momineko さん プロフィール

  •  
mominekoさん: doodling
ハンドル名momineko さん
ブログタイトルdoodling
ブログURLhttp://momita.blog134.fc2.com/
サイト紹介文お気に入り写真を載せるはずがスキルス胃がん闘病記録に。胃脾臓全摘。抗がん剤は拒否。3年と10ヶ月目
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/01/28 09:28

momineko さんのブログ記事

  • 字面と意味は違うと思う今日この頃。
  • 頑張れという言葉を使わない風潮ががん患者にはあります。なぜかというと、みんな頑張っているから。こんなに頑張っているのに、これ以上何を頑張れと??逆に患者を追い込むことになってしまう、というのが大抵の理論です。私も実は、「頑張って」という言葉を極力避けるようになりました。でもそれは、上に書いたような理由ではなく、単純に具体性がないからです。お寝坊さんに早く起きられるように「頑張って」太り気味の人に体 [続きを読む]
  • ポットで生存確認をする時代。
  • いつの間にやら2ヶ月。生きてます。ブログを更新していなかったのには理由があります。それは、絶好調だったから。うーん、水分を取り始めてからというもの、この2ヶ月で体調不良で寝込んだのはわずか数日。※それも遅くまで起きていたことが原因かもなんだろうね〜ダンピングはといえば、3日に1回程度。90%OFFですね。なので、書くことなかったんです。代わりに2,3回の頭痛が来ましたが、まあ、これは以前の偏頭痛で週に2,3回 [続きを読む]
  • 米の飯と天道様は何処へ行っても付いて回ってほしい。
  • そして、水分を積極的に取り始めて時間が経ちましたが、まだ体調は絶好調です。1週間にダンピングはわずか2回しかありませんでした。それもうずくまるようなものではなく、立っていながらにして我慢できるようなもの。※ただし、眼光はヤバいことになってますが・・・。本当に不思議だ・・・水分を取ることによるメリットを考えてみました。・痩せる(※私にはメリットではない) →ジュースを飲まなくなるので。・頭痛が無くな [続きを読む]
  • 衝撃的な事実とは想像力の欠如がもたらすもの。
  • とりあえず、味覚障害は解決しました。3,4日で解消されて、今はなんともありません。ビタミンB12は注射を打ってもらい、たぶん大丈夫です。貧血問題ですが・・・実は、解決しちゃいました。毎朝起きられず、時には昼までベッドにいることがあった三年半。スッキリ起きられる日など数えるほど。ところが、あることを始めてから毎日目覚まし時計より前に起きられるようになったのです!それは・・・CMのあと。――――CM毎朝不調だっ [続きを読む]
  • キノコを食べれば大きくなるのか?
  • で、近所の病院での診察の話。「ついに来ちゃったか〜。ビタミンB12欠乏」まあ、よくあることらしく、メチコバールも病院に常備されている。そして、味覚障害のことも相談してみる。「あの〜B12が足りないからかもしれないですけど、2,3日前から味を感じないんです。」・・・「それたぶんビタミンB12関係ないよ」「別のビタミン剤と、亜鉛の薬出しとくね。10日もあれば、治るよ」・・・なんだよ!ビタミンB12関係ないんか〜い。ま [続きを読む]
  • 砂を噛むようとは、おもしろみがないこと。
  • ついにというか、まだ確定ではありませんが、数日前からビタミンB12欠乏の症状が出始めました。(かも)それは、【味を感じない】砂を噛むとはよく言ったもので、何を食べてもうっすらとしか味を感じない。特に酸味と苦み以外はほとんど感じない。薬、飲んでるんですけどね。とりあえず早急に病院に行かなきゃ・・・。あじわいもおもしろみもない人生になっちゃうよ。 [続きを読む]
  • 言葉は確実に行動に影響している。
  • リチャード・ワイズマンというちょっと風変わりな心理学者がいるんですけど、なかなかおもしろい研究をしてるんです。久しぶりの更新と久しぶりの検診報告を兼ねて。3年半の検診結果は・・・異常ありでした!・・・ええ、がんの転移は見られなかったものの、ついに来ました。ビタミンB12欠乏症。まあ、いつか来るのは分かってたけれども、検査結果の血液の部分、すべてLかHだもんね・・・前回まではほとんど問題なかったので、突然 [続きを読む]
