yuya takeuchi さん プロフィール

  •  
yuya takeuchiさん: ライター&起業家 竹内裕也公式サイト
ハンドル名yuya takeuchi さん
ブログタイトルライター&起業家 竹内裕也公式サイト
ブログURLhttp://yuya-t.com/
サイト紹介文株テイクアップアームズ代表取締役竹内の公式サイト。ライターとして、馬券家として、起業家として活躍中!
自由文2009年に競馬本作家としてデビュー。
2011年に二作目がAmazonのギャンブルランキング1位を獲得。競馬最強の法則への雑誌連載を書きながら、株式会社テイクアップアームズの代表取締役として、元騎手などと対談をするなど活動する傍ら、ライターとして他社様の文章執筆代行や監修を行っております。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/01/28 19:18

yuya takeuchi さんのブログ記事

  • 愛しの桜玉吉先生 日々我人間
  • 僕の世代的にファミ通で「しあわせのかたち」を読んでいた人も多いんじゃないかと思いますが、それ以来、ずっとファンの桜玉吉先生。なんでしょう、読んでると幸せになるんです。玉吉さんがムカデやリスと伊豆で戦っていたりネカフェで隣の女の屁に怒っていたり・・・憧れるんだよなぁ・・・。 [続きを読む]
  • 確定申告完了 今年もPay-easy(説明付き)
  • 3月は嫌な季節です。学生時代は別れの季節、卒業シーズンでしが同等の寂しさを確定申告で感じますからね。お財布の中身との別れですよ。私の場合は独立した10年前からずっと同じ会計事務所さんと契約しておりますが少しでも費用を下げたいので自分で弥生の青色申告に入力してそのデータ+請求書や通帳などを提出してチェックしてもらい申告するという感じになっています。(まぁそれでも毎月の費用と確定申告の時の費用で年間◯ [続きを読む]
  • We Are X
  • 自分がまだ小学生の頃大きく人生を変えた音楽、バンドがXでした。XはXJAPANとなり様々な楽曲、感動、そして悲しみと勇気と色々なことを与えてくれました。解散、トシの洗脳、ヒデの死、タイジの死。また復活、世界的活動、出ないアルバム(笑)など何と言いますかもうかれこと20年以上自分の人生の中で大きな大きな存在であるバンドです。そのドキュメンタリー、We Are Xを映画館で見てきました。悲劇が多いバンドですけど、必ず [続きを読む]
  • 競馬アプリうましりのスタート、そしてうましりプロジェクトの始動
  • こんばんは、竹内です。「そろそろリリース!」ぐらいのことを言ってから1年以上過ぎてしまいました・・・が!ようやく完成してリリースすることができました。◆うましり公式サイト※対応はiPhone iPad競馬予想アプリという形ではありますがキャラクターの個性、性格、背景からストーリーもありそれぞれのキャラがツイッターもやっています。オマケに主題歌もあったりします(まだ正式には公開してませんが)競馬ファンの人だけ [続きを読む]
  • ザ・ウーマン
  • ここ半年ぐらいまた頻繁に一緒に飲むようになった某動物病院のS先生、もう10年の悪友?的な存在ですがそんな先生が「これ見てね!」と貸してくれたDVDの中の1本がザ・ウーマンというぶっ飛んだ映画。食人族の女をハンティングした弁護士クリスがその女を監禁して飼育するというような映画なのですが普通の映画だと食人族というキャラがいるのであればその食人族が怖い存在になるはず。しかしこの映画は頭のイカレタ弁護士のクリ [続きを読む]
  • エクスマキナ
