STREET・F さん プロフィール

  •  
STREET・Fさん: STREET・Fの世界に出よう!season2
ハンドル名STREET・F さん
ブログタイトルSTREET・Fの世界に出よう!season2
ブログURLhttp://sekainideyou2.seesaa.net/
サイト紹介文旅行者。Cカードも取得したダイバー。 ナイト情報 海外女性のコスプレ写真も大量にあり。
自由文メインは観光の旅行記です。ツアーではなく、個人旅行派です。

個人的主観で書いてますので、勘違いしているところもありますけど、基本ノンフィクションで、事実を書いています。

ナイトライフ情報は掲示板へ、女の子の写真(コスプレ含む)もあります。

インドの売春地帯等の写真を見れるのはこのブログだけ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供266回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2014/01/28 17:59

STREET・F さんのブログ記事

  • 海中生物たち
  • 海の中にはいろんな生物がいる。ちょっとズームアップしたままだったのでフレームアウトしたがカサゴ。ズームアウトすればよッかったのだがTG-4を使うのが初めてだったので慣れておらず。もう一枚同じカサゴ。ここにもやはり大きなウツボ。しばらく泳ぐとダイブショップの人が海底に何かを見つけた。綱のように見えたがどうやら長いウミヘビだったよう。ウミヘビは寝ている間は丸まって岩の穴にでも入っているとも思ったが、寝てい [続きを読む]
  • 擬態する魚
  • このポイントは先ほどとは別の魚も多く見れた。フグの種類だろう。さらにこちらわかるだろうか、海底の岩に全く同化している大きな魚口の部分を上に開けている。昼前だったので寝て居るのか、そのまま一切動かなかった。もう一枚。怖い顔をしている。海底にはやはりウニ。さらにナマコも発見。サンゴには色とりどりの魚が集う。写真を撮りまくって、やはり日本では沖縄だけ、本州近海では見れないような熱帯の海ならではの魚が多い [続きを読む]
  • 2ダイブ目
  • 別ポイントに船がつき。そこからやはり全員でエントリーして潜行。カメラには紐で繋がれた赤いレンズキャップがあるので下手に写真を取るとそれが写りこんだりする。こんな写真のように。↓海底にはハゼのような魚がいるが黒いトゲトゲがいっぱい付いている。ズーム機能が付いているのでズームアップするとこう。しばらくすると高速で動く魚が近づいてくる。残念ながらキャップが移ったが一応載せる。さらに近づいてきた、人間に慣 [続きを読む]
  • 2ダイブのポイントへの移動
  • しばし船で次のポイントへ移動。すると船の上でファランの親子の父の方が英語で「さっきのニモは写真で撮れたか?」と聞いてきた。驚いたのはクマノミをニモと言っていた事。確か英語でも何か呼び名があったはずだが、見たことはないがディスニーの映画でクマノミがニモと言うのは名前ぐらいは知っていた。なので詳しい英語名や学術名は知らなくともニモ=クマノミで通じる。そういえば魚も動物も日本では日本の名前がついているも [続きを読む]
  • 1ダイブ目最後
  • 海中にある穴以外にも谷になった様な場所も泳いだ。上は海面になっているようでそこから光が差し込んで幻想的に映る。そのそこにも珍しい色の魚。谷から少しずつ上に浮上するとその場所には大きな魚もたくさんいる。さらに浮上すると大きな魚の群れ。最後は昔の船の錨のようなものが海底に落ちていた。ここで浮上サインが出たので、全員で浮上。かなり深く潜っていたようなので水深5Mで安全停止のサイン。一気に浮上すると減圧症 [続きを読む]
  • 魚のカーテン
  • 海の中には他にも人工的なものがある。なにかギザギザな口をしているが、こんなものは自然で生まれないので人工的な何かだろう。他にも砂の中に擬態しているハゼのような魚もいた。こんな魚も人を恐れずどんどん近づいてくる。先ほどのサンゴの下に潜むウツボのどアップ。近くにあるイソギンチャクの中にはイソギンチャクの毒に態勢があるクマノミがかなりの量いた。一緒にいたファランの父親の方が写真を撮れ撮れ言ってたので近づ [続きを読む]
  • ドラマを見終わった
  • 「愛よ愛」英語名では「Love, This Love」と言うらしいです。という韓国ドラマを見終わりました。女優のファン・ソニが好きで見始めた映画だったのですが。やはり面白い。最近全く面白味のない日本のドラマや映画は見る気がしないが、韓流ドラマは面白い。最後までセクシーで綺麗でした。ファンソニ。ですが熟女系も好きな自分はイ・イルファも綺麗でした。今後もファン・ソニやイ・イルファが出演している韓流ドラマは見て行こう [続きを読む]