  • 一滴の血にまつわるエトセトラ。
  • 酒の一滴は血の一滴とはよく言ったもの。心の支えですよ、お酒は。というわけで、胃全摘とお酒について。胃を切る前、主治医に深刻な面持ちで質問をしました。「胃を切ったら、お酒は飲めるのですか?」・・・普通、そんな質問しないって。生きるか死ぬか、手術が最後までできる保証すらないっていうのに。実はお酒は弱くて、そんなに飲むわけじゃないですけど、人生において楽しみの一つであることは事実。なので、食事の心配より [続きを読む]
  • 変わるもの、変わらないもの、変われないもの。
  • スキルス胃がんになって、何が変わったか?答え。何も変わりませんでした。※胃を切ったことによる症状は別ですよ!むしろ忙しくなった気がします。・・・胃がんと判明した直後、もう元の生活には戻れないんだろうな、と漠然と思っていました。仕事にだって戻れるか分からない。病院に通わなければいけない。子供たちをどうすればいいのだろう。保険は?ローンは?年金は?介護状態になったらケアマネージャーとか呼ぶのだろうか? [続きを読む]
  • この世に解けない謎なんて塵一つもない、らしい
  • いやはや、ダンピングへの対処はもう完璧かと思っていたのですが・・・昨日、お風呂から出たタイミングで気を失ってしまいました。仕事で帰ってきて、疲れた〜と何も食べずにそのままお風呂へ。身体を洗いながら、あ、コレは低血糖くるな。と分かっていたのですが・・・そのままお風呂にゆっくり浸かり、その間も低血糖だ〜と当たり前のように意識していたのです。で、お風呂から上がって意識が飛びました。状況的には、脱衣所でパ [続きを読む]
  • 「人は嘘をつく」とある主人公は言いました。
  • 海外のドラマ見てる人、ネタバレあります。ブログのタイトルでピンときたら、読まないで!ある海外ドラマのラスト。主人公の親友が、がんと判明する。詳細はまだ不明だが、結構危機的な状況。と、ここでステレオタイプなお約束が・・・。真面目だった親友がCTの結果が出る数日間、無茶や無謀なことを次々と行う。お酒、ケンカ、ナンパ、大食いやら小さい頃好きだった人に会いに行く・・・。うーん、コレ、やったことある人います? [続きを読む]
  • 小物は逆境のとき、弱音を吐く。
  • ダンピングとの戦いは続いています。もはや一食分のフランスパンサンドイッチを一日かけて食べるだけの生活になりました。一日中身体がだるいし、体力は相変わらず無いし、仕事の集中力もない。どうしたら良いのか、全く分からない。身体の半分は相変わらずしびれ続け、どこの病院に行っても原因不明。ちょっと前まで食べられてたおかゆ、そば、ペンネもダンピングの元になりました。SOYJOYやピーナッツ、きなこ棒は食べ過ぎてもう [続きを読む]
  • 若者の深刻なら離れ。
  • 年始の挨拶がこの時期になるとは、誰が想像しただろうか・・・明けましておめでとうございます年末にノロにかかったおかげで、今も体調が優れないmominekoです。2kg落ちた体重のほとんどは水分だったらしく、1kgはすぐに戻ったけど、それ以上はムリっぽいです。で、今、気になっていることは若者の深刻なら離れです。???ら離れです。そう、「ら」抜き言葉。見られる → 見れる食べられる → 食べれる今こうして入力している [続きを読む]
  • 第1回本屋さんが選ぶ、このノロウィルスがスゴイ!第一位。
  • ノロにかかりました。体重が53kg→51kgになりました。三途の川を半分渡りました。なんでや!というわけで、ブログのタイトルは勢いで付けましたが、年末にやっちゃいました・・・しかも、一番気をつけてた私だけが感染するっていったいどういうわけだ!?まあ当然、免疫力の低い人が感染しやすいわけで、胃酸がないから、ウイルスも腸まで入り放題だし、しょうがないんですけどね。2017年まであと少しというところで残念な年末にな [続きを読む]
  • 夢から醒めた夢
  • 劇団四季が大好きなんですよ。最初は「はぁ?ミュージカル?なんで歌ってんの? 日本人がジェームスとか、あり得ないでしょ」って言ってたんですけどね。無理矢理嫁さんに連れて行かれた帰り道ですでにCD買って聞いてましたが。舞台が私を呼んでいるけど、術後はなかなか行けてないな〜というわけで、今回は舞台(ステージ)の話。※相変わらず前振り長いよ!私の場合、主治医からステージに関してはあまり深刻に説明されなかった [続きを読む]
