STREET・F さん プロフィール

  •  
STREET・Fさん: STREET・Fの世界に出よう!season2
ハンドル名STREET・F さん
ブログタイトルSTREET・Fの世界に出よう!season2
ブログURLhttp://sekainideyou2.seesaa.net/
サイト紹介文旅行者。Cカードも取得したダイバー。 ナイト情報 海外女性のコスプレ写真も大量にあり。
自由文メインは観光の旅行記です。ツアーではなく、個人旅行派です。

個人的主観で書いてますので、勘違いしているところもありますけど、基本ノンフィクションで、事実を書いています。

ナイトライフ情報は掲示板へ、女の子の写真(コスプレ含む)もあります。

インドの売春地帯等の写真を見れるのはこのブログだけ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供255回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2014/01/28 17:59

STREET・F さんのブログ記事

  • 吹っかける女
  • ディスコの中は割と多くの客。座れる席を探すのもかなり苦労。壁際のソファー席を案内してくれたが、あまり盛り上がりに欠けるので中央にある楕円形のカウンター。中にはお酒を出してくれる店員がいる席に座って、ステージの方を見ていた。リズミカルなサンバの音楽。曲名は知らないが自分でも聞いたことがあるような音楽が流れていた。大勢の欧米客でにぎわっている。グレースホテル地下のディスコが男性客はアラブオンリーなので [続きを読む]
  • 年末年始
  • 2日の夜には空港に着き。日が明けて3日には日本にいなくてはならない。2017年は曜日の関係性で休めるのは1月4日まで。と言うことは3日には家に帰って一日ゆっくりしなければ体が持たない。なにせ日本の空港から実家までは車で5時間はかかる。その分の疲労もしっかり蓄積されるのだ。なのでこの日の12月31日と年越しはパタヤでなくバンコク滞在となる。夜遅くになってナナ前まで行くと空気に触れると糸になるスプレーを掛けまくるお [続きを読む]
  • グレースホテルの中
  • ホテルの一階にはいくつかの設備があり。外に出歩かなくてもこのホテルの中でほとんどが済むような施設。レストランもいくつかあるし。一階は大きく、セキュリティもしっかりしている。奥にはビリヤードの台も6つもあり。だが料金は一時間100バーツと高めだった。タイでは1ゲーム40バーツなのに、なぜか時間制になっている。ビリヤードのほかにもボーリング場も3レーンほどだがあった。エレベーター近くに大きなクリスマスツリー [続きを読む]
  • グレースホテルは最悪
  • 夜遅くになるとアラブ系の女性がアラブ富豪や石油王狙いで立ち出すスポットがあるsoi3からsoi5あたりはアラブ街となっているがsoi3に面した大きなホテルグレースホテルに泊ってみた。今まで行く必要がなかったが帰国日と合わせて2泊してみることにした。客層はやはりアラブ人ばかり。地下にあるディスコはアラブ人オンリーと言われ、日本人の自分は断られた。泊るときはデポジットが1000バーツ必要。チェックアウト時に普通に返却 [続きを読む]
  • ふれあい
  • ちょっとした出来事により、心がジワーンと温かくなる出来事があった。最終日の夜、soi7行ってみる。大量のバービアがある場所。客も多いが圧倒的に呼び込みが多い。ビーチロードからも近いし、目ぼしいのがいなければビーチロードへ行けばそこに立っている女は大勢いる。soi6ではビーチロードに立つ女も少ないがsoi8位からWS手前はあちこちに女が立っている。そういうフリーランスの邪魔になるホ中銃拓露店も国王崩御の自粛のせ [続きを読む]
  • パタヤ最終日
  • ちょっと遅い時間にsoi6へ行く。夕方ぐらい。ソイテウから降りたセカンドロード、soi6に入る前にオープンテラスの食事の屋台が出ていたので、そこでタイラーメンを食べる。この日は12/31、年末年始の花火は上がらないという話。そして明日の昼にはバンコクに戻らなければならない。今年はなぜか正月休みは1月3日までと少なく、4日から出社となっているので、2日夜のフライトで日本へ帰国到着は陽が明けて3日の朝になる。なので年末 [続きを読む]
  • Mの妹
  • その日の夜、WSのオカマバーでいつものようにビリヤードを楽しんだ。しばらくしてビーチローのを歩こうと、WSの門から出ようとした時に、すれ違いざまにアフリカンに腕を掴まれた。驚いて見ると。髪をアフロにしているアフリカン、しかし面識がない。多くのアフリカンはWS内のオカマバーの隣にいるのだが、そこはスタイリッシュで、腰が細く、モデル体形で顔が美形のアフリカン。見た目がそれほど良くないアフリカンはビーチ [続きを読む]
