村夏至 さん プロフィール

  •  
村夏至さん: MIジャーナル
ハンドル名村夏至 さん
ブログタイトルMIジャーナル
ブログURLhttp://blog.canpan.info/nougeiraku
サイト紹介文趣味のはたけや近隣(時に遠方)の文化情報などについて書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/01/29 21:29

村夏至 さんのブログ記事

  • 活動するからこそ浮かび上がる地域の課題(どぶさらいの担い手)
  • 先々週の土曜日、地元の自然と環境を考えるNPO法人の総会があり、私はメンバーとして議長を行いました。この団体、私の住む地域の川の昔のきれいさを取り戻したいという一人のおじいさんの行動から始まったもので、川の草刈りが主な活動なのですが、今では、県道の草刈りを県から受託して行ったり、休耕田の草刈りを謝礼をもらって行ったりもしています。昨年度から3年間は、市の助成金を受けて、小学校に近い小高い丘の登山道を [続きを読む]
  • 『日本会議の研究』
  • 『日本会議の研究』(菅野完著、2016年(2017年修正版)、扶桑社新書)最近、大きいところでは国政レベルで、小さいところでは身近な職場などで、自分も含めてどんどん人間として劣化が進んでしまってきているのではないかと心配です。例えば直近の例では、復興大臣が「東北で良かった」と言って更迭された件。客観的な事実として、首都圏のような人口密集地区で起こっていたらもっと大変になっていたということはあるでしょう。そ [続きを読む]
  • 『散歩がてらのコンサート』 170506(GWおでかけ情報)
  • 2017年5月6日(土) 13時半〜由宇文化会館(岩国市)にて全席自由 500円毎年、ヴァイオリンの石井啓一郎さんとピアノの石井啓子さんの住む宏樹庵の近くの黒磯自治会館を中心に5月の連休中、ヴァイオリンやヴィオラ、チェロ、ピアノ演奏者のミュージックキャンプが開催されていて、その発表会が行われます。キャンプに参加しているのは、小さな子どもから高齢者までさまざま、住所も東京や、京都、高松、山口県内各市など広範 [続きを読む]
  • 478_間引いた苗は、また苗として使えるのか?
  • タネから苗を育てるとき、最初に2、3粒のタネを蒔くことが多いので、うまくいけば(大概うまくいく)2、3本の芽が出てくるので、背が高くならないように3本立てにするオクラなどを除けば、1本立ちにするために、ある程度大きくなったところで一番育ちのいいのを残して、あとは抜き取ります。そのとき、密接して生えているので、引き抜く感じになるので、小さい根までは抜ききれないため、これまでは、もうダメだと単純に思い [続きを読む]
  • 『カカオとチョコレートのサイエンス・ロマン』
  • 『カカオとチョコレートのサイエンス・ロマン』(佐藤清隆・古谷野哲夫著、幸書房、2011年)2017年3月16日の記事で紹介した『チョコレートはなぜ美味しいのか』で、がぜんチョコレートに興味を持ってしまったので、概観できる本を探して読んでみました。最初は、カカオの木の実(カカオポッド)の中の白いパルプだけ食べていたのが、カカオ豆も食べるようになり、何千年もの間は冷たい飲み物として飲まれ、500年位前にヨーロッパ [続きを読む]
  • 第3回岩国ジャズストリートを見に行ってきた 170423
  • 天気に恵まれた2017年4月23日。岩国駅前の中通り周辺で、第3回岩国ジャズストリートを楽しんできました。駅から会場に向かうと、まず出くわすのが、中通商店街のフジタメンズU前に設けられたセッションステージ。参加グループのメンバーが入り乱れてその場でセッションするという趣向。今回8か所設けられた店内ステージでは、40分ずつのステージがお客さんを入れ替えながら開催。私が参加したところはどこも満員。あらかじめ、「 [続きを読む]
  • 477_南瓜(カボチャ)畑ほぼ完成
  • この週末、お出かけの合間の時間で、もう植えれそうなくらい育ってきた南瓜のはたけを作りました。ついに夏野菜のはたけが具体的に始動です。前にも書きましたが、昨年は、過去最速の9月に猪(イノシシ)がやってきたために、それ以降、ピーマンやオクラなどの収穫はできたものの、新たなはたけづくりができなくなって、冬の間は猪の遊び場と化したはたけは、ただの草原になってしまっていました。まず、根っこが大きくてはびこる [続きを読む]