  • 無慈悲な支払い
  • 身体のしびれがひどいです。脳神経外科に行きましたが、1万円以上払ったあげく、【原因不明】の烙印を押されました。ちなみに、脳神経外科だけでも6つも診察室がある地元でかなり有名な脳神経系の病院です。正直、お医者さんも仕事でやってる感満載、何でかな〜分からないな〜のオンパレード。次にどうしたらいいのかの指示もなく、「どうしますか?」の質問。どうっていわれても、こっちが知りたいよ。仕方なく、【自分から】症 [続きを読む]
  • 紙の文化が神格化されている話。
  • いかん、ブログ村の順位が下がり続けている。いい加減、がんについて書けよ、と思われてそうです。一応、生きてます。ダンピングはひどいです。体調も悪いです。しびれもひどいです。以上。で、またまた少々嫁と議論になった話。スマ放置ママ(原文ママ)というニュースが流れていました。まあ、スマホを渡して、子守の手抜きをするのはどうなのか?という話。この議論、何かに似てません?そう、「本は紙で読むべきか、タブレット [続きを読む]
  • iPhoneでがんを発見する時代。
  • もはや、このブログにスキルスの最新治療とか、治療の手法について知りたくて見ている方はいない(胃無い)と思いますが、最新の抗がん剤とか、放射線治療とか、奏効率とか、無再発生存率とか、QOLとか、個別医療とか、この界隈は難しい言葉が多いです。で、そのなかでも一番分かりやすい言葉、「早期発見」について語ってみようかと思いました。以前、新しい抗がん剤や治療法には興味がないといいましたが、早期発見の技術なら、 [続きを読む]
  • 想定してなかった子供の興味。
  • 病気とは全く関係ありませんが。突然ですが、子供二人と私だけで京都に旅行に行くことになりました。きっかけは小学生の子供の何気ない一言。銀閣寺が見てみたいなにゆえ、銀閣寺??金閣寺も見たいらしいが、銀閣寺というところが私の心に刺さりました。そういえば、嫁さんが子供に「君の名は。」見に行かない?と誘ったとき、こどもは真田十勇士がいい、と言っていたので、なんだか日本史に目覚めたのかもしれません。単純に超高 [続きを読む]
  • たまにはアンニュイな気分で。
  • ここ、数ヶ月で闘病記のブログの方が数人亡くなりました。特に交流があったわけではありませんが、この喪失感は闘病ブログを書いている方、家族にがんを患った方には理解できると思います。私が闘病のブログを始めて2年半、多くの胃がんブログがスタートしました。そのうちの幾つかは人生を閉じ、幾つかは更新されなくなり、幾つかは戦い続けています。みなさん、何を思ってブログを書くのでしょうか?闘病記のブログを読む方は何 [続きを読む]
  • クレージーキャッツ=momineko?
  • 分かっちゃいるけどやめられないとはもと東京都知事の青島幸男氏の作詞ですが、これほど人間の本質を突いている言葉はありません。人間の歴史を見渡せば、これほど「分かっちゃいるけど止められない」生き物も他にはないでしょう。宗教や倫理・哲学、あらゆる分野で研究されている言葉ではないでしょうか?と、いうわけで、またまた前置きが長くなりましたが、久しぶりにコンビニ弁当に手を出してしまいました。いや〜トイレに1時 [続きを読む]
  • ヘリコバクターってネーミングが素敵!
  • この前、山手線に乗っていたら、こんな広告が掲載されていました。ホリエモンの超合理的な健康法「無駄に死なない技術」これをしらなかったら、あなたは早死にする。●胃がんの99%の原因、ピロリ菌除去は必須!・・・そうか、健康って合理的に得るものだったのデスね・・・。で、胃がんの99%の原因がピロリの根拠ってどこにあるんでしょう?ネットでは当たり前のように書いてありますが、元となった論文が見当たりません。ピロリ菌 [続きを読む]
  • こころがふるえる話〜心痙攣にあらず〜
  • 悪い意味で、です。がんになってぇ〜しかたないし〜やることやるだけだしぃ〜※ノリノリの若者を想像して下さいと自分では思っていたのですが、一つだけ心的な外傷を受けてしまったようです。それは、「がん」という言葉をあらゆる情報の中からすぐに見つけてしまう病。例えば、新聞を開いて0.5秒でがんの記事を見つけてしまう、中吊り広告のがんの記事が光り輝いて見える、がんもどきやがんばっての文字が澱んで見える、など。が [続きを読む]