黒うさアリス さん プロフィール

  •  
黒うさアリスさん: アスペ夫と愉快な夫婦生活☆
ハンドル名黒うさアリス さん
ブログタイトルアスペ夫と愉快な夫婦生活☆
ブログURLhttps://ameblo.jp/20110419-0812
サイト紹介文うちの夫は狂犬だと思っていたある日、実はアスペルガーという障害だった。夫と子育てに奮闘するブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/01/27 07:12

黒うさアリス さんのブログ記事

  • 頭は使うものです。
  • 昔は台風が来ようが何ともなかったのに、台風が近づくと頭痛と眠気に襲われるようになった。気圧によるものらしいが、そんなアンテナいらないです。気圧にさえストレス感じるほど敏感になりたくないです。夏休み明けても図書館通いを続けているのですが、私が目下借りるのは育児の本と啓発の本です。借りる時はセルフ(時代だね)なのに返すのはカウンターで職員さんと向き合って…これちょっと恥ずかしい!今回は↓のラインナップ [続きを読む]
  • 受難、運動会。
  • 一難去って、また一難。運動会について担任から話を受けた。『息子くんにとって楽しい運動会にするか、皆と同じように運動会に参加するか』どうしますか?と言ったこと。内心、物は言い様で『息子を皆と一緒に参加させるか、別にするかどうしましょう?』ってことだ。運動会の練習は楽しくできてるようだったので正直そんるとは思ってなかった。担任から聞くと『かけっこ』も『体操』も頑張って参加してるし問題はないそう。ただ [続きを読む]
  • 休み明け幼稚園スタート
  • いよいよ始まりましたね、幼稚園。休み明けに『やっと幼稚園行ってくれる〜』と喜ぶ親もいれば、毎日の送り迎え、ママ付き合いに憂鬱だったり、我が子の巻き起こす問題に気を揉んだりして『ずっと休みだったらいいのに』とネガティブになる親もいるでしょう。はい、私は後者です!最近は元CAさんが出した啓発本やら、出発会社の編集者が出した話し方に関する本など借りて読んで『なるほどなぁ〜できる人はこうするのか』と勉強に [続きを読む]
  • 受け入れる心
  • ふと『乳児検診』を思い出す機会があった。当時感じた想いと今ではだいぶ差があることに気づかされた。一歳半検診、息子は当時歩けるし言葉も周りに比べて早く、喃語を使わず大人の言葉をすぐ覚えて使っていた。しかし、児童館で周りの子が先生の合図で躍りを踊る輪には絶対入らなかった。今なら分かる息子のこだわり、しかも一歳半でしっかり自己主張していたわけだ。『だって踊るんかっこわるい』未だに言います。今は何とかや [続きを読む]
  • 困った時の神頼み
  • 夫は夏休み返上で働いているものの…現実は残酷なものです。障害年金を申請したものの結果は早くて3ヶ月後、入金となるとさらに時間がかかる。通るか通らないかも定かでないものを頼るのは心もとない。『動かなければ状態は変化しない』ということで就活始めました。…でも現実は厳しい。息子は幼稚園なので延長保育はあるものの17時までで夏期や冬期は休みになる。幼稚園休みに合わせて調整して貰え、かつ私の障害も受け入れて [続きを読む]
  • ハッピーバースデーtoミー
  • 34歳になりました。数ヶ月だけですが夫より一歳年上になります。姉さん女房や?とおちょくる夫にガチでイラッときます。この時期、書類など書く時も夫が一個下になるのは不愉快です。←たぶんケラケラ笑い年上をネタにする夫の顔が浮かぶからかも。今年は『自分の誕生日は家事しません』宣言をしていました。かといって進んで夫が家事をしたわけでもないですが、朝は冷凍しておいたホットケーキを食べ、昼はカップラーメンにお湯 [続きを読む]
  • 上履きをデコります。
  • 4月に入園して半年経たずに上履きがサイズアウトらしい←本人キツイというがまだいけそうだが。園では白シューズに個々が区別できるようにデコって下さいという指示が。女の子はリボンとかビーズとかで可愛らしくできるけど男の子はどないデコればよいやら…。初代上履きはキャンバス地の白シューズに布用クレヨンで描いたのだが、これが描きにくい。キャンバス地は汚れまくり洗うのが毎回大変で今回はビニール製の白シューズに [続きを読む]
  • インドアという名の引きこもりです。
