えすた さん プロフィール

  •  
えすたさん: どうにかしたい!「お腹のトラブル」
ハンドル名えすた さん
ブログタイトルどうにかしたい!「お腹のトラブル」
ブログURLhttp://onaka-trouble.blogspot.jp/
サイト紹介文過敏性腸症候群(IBS)をはじめ、下痢、便秘などお腹のトラブルに関することをわかりやすく紹介してます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/01/24 19:05

えすた さんのブログ記事

  • お手頃価格なフィルムタイプの下痢止め:「ロペラFLM」
  • 「水なしで服用できるフィルムタイプの下痢止め」といえばトメダインコーワフィルムという商品が有名ですよね。トメダインコーワフィルムは私も長いこと愛用している市販のお薬なので、以前にこのサイトでも取り上げましたが、今回はこの商品に成分や形状がとっても似ている「ロペラFLM」を実際に購入し試してみたので少し紹介してみたいと思います。こちらのロペラFLMの商品特徴としては・・・(「トメダインコーワフィルムとほぼ [続きを読む]
  • 抗うつ薬と便秘の関係
  • 便秘は「食生活や運動習慣、自律神経のバランス、加齢」などいろいろな原因によって起こりますが、「抗うつ薬を服用することで引き起こされる便秘」もあるそうですね。そこで今回は「抗うつ薬と便秘の関係」について取り上げてみたいと思います。抗うつ薬と便秘の関係便秘は、抗うつ薬の抗コリン作用※によって起こることがある※抗コリン作用とは…神経伝達物質である「アセチルコリン」の分泌を抑える作用抗コリン作用と便秘の関 [続きを読む]
  • 価格がお手頃な痔対策市販薬:「Vザックエース軟膏」
  • お腹のトラブルを抱えている人からすると・・・単に「下痢や便秘をしやすい…」というツラさだけでなく、それらの便通異常によって肛門に負担がかかり「痔」になりやすいのが大変なんですよね。そして「過敏性腸症候群の下痢型である私」もずいぶん前から当たり前のように排便時の出血やカユミなどの症状に悩んでいたため痔の市販薬を頻繁に使用しておりました。とはいえ、私が現在使用しているお薬は「ボラギノールM」や「プリザ [続きを読む]
  • お腹のために「ハーブティーでホッと一息」してみませんか?
  • ハーブには心や体にさまざまな作用があると言われておりますので、そのハーブを使用したハーブティーを「試しに飲んでみたい!」なんて人は多いと思います。というわけで今回は「ハーブティーの飲み方」や「簡単なハーブの種類」について少しだけ取り上げてみました。ハーブティーの飲み方ハーブティーにはドライハーブやフレッシュハーブを使用し、これらは通販で簡単に購入することができるので初心者でも安心ハーブティー用のテ [続きを読む]
  • お腹にできる「しこり」について
  • 自分のお腹をなんとなく触っていたら「なにかしこりのようなものが感じられた…」なんて時にはドキッとしてしまいますよね?そこで今回は腹部のしこりについて少しだけ取り上げてみたいと思います。お腹部分の「しこり」についてお腹部分の「しこり」には…「皮膚の表面にできる脂肪腫(脂肪が固まったもの)や粉瘤(ふんりゅう:老廃物が皮膚の下に溜まった状態)」と「体の内部にできる内臓の炎症や腫瘍」などがある脂肪腫や粉瘤はそ [続きを読む]
  • 飲んだお薬はどのように体に作用するのか?
  • 風邪をひいてしまった時やお腹の調子が悪い時などにお薬を服用されることはよくあることですよね?とはいえ、「実際に薬がどのように体に影響を与えるのか?」ということは普段あまり意識することではないものなので、今回は「薬の吸収から排出」について少し取り上げてみたいと思います。飲んだ薬はどのように体に作用するのか?口から入った薬は胃で溶けて腸で吸収される薬は食べ物と同じように吸収されるため「食後に服用すると [続きを読む]
  • 「オナラが臭い!」「オナラが頻繁に出る!」などでお悩みなら・・・
  • 「オナラについて悩んでいる」という人はとても多いですよね?とはいえ、その悩みが・・・「オナラのニオイなのか?」「オナラの回数なのか?」、はたまた「その両方なのか?」といった具合に人それぞれ困ったポイントが違うでしょうから、今回はオナラについていろいろと取り上げてみたいと思います。オナラについてオナラ(=腸内のガス)は、「口から入った空気やガス」と「腸内で発生したガス」の2種類から作られている腸内ガスの [続きを読む]
  • 便秘の時に使うお薬(下剤)の種類について
  • ひとつ前の記事では「下痢に時に使うお薬」について取り上げましたので、こちらの記事では「便秘の時に使用する下剤」についてご紹介してみたいと思います。便秘対策薬の種類と効き方浸透圧性下剤・・・腸内に水分を取り込んで「動きの鈍った腸を動かしたり、便のカサを増やして柔らかくする」ことで便秘を解消させるお薬。継続して使用しても副作用は少ないが、効果が出るまである程度時間がかかってしまう(最低でも半日、2〜3日 [続きを読む]
  • 下痢の時に使うお薬の種類について
