kotori2013 さん プロフィール

  •  
kotori2013さん: ふたり暮らしの昼ごはん
ハンドル名kotori2013 さん
ブログタイトルふたり暮らしの昼ごはん
ブログURLhttp://kotori2013.cocolog-nifty.com/foruda/
サイト紹介文ゆっくり作れるふたり暮らしのお昼ごはん。食卓には庭の花を添えてフォトジェニックに、が私の理想。
自由文リタイアした夫との毎日の食卓は、美味しいけれど地味な色合いの和の朝ごはん。段々夕食が軽くなってきてその分バリエーションに富んだ昼ごはんをフォトジェニックに撮ってみたくなりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2014/01/26 16:26

kotori2013 さんのブログ記事

  • 15本目のバラ、「レッドレオナルドダヴィンチ」
  • 夫がバラに影を落としていた木を剪定してくれたら、日が当たるようになって瞬く間にバラが咲き始めました。かなりのつぼみが落ちた後だったのでわずかしかない花でも自分で育てたバラが咲いたというのは格別な喜びがありますね。毎日眺め、室内に飾り、楽しんでいます。そして、昨年のミステリアスローズ(名札の付けまちがいで黄色いバラを買ったはずだったのにピンクの花が咲いてしまった)に続く第2弾です。先日またまたHCで [続きを読む]
  • オープンガーデンに伺って
  • 今年も楽しみに待っていた「オープンガーデン」に2回も行ってきました。最初は近所に住む長女を誘って、2度目は一人でゆっくりと見てきました。昨年も素晴らしかったのですが、今年はセカンドガーデンも充実して本当にうっとりとするほど素敵でした。日当たりと風通しがいいお庭なのでバラはこれでもか!って言わんばかりに咲き誇っていて圧倒されました。来年にはもっと木が大きく育ってこれまで以上になるのかと想像すると本当 [続きを読む]
  • 落ち込みました
  • 3年ぶりぐらいにホームベーカリーでパンを焼いています。それも最近夫が焼いてくれている普通の食パンコースで焼いたパンの耳が固くて美味しくないので、「ソフトパンコース」に変えたいだけと言うだけの理由です、こんなレベルの事をして専業主婦って言えるのかって感じです。(〜〜;しばらくぶりにHBを取り出して夫が決めた場所にある夫が決めた材料でパンを焼く準備をするって・・・疲れます。取説を見ないと焼き方を忘れて [続きを読む]
  • ピンクのスイトピー
  • 聖子ちゃんは「赤いスイトピー」と歌いましたが、私はスイトピーはやっぱりピンクだと思います。 一本だけでは印象が弱く、ある程度まとまった量で見る花ですから、赤ではきつすぎると思うし、日に透けて見える花びらの繊細なウェーブはやはり赤よりもピンクの方がきれいなグラデーションになります。 というわけで我が家のスイトピーはピンクだけ刈り取られて赤は外で見ています。この赤があればバラの花がなくても庭が華やかに [続きを読む]
  • バラの庭の夢ははかなく消えて・・・・
  • バラは満開の前の5分咲きぐらいが一番美しいと思うのだけれど、どうせなら一番長く楽しめる満開の時も綺麗なバラがあるといいなあと思いました。それが私にとっては「蕊の美しいバラ」でした。元の家の隣家に植えられていた「ジャクリーヌデュプレ」は一重に近い花びらに赤いおしべがとても印象的だったし、「ナニワイバラ」も黄色いおしべが白い花びらに映えてとても爽やかできれいでした。そういう意味で植えてみたのがアイボリ [続きを読む]
  • 食べ比べの昼ご飯
  • ワンプレートのお昼ご飯です。お店に出回り始めたミネオラと普通のオレンジの食べ比べ。独特のいい香りがするミネオラは手で剥けるオレンジで香りも甘みも濃くて美味しかったです。前日に街に出かけて買ってきた数種類の美味しいパンを角皿に盛り付け、RG(アールジー=主=夫)と仲良く半分こして少しずついろんなお味の食べ比べ。小さなガラスの小鉢に入っているのは今しかない新玉ねぎの甘酢漬けで作ったサラダ。この甘酢漬け [続きを読む]
  • 今年最初のバラ
  • ワワわ、もう5月・・・・皆様大変長らくご無沙汰して失礼いたしました。やけに長くほったらかしていたのは、この頃何だか毎日食事の支度ばっかりりしているみたいな気がしていて、ブログにアップする気にもなれませんでした。何とかして暮らしのマンネリ化を打ち破ろうと昔々使っていた水彩道具を出して庭のスケッチでも始めようかと思っているのですが、家のアチコチに分散してしまってあった道具を集めたりなどしただけで疲れて [続きを読む]