  • 事務的な理由の病院巡りと役所行脚、持病の疾患から急な受診と、この一週間ほぼ毎日『病院』→『役所』→『病院』 のループでした。息子は文句も言わずついてきてくれますが、母は息子に文句を時折言いながらでかけました。ようやく一段落、息子は夏休み中はほぼ週1日だけですが療育〜プールやイベントもあり楽しそうです。お金にも体力にも自信がないため、これといったレジャーや旅行に連れてやってはやれないものの、来週は映 [続きを読む]
  • 母の心が叫びたがってるんだ〜
  • 幼稚園最終日、普段バス通園の保護者もお迎えに来たりして園庭はまるで社交界みたいでした。私は先生と話していて気がついたら、周りは数組ずつ話が盛り上がっていて、ちょいちょい顔見知りに挨拶して帰ろうと、たまたま一緒になったママさんと歩いていると別の道に…まぁ気にせず一緒に歩いていたら公園へ?なんと帰りに公園で遊びましょうと誘われていた方々に誘われてもいないのに参加してしまうという…結構親しいママさんも [続きを読む]
  • 図書館今昔話
  • だいたい10日置きくらいで図書館通いが続いております。近場の図書館は建て替え移転を数年前にして新しい建物なのですが、蔵書数が少ない!子どもの蔵書スペースが全体の半分と大きいのは親としては有難いものの子連れは他の来客に比べて少ない。今日なんてうち以外は一組!!一般的な図書が少ない上、利用者が多いため余計に有名な著者の作品はガラガラ…。息子は沢山どころか一生掛かっても読みきれない絵本から選び放題。私は [続きを読む]
  • 障害年金について
  • これから申請を考える方の参考になるかもしれないので改めて書いておこうと思います。私の場合は身体障害なので精神障害については分かりかねますのでご了承下さい。障害年金とは障害により働くことに困難な場合に支給される手当てです。障害基礎年金と障害厚生年金の二種類があり、国民年金に加入している時に障害を負った場合は障害基礎年金、厚生年金に加入している場合の障害は障害厚生年金と障害基礎年金が両方支給されます [続きを読む]
  • 我が家の家計
  • 我が家の家計はここ数ヶ月火の車だったりする。事情は夫が契約社員から正社員に変わったと、一見するとおめでたい理由からなのですが、実際は新入社員という(実際は4年働いてきたのに)最低賃金スタートな上、残業代が給料に反映されていないなど…、とにかく福利厚生はアップしたものの賃金下がるという苦行の真っ最中。でも、長い目でみたら良いことだし今だけの苦労と乗り切るしかない。ひたすら遣り繰りして節約を心がけるもの [続きを読む]
  • 夏休みが待ち遠しい。
  • 親しい友人が心配して『最近どうなん』と『落ち込むこともあるけど、なんとか頑張ってるわ』友だち笑う、私は( ; ゜Д゜)?なんでや?『なんか魔女の宅急便のセリフみたいやったからさ』二人で笑う。友だちと楽しく食べて飲んで元気チャージしたものの、息子の七夕発表会の前日にはその元気もなくなり不安で押し潰されそうでした。当日はママさん仲間を探したり群れたりすることなく、ドキドキしながら特等席(息子の前、最前列)を [続きを読む]
  • しがらみ
  • しがらみって調べたら『柵』からきてるんですね。水流をせき止める柵が語源で、今はじゃまするものとか切るに切れないものって意味。幼稚園の送りはすんなり預けて帰るだけですが、帰りがしんどいなぁーと憂鬱になるんです。なぜかと考えたら『しがらみ』って言葉が浮かんだんですよね。なにが『しがらみ』かって保護者付き合い。私はなるべく誰とでも会えば話したい方、でも何だかルールなのか?二人ワンペア(相手は固定ではない [続きを読む]
  • 苦情
  • 息子を朝送っていくと女の子がトコトコ。『息子くんのお母さん?』息子は上靴に履き替え中。私が『そうだよ』と言うと『息子くんにお片付けの時間よって◯◯ちゃんと言ったの、そしたらね砂かけてきたの。ふくも汚れちゃったの』息子は横に立ったまま無言。私から謝ると女の子は教室に向かってあるきだした。息子に『◯◯ちゃん、片付けって教えてくれたのに砂かけていいの?』息子は『だめ』『じゃあどういうの?』息子『ごめん [続きを読む]
  • 療育参観
  • 療育の参観がありました。療育ではブラインド越し、モニターで別室で参観と子どもに見つからないようにコソコソ。普段のありのままの療育中の息子が見ることができます。今回はお休みが多く人数が少ない日でした。自由遊びが終わり設定遊びから私は参加。去年は席からの離脱や気に入らなくて文句を言ってたり自由人な息子に凹みました。今回は離脱や脱走なんて微塵も感じさせない、見たことない落ち着いた息子。涙が出そうだった [続きを読む]
  • トゲトゲ〜サボさんだぜ