  • 黄色い?
  • 昨日買っていたマンゴスチンを冷蔵庫からだし、食べてみようと思った。ナイフを使って中を割ると!!!!なんだこれ?黄色い液体っぽいものが中に詰まっている。液体と言うかゼリー状と言うか、しかし中身は黄色、見るからに食べるものではなく、冷蔵庫に入れていたのにそれ以前に腐っていたのか?どちらにしろこのような得体の知れないものを口に入れる気は無かった。去年カザフスタンで一日腹痛で動けなくなった時のことを思い出 [続きを読む]
  • 12月のパタヤの海
  • ビーチロードからWSの入り口に当たる道はそこから荒れた海が見えた。連射モードで10枚ほど取ったがこれだけ荒れた海。12月はタイでは乾季と言う話で雨は降らないが。風が強く、波もこのように大荒れなので、ダイビングするには向かないのだ。パタヤは違う季節でも視界3Mと汚い海、日本で冬の時期は海は荒れて風の波も強いのでダイビングに向かない。きれいな透明度の高い海はやはり夏のプーケットが一番だった。雨季とはいえ、 [続きを読む]
  • パタヤの昼の過ごし方
  • ホテルの近辺にはいろんなところに朝ご飯が食べれるスペースがある。アラブ系が多いホテルの地域だからだろうか?ボーイズタウンが近いからなのかはわからないが、どこも同じような料理だが。その日の朝食には珍しく豆料理があった。別に嫌いではないが珍しく思った。その日も昼はsoi6へ。いつも寄ってしまうZバーによると、小さい子供と犬が足元でじゃれていた。どうも子供が二うと遊んでいるというより犬が子供に甘えているよう [続きを読む]
  • 綺麗になっていた
  • 2015年の8月に拾った子をその日の夜もビーチロードで拾う。この子はここ何年もここに立ち続けている。よく見る子だが、あまり顔が可愛くないので売れないようだ。サルッぽい顔と、昔は若かっただろうがもう結構な歳。30代だろうか?必死に白い化粧で若づくりしているが、その分化粧が厚く、綺麗とは言い難い。2015年8月に拾ったとき。この時のタイトルにあるように、写真にあるようにお尻が汚かったのだが、それ以降ケアしたのだろ [続きを読む]
  • ついにSIMロック解除
  • この前の日曜日にようやくSIMロックを解除しました。12月のタイ旅行の記事で書いたように。スマホを旅行中に紛失しました。盗難でなく自分の不注意による紛失。なので1月3日に新しいスマホを購入して機種変更にしたので以前の電話番号のまま、使用できるようになりました。ただ2017年の1月からの施行予定SIMロックふりの義務化は日本で多発する携帯電話をした詐欺のために、購入半年後しかSIMロックを解除でいないとのこと。1月3日 [続きを読む]
  • 韓流ドラマ“愛よ、愛”
  • ビーチロードちょっと衝撃を受けました。ネタばれになるので詳しくは内容はかけませんですが4話ずつ一枚のDVDに話しが入っているドラマですが先ほどVOL 34を見終わりました。34の最後の話でまさかこんな展開になるとは思っても見なかった。相当なショックを受けてます。35からはその一年後の話しになるのですが、どうなるのか。今までも還流ドラマはほぼすべてツタヤでレンタルですが見てます。一般の人がハマルような冬ソナ等は [続きを読む]
  • バーガール
  • ビーチロードをてくてく歩き。soi6まで。浜辺には夕方頃に海から陸へ付くボートがいくつかあり。その中から降りてくるのはやはり中国人か韓国人の団体さん。さすがにパタヤ港はすでに中国人で埋め尽くされて、道も狭く大型バスばかりなので。soi6あたりの浜から上陸し、これまたsoi6近くに止めている大型バスに乗り込む。そこにはやはり先導する伸びた旗を持つ人が数人。あまりにパタヤ港に中国人が集まり過ぎたせいで、中国人自体 [続きを読む]
  • パタヤは安い
  • 昼ぐらいに起きだし、ホテル近くのエアコンも効いてないような食堂でカオマンガイを食べる。頼んでないがスープが付き。100バーツもしない。パタヤの魅力の一つは物価の安さでもある。マッサージ屋もセカンドロード、ソイブッカオまで行けばどんどん安くなる。タイマッサー200バーツ以下、オイルでも280と格安。これでもバンコクに比べれば格安だが、WSから伸びる小道に入るとタイマッサー150Bという安い店も見つかった。ただ12/31 [続きを読む]
  • 喪中はすでにあけていた
  • 喪に服すとはいえ、すでに一ヶ月以上もたっているので、すでに喪中な感じはない。公務員は一年の予定だが、一般には一ヶ月で、それ以上の感じは経済も停滞するので王室も暫定的な軍事の政権もそれを望んではいない。ただ年末年始のパタヤの花火だけが自粛なようで、去年行ったときに比べれば露店も少ないが、かと言って通常のパタヤと変わらないぐらいの賑わい。soi6もWSもこの時期は稼ぎ時なので、熱気も活気も満ちている。以前に [続きを読む]
