さんまる さん プロフィール

  •  
さんまるさん: 奈良散策
ハンドル名さんまる さん
ブログタイトル奈良散策
ブログURLhttp://e30m3.blog.fc2.com/
サイト紹介文奈良の行事や情報など・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/01/25 13:11

さんまる さんのブログ記事

  • 東大寺二月堂「修二会」本行始まる
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜3月1日未明、奈良県だけでなく全国的にも注目度の高い法会、東大寺二月堂の「修二会」本行が始まりました  アタシ事ですが、修二会自体聴聞するのは3年ぶりのこと別火での「社参」や参籠宿所入りなども拝見したかったのですが都合がつかず、「開白」を聴聞してきました前回聴聞した時より、人出は多かったですね。。。 [続きを読む]
  • 稲荷さんの祭日、孫太郎稲荷神社「初午祭」
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜西ノ京・薬師寺の敷地に鎮座する孫太郎稲荷神社ご由緒ははっきりしないようで、姫路にあったものを寛政期(1789 - 1801)に移されたようです        2月の初午(2017年は2月12日)は、運気が最も高くなる日とされ、稲荷神の祭日にあたります休ヶ岡八幡宮の神職と薬師寺から僧侶が奉仕し、神事が斎行されました神前 [続きを読む]
  • 砂を牛に降り掛け豊穣祈願、小泉神社「御田植祭」
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜大和郡山市小泉町に鎮座する小泉神社紀元節の2月11日に御田植祭が斎行されました大和小泉駅から徒歩で約15分、予想以上に早く到着してしまい、本社・境内社に参拝して御朱印をいただき、境内でだらだらとしておりました     小泉神社      祭神  素戔嗚命           誉田別命境内社       [続きを読む]
  • 開運福引きの豆まき、大安寺「節分会」
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜2月3日は節分日本全国、いたる所で「豆まき」が行われ立春を迎えました2年ぶりに大安寺に行って参りました  14時から護摩堂で護摩のお焚き上げをし、15時から豆まきが行われますこの日は、やや風が強く住職から「お護摩の焚き上げが終了次第豆まきを行いますので、もうしばらくお待ちください・・・」  河野良文貫主 [続きを読む]
  • 奈良の夜空を焦がす、若草山焼き
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜1月28日、奈良を代表する伝統行事のひとつ・「若草山焼き」が行われました実行委員会の発表によると18万人の人出があったようですここ2年は、自宅から花火の一部を見ただけでしたが、今年は3年ぶりに山麓で見てきました飛火野では13時より神事があり、祝詞奏上・巫女神楽などが斎行され、神事後に大とんどに点火されてか [続きを読む]
  • 十一面観音を讃嘆、法隆寺「上宮王院修正会」
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜1月16日〜1月18日、法隆寺の東院では、夢殿の本尊・十一面観音の徳を讃嘆し国家・寺家の興隆を祈願する「上宮王院修正会」が厳修されました1月16日、法隆寺には久々の参拝法会まで時間がありましたので、いつも乍ら境内を散策      西院伽藍から東院に向かう参道の途中にある東大門かつては鏡池の東側にあったよう [続きを読む]
  • 「奈良大立山まつり」始まる
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜1月25日、平城宮跡にて2回目となる「奈良大立山まつり」が始まりました初めてとなる昨年は、「青森ねぶた」のパクリだ!、らしくない!、など散々な言われようで、挙句に来場者数に疑問、と県議会で取り上げられたりしました3日目の1月27日、あったかもんグランプリやステージの催事は17時頃から  和太鼓のワークショッ [続きを読む]
  • 大和郡山市野垣内町、春日若宮神社「砂の道」
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜大和郡山城址の東方、野垣内町に鎮座する春日若宮神社  春日若宮神社      御祭神  天押雲根命(あめのおしくねのみこと)        境内社           住吉神社  住吉大神          稲荷神社  宇気母知神現在、この神社は無住になっていて、祭祀は薬園八幡神社の神職さんが行っ [続きを読む]