  • DVDのジャケットだけは気になっていた映画。設定も人工知能がテーマという部分だけ知っていたけど何やら面白い予感がしたので前情報をシャットアウトしていてやっとあいた時間に見ることができたエクスマキナ。何となく人工知能と人間の温かい交流がテーマかと想像してましたが・・・1:密室2:登場人物が少ない3:何やら不穏な空気・・・ソリッドシチュエーションサスペンスに近い!!20分ぐらい見たところで絶対に好みであ [続きを読む]
  • マジシャンと遭遇
  • 丁度10年ぐらいの付き合いになりますが名古屋で動物達を治療する神の手を持っているとかいないとか某ドクターS氏からLINEで「竹内君と合うマジシャンがいるから来て!」と号令がかかった。マジシャンと合うとはこれ如何に?と思いつつも清水駅はカフェティエさんに移動すると何とも私とよく合う、口を8個ぐらい持ってるんじゃないか?と思うようなマジシャンがおられた。もうね、酔いが覚めるレベルのマジックの数々に驚愕しま [続きを読む]
  • あぁ、、、これは好き。ヴィジット。
  • ネタバレすると面白くないので簡単に書きます。1:ほのぼのとした田舎の絵しかない2:おじいちゃんとおばあちゃんがちょっとボケてる3:そのボケがやや不気味4:1時間を過ぎて少々したところで「ええええええ!?」となる5:最終的に物凄くハートフルな部分や子供の精神的成長を見ることができる。ぜひ、細かい部分までセリフを見て最後まで視聴ください。ただのホラー映画とかサスペンス映画ではなく1つの物語として良い作 [続きを読む]
  • 人工知能と戦う覚悟
  • 2017年。もうすでに私の感覚だと今この瞬間が「未来」。もちろん明日、1年後、10年後も未来だけど、そうではなくてすでに未来を生きている感覚。ドラえもんはまだまだ出てこないけどスマホ1つあれば何でもできてしまう時代になり大半の人がデジタルの中で生きている状態。そして、もう感じている人も多いだろうけど戦う相手は身近な人、そういうライバルではなくもっと言えば芸能人の不倫などでもない。そう、戦う相手は [続きを読む]
  • 競馬談義は18時から4時まで続いたのであった
  • 先日、センショウレイナ号やスペクター号の馬主で人材派遣や飲食の会社をしている川勝氏と食事をしてきました。同い年でJRAの馬主なんてほんと凄いなぁと思うわけですが毎週のように競馬の話をやり取りしているのですっかり競馬仲間の竹ちゃんヒロくんと呼び合う中に。今後リリースするアプリなどにも協力してもらえますしあと3〜4年、40歳までに1つ2つ大きな物を世に残すぐらいの活動をしていきたいと思います。 [続きを読む]
  • ピエロがお前を嘲笑う
  • 最後の15分ぐらいで「あ!!」と気がついてめっちゃ気持ちいい中で、残り3分で「何ぃぃぃ!!」と思う映画(笑)ネタバレになるので内容は書かないですけど個人的には評価が高いです。ネットの中での世界の描写が文字だけではなくて映像として面白い表現をしているところであったり前編通して音楽も良く、シナリオもちゃんと見て理解したら相当最後にハマれるかと思います。ハリウッドリメイクが決まるだけのことはある。 [続きを読む]
  • ロストバケーション
  • 僕ね、サメ映画が苦手なんです。苦手ってのは嫌いということではなくてクソB級やC級のパニックムービーも好きなのでサメ映画を見ることはよくあるのですが単純に怖いの、サメが。ほら、1980年生まれってことはサメ映画の金字塔「ジョーズ」が丁度地上波でも結構放送されている頃が幼少期なわけです。だからトラウマに近いものがあるしそもそも海が嫌いになってしまったので13歳の沖縄以降、僕は海に入ったことがないぐらいサメの恐 [続きを読む]
  • ヘイトフルエイト
  • 登場人物が全員ろくでもねぇ。何かハチャメチャで皮肉たっぷり。タランティーノ映画って変な引き込まれ方するよね・・・。長い映画だけどエンディングが面白くてネタバレにはなるけど、南北で争っていた立場の更に黒人と白人が最後の最後に人種の壁も立場も壁も超えて何をするかって、某キャラを首吊りにして殺すという・・・(笑)後味が悪い映画って嫌う人が多いですけど僕はミストを見てからもう平気だなぁ。あれ以上に後味が悪 [続きを読む]