  • アースデイ周防大島に行ってきた170422
  • 周防大島に架かる大島大橋を渡ってから左側40分走ったところにある、逗子ケ浜海水浴場の隣にある筏八幡宮で開催されたアースデイ周防大島に参加してきました。結構広い神社で、一直線に続く参道にこだわりのお店が並んでいい雰囲気。神社での開催ということで、最初に神事でお清めがありました(もちろん、参加は自由)。実行委員会から振る舞われた「うみとそらのたまご舎」の無農薬米を「せとうちつなぐキッチン」の白鳥さんが仕 [続きを読む]
  • 岩国ジャズストリート いよいよ本日12時〜 170423
  • 第3回岩国ジャズストリートの前日夜、今回、親善友好特別コンサートで来日している「アメリカ空軍太平洋音楽隊-アジア Pacific Showcase(パシフィック ショーケース)」のメンバーと日本人出演者の競演が、岩国市内某所で開催。会場は、実行委員や出演者をメインに、満員状態。熱いセッションが繰り広げられました。美味しいワインと美味しいおつまみと熱い演奏を楽しませてもらいました。「アメリカ空軍太平洋音楽隊-アジア」は [続きを読む]
  • 476_里山ひよじ村の稲のタネ蒔きに参加してきた
  • 4月からはじまった里山ひよじ村の稲作り。ほぼ1週間前の話になってしまいましたが、タネ蒔き作業(タネはプラスチックの苗用トレイに機械で蒔きます)に参加してきました。4月の初めにタネもみの選別と、苗床づくり、タネの芽だしは行われています。ちなみに、タネの芽だしは、こんな感じで、お湯を張った浴槽に袋に入れたもみをつけて芽だしを促進させます。そして、芽が出始めた稲。赤米もあります。今回私が主にやったのは、 [続きを読む]
  • 音楽と癒し−アコーディオンとオカリナの調べ−
  • 広島のアコーディオンとオカリナ奏者、野口美紀さんの講座が岩国市内の公民館であることを知ったので参加してきました。春にちなんだ日本や外国の曲のいろんな種類のオカリナでの演奏やアメリカで紙芝居を使って日本の曲を紹介したお話や最近行ったキューバの話。数年前に野口さんがお話とそれに合わせた曲、そして演奏と何役もこなして作成したオリジナルCD付き絵本『12の扉』から「くらげのダンス」の朗読と演奏(時々CDで聴いて [続きを読む]
  • コゴミのおひたし(季節の雰囲気をお届け)
  • 草蘇鉄(クサソテツ)の若芽をコゴミと言って春の山菜として食べますが、実は、もともとあまり岩国では植生がないためか、食べる習慣がないためかあまり流通して食卓に上ることはありません。このあたりだと、広島の中国山地や島根県などが有名なのでしょうか。昨日、たまたま、岩国市の美和町の奥で栽培している人に出会っておすそ分けをいただいたので、さっそくゆがいて、ポン酢をかけていただきました。山菜なのにアクがなくて [続きを読む]
  • 第3回 岩国ジャズストリート170423
  • 2017年4月23日(日)12時〜18時(11時30分 オープニングセレモニー)店舗内のライブには、コースターにもなるチケット(前売り1000円、当日1200円、高校生以下無料)が必要です。イベントを盛り上げる寄付と思ってチケットは是非購入しましょう。3回目となった岩国ジャズストリート。岩国駅前周辺のお店と路上を使って、同時多発的なジャズのライブが楽しめます。今年も多彩なグループが参加します。今年の課題曲は、「サテンド [続きを読む]
  • アースデイ周防大島170422(週末おでかけ情報)
  • 2017年4月22日(土)11時〜15時筏八幡宮(山口県大島郡周防大島町和田357)にて出店予定・nora(岩国)自家製酵母パン・お菓子・グリーンコープやまぐち(岩国)牛乳の試飲など・fudo ku kan Bamboo(周南)お弁当・ホットミール・すおうらんぷ(周南)オイルランプ・空間茶天(防府)お弁当・お菓子・瀬戸内伝統航海協会(平生)展示・松本農園 / 五風十雨(平生)米・麹・甘酒など・おやつ工房haru・米(下松)米粉のお菓子 ・ [続きを読む]
  • ルッコラの間引き菜を朝食に(昨日の朝食)
