gappo333 さん プロフィール

  •  
gappo333さん: 心の軌跡
ハンドル名gappo333 さん
ブログタイトル心の軌跡
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/gappo333
サイト紹介文「介護」初心者の私。悪戦苦闘の日々を綴っています。
自由文現在63歳の私。とうとう「親の介護」が始まりました。腰の骨を骨折したのが始まりで,それからは坂道を転がるように,体の機能が衰えていった母。今はもうほとんど「寝たきり」状態です。まさかこんなに早く「介護」の世界に入るとは・・・戸惑いながらも日々を懸命に過ごしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/01/30 10:57

gappo333 さんのブログ記事

  • 長らくの放置 m(_ _)mごめんなさい
  • しばらくパソコンを開かなかったらおびただしい数のメールが入っていました。(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-ほんとにおそろしや〜これに懲りてちゃんとパソコンの管理もしなければ・・・と反省しました。さて父が病院を退院してから26日経ちました。酸素マスクを付けての生活になりましたので食事は我が家で食べることになりました。寝る時だけ自宅に帰っていますが隣とはいえ行ったり来たりが少々やっかいでしてそのたんびに酸素マスクの付 [続きを読む]
  • 父,その後
  • 父の入院はそれから2週間続きました。その間,酸素マスクは外れることはなく研修医の説明では「誤嚥性の肺炎」を起こしているとのことでした。入院から1週間経ったころ父は「先生がもう帰ってもいいと言った。」と言い出しました。えっ,まだ酸素マスクをしてるのに?私は不思議に思い回診に来た先生に尋ねました。「血液検査の結果もいいし・・・ほぼ正常に戻ってます。明日にでも退院できます。」と言います。先生がそう言うのなら [続きを読む]
  • 今でもよくわからない 
  • ある火曜日のことです。父はいつものようにデイサービスに行きました。家は暖房をかけたままキッチンの横の戸を開けっ放し洗濯機には洗濯物が入ったままさらにはテーブルにはかじりかけの食パンが置いたまま・・・いかにもあわてて出かけて行ったという感じではありましたが。でもまぁこういうことはたまにはあるから気にも留めずに過ごし午後の食事をすませちょっと珈琲でも飲もうと思っていた時のことです。「リーン,リーン。」 [続きを読む]
  • 長らくの間 m(_ _)mごめんなさい 今度は父が・・・
  • お休みしている間今度は父がデイサービスに行っている時に意識がなくなり救急車で病院に運ばれるという考えてもみなかったことが起こりました。まあそのことについてはいろいろ書くことがありますがとにかくゆっくり書く時間がありませんのでまた改めて書きます。ほんとうに・・・こんなことってあるんだろうか・・・今はそんな気持ちです。一旦だめだと言われた命はとりとめましたがそれから後は今まで通りの生活に戻るのはむずか [続きを読む]
  • お知らせとお詫び
  • しばらくの間お休みします。いろいろ気にかけてくださった方々申し訳ありません。また気持ちが上向きになったら復活します。\(o⌒∇⌒o)/ [続きを読む]
  • ほんま 訳わからんわ (`へ´)フンッ。
  • なんだかんだといろいろ用事があってなかなか落ち着きません。父は寒いと体も頭も思うように動かなくなるようで最近になって2回ほどデイサービスをお休みしました。昨日は行くつもりにしていたのか朝早くから起きてごそごそしていました。デイサービスのお迎えの車が来たので急いで父の家に行き玄関を開けると中から父があわてたようにして出て来ました。見るといつも持って行く袋(デイサービスの連絡ノートが入っている)を持って [続きを読む]
  • 最近の母と父・・・いろいろあるなぁ (ー。ー)
