薫子 さん プロフィール

  •  
薫子さん: stout
ハンドル名薫子 さん
ブログタイトルstout
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/warabinokonokogennkinako
サイト紹介文何てことない備忘録。 写真を撮ったり、小説を読んだり、 日々の毎日を大事にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2014/01/28 21:07

薫子 さんのブログ記事

  • 【ゴッホとゴーギャン展】
  • 今日は上野の東京都美術館に行って参りました。お目当ては『ゴッホとゴーギャン展』です。ゴーギャン展単独は、一度行った事があります。それと、モームの『月と六ペンス』を読みました。大分前の事ですので、内容はぼんやりとしか思い出せませんwゴッホは…多分ちゃんと鑑賞した事は無かった気がします。村上春樹さんの小説で、耳を切り落としたエピソードが出てきて。その位ですかね(´・ω・`)元々、お二方とも、そこまで好みの [続きを読む]
  • 何ができるのかな
  • こんばんは、薫子です。久々ですが、自分の気持ちを整理するためにブログを再開しました。ブログを始めた頃は大学生でしたが、今はすっかり社会人になりました。『すっかり』とは言っても、未だに社会人に慣れていませんw私の仕事場は総合病院ですが、目まぐるしい日々で落ち着きません。私が所属している病棟は精神科なので、病気による死に直面する事は他の病棟に比べてあまり多くはありません。しかし、高齢による肺炎、自殺、 [続きを読む]
  • Empty spaces fill me up with holes
  • こんにちは、薫子です・w・ノ今日は都内で雨が降ると言っていたのに…降りませんでした(よね?)ね(゜レ゜)夕方なんて、綺麗な夕日が見えましたよ?洗濯物干せば良かったよ(/・ω・)/back street boysです。がっつりファンという訳ではないのですが、普通に好きなアーティストです。彼らの曲を全て聴いた訳ではないのですが、「この曲好きじゃないな」という曲が、薫子的には一曲もありません(*‘∀‘)これって密かに凄いなって思っ [続きを読む]
  • 『自分が太陽の下を歩くには』
  • こんにちは、薫子です・w・ノ今日は一日快晴だと言う某ラジオ局の言葉を信じて洗濯物を干したまま出掛けました(/・ω・)/すっかり雨に降られて室内干しです(/・ω・)/バンザーイ…日本ではないです。いえね、流石に私も、青い空が懐かしくて|д゚)わたし薫子は、割とひとりでも大丈夫な人間なのですが(*ノωノ)最近は、人とのんびり繋がっているのもいいなあと思い始めました。人生って、たまにうんざりするほど長いなあって感じる時があ [続きを読む]
  • 備蓄。
  • こんばんは、薫子です・w・ノ最近は大学の予定が詰まっており、肩凝りが酷いです(゜レ゜)ブログ更新速度もとろっとろです。まだ読んでいない本も沢山あるのですが、つい購入してしまいました…|д゚)『イン・ザ・ミソスープ』『ベニスに死す』上記2つは、以前に読んで面白かったので購入しました^^『ベニスに死す』は映画にもなっているのですが、その時の俳優さんが、とんでもなく美少年なのです…タイプとしては、美輪明宏さん [続きを読む]
  • 一粒の真実。
  • こんにちは、薫子です・w・ノ雨が続いておりますね。何だか今日は、少し寒い位の涼しさで、そんな日に、部屋の中に籠って聴く雨音は悪くないです。さてさて。読書記録です。読書の秋が近付いて参りましたので(*ノωノ)左から著者---吉田 修一作品---悪人 下著者---ドストエフスキー作品---カラマーゾフの兄弟(中)訳者---原 卓也ドストエフスキーの世界観が、他の小説を挟んでしまっては余りにも勿体ない気がしたので…(上)を読み [続きを読む]
  • 左ポケットに音楽を。
  • こんにちは、薫子です・w・ノ先日、ふと。歩いている最中に音楽を聴きたくなりました。唐突ではありますが、iPodを購入しました(*‘∀‘)色はゴールドです^^一番飽きのこない色かなあと思いましたし、何より、柔らかくて綺麗な色合いでしたので('ω')衝動買いは常に、なぜか比較的高額なものになってしまいます。購入して後悔した事は無いのですが…|д゚)友人と歩く帰り道「あ、なんか○○欲しくなってきた」と、雑談しながら別れ [続きを読む]
  • 本日、購入したもの。
  • こんばんは、薫子です・w・ノ今日、お出かけした帰り、古本屋へ行って参りました。『カラマーゾフの兄弟』『山椒魚・遙拝隊長』『自閉症だったわたしへ』以上3冊です(*'▽')山椒魚は幼い頃に読んでもらったのですが…いかんせん幼過ぎて全く覚えておりません( ;∀;)ので、今回購入しました^^『自閉症だったわたしへ』は、大学図書館で借りた事あったのですが…読めずに返却してしまったので、今回お買い上げ。それでは、薫子でし [続きを読む]