  • 火焚串のお焚き上げ、大福稲荷神社「御火焚祭」
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜12月8日、奈良市餅飯殿町に鎮座する大福稲荷神社で、火焚串をお焚き上げする「御火焚祭」が斎行されました大福稲荷神社は春日大社の末社で、おん祭りの大宿所の敷地内に祀られていますこの地は、かつては興福寺遍照院のあった場所で、神社は守護神であったと考えられています餅飯殿商店街は木曜日が定休日、新たに出店し [続きを読む]
  • 織物の神、畠田火幡神社「宵宮」
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜9月16日、王寺町畠田に鎮座する火幡(ほばた)神社の宵宮祭礼が斎行されました     火幡神社      祭神 天児屋根命(あめのこやねのみこと)          神功皇后(じんぐうこうごう)          誉田別命(ほんだわけのみこと)          玉依姫命(たまよりひめのみこと)   [続きを読む]
  • 奈良・東アジアの民俗芸能 vol.3 「吐山の太鼓踊り」
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜9月11日は、奈良県大芸術祭「奈良x東アジアの民俗芸能」2日目この日の演目は     「吐山の太鼓踊り」 都祁吐山町・下部(おりべ)神社     「安堵町なもで踊り」 安堵町・飽波神社     「紅しで踊り」 大和神社     「韓国伝統舞踊」10日同様、JR奈良駅前広場にて、「吐山の太鼓踊り」のみ拝見し [続きを読む]
  • 融通念仏宗信徒によるお勤め、王寺町大田口薬師堂「ヨウカイ」
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜王寺町本町の薬師堂では、4月と9月の8日に薬師会(ヨウカイ)が営まれますこういったお堂では、一般に公開されていないので、尊像を拝見するためにはこういった日しか機会はありませんお堂は地図では確認できなかったので、「その地域まで行ったら何とかなる・・・」などといつもながらの安易な発想で、王寺駅から歩くこ [続きを読む]
  • 奈良・東アジアの民俗芸能 vol.2「龍口の獅子舞」
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜奈良県大芸術祭「奈良・東アジアの民俗芸能」、9月10日の2番目の演目は「龍口の獅子舞」宇陀市室生龍口に鎮座する白山神社の例祭で奉納されるもので、奈良県無形民俗文化財に指定されています竿箪笥を担いで保存会の方々が到着し、準備を始めました  「龍口の獅子舞」は伊賀地方系の二人立ちのもので、村内の各家を廻る [続きを読む]
  • いちごんさんの例祭、葛城一言主神社「秋季大祭」
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜御所市森脇に鎮座する、葛城一言主神社の例祭「秋の大祭(御神火祭)」が9月15日に斎行されました近鉄御所駅から、御所コミュニティバスで約40分、豊田で下車して神社に向かいますこの日は、台風の影響による秋雨前線で、一時小雨が降る天候、葛城山系の麓ではガスが出て、落ち着いた風情がありました    途中で、彼 [続きを読む]
  • 曼珠沙華 at 御所市森脇周辺
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜初秋を代表する花・彼岸花が咲き始めました県内では、宇陀市・仏隆寺、明日香村、葛城古道などが著名ですが、寺社の境内・田の畦道や河岸などいたるところで開花しているので、それぞれにお気に入りのスポットもあるでしょう。。。。。ただ、仏隆寺では獣害でかつての風景が見られない、という話も聞きますこの日は、葛城 [続きを読む]
  • 奈良・東アジアの民俗芸能 vol.1「菅野の獅子舞」
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜3年目を迎えた「奈良県大芸術祭」、イベントの一つとして「奈良x東アジアの民俗芸能」が、9月10.11日の2日間、近鉄奈良駅・JR奈良駅前の広場で行われました韓国・中国を入れたのは昨年の状況を踏まえて、といったところでしょうが、まあアタシ的にはどうでもいい・・・近鉄駅前は狭くて、人通りも多いことから、JR奈良駅 [続きを読む]
  • 乳垂地蔵尊のお祭り、王寺町畠田「乳かけ地蔵会式」