  • プランターに蒔いたルッコラが密集してきたので、間引くことに。はたけに植えていると、間引いてもそのままそこにうっちゃることも多いのですが、家の中にあるので間引き菜を朝食に使うことにしました。根っこを洗って、トマトに添えると、ゴマ風味のトマトに。キャベツと人参(にんじん)と南瓜(かぼちゃ)にすりゴマを添えた温野菜サラダとともに(普通は湯通しした生姜(しょうが)の千切りも添えるのですが、昨日は在庫がなか [続きを読む]
  • 三上智恵×アーサー・ビナード アフタートーク
  • 『標的の島 風かたか』を観たのが初日だったので、監督の三上さんと広島在住の詩人 アーサー・ビナードさんのアフタートークがあり、引き続き参加しました(小さな映画館は映画上映の時に満席で、映画が終わっても帰る人はいませんでした)。お二人が一緒にトークしているのを聴くのは初めてでしたが、それぞれ別場所でお話を聞く機会はあったので、お話を聴くのはそれぞれ2回目でした。アーサー・ビナードさんは、詩人らしく、 [続きを読む]
  • 55『標的の島 風かたか』 横川シネマにて⑰
  • 『標的の島 風かたか』(監督:三上智恵、出演:沖縄のみなさん、119分、2016年、日本ドキュメンタリー映画)今年、映画鑑賞55作品目にして、劇場での鑑賞17作品目。2016年6月に沖縄で起こった米軍属による女性暴行殺人事件。その追悼県民大会で、子の成長を願う母の気持ちを沖縄の言葉で歌った「童神(わらびがみ)」が作者の古謝美佐子さんによって歌われ、被害者の出身地の稲嶺名護市長が、「今の歌に『風(かじ)かたか』と [続きを読む]
  • 475_モロヘイヤのタネ採取など(はたけの準備の露払い?)
  • はたけの準備のために全体にはびこった草取りをしないといけないのですが、その前に昨年植えたモロヘイヤもそのまま、タネができたままになっていたので、タネを採取することにしました。すでに下にこぼれてしまっているものもあるものの、ほったらかしすぎでカビの生えた莢(さや)の中にびっしり並んでいるものがたくさんあります。カビ過ぎて死んでしまっているタネもあるでしょうが、私のはたけに蒔くには十分すぎます。この、 [続きを読む]
  • 474_セリ科のパクチーのタネが2個セットになっていることについて
  • プランターに植えたパクチーに本葉が出始めました。何日か前にパクチーが芽生え始めたことを書いたときに、丸いタネ(タネの状態の時にはコリアンダーと言って香辛料として使ったりします)の中に2個のタネが入っていることを書きました。発芽しやすいようにか、ばらばらに育つようにか、殻を割って一つずつにすることがあると書きましたが、私は面倒くさいのでそのままにすることが多く、今回もそのまま蒔いたほうが多いので、見 [続きを読む]
  • 54『ラ・ラ・ランド』 広島バルト11にて⑯
  • 『ラ・ラ・ランド』(監督:デイミアン・チャゼル、出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、128分、2016年、アメリカ映画)今年、映画鑑賞54作品目にして、劇場での鑑賞は16作品目。「ラ・ラ・ランド」(ロサンゼルスの中でも主に映画の都ともいわれるハリウッド地域の愛称)で暮らす、映画女優とジャズバーの出店を夢見る二人の恋の物語。前評判からしてとてもよかったし、ミュージカル映画というのは基本的に好きなので、 [続きを読む]
  • 宏二郎展「円に佇む」 もうすぐ閉幕です(4月16日まで)
  • 3月10日に前触れ記事(場所などが書いてあります)を書いて、4月9日に会場の様子などを記事にさせてもらっている宏二郎展。早くも、この週末(16日)で会期終了。オープニング日の翌日再訪して、じっくり展示を見ると同時に、ブログに書かせてもらうことを宏二郎さんに説明して、初日に撮れなかった会場の様子を写真に撮らせてもらいました。まずは、宏樹庵の2階。こんな展示空間になっています。じかに作品に触れてほしいので [続きを読む]
  • 新しい岩国の観光スポット その3「吉香 鵜の里」
  • 2017年3月30日オープン。入場(観覧)無料。営業時間は、9時〜17時。岩国の夏の風物詩「錦帯橋のう飼」を担う、鵜(う)たちの飼育施設を公開するために新たにつくられた施設。外観はこんな感じ。金網越しに鵜の様子や、手前の池がガラス張りになっていて、時間帯によっては餌を食べる様子を見ることができます。鵜は思った以上に間近。説明看板などもあります。ベンチのある休憩所もあり、パネルや映像でう飼の歴史や全国でのう [続きを読む]