  • 早春の庭仕事
  • 本格的な春はまだ遠い時期ではありますが、ここ数日春のような暖かい日が続いたので久々に庭仕事をしました。畑の隅の私の小さな領土(?)に植えたグリンピースの苗はウカウカと背丈を伸ばしてちょっとの雪で倒れてしまいましたが、賢いスイトピーはまだまだ春は先の事と知っていて立つことはせず地を這うように伸びています。端の苗の生育が悪いので可哀想だけれど抜きました。端なので何かほかの物を植えようと思っています。手 [続きを読む]
  • ミニシール容器のおぜんざい
  • 今日は食器棚の中を整理してアチコチに分散して仕舞っていた保存瓶を一か所にまとめ、これ以上は絶対に数を増やさないと決心しました。保存食を作るのがマイブームだった頃にいろいろな物を瓶詰保存してみましたが、作っただけで満足して食べることを忘れていたら、あっという間に1,2年過ぎてしまった物がゴロゴロ・・・。(〜〜;さすがにこれではいけないと思って今日は1年以上たった保存食は全部出中身を出して処分しました [続きを読む]
  • 熱々フ〜フ〜鍋焼き天ぷらうどん
  • RG(アールジー=主=夫)はうどんが好きなのですが、私はお店で食べる讃岐うどん以外は出来るだけ食べたくありません。どうしてかと言うと私が家で作ると(粉末のうどんの出汁なので)どう頑張ってもおいしく作れなかったからです。でも、このところコツがわかってきてやっとおいしい出汁を作れるようになったのですが、試しに売っている液体のうどん専用出汁を買ってみたらお店と同じおいしさで、すっかり気に入りました。それ [続きを読む]
  • 今年の柚子
  • 昨年は45個も実が生って感激した柚子ですが、今年は裏年に当たるので大した収穫は期待できないと思っていましたが、なんと大きな実が20数個もなってびっくり!まだ小さな木なのに、こんなにたくさん実が付くなんてRG(アールジー=主=夫)様が丹精して世話してくれたおかげだと感謝感激です。昨年より樹高も少し高くなったので道路からもよく見えるようになって私は嬉しくてたまりません。寒々しい初冬の庭をこの明るい柚子 [続きを読む]
  • カフェオレボウルのポタージュと最後のバラ
  • 嵌りやすい傾向のある私はただいま「ポタージュ」にドップリ、です。(^^;寒いこの季節には冷めにくくて体が温まるポタージュがいいわと思って「里芋のポタージュ」で火がついた私は次に「マッシュルームのポタージュ」を作ってみました。マッシュルームが安く手に入ったので、アメリカの缶詰「キャンベル」の味を再現しようとしたのですが、レシピがないのでテキトーに作りました。玉ねぎとマッシュルームだけでは量が足りない [続きを読む]
  • 里芋のポタージュで昼ご飯
  • 先日初めてやさしいお味の「里芋のポタージュ」を頂く機会があって、さっそく私も真似して作ってみました。里芋はミキサーの中できれいな梅の模様みたいになって、しっかりしたトロミが付きました。里芋自体のおいしさが決め手になるだろうと思いましたが、ちょっと自信がないので私はやっぱり玉ねぎも一緒に煮ました。それに牛乳とバターを加えると「ポタージュ」になります。古伊万里風の絵柄のお皿は食卓をパッと華やかにしてく [続きを読む]
  • バラ「春乃」と「セプタードアイル」
  • うどんこ病にかかりながらも健気につぼみを付けてくれた「春乃」は室内の日当たりのいい暖かい場所に置いていたら徐々に開花してきました。春にはクォーターロゼットの美しい姿を見せてくれましたが、今回はどうでしょうか?最初の頃はセプタードアイルの方がもっと濃いピンクで、本当なら「春乃」は中心だけが濃いピンクで周囲はもっと白に近い薄いピンクになるのですが・・・。元気にどんどんつぼみを付けるセプタードアイルと一 [続きを読む]
  • アルテミスの花色のアイボリー
  • これが最後のセプタードアイルかと思っていたら、もう少しつぼみがありました。香りのいいバラはよく小さいコガネムシのような虫に食べられるので咲くや否や即切り花として切って部屋で鑑賞するというのがマイルール。アルテミスはこのアイボリーの色がなかなかうまく撮れなくて何枚も撮ってみたのですが、どれも実物の色とはちょっと違うような・・・。つぼみの最初のころの中心はかなりピンクがかっていて、それがいつもうまく撮 [続きを読む]
