やすだたかゆき さん プロフィール

  •  
やすだたかゆきさん: 安田貴行法律学習ゼミ
ハンドル名やすだたかゆき さん
ブログタイトル安田貴行法律学習ゼミ
ブログURLhttp://takayukiyasuda515.com
サイト紹介文司法試験,公務員試験その他法律科目のある受験生向けの勉強法及び現職公務員の法務を紹介するブログ。
自由文お勧めの本,勉強法を紹介。

役に立つ記事が満載です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/01/23 19:55

やすだたかゆき さんのブログ記事

  • 【#勉強法】自分の感覚と客観的な成果を見誤らないように。
  • 先日の「安田式主要三法」でお話しした学習の心構えについて,アンケートで「話しを安心しました」との声をいただきました。そこで,多くの受験生が不安に感じていることだと推測されますので,共有しておきたいと思います。画像のグラフの意味は以下のとおりです。まず,横軸は「時間」を,縦軸は「成果」を示しています。このグラフは,勉強時間と得られる成果の関係を示したものになります。青の直線は「α」は「受験生が頭の中 [続きを読む]
  • 【#オンラインサロン】法律系資格受験をギャンブルにしない!
  • 資格試験対策で悩まれている皆様へ,オンラインサロンという選択肢をご用意しました(『受験をギャンブルにしない!確実に法律系資格試験を突破する方法を考える会』はこちらから)。【サロン概要】法律系資格試験対策の悩みを共有するオンラインサロンを作りました。スケジューリングの方法や,学習における疑問点等を,受験生で共有したり,解決したりするサロンとなっています。初学者向きの質問スレッドなども用意していますの [続きを読む]
  • 【告知】受験民法の一歩先へ(合格からのステップアップ)
  • 資格試験合格後,その知識や思考力を落とさないよう苦労されている方も多いのではないでしょうか。自分で書籍を利用し,知識のブラッシュアップを行うのが理想ですが,開業準備や仕事に追われ,なかなか手が回らないでしょう。そこで,皆さんで民法を学びませんか。基本的な知識,応用的な知識の講義はもちろんのこと,資格試験予備校の一方的な講義とは異なり,自由に質疑応答できる雰囲気でセミナーを進めていきます。そのため, [続きを読む]
  • 行政書士試験研修講師を目指す方へ
  • 講師としてのノウハウを無料公開いたします。ぜひ,下記noteへアクセスしてください。また,Synapseへもぜひご参加ください。こちらでは,受験生が疑問点等をアップしていますので,講師として必要なことを直に学ぶこともできると思います。今後,法律研修講師を目指す方に向けて,色々とリリースしていきますので,ご期待ください。 [続きを読む]
  • 【#行政書士】過去問の役割?
  • 「過去問を回しても受からない」「過去問は無駄」「過去問ではなく,○○マスターを回す方がよい」行政書士受験生の方は,何度となく聞いたフレーズだと思います。しかし,これが更に独り歩きを始め,「過去問をやっても意味がない」という助言(?)がなされているケースがあるようです。これまで多数相談を受けてきましたが,その中で多かった質問。それが「過去問との付き合い方」です。以下では,私の考えを書いておきますので [続きを読む]
  • 【#行政書士】独学セット2
  • 本日は,独学で行政書士試験突破を目指す方に向けて,憲法の参考書籍を紹介します。憲法の学習も,基本的には,『2017年版出る順行政書士 合格基本書 (出る順行政書士シリーズ)』を用いてインプットを進めた上で,過去問集『2017年版出る順行政書士 合格基本書 (出る順行政書士シリーズ)』を用いてアウトプットをしていくことになります。とはいえ,それだけでは,判例を理解することが難しい場合や,多肢選択式対策のために,もう [続きを読む]
  • 【#公務員,#論作文】(緊急)漢字を間違えずに書けますか?
  • 公務員試験で課される論作文。「論作文は,書いておけば大丈夫!」,「みんなある程度しか書けないから,ある程度できればOK!」などと思っている方も多いと思います。限られた時間の中での答案作成なので,内容面については,高尚な議論を書ける必要は全くありません。これに対して,形式面はそうはいきません。特に「誤字」は減点されます。同じ内容の答案が並んだときに,誤字のあるものは,誤字のないものよりも点数が低く付け [続きを読む]
  • 【#行政書士】行政書士試験指導講師を目指す方へ