  • 人工的なもの
  • 一本目のダイビングはまだまだ続く。今回初のオリンパスTG-4での撮影。GOPROよりも画角が大きいためか、カメラ自体が大きいためか、泡などにピントが合わずに魚がしっかり撮れる。岩の隙間は魚たちの楽園。中には烏賊のようなものまでいる。しばらく歩くと人工的なものもいくつか沈んでいる。さらにはタイヤもある。そう、トリンコマリーは今こそ平和だが数10年前まで内戦があった場所なのだ。ギンロクスズメダイの群れ。サンゴの [続きを読む]
  • 一回目のダイブ
  • 普通にバックロールエントリーから、海の上に落ち、しばらく船から離れてから下に行くサインが出たのでBCDから空気を抜いて少しずつ沈んでいく。海の中ではファランの親子が近くにいるので、何枚か写真を取ってあげた。ダイビングの二人ずれと言うとカップルとか、男同士の友達、女同士の友達とかが多いが、親子で二人ずれと言うのも楽しいのだろう。二人とも良い親子なのだろう。趣味が合う親子と言うのはほほえましい。海の中 [続きを読む]
  • 大量の買い物
  • 日々の忙しさにかまけて、既に9月に入ったことも忘れてました。で、本日勢いにまかせて大量に買い物。まずグリースの海で紛失したTG-4、これが痛くてかなり心に負担がかかってます62000円のカメラがスリランカ、サントリーニでパーになりました。既にTG−4のハウジング付きは楽天では売ってなく、型落ちも考えてTG−3でも良いかな?と思っていたところTG-5が既に売られていて、しかもその録画がなんと4K対応。6万円弱とか [続きを読む]
  • シヴァ神の像
  • その日の2ダイブはファランのカップル、ファランの親子。そして自分という顔ぶれ。親子は父親と息子でダイビングをしているよう。良い親子の象徴のようだ。ゴルフと野球しか知らずに、興味も関心もないゴルフに子どもを連れまわすような自分の父親とは大違い。まず浜辺にあるボートを全員とダイブショップのスタッフで方向を変えて、海の方へ運び。それから乗り込むという作業があるが、単純にダイビングをするより、そういった共 [続きを読む]
  • 翌朝<br />地引網
  • ダイビングのためのスマホのアラーム設定によって、快適に目が覚める。朝の海は夜とは比べようもなく穏やか。とにかくトリンコマリーの海は夜は大荒れするのが恐ろしく感じた。昨夜の夜に海を見てみたが夜の海は波も高く、何もかも飲み込むような荒れ模様。月も出ていたが、見えたのは半月。大潮でなく。凪の半月の時であってもこんなにも大波が発生するのかと驚いたほど。多少早い時間だが、昨日行ったダイブショップへビーチ沿い [続きを読む]
  • ダイビング予約
  • キルギスで使うつもりだったUS$が大量に余っていたのでこのダイビングで使い切ることにしていた。アメリカ嫌いなので帰国時に+一泊となるアメリカに行く気はしないし。となればUS$は持っているだけで邪魔。ユーロなら今までも今後もよく行くユーロで使うことができるのだが。残念ながら手元にあるのはUS$でユーロではない。ダイビングパックは2ダイブパックだけで、プエルトガレラのように6パックセットなどなかった。 [続きを読む]
  • エンジェルダイビング
  • このゲストハウスに泊った理由は一つ。このビーチ沿いのゲストハウスにダイビングショップが併設されているからだ。こういう看板も表に出ている。ダイビング以外にも、釣り、ドルフィンウォッチング、ホエールウォッチング、等ができる。なぜかクジラはザトウクジラの写真だが、ザトウクジラは太平洋に生息するのでインド洋に面するこのスリランカでは見れるはずがないが、ジャンプするのはザトウクジラの方がインパクトがあるので [続きを読む]
  • 急遽買い物を
  • 楽天のポイントか気付かないうちに4000pも溜まって、そのうち2000ポイントが期間限定ポイントなのでその期限が過ぎるとのこと。2000ポイントで買いたいものなどない、とはいえ2000ポイント(=2000円)を見過ごすこともできないので、適当に64ギガのSDカードを購入。3800円ぐらいだがポンとを使ってタダで購入。今まで写真撮りすぎて、容量が足りないということは1GのSDしか持ってなかった時ぐらい。6Gとか8Gを持ち出して [続きを読む]
  • アクアインの様子。
  • 確かホテルの名前はアクアイン トリンコマリー。どうやらすべてこの建物内でできるような施設になっていて、外に出る必要はないようにできている。なので割と町中から外れた場所にある。テーブルには番号が書かれた砂を入れた瓶が置いてあり、夜にはキャンドルも灯される。奥にはピザを焼くための窯まで設置されていた。レセプションの横にバーがあり、フェルナンデスバーという名前でここで飲み物や食べ物を頼んだり、生産もでき [続きを読む]