  • 今年最後のセプタードアイル
  • これが今年最後のセプタードアイルかなと思います。 秋のバラは春より一回り大きくしっとりしていて、ゆっくり開き、花色はこっくりと深く発色して私を魅了してくれます。 食事をしない時のダイニングテーブルの真ん中にはいつも庭で咲いた花を飾っています。ナルミの品のいい白い花器はどんな花も格好良く見せてくれるし、場所を取らず食事時に花を置いても邪魔にならないところが気に入っています。 [続きを読む]
  • ビーフシチューと洋ナシの昼ご飯
  • 昨日の画像にある華やかな絵付けが楽しいお皿とシンプルな蓋つきシチューボウルでビーフシチューと洋ナシの昼ご飯です。シチューはカレー用に煮込んだ具材をカレールーを入れる前に半分取り分けておいて「ビーフシチュー」のルーを入れただけの「なんちゃってビーフシチュー」。(^^;それにしても本当に写真って正直ですね、シチューが冷めないうちに早く写真を撮ろうと焦って洋ナシを入れる小皿を出す暇がなくて、パンのお皿に [続きを読む]
  • 古伊万里風の華やかな皿と油滴天目の皿
  • 長く続いた白い食器ブームにはさすがに飽きて、染付のお皿が欲しくなって先日町に出た時に18センチぐらいの和皿を探しましたが、お値段とデザインで気に入った物は見つかりませんでした。そういえば染付ではないけれど、柄違いの5枚で20センチぐらいのお皿セットを持っていたっけ、と思い出しました。さっそく食器棚の奥から出してみると久しぶりに見るせいか何だか新鮮。(笑)少々華やか過ぎる模様が普段の食卓には使い辛く [続きを読む]
  • 食材を使い切るまとめ調理と冷凍庫の快適な使い方
  • RG(アールジー=あるじ=主=夫)が毎日サンデー(つまりリタイアしたってことですね)になって以来、それまで冷蔵庫にある残り物をおなかがすいた時に食べるという主婦だけのテキトー昼ご飯は、時間も内容もキチンとしたものに変わらざるを得ませんでした。RGの暮らし方に合わせているだけだと、私が自由に使いたい時間は細切れになるばかりで、その中でも最大の問題は「昼食」でした。RGの健康の為に夕食を軽くするように [続きを読む]
  • ガーデニング戦争! 家庭菜園部門
  • 天候不順のせいで今年の一年草の苗作りはしっちゃかめっちゃかでしたが、一年草の後から撒いたグリンピースの方はガッチリした良い苗が出来ました。我が家のガーデニング戦争(??)は南や東の庭だけでなく西の家庭菜園部門でも、私がひざを痛めて充分に畑の管理が出来なかった隙を狙って元は私の畑本体をRGに乗っ取られてしまいました。(号泣)わずかに耕作を許されたのは北側の端っこで出っ張った部分(下の画面「拡張部分」 [続きを読む]
  • 名無しのバラに名前を付ける
  • 近くの園芸店で黄色いバラの写真に「アンドレ・グランディア」と名札が付いていたので買ってみたらなんと、淡いピンクつぼみが付きました。黄色のバラが欲しかった私は園芸店に説明して返品してこようと思いましたが、よく考えてみたらこの名札は細い針金で巻き付けられているだけなので誰でも簡単に外せます。だからいつ誰が故意に付け替えたのか、または付け間違えたのかは今となってはもう謎でしかないと気が付きました。それか [続きを読む]
  • ポーリッシュポタリーで昼ご飯
  • 昨日はRG様用としてアフタヌーンティーのおしゃれポット=土鍋で鍋焼きうどんを作って喜ばれましたが、実はおうどんは1玉しかなくて、同じの日の私のお昼ご飯は少しずつ残しておいたパンを食べていました。とは言っても、なかなか豪華版のお昼ご飯でした。(RG様ごめんなさいね。)先日買ったばかりのポーリッシュポタリーのカップには抹茶ラテ、お揃いのケーキ皿には自家製鳥ハムとトマトのサラダ、レース模様のお皿には3種 [続きを読む]
  • アフタヌーンティーのポットで鍋焼きうどん?!
  • 木枯らし一号らしき北風がピュ〜〜ッと吹いて、いよいよ冬が近づいて来るようです。こんな一寸肌寒い日のお昼には熱々のおうどんなんていうのもいいかも、と思ってRGに作った「鍋焼きうどん」です。薄手アルミ製の浅い専用鍋を持っていないので土鍋で作りました。でも、この土鍋は蓋に「アフタヌーンティー」のロゴが入っているおしゃれな物でシチューなどを入れるのが正解なのであって、間違っても鍋焼きうどんって感じではない [続きを読む]