  • 行政書士試験合格,祝賀会,登録説明会等,2016年の試験を突破された方は忙しくされていると思います。そのような方の中には,「行政書士試験の講師として登壇したい」と考えている方もいらっしゃることでしょう。そこで,今後,このブログにおいて,予習用教材として使える書籍等を紹介していく予定にしています。まず,手始めに,民法から。民法を指導するに際しては,条文毎に詳細な理解を有していることが求められます。そのよ [続きを読む]
  • 【#行政書士】独学セット1
  • ガイダンスやイベント等で,「独学で頑張っています」という方とお目にかかることがあります。そのような方から,「どういう書籍がお勧めですか?」というご質問を受けることが多いので,記事にしておきますね。まずは,基本となる一元化ツールを用意しましょう。コンパクトにまとまっているのは,2017年版出る順行政書士 合格基本書 (出る順行政書士シリーズ)です。とりあえず,この1冊があれば,「何が聞かれるのか」を把握する [続きを読む]
  • 【#行政書士】安田クラス合格者懇親会詳細について
  • 以前お知らせしていた合格者交流会について,詳細が決まりました。18日(土)のお店が決まりました。「鶏っく 阪急梅田ナビオ店」https://r.gnavi.co.jp/c604570/安田クラスご出身の合格者の方(過去年度の受講生も含む)なら,誰でも参加いただけます。LECの合格者交流会に参加される方は,一緒に移動します。飲み放題1280円を付けていますが,人数が確定できていない関係上コースではなく,アラカルトでの注文になります。会費に [続きを読む]
  • 【#行政書士,#安田式主要三法】学習方法ガイダンス開催のお知らせ
  • 2月19日(日)13時30分〜,梅田駅前本校にて,「学習ガイダンス」を開催します。【タイムスケジュール】40分(学習方法総論) ↓10分(休憩) ↓40分(学習方法各論(憲法,民法,行政法))これだけの時間,学習方法に特化したガイダンスは,2017年向き講座では,最後になると思います。お近くの受験仲間の方々もお誘い合わせの上,ぜひご参加ください。独学の方も歓迎です。効果的な勉強方法はこちらから!! [続きを読む]
  • 【#行政書士】心裡留保整理note
  • 民法のマガジンを刊行しました。第一弾は,「心裡留保」です。記事は,noteで書いています。※このマガジンは,1回買い切りで,マガジン内の記事を全て読むことができます。記事をご購入いただくこともできますが,今後,記事を更新していきますので,マガジンをご購入頂いた方がお得です。ご注意ください。※先着20名様まで,1280円でご購入いただけます。それ以降は,2280円となります。効果的な勉強方法はこちらから!! [続きを読む]
  • 【#学校リスクマネジメント】お勧め書籍の紹介1
  • 最近話題になることが増えてきた学校リスクマネジメント。数回に分けて,お勧めの書籍を紹介していきます。まず,『新しい学校法務の実践と理論―教育現場と弁護士の効果的な連携のために』です。この本の著者は,弁護士資格を持ちながら,現役の教諭をされており,まさに,学校法務の最前線でご活躍されているとのことです。書籍の中身も,そういう著書の経験が踏まえてのものになっていますので,大変参考になります。学校法務の [続きを読む]
  • 【#行政書士】信教の自由整理note2
  • 信教の自由整理note2を書きました。判例「で」学習する方法を掲載しています。判旨をしっかりチェックしたい方にお勧めのマガジンです。記事は、noteにて書いています。※ リンク先のマガジンは,1回買い切りで,マガジン内の記事を全て読むことができます。記事をご購入いただくこともできますが,今後,記事を更新していきますので,マガジンをご購入頂いた方がお得です。ご注意ください。※ 今後,民法,行政法もアップして [続きを読む]
  • 【#行政書士】学問の自由整理note〔憲法〕
  • 学問の自由のまとめnoteを掲載しました。今後、引用文などを使いやすい、noteにて学習まとめ記事を書いていくことが増えていきますので、宜しくお願いいたします。リンク先のマガジンは,1回買い切りで,マガジン内の記事を全て読むことができます。記事単体をご購入いただくこともできますが,今後,記事を更新していきますので,マガジンをご購入頂いた方がお得です。ご注意ください。【LECオススメの講座は下記リンクから】 [続きを読む]
  • 【#公務員試験】面接試験対策用オススメの書籍
  • ぼちぼちと公務員試験も面接対策が気になるころです。例年、面接カードの添削を受けることなく提出し、面接練習で初めて面接カードを見てもらうという方もいらっしゃるのですが、そういうことのないように気をつけましょう。面接カードの〆切は、思っているよりも早く設定されています。したがって、筆記試験の追い込み時期のまえ、一度考えておくことをオススメします。とはいえ、何からはじめていいのか分からない方も多いと思い [続きを読む]