  • Dと話す
  • Dはホテルへ遠回りしたのはWSの入口からセカンドロードへ行く途中に、ご飯とフライドチキンの安い食べ物が置いてある場所を知っていたからだ。パック一つで50Bもしない、ちょっと量が少なめだが女性のDには充分なのだろう。自分も買って食べてみた。二人で部屋のソファーで食事をして、冷蔵庫で冷やした置いた水をじぶんとD似も一つずつ。本来はDに髪留めを返すだけだったが部屋に来てくれたので、二人で色々と話をした。写真は撮 [続きを読む]
  • WS内のアフリカンバー
  • 昼寝から目が覚めるとすでに外は真っ暗。ソファーに座ってくつろぐ。今回は部屋が広いのでベットで無くソファーに座ることもできる。ふと、目の端に止まったのが。数珠のような髪留め。昨日のDが部屋に置き忘れていったようだ。カチューシャと髪留めで結んでいたが、アリスコスのカチューシャを付けるために外したものを忘れていたようだ。彼女に会うためと後は腹ごしらえも兼ねてホテルから外に出る。しかしボーイズタウンにはそ [続きを読む]
  • メイドコスのバー
  • 12月25日はほとんどのバーがサンタコスをしていたが26日になると、それも少ないが、バーの衣装は店ごとに何のコスをするかは決まっている様子。昨日ルート66の馴染みの子にキレられたのでそこではなく、割とセカンドロードに近い所にあるバー、オフショットに寄った。例によって中ではなく、表のカウンターに座るが、自分に興味ありで近づいて来た娘はコスを着てない。この子、さらに小さすぎる。店のほとんどの子はメイド服を着て [続きを読む]
  • びっくり、まさかベストアンサーに……
  • ヤフー知恵袋を暇つぶしに見ているのですが。トップのところで出る、たかみな(高橋みなみ、元AKB)の質問。「スマートライフの新基準? 「自分ファースト」急増中!?」に答えたら、何とベストアンサーに選ばれました。ラジオネームもそのままSTREET・Fです。ベストアンサーは放送で流しますとありましたので、もしかしたら今後の放送で流れるかも。エリア的に東京FMを聞けないので、聞いた方が居たらコメントお願いします。 [続きを読む]
  • セカンドロードのマッサージ
  • 海を見て気分を癒した後にセカンドロードを歩いてみた。ソイテウに乗ってもいいのだがぶらぶら歩くことも好き。soi7を過ぎた後ぐらいにソイテウに乗ってsoi6で降りるのも良いだろう。ぶらぶら歩くとsoi8の近くのセカンドロードにある「子猫のオシリ」と言う日本人向けのカフェの前を通りかかった。 昔はアニメかゲームのキャラっぽい絵が看板だったが、店の名前はそのままなものの、看板の絵が変わっていた。その前を通りかかった [続きを読む]
  • ビーチで癒される。
  • パタヤのビーチはいつものように自分を迎え入れてくれる。昔は相当汚いビーチだったが、この時は割と綺麗だった。海が汚すぎて、批判が出たのだろうか?もしくは乾季だから海が濁らず綺麗だったのか。あまり文章をかかずこういう景色を眺めてずーっと居るのも心癒される。やはり日本は長い冬で、これを見れない時期にこういう場所に来るのが一番だろう。soi6が開きだす昼までの午前中は、こういう海を眺めてボーっとするのが至福の [続きを読む]
  • レンタバイクとガススタ
  • 翌日、このホテルはボーイズタウンにあるので、夜までうるさいかと思っていたが、ホテルの防音設備がしっかりしているのか、ゆっくりと朝まで爆睡できた。相に起き出し、何処で食事をとってもいいのだが、周りに朝食出すカフェやレストランは多いものの、一度はホテルで朝食を食べてみた。朝食なしのプランだったが、別料金で朝食も食べれる。レセプションの隣にあるカフェで普通なアメリカンなブレックファスト。先にパンが出され [続きを読む]
  • インド系03
  • 当然彼女にもう一つのアリスコスもさせる。2つのコスも嫌がらずに答えてくれる。しかし着替える前に全裸になって居たので下着は履いてない。それでもスカートめくったり、全剃りしたアンダーそ見せたりと彼女も楽しんでいる様子。写真は大量にあるが、ブログで挙げるのはここまで。そんな撮影をして12月25日の最後は最高の夜を迎えるとができた。今回のタイ旅行はスマホを無くしたりなど、散々な目に会い過ぎたが、彼女と出会えた [続きを読む]
  • インド系02
  • 話しを聞くと、やはり父親はインド人。身体は子供を産んだ体なので腰が大きく、しかも帝王切開のような跡がある。若くはないが彫の深い顔、セクシーな表情、せめて子供がいなく、若い体のままだったら妻にしたいぐらいな大人な女性。恋人は何と中国人と言ったが夜のビーチロードに立つので、送金などはしてもらってない。ソファーでくつろいで上着を脱いだ。大きな胸は天然だが腹部は細く見える服装で締めつけている。やはり彼女に [続きを読む]