  • 頭の中のカナシミに。
  • ご無沙汰しております、薫子です・w・ノここ最近、姪っ子がうちに遊びに来ておりまして…日々バタバタしている内に、一日一日が過ぎ去ってしまった訳であります(/・ω・)/それにしても、昨日の雨は酷かったですね〜突然の雨だったので、洗濯物がびしょ濡れになりました;w;さて、つい先日『インサイド・ヘッド』を観て参りました(*'▽')ピクサー映画ですね^^今回は、モンスターズインク等を制作した方だったかと思います!何か [続きを読む]
  • この世界に、引き金をひいた先。
  • こんにちは、薫子です・w・ノ以前フジテレビで放送されていた『残響のテロル』が、私はとても好きです。↑公式HPへ飛びます好きな物は手に入れないと気が済まない性質なので、数年以内には購入しようと思っています(*ノωノ)そのアニメ『残響のテロル』のオープニング&エンディング曲を担当している、Galileo Galileiの尾崎さんさんとAimerさん。声がとても素敵だなあと思い、TUTAYAでレンタルして参りました(*'▽')歌詞はアーティ [続きを読む]
  • カラマーゾフの兄弟-上
  • こんにちは、薫子です・w・ノ読書記録です。作者---ドストエフスキー作品---カラマーゾフの兄弟(上)訳者---原 卓也今回、私は新潮文庫の本を手に取りました('ω')上・中・下とありますので、分量的にも相当です。『カラマーゾフの兄弟』は、今まで読んだドストエフスキーの作品の中でも、一番好きな作品かも知れません。まだ上巻のみではありますが(/・ω・)/一体どうすれば、こんな作品が書けるのか、と…。ドストエフスキーとい [続きを読む]
  • 夜と、闇と、バケモノの子。
  • こんにちは、薫子です・w・ノ細田守贔屓の薫子です(゜レ゜)先日『バケモノの子』を観てきました。↑公式HPへ飛びます『時をかける少女』というアニメ等でも有名な、細田守さんの作品です。公開当初から観に行こうと思っていたのですが、こんな時期になってしまいました…。基本的に1人映画派の私は、少ない観客でゆったり観る事が好きです。「平日かつ夜の時間帯なら、人も殆どいないだろうな〜もう終盤だしな〜(/・ω・)/」と、 [続きを読む]
  • 地下の攻防
  • こんにちは、薫子です・w・ノ最近、きっかり朝の9:45に起きます(´・ω・`)どんなに目覚ましをかけても、7時に起きられません(´・ω・`)たるんどるとです(;´・ω・)昨日は、勉強会の後に都内をえっちらほっちら、お散歩して参りました。あ、そういえば|д゚)たまたま新宿に降り立ったら、某有名書店の前で、意識不明の男性が倒れていました…。また酔っ払いかしら、とも思ったのですが、本を購入して帰宅しようと外へ出ると、救急隊員 [続きを読む]
  • かき集めては、また散って。
  • こんにちは、薫子です・w・ノ曇天が続きますね〜、個人的には割と嫌いじゃないです。さて。数週間前、古本屋さんでこちらの作品を購入しました。今回は、現代まで人々に愛され続けている作品をチョイスです。左から、J・D・サリンジャー『キャッチャー・イン・ザ・ライ』オスカー・ワイルド『幸福な王子』『サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇』『ドリアン・グレイの肖像』ザッヘル=マゾッホ『毛皮を着たヴィーナス』ショーペンハウア [続きを読む]
  • 【静岡県】鰻を求めて三島日記〜柿田川公園その3〜
  • こんばんは、薫子です・w・ノいつまでたっても鰻に行き着かない(実は鰻の写真は撮っていない三島日記ですw柿田川公園その3です!観光するには展望台がメインの場所だと思いますので、今回はおまけの様な感じです('ω')さて、ハトさんと共に散策して参りますよ(*'▽')肉眼だと、木漏れ日がマーブル柄の様で面白かったのです。諸々の力量不足orzあら、神社。柿田川公園内です。どうやら貴船神社が祀られているようです。御祭神は高 [続きを読む]
  • 嘘をつくほうがよほど簡単だ。
  • こんにちは、薫子です・w・ノ続けての読書記録です♪作者---吉田修一作品---悪人(上)今日は一日フリーのため、「眠る前に少し読書をしてから…(*'▽')」と、思っていたら。時間を無視して4持辺りまで読んでしまいました( ゚Д゚)ふと視線を移した窓の外が、何だか白んできたとは思っていたんだ…『悪人』は、私の好きな映画作品の原作です。本来、映画は映画、小説は小説という意識でおりますし、映画を観て、原作に遡ったりする方で [続きを読む]
  • 『一切の望みを捨てよ 我を入る者。』
