務所)による鎌倉の自邸「雪ノ下の家」を見学し
    てきました。鶴岡八幡宮を囲む小山に通る路地を少し登った場所。 敷地面積:154m2、建築面積:56
    m2、延床面積:95m2。RC造+S造、2階建て。敷地境界から1m、道路境界から1.5mそれぞれセットバッ [続きを読む]
  • 浅利幸男 + 長崎剛志による集合住宅「神楽坂薫木荘」
  • p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px 'Hiragino Kaku Gothic Pro'; -webkit-text-stroke: #000000} span.s1 {f
    ont-kerning: none} 浅利幸男(ラブアーキテクチャー)が手掛けた集合住宅「神楽坂薫木荘(Kagurazaka
    Kunbokuso)」を内覧してきました。東西線 神楽坂駅から数分の場所。 建築面積66m2、延床面積 177m2
    、木造地上3階建て。全6住戸の長屋。奥まった旗竿敷地。27mほどある竿部分が魅力的なアプ [続きを読む]
  • 彦根明による鎌倉の住宅「SKH」
  • p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px 'Hiragino Kaku Gothic Pro'; -webkit-text-stroke: #000000} span.s1 {f
    ont-kerning: none} 彦根明(彦根建築設計事務所)が手掛けた鎌倉の住宅「SKH」を見学してきました
    。 敷地面積239m2、建築面積100m2、延床面積155m2。木造2階建て。軒を出した切妻のボリュームと、
    二層の寄せ棟のボリュームが、庭を囲むように L字型の平面を形成している。 セットバック [続きを読む]
  • 永山祐子による「西麻布の住宅」
  • p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px 'Hiragino Kaku Gothic Pro'; -webkit-text-stroke: #000000} span.s1 {f
    ont-kerning: none} 永山祐子建築設計による港区の「西麻布の住宅」を見学してきました。都心の住
    宅地、60代夫婦の住まい。 敷地面積92m2、建築面積51m2、延床面積116m2。RC造+S造、地上3階建て。
    建物の半分以上を「ガラスの箱」空間にし、もう半分がRC造のボリュームで構成されている。  [続きを読む]
  • 黒崎敏/APOLLOによる住宅「GRID」
  • 黒崎敏(APOLLO一級建築士事務所)が手掛けた藤沢の住宅「GRID」を見学してきました。50代のご夫婦と子供1人が住まう家。 敷地面積310m2、建築面積126m2、延床面積126m2。RC造1階建。砂利部分は駐車スペース。左奥に花壇があり植物を植えていくそうだ。 エントランスは北側。南北に緩い傾斜地で、7段上がるアプローチとなる。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px 'Hiragino Kaku Gothic Pro'; -we [続きを読む]
  • 西澤徹夫によるマンションリノベーション「907号室の場合」
  • 西澤徹夫(西澤徹夫建築事務所)によるマンションリノベーション「907号室の場合」を見学してきました。施主は住宅メーカーに籍をおく大島滋さんで、本ブログの読者にはご存じの方も多いだろう。築35年、25階建てマンションの9階、88m2の改修だ。 既存では玄関を入って直ぐに壁があり、その裏にキッチンがあった。そのため一度左・右とクランクして奥へ続いていたが、改修後はご覧のように真っ直ぐで広めの動線をまず通した。 [続きを読む]
  • 藤原徹平によるコーポラティブハウス「代々木テラス」
  • 藤原徹平(フジワラテッペイアーキテクツラボ)によるコーポラティブハウス「代々木テラス」を見学してきました。9住戸からなる長屋形式の集合住宅で、建築設計をフジワラボが手掛け、インフィル設計をフジワラボ、針谷將史建築設計事務所、本瀬齋田建築設計事務所の3社で3住戸ずつ担当した。プロデュースはアーキネット。(新建築2017年2月号掲載作品) 敷地面積344m2、建築面積204m2、延床面積750m2。RC造+一部S造、地上3 [続きを読む]