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜8月23日、王寺町畠田に祀られている乳かけ地蔵尊(乳垂地蔵尊・ままたれじぞう)で回向供養・地蔵会式が厳修されました畠田駅から歩いて5分、168号線沿いの畠田郵便局近くで提灯が見えてきました  会所で番をされていたご婦人に挨拶して、お地蔵さまに参拝  敷地に掛かる縁起によると    推古天皇の御乳母に乳少 [続きを読む]
  • なら奈良まつり2016
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜9月3・4日、平城宮跡では奈良商工会議所青年部主催による「なら奈良まつり」が行われました例年、初日の夜には打上げ花火もあるので、数年来行こうと予定していましたが、雨天やら急用などで行くことができず、今年が初めてです先月末の「天平たなばた祭り」同様に露店が出ていましたが、所々に長い行列が出来ていて、買 [続きを読む]
  • 西ノ京ロータスロード2016
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜盆入りの8月13日、西ノ京ロータスロードの拝観期限が迫っていたので、薬師寺・唐招提寺の2ヵ寺に参拝しました薬師寺では、15日まで写経道場で盂蘭盆会が厳修されます玄奘三蔵院伽藍で  青空と雲のコントラストが綺麗でしたが、入道雲に力強さがないような・・・・・ここ数年は、気温は高いものの夕立がなくて、なんか「 [続きを読む]
  • 「天平たなばた祭り」始まる
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜8月26日、夏の夜の恒例イベント「天平たなばた祭り」が始まりました例年、「平城京天平祭★夏」としていましたが、今年から名称変更したようです薄暮の「ミラーボール・煌く五神」    大極殿の特設ステージにせんとくん登場    例によって最前列は撮影目当ての高年層子供に譲るなどできない時世、最初から前列は [続きを読む]
  • 奈良町の灯明供養、元興寺「地蔵会」
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜8月23・24日、元興寺では地蔵会が行われました両日とも夕方から、本堂と浮図田(ふとでん、石塔・石仏を田のように並べた供養形態)で法要が厳修され、浮図田に置かれた灯明皿に灯りが点され、幻影的な風景が広がります8月24日、夕方から参拝して来ました法要を終えて、式衆の方々が寺務所に戻ります    夕方の点景( [続きを読む]
  • 真夏の大とんど、墨坂神社「火祭り」
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜墨坂神社は、榛原区萩原の宇陀川沿いに鎮座する古社『日本書紀』では、崇神天皇9(380)年に疫病が蔓延し、これを鎮めるために峠に墨坂神を祀ったところ、疫病がおさまったことが始まりとされます  8月3日、旧社地で採られた斎火でとんどが行われ、暑気払いとともに身体健康・家内安全が祈願されます近鉄榛原駅を降りる [続きを読む]
  • 行基さんの縁日、喜光寺「縁日」
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜菅原町にある喜光寺では、天平21(749)年2月2日に亡くなった行基菩薩を供養するため、月命日にあたる毎月2日(3月は大祭)に縁日があり、法要・法話・写経が行われます8月2日は、「西ノ京ロータスロード」の期間中で、チケットを利用して参拝してまいりました法要の開始は12:30 から、それまで本堂・行基堂・弁天堂に参 [続きを読む]
  • 花の寺・練供養と柴燈護摩、船宿寺「花まつり」
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜5月3日、御所市五百家(ゆうか)にある船宿寺では「花まつり法要」が厳修されました船宿寺へは、御所駅などから奈良交通や御所市コミュニティバスがありますが、この日の予定は船宿寺だけなので、ゆっくりと時間をとって、コミュニティバスで御所駅からは1時間弱と運行本数も少ないのですが、1回100円と安い。。。で、地 [続きを読む]
  • 西大寺の御衣黄桜?2016
  • にほんブログ村 ↑↑ 奈良情報ブログの杜にほんブログ村 ↑↑ 日本全国、祭・イベント写真関係ブログの杜奈良県では数ヶ所でしか見ることができない御衣黄桜(ギョイコウ)例年、4月20日前後が見頃ですが、今年は少し早かったようです西大寺の個体は、南門前の参道脇にあります  御衣黄は、咲き始めは緑か薄緑で、次第に花芯が赤らんでゆく品種ここの個体は、色の変化は見られますが、特徴のひとつ・花弁が反り返る、といっ [続きを読む]