  • トリンコマリー
  • トリンコマリーのバス停には客待ちのサイドカー付きのバイクがたくさん。一つに乗って行ってみた。ホテル名を告げると迷うこともなく到着。と言うことは地元の人にも有名なホテルのようだ。森や木に囲まれたゲストハウスと言う感じ。ゲストハウスのようなので格安。ドミトリーでなく一つの部屋に泊ったが、頼まないとシーツやタオルの変えはしてくれない様子だった。エアコンは効いているが、しかしやはり冷蔵庫がない。水もアルコ [続きを読む]
  • 長いバス移動
  • コロンボはスリランカという島国にとって、西の海外沿いにあるような場所。それに対し、当時5月のビーチのハイシーズンはトリンコマリーと言うそれこそ東の海岸。なのでそこまで移動をしなければならなくなった。主要な移動手段はバス。タクシーで行く方法もあるが高すぎて手が出ない。なので翌朝、到着日の一泊だけのホテルをチェックアウトし、バスターミナルまでタクシーで行く。だがバスターミナルはいくつかあるようで、到着 [続きを読む]
  • 帰国
  • いやー、行ってきました、ギリシア。色々とあって堪能もしつつ、後悔もしつつと言う旅行でした。帰りも成田空港が大雨でかなり遅れた帰国。地元の空港から家が近いので助かりました。まあ、詳しい話は、おいおいしていきます。今日はここまで。これからバタンキューで、明日は日曜日。丸一日休んで月曜からの出勤に備えます。 [続きを読む]
  • 明日から出国、エーゲ海へ
  • 今スリランカ旅行記を書いている途中ですが。明日からギリシア旅行が始まります。明日の金曜夜で成田まで行き。ナインアワーズで一泊。翌日の昼の便でロシア乗り継ぎのアテネまで行きます。飛行機到着の関係で成田発に乗れないために前日の夜に飛行機で成田まで行きます。2020年のオリンピックまで間もなくなのにギリシアにも直行便がないなんて、日本はつくずく遅れている国だと思います。ハブ空港も羽田に滑走路を一本作ったのみ [続きを読む]
  • コロンボに到着
  • コロンボに着いたころは既に真っ暗。空港内の店もいくつかは開いているが、イミグレまでにある店はなぜか電気店など。イミグレで今回旅行前に抑えようとしたスリランカビザが取得に失敗したので、そこで申請すると割とあっさり取れた。しかもカードで払える。ビザは他の国のように半ページもとるでかいビザではなく、スタンプよりも小さいちょっとしたシールのようなもの。割とあっけない。イミグレを抜けて空港内には銀行も、ATM [続きを読む]
  • バンコクに到着
  • 福岡−バンコク便は飛行機の中でさえUSBによる充電が可能なので、バッテリーの時間を気にせずスマホで音楽を聴いたり動画を見たりで時間をつぶすが、使用料より充電が遅い。スマホ購入時にUSBの方が充電は遅いと説明は受けていたが、基本、スマホは寝ている時に充電するので問題は無い。それよりも機内で見れる映画でシン・ゴジラがあっていたのでそれを見る。字幕は英語とか選べるが日本作成で日本の映画だったので字幕など [続きを読む]
  • 早朝に福岡へ
  • 今回は福岡空港のパーキングに駐車する。料金はかかるが行き帰りの利便性。友人宅までのバスや電車での移動を考えると断然便利。食らう位置に車を飛ばして福岡空港の近くまで。パーキングに下りる前にコンビニにより、ATMで引き出そうとすると残金がわずかしかない。何に使ったのだろうと車を走らせながら考えると、そういえばキルギスに行った時に30万円近くをUS$に変えて。その割にあまり使ってなかったのを思い出した。今 [続きを読む]
  • スリランカに行く前に買い物
  • まずは防水カメラネット上でかなり安くなっていたTG-4(オリンパス製)を購入。前回プエルトガレラでGO PROのバッタもんがお釈迦になったので。それに比べTG-4が断然いいのは、ハウジングつけなくても水深10Mまで防水。なのでハウジングなしでもプールパーティーやビーチでの撮影も可能。泡パーティーなどにも対応できる。今回のプエルトガレラではホエールウォッチングまでするので、そのことも考え購入。これで今後はいろんな [続きを読む]
  • 写真が少ない
  • さて、スリランカの旅行記を書こうとして、PCの中の写真を見ていましたが、写真が本当にないし、少ないです。あまりミラーレスを取りださず。さらにほとんど水中の写真なので、あまりいい場所や風景がなかったからです、なので写真がほぼない旅行記となります。あとは今回の目的は完全にダイビングオンリーなのでスリランカの有名なシーギリヤ山とかゾウの孤児院とかはすっ飛ばしてトリンコマリーだけ。あとは到着日と帰国日にコロ [続きを読む]