  • 「MARU。architectureの宇宙展」レポート
  • p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px 'Hiragino Kaku Gothic Pro'; -webkit-text-stroke: #000000} span.s1 {f
    ont-kerning: none} 高野洋平+森田祥子の「MARU。architectureの宇宙展 ―思考のはじまりとつながり―
    」に行ってきました。会場は東京 南青山のプリズミックギャラリー。展覧会概要:「現在、私達
    は、個人住宅から大規模公共施設まで幅広い背景を持つ建築に取り組んでいます。 都市と地方、
    パブリッ [続きを読む]
  • 「新し建築の楽しさ2016:後期展」レポート
  • 1月10日から開催の「新しい建築の楽しさ 2016:後期展」に行ってきました。会場は東京・京橋のAGC studio。この後期展には大西麻貴+百田有希、高野洋平+森田祥子、山?健太郎、馬場兼伸、伊藤立平、落合正行の6作品が出展されている。前期展では神本豊秋、小川博央、能作淳平、岩瀬諒子、山岸綾、蘆田暢人が出展した。会場構成はバンバ タカユキ。企画は中崎隆司。 前期展では西日が差し込む時間に訪れたが、後期展では日没 [続きを読む]
  • 猿田仁視/CUBOによる三鷹のアトリエ兼住宅「cocoon」
  • 猿田仁視(CUBO Design Architect)による東京 三鷹市のアトリエ兼住宅「cocoon」を見学してきました。京王井の頭線・三鷹台駅から10分程の住宅地。 敷地面積158m2、建築面積91m2、延床面積160m2。木造2階建て。西側から。五角形の変形敷地で且つ角地で、三面が接道する。 東側からは違った表情に見える。ファサードの仕上げは杉板に塗装。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px 'Hiragino Kaku Go [続きを読む]
  • 保坂猛による台東区の住宅「窓辺のバルコニー」
  • 保坂猛建築都市設計事務所による台東区の住宅「窓辺のバルコニー」を見学してきました。敷地は常磐線・日比谷線 南千住駅から10数分、商店や住宅が混在する下町。 敷地面積77m2、建築面積48m2、延床面積73m2。木造2階建て。白い箱型のボリュームから、南側に軒のように突き出しているのはカーポートと小さなバルコニー。ぽっかりと開いた窓から脚や顔が覗いている。 北側にも窓が二つ。手摺は周辺の住宅がつくり出す路 [続きを読む]
  • 2016年最も注目された記事ベスト20
  • japan-architectsブログ 2016年最も注目された記事ベスト20です。当ブログは基本的に事務局が直接取材に伺い、写真や記事はほぼ全てオリジナルで構成されています。あまり専門的に寄らず、どなたが読んでも分かりやすく、あたかも「行った気になれる」ような記事が特徴です。1、「建築倉庫ミュージアム」詳細レポート2、永山祐子/代官山「OSビル」3、永山祐子+竹中工務店/小淵沢「女神の森 セントラルガーデン」4、成瀬・猪熊建 [続きを読む]
  • 中川エリカによる熱海の住宅「桃山ハウス」
  • 中川エリカ(中川エリカ建築設計事務所)による静岡県熱海市の住宅「桃山ハウス」を見学してきました。オンデザインから独立後、中川さんの新築デビュー作になる。 敷地面積458m2、建築面積213m2、延床面積142m2。RC造、一部S造・木造、1階建て。山の斜面を縫うヘアピンカーブに接する敷地。その敷地ままにカーブした既存塀を気に入って選んだ施主。形状からインスパイアされた曲線を描く屋根が特徴だ。 フラットな大屋 [続きを読む]
  • 浅利幸男による文京区の「本駒込の家」
  • 浅利幸男/ラブアーキテクチャーによる文京区の「本駒込の家」のオープンハウスに行ってきました。2014年に亡くなった黒沢隆による設計で1972年に竣工した住宅のフルリノベーション。 建築面積69m2、延床面積135m2。木造2階建て。リノベーションとはいえ、躯体以外は全て作り替えた。p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px 'Hiragino Kaku Gothic Pro'; -webkit-text-stroke: #000000} span.s1 {font-kerning [続きを読む]