  • こんばんは、薫子です・w・ノ読書記録です。作家---Dante Alighieri(ダンテ・アリギエーリ)翻訳---三浦 逸雄 作品---神曲 地獄篇古典文学としては、作家・作品ともに非常に有名だと思います。以前、他の出版社の同タイトル作品を読んだのですが…、挫折してしまった経験があるため、再トライ。たまたま手に取った(安かった( ゚Д゚))ものが、こちらの出版社だったのです。訳者の意図として、原作の表現より、内容理解を重視して下 [続きを読む]
  • 【静岡県】鰻を求めて三島日記〜柿田川公園その2〜
  • こんにちは、薫子です・w・ノ鰻を求めているはずの三島日記ですが、…全く鰻が出てきませんね( ゚Д゚)…さて、柿田川公園その2です!第一展望台から第二展望台までは、少し距離があります。そのため、途中までとことこ歩いていくのですが…葉っぱの裏に、蝉の抜け殻を発見しました。私は都内に暮らしているため、蝉の抜け殻を見たのは久々です。この葉っぱも、しゃがまないと見られない場所なのです。写真を撮ろうと思ってうろうろ [続きを読む]
  • 【静岡県】鰻を求めて三島日記〜柿田川公園編その1〜
  • こんにちは、薫子です・w・ノ先日、静岡県の三島へ行って参りました。柿田川公園を散策しましたので、数回に分けて紹介していきます('ω')柿田川公園は、第一展望台と第二展望台の2つが見所のようです。こちらは、第一展望台。二股に分かれた木が、何だかちょっと可愛い。地元の方によると、今年は水量が少ないとの事でしたが…澄んだ水が、太陽光に反射して綺麗でしたよ。この写真の少し左側を向きますと、こちら(/・ω・)/左下に [続きを読む]
  • 【静岡県】鰻を求めて三島日記〜柿田川公園編〜
  • こんにちは、薫子です・w・ノ先日、静岡県の三島へドライブして来ました!あまりゆっくりとは出来なかったのですが、限られた時間の中で精一杯楽しんで参りました(*´ω`)今回は、三島出身の方のお勧めである『柿田川公園』へ足を運びましたよ〜♪↑柿田川公園を紹介されている個人サイト様へと飛びます☆柿田川公園☆なんと、ここでは名水百選に選ばれた清流の湧水が見られます('ω')柿田川の湧水を見られるスポットは、第一展望 [続きを読む]
  • レインボーブリッジを背後に。
  • こんにちは、薫子です・w・ノ先日、レインボーブリッジを背後に楽しめるBBQがあるという事で…早速行って参りました(*´ω`)ちっとも綺麗に撮れませんでしたよ(´・ω・`)早く一眼レフ欲しいよ(´・ω・`)以前、河川にて…知人と2人でBBQをした事がありましたが|д゚)やはり、こういった事は大人数でやるに限りますねw背後に輝くレインボーブリッジを眺めながら、お肉焼いたりお酒を飲んだり(/・ω・)/みんな楽しそうで、見ている [続きを読む]
  • 納豆商品に間違いはない('ω')
  • こんにちは、薫子です・w・ノ納豆大好き薫子です・w・ノ亀印さんから出ている『納豆せんべい』です。くせになるウマサねば〜(∩´∀`)∩側面には「納豆せんべい食べてネバ〜ギブアップネバ〜!」と書いてありますw可愛いですねww納豆好き薫子、さっそく開けてみる…(/・ω・)/お い し い( ゚Д゚)ふんわりと納豆の香りはしますが、味は癖がなく、塩味がきいていて美味しいです。茨城県付近にあるパーキングエリアにあるそう [続きを読む]
  • のびのびと。
  • こんにちは、薫子です・w・ノここ数日、久々に親戚のお家に行っておりました。東京と違って空が広い。埋立地の空の広さは嫌いですが、自然が多い中で、空が広いというのは本当に気持ち好いです(*´ω`)光りを背負って、突き進んで行く雲。久々に親戚に会って、元気が出ました。みんな、これからも元気で、長生きしてね(*'ω'*) [続きを読む]
  • 帰り道のお伴。
  • こんばんは、薫子です・w・ノ昨日、今日とドライブをしました。その帰り道にパチリ。車から撮ったので、フロントガラスの色が映り込んでしまいました|д゚)最近は雨がちらふらと降っておりますが…上空を見上げると、表面を覆う灰色の雲と、その奥に見える白い雲とが見えます。なんだか立体的で、迫力がある感じがして…とっても好きなのです(*´ω`)それでは、おやすみなさい。薫子でした^^* [続きを読む]
  • ちょっとお散歩したかっただけ。
  • こんばんは、薫子です・w・ノ私用で立ち寄った場所で、お散歩です。この日は、猛暑が去り雨模様のお天気。少し不穏な空気。夜にはまだ早い、夕方の時刻です。この、ざわざわした心地が。この日にはよく馴染み、好きでした。知人から、交通事故に遭ったという連絡がきました。車は壊れてしまったようですが、本人は何事もなく無事なようで…良かった(´・ω・`)そんな気持ちもあり、近くの神社へお参りに行きました。その帰り道('ω' [続きを読む]