ガンプラマン さん プロフィール

  •  
ガンプラマンさん: ガンプラマン
ハンドル名ガンプラマン さん
ブログタイトルガンプラマン
ブログURLhttp://gunplaman.seesaa.net/
サイト紹介文ガンプラを中心に作っています。作っていく過程を写真でアップしています。
自由文ガンプラ大好き人間のブログです。ガンプラの製作工程を写真でアップ! 下手ですが、よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1284回 / 365日(平均24.6回/週) - 参加 2014/01/25 18:46

ガンプラマン さんのブログ記事

  • 腕パーツ、脚パーツを接着/MSM-03C ハイゴッグ(HGUC 1/144)
  • 最近のガンプラは本当によく出来ていて、基本、接着剤を使用しないでも、ピタッ!とパーツが合わさり、段差や隙間もほとんど出ないようになっています。しかし、ハイゴッグの脚部と腕部の2分割パーツは、塗装の際に2分割の線が露骨に出てくるとイヤ〜な感じになりそうなので、合わせ目消しを目的として、接着材を塗ってくっつけました。パーツの両側の接着面にタミヤセメントを多めに塗りつけ、溶けたプラがムニュムニュとはみ出 [続きを読む]
  • パーツの裏にマホサフ吹き/MSM-03C ハイゴッグ
  • このハイゴッグもラッカー系塗料の筆塗で仕上げるつもりですが、組み立てた後に、筆がはいらない箇所もたくさんありそうです。特に外装の裏側、たとえば膝を曲げたら内側から明るいプラスチックの色がコンニチワということって、よくあることです。せっかく外側をリアルに作ったとしても、内側からチラリと見えるプラスチックの色ひとつで急激におもちゃっぽいイメージに堕すこともあります。ですので、ハイゴッグのパーツの裏面で [続きを読む]
  • 盾の白帯はがし/HGUC 1/144 EMS-10 ヅダ
  • ヅダの盾の白帯ですが、爪で軽く表面をなぞったら、あわわ、ベリッと剥がれてしまいました。やはりリップクリームを下地に塗装すると、塗膜を剥がしやすいというメリットはあるけれども、上からクリアでコーティングしたとしてもベリリと剥がれやすいのですね。べつにマシーネンクリーガーじゃないから識別線無くてもいっかぁってことで(ミノフスキー粒子下の有視界近接戦闘においては識別帯は有効だとは思うけど)残りの白い部分 [続きを読む]
  • 腕の制作/HGハイゴッグ 1/144
  • ハイゴッグの腕、残りのパーツを組み立てました。悪魔の手、昆虫の手のようです。爪でひっかかれたら全身に毒が回りそうです。上腕部(?)と合体!腕長ぇ!腕長ジャミラっすね。地に足が着く、のではなく、地に手が着く。爪も長いっす。ポーズをとって遊んでます。ロボコン的に、うらら〜。肩を落としてポーズ!なかなか面白いカタチをしたMSです。というか、ほとんどMSには見えないんですが。兵器というよりは生物って感じですね [続きを読む]
  • 艦底色を部分塗り/HGUCヅダ 1/144
  • ヅダの各所に薄めた艦底色を面相筆でぺたぺた塗っていきました。特にサビサビを強調したいところにペタペタと。顔にはドムっぽくペタペタ塗ってみたり。艦底色が乾かないうちに、ビショ薄めのモンザレッドを上から重ねたので、けっこう赤っぽくなっちゃったな。HGUC 1/144 EMS-10 ヅダ (機動戦士ガンダム MS IGLOO) [続きを読む]
  • 腕を組み立て/HG ハイゴッグ 1/144
  • ハイゴッグの腕を組み立てました。内部の関節の部分(ABS製)、あらかじめマホガニー吹き付けておいて良かった〜。胴体に取り付けると、ジャミラな感じです。腰がくびれたズゴックにも見えますね。キュベレイのような立派な肩がないと、なんだかハイゴッグなのにハイゴッグに見えませんね。続きの制作、がんばるぞ〜!手ながクラゲのようなハイゴッグ、なかなか可愛いです。HGUC 1/144 MSM-03C ハイゴッグ (機動戦士ガンダム0080 [続きを読む]
  • 足先の組み立て/MSM-03C ハイゴッグ
  • ハイゴッグの足先を組み立てました。独特な形状をしておりますの。で、ドッキングさせると、こんな感じに。うーむ、胸から上がぺしゃんこに潰れたズゴックみたいです。ちなみに、足先はこのように折りたためます。巡行形態の時にこのように折りたたむようですね。 [続きを読む]
  • 腰の組み立て/MSM-03C ハイゴッグ
  • ハイゴッグの腰部を組み立てました。前の2つの円は何だろう?大きなネジ?ひっくり返すと、ホバーの乗り物みたいです。で、上半身と合体させると、こんな感じに。ゴッグというよりも精悍なズゴック、もしくは、腕のないグラブロみたいですな。 [続きを読む]