  • 人生初の法廷を経験
  • 詳しく内容を書けない話ですがとあることで続いていた裁判に関わっていまして先日、証人として法廷に立ちました。何でしょうね・・・元々緊張しいなのが悩みだった自分が10代後半から水商売をして改善されて行き20代半ばでは特に緊張するタイプじゃなくなり36歳まで色々なことを経験している間にこういう場でも対して緊張しなくなっていることに驚きました。まぁ、弁護士さんからも「おかしなことはしてないので正直に喋るだ [続きを読む]
  • 龍が如く6
  • 1作目の発売日からプレーしている龍が如くシリーズ。主人公の桐生一馬と魅力的な登場人物が織りなす人間ドラマは毎シリーズ心に刺さりますし、ゲームとしての遊び要素も多く大人のゲームって感じの人気タイトルです。今回の龍が如く6は桐生一馬最終章と銘打たれているだけにゲームと言えども桐生一馬の一挙手一投足を目に焼き付けるかの如くじっくりプレーさせていただきました。龍が如くのシリーズは発売日から実際に時が流れて [続きを読む]
  • カリスマ性激減も狂気性激増のムカデ人間3
  • ムカデ人間1は主人公の冷静な狂気性と衝撃のビジュアルが魅力な作品でした、ムカデ人間2は主人公は模倣犯的なキャラなのでその存在感はイマイチでしたがグロさは満点。で、三部作最後のムカデ人間3をようやく見れましたが・・・まぁなんでしょう、前編通してエゲツない作品。映像もセリフもとんでもないレベルになっていて性的な言葉から人種差別まで何でもありのぶっ飛び作品でした。1と2の主人公が再登場するということで死 [続きを読む]
  • 競馬特番っぽいチャンネル 有馬記念号
  • こんにちは、竹内です。さて、1年前にスタートした競馬特番っぽいチャンネルですが今年の最後はやはり有馬記念特集となりました。今年も馬を被るのか?それとも本気モードの予想なのか?ぜひご覧いただければと思います。収録前日に飲み食いすぎて顔がむくんでいるのも年末感が出ています・・・(笑)収録前に塩分の取り過ぎはよくないですね。さて、毎回そうなのですが、買い目を込みで放送する以上は直前で買い目を僕だけ買える [続きを読む]
  • 競馬特番っぽいチャンネル第9回
  • ■ファイナルファンタジー史上最低の「15」待ちに待ったファイナルファンタジー15。1からプレーしていた小学生の私も気がつけば36歳。ほぼ全てのシリーズで感動をさせていただきました。音楽、グラフィック、シナリオ、全てにおいて。今作のFF15は、プレーして数日間は本当に楽しかった。オープンワールドの中で釣りを楽しみ、キャンプをし車でドライブするにも楽しい世界が広がっていました。しかし・・・シナリオがそこらの [続きを読む]
  • 京都競馬場の馬主席に行きました
  • 競馬特番っぽいチャンネルを見てメールをくださってから仲良くなった馬主の川勝さんに京都競馬場の馬主席に招待していただきました。この前日に愛馬のスペクターが新馬戦を勝っていた川勝さんは何と私と同い年^^;同い年で馬主さんているんだ・・・と思ったのが最初の驚きでした。馬主席なので私もジャケットスタイルで・・・久々に着るので違和感がありました(笑) 同級生でここまで豪快で競馬が好きで馬主をしていて、なんて [続きを読む]
  • グランパス降格
  • オリジナル10の中で降格していないチームは3つ。その中の1つだった名古屋グランパスが降格しました。2009〜2011年はよくスタジアムに行きましたしここ数年は元グランパスのレジェント選手である米倉氏や飯島氏と知り合いサッカースクールのホームページなど関わっているだけに本当に今回は残念です。たった勝ち点1、どこかで取れていたなら。何より最終戦で降格が決まっている湘南に負けなければ・・・。しかし試合は見ていても散 [続きを読む]