  • 小さなトゲがにょきにょきでる時があります。幼稚園終わりの園庭、砂場で息子が来たら逃げなさいという保護者。砂遊び、テンション上がるとなかなかルール守れなく本日は?本日も?保護者の前だろうが雷鳴らして必死で止める私にトゲもささりダブルパンチです。息子はされたこと、分かってたみたいで仕返しみたいにその方の子どもにブランコ貸さない意地悪を。またまた母の雷が。母の仕返しは、気にせずその保護者の子どもといっ [続きを読む]
  • 障害者
  • 私は身体障害者です←これまでもブログに 書いてきましたが。正式に手帳を持ったのは2年前。でも今回は障害者になったのはいつなのか、まるで哲学みたいに頭を悩まされるとは…な展開になってしまいました。手帳内の書き換えに役所へ行ったところ、担当者と話していく中で『あなた障害者年金受給できるんじゃない』と言われた。このパターンまたかとデジャブやデジャブと内心思った。障害者手帳を申請するきっかけは、慢性的な腱 [続きを読む]
  • 転換期『断捨離』
  • ストレスが溜まると捨てたい衝動にかられ片付けをするたちですが、せいぜい整理する程度で大量に物を捨てるまではいきませんでした。きっかけは些細なこと、ママさん仲間の家に急遽同じクラスのママさんが寄らせて貰ったと話に聞いたので『すぐ人を呼べる家なんだぁ』と羨ましく思ったのです。それから始まった本格的な断捨離。押し入れの中身を出して、ざっと要らない物をごみ袋に放り込んでいき45Lのごみ袋が3袋。ブログで断捨 [続きを読む]
  • 幼稚園に馴れました。
  • 七夕に発表会でみんなで歌を歌うらしい。幼稚園の担任と発表会に向け綿密な打ち合わせをしている母です。入園してすぐの参観、その後にあった発表会でパニックを起こして落ち着かず部屋から脱走したこともあり、親子参観など親が参加するイベントの日は療育を振替で入れてもらい避けてきた。息子は『人前』で自分が見られることが耐えられない。わたしからすれば人前で歌を歌うより、脱走したり大きな声で話したりするほうが目立 [続きを読む]
  • 図書館リベンジ
  • 二歳くらいだったろうか、絵本の読み聞かせがたまたましていて息子を連れて図書館に立ち寄ったことがある。当時は児童館に通っていてママさん仲間の影響で絵本の読み聞かせとか参観させたくて、でも不安で勇気を出して参加させたように思う。結果は座ってられず、それどころか走り回り騒ぐので強制的に退去。迷惑そうに『大きくなったら参加してね』と読み聞かせのマダムに言われて凹んだ記憶がある。歯医者の定期検診を無事終え [続きを読む]
  • 息子と絵本
  • 一歳の頃、児童館で絵本の読み聞かせで興味なく走り回っていた息子は今や大の絵本好き。寝る前の読み聞かせは一歳代から二歳代は毎晩してやれてはおらず(寝る時間が遅かったから)、幼稚園前に寝る時間を見直した3歳から寝る前の絵本の読み聞かせが習慣化した。療育でも、今は幼稚園でも読み聞かせが始まると一番前で真剣に話を聞いているそうで、また絵本から学んだことは良く覚えているので息子の成長に欠かせないアイテムにな [続きを読む]
  • お弁当(改)
  • 前回減らしてみたお弁当、まだ多いらしい。一回り小さめのカーズのお弁当箱は嫌らしく、可愛いキャラものが好きな息子はミッフィーの幼児用サイズにしてくれと言う。とうとう少食サイズ…。おかずどころかおにぎり一個で大部分。でもこれがいいらしい。足りないってならないかな?ミッフィーで笑われたりしないかな? [続きを読む]
  • 悟りを開きたい
  • 息子が発達障害と分かって、問題行動をおこすたび周りを羨み妬み、我が子に失望し、心にどす黒く濁った沼ができて、その沼で時にどっぷり肩まで浸かったり、浮上しようともがいたり、周りに同じような子がいれば沼の縁から覗いて安堵していた。私の人生やっぱりこんなもんだと。親に恵まれず、孤独だった。家族に恵まれた幸せは、やっぱりまやかしだったのかと。苦しくて苦しくてメンタル の扉をたたいてみれば、駆け込み [続きを読む]
  • お弁当
  • 息子の通う幼稚園は園から提供される給食の日と家からお弁当を持っていく日がある。なるべく色んなおかずを入れて、なんにせよ視覚優位なので見栄えも気にして沢山ぎゅうぎゅうに詰めて持たせた。園では写真も撮って貰えたと息子も大喜びで空にして帰り、私も嬉しく空になったお弁当箱の写真をとった。最近の様子を担任に聞いたところお弁当の話になり、実情を知ってまたまた大きく凹んだ。毎回毎回笑顔で空にした弁当箱を見せて [続きを読む]