  • 「下痢症状が続いてツラい…」という人からすれば、「お薬で対処して乗り切りたい!」と思うのはごく自然なことですよね?そこで今回は「下痢対策用のお薬にはどんな種類のものがあるのか?」について取り上げてみました。下痢対策薬の種類と効き方整腸薬(ビフィズス菌・乳酸菌・酪酸菌)・・・腸内細菌のバランスが崩れる(悪玉菌の割合が増える)ことで発生する下痢を抑えるために使用されるお薬。副作用の心配がほとんどないため幅 [続きを読む]
  • ご挨拶。
  •  このサイトでは・・・「長い間、過敏性腸症候群で毎日のように悩んでいる管理人が勝手に調べた過敏性腸症候群(過敏性大腸炎)・下痢・便秘の対処法や治療法」などを紹介しております。そして、基本的に記事の構成に関しては、「最初に要点をいくつか箇条書き形式で載せることでササッとチェックできるような作り」にしているので、皆さんが読むのにそれほど手間がかからないように心がけていますが・・・もともと文章を書くのが [続きを読む]
  • 「腸内環境と免疫力」の関係+チェックポイント
  • 腸内環境が良いと免疫力が上がるということはもうすでにかなり有名なお話ではありますね?そこで今回は腸と免疫力について取り上げてみたいと思います。腸内環境と免疫力について腸内には免疫力を司る細胞が多く存在する(60%以上とも言われている)ので、「腸内環境が悪化」することで免疫力が落ちてしまうそのため、自分の免疫力は「腸の状態をチェックするとある程度判断することができる」腸内環境が悪い人(=免疫力が落ちている [続きを読む]
  • 腹巻きは「腸内環境改善」にも効果あり?
  • 「腹巻き」を日常的に使用されている方ってかなり少数ではありますよね?とはいえ、やはり昔からある「定番のお腹を守るためのアイテム」ですので・・・今回は「腹巻きと腸内環境」について取り上げてみたいと思います。腹巻きと腸内環境の関係腸内環境を整えることで「便通異常の改善」や「免疫力アップ」「老化防止」「ダイエット」など様々な良い効果があることはよく知られており、「ストレスの原因が多く、食生活が乱れがちな [続きを読む]
  • 腹巻きは「腸内環境改善」にも効果あり?
  • 「腹巻き」を日常的に使用されている方ってかなり少数ではありますよね?とはいえ、やはり昔からある「定番のお腹を守るためのアイテム」ですので・・・今回は「腹巻きと腸内環境」について取り上げてみたいと思います。腹巻きと腸内環境の関係腸内環境を整えることで「便通異常の改善」や「免疫力アップ」「老化防止」「ダイエット」など様々な良い効果があることはよく知られており、「ストレスの原因が多く、食生活が乱れがちな [続きを読む]
  • TOTOの暖房便座「TCF116」への交換はとってもカンタン。
  • 数日前のお話ですが・・・いつも通りの朝をむかえ、いつも通りトイレにいった私が便座に座ると・・・いつもは温かいハズの便座が冷たくて超ビックリ!不意をつかれた便座の冷たさに朝一番で心臓が止まりそうなほどの衝撃を受けてしまいましたが、どうやら今まで長年(20年ぐらい?)使用していた「便座の温め機能」がついに故障してしまったようです・・・「これからトイレに行くたびにこの地獄が待っているのか…」という恐ろしさと [続きを読む]
  • 過敏性腸症候群対策のための処方薬:「トランコロン錠」
  • 過敏性腸症候群でお悩みの方ですと「トランコロン」というお薬の名前はすでに聞いたことがあるかもしれません。というわけで、今回はこちらの「IBS対策用処方薬のトランコロン錠」について簡単にまとめてみました。トランコロン錠についてトランコロンとは、「メペンゾラート臭化物」という成分により腸や胃が過敏に動くことを抑えてくれるお薬胃腸に作用するお薬ではあるが、大腸に強く作用してくれるので「IBSによる腹痛や下痢・ [続きを読む]
  • 過敏性腸症候群対策のための処方薬:「トランコロン錠」
  • 過敏性腸症候群でお悩みの方ですと「トランコロン」というお薬の名前はすでに聞いたことがあるかもしれません。というわけで、今回はこちらの「IBS対策用処方薬のトランコロン錠」について簡単にまとめてみました。トランコロン錠についてトランコロンとは、「メペンゾラート臭化物」という成分により腸や胃が過敏に動くことを抑えてくれるお薬胃腸に作用するお薬ではあるが、大腸に強く作用してくれるので「IBSによる腹痛や下痢・ [続きを読む]
  • IBSと深く関連している自律神経失調症について
  • 「過敏性腸症候群と自律神経」には深い関係がありますが、自律神経のバランスが崩れることによって体が不調になってしまう「自律神経失調症」も知っておきたい問題ですよね?そこで今回は自律神経失調症について取り上げてみたいと思います。自律神経失調症とは?自律神経失調症とは・・・「自律神経(交感神経と副交感神経)の切り替えがうまくいかなくなって体にさまざまな症状がでてしまう」こと主にストレスが原因で、内臓などに [続きを読む]
  • 「赤ちゃん〜お年寄り」の腸内環境の変化
  • 腸内環境というものは日常生活の心がけによって大きく変化していきますが、やはり「年齢」による変化も大きいようですね。そこで「赤ちゃん〜お年寄りの腸内環境」について取り上げてみたいと思います。年齢による腸内環境の変化について赤ちゃんの腸内はお腹の中にいるときは無菌状態で、生まれてくるときに母親の体からの影響で腸内細菌が住み着きはじめる生まれてすぐの赤ちゃんは悪玉菌が多いが、授乳によって一気にビフィズス [続きを読む]