  • 「どう思う?」昨日母の所に行くとすぐに母はこう言った。「痴漢が来て恐いんやぁ,。だからもうここ辞めようと思って。」とうとう・・・想像していたけれどもうここでの生活も飽きてしまったのね。以前の所のように「虐待される」とは言わないけれどその代わりにここの職員の男の人(泊まりで来ている人)のことを痴漢というのだ。そりゃぁここの職員だったらおしめ換えもするだろうし体位変換のために体も触るだろう。それを母は本気 [続きを読む]
  • やっぱりなぁ (ー。ー)
  • 昨夜,スポーツクラブから帰ってくると家の電話に着信履歴が。(もしかして・・・)と思い相手先を確認するとやっぱり・・・母のいるグループホームからだった。(なんなんやろ。)とどきどきしながら電話をかけた。「母に何かありましたか?」「はぁ,あのですねぇ。お尻と足のふくらはぎに褥瘡ができているんですよ。 病院で診てもらってお薬はいただきましたが。 なんか一晩でできたみたいで・・・とりあえず今晩から2時間ごとに体 [続きを読む]
  • たまには私自身のことを・・・でもやっぱり母のことも
  • ブログも間があくとなんとなく書きにくくなってしまいますね。(-_-)このところ母のことについての内容ばかりが続いてましてまぁそれが私の心を占めている大部分のことなのでしかたないとは思いますがたまには自分や家族のことも書かねば・・・とそんな気持ちにもなっています。私自身のこと・・・先週の金曜日にインプラント手術をしました。奥歯の歯が2本だめになってしまいまして「入れ歯」か「インプラント」かの選択肢の中で [続きを読む]
  • 父の部屋に 一晩中灯が灯るようになったわけ
  • ある日を境に父の部屋の灯が一晩中灯るようになった。何かあったのかと思い父に聞いてみると「部屋が暗かったら寝られないから・・・電気代はもったいないけど・・・」との返事。電気代は気にしなくていいんだけど今まで灯を消して寝ていたはずなのに・・・と少し気になったがそのままにしておくことにした。先日の金曜日のこと私が夕ご飯を持って行くとにこにこしながら「わし,電気(枕元に置くスタンド)を買ったんで。」と言い買 [続きを読む]
  • 夢の中を行ったり来たり・・・
  • 「今日は○大の学園祭に来ている。」「明日家に帰るけんね。」と昨日,母は言った。「どうやって帰るんな?歩いて帰るんか?」と父が尋ねると「なんでぇ,歩いてなんか帰らんわ。タクシーやわ。」とまともな顔をして答える。「わし,明日はデイサービスに行っておらんで。」と父が言うと指で私を差して「娘がおるけん,かまん(大丈夫)」と言う。どこまでわかって言ってるんだか・・・昨日は父の甥や姪が広島からやって来て母を見舞っ [続きを読む]
  • 私,仕事に行ってるから・・・
  • と母は嬉しそうに言った。「もう歳やけん仕事は行かんでもええやろ。」と私が言うと「いいや,食べていかないかんけん。」と母はまじめな顔をして言う。「どこに行っきょんな?」と私が母の話に合わせて聞くと「ここ。さっきの所(みんなが集まる居間のような所)や。」と言う。そして続けてこう言った。「ここは行っても給料は出んけど3食食べさせてくれるんや。それだけでもええと思って。」「そうやなぁ。食事付きはええやないの。 [続きを読む]
  • 「お福さん」がもたらした幸運 o(*^▽^*)o
  • 「木目込み」で「お福さん」を作りました。出来上がった時に私はこんなことをお願いしました。「お福さん,どうかどうか宝くじで1億円当たりますように・・・」って。子どもたちや両親や自分たち夫婦がこれから安心して生活できるようになるためにはそれ相応のお金が必要だと思っているから確率的にはゼロに近い宝くじを3枚買って(それ以上は気持ち的には買えないのです)いっつも夢見ている私それを自分が作ったばかりの「お福さん [続きを読む]
  • 昨日の母と父
  • 昨日父を連れて母の所に行って来ました。母は居間兼食堂にいました。私たちを見ると「あっ」という顔をし続いてうれしそうな表情を浮かべました。「来てくれたんな。」と言い「部屋に行く。」と言うので車椅子を押して部屋に行きました。それから持って行った最中を渡すとおいしそうに食べいろんな話を普通にしました。「ここはご飯が前の所よりおいしい。」「ここにいる人はいい人」と言い「前みたいにたたかれんけんあざもできて [続きを読む]
  • うれしくもあり 悲しくもあり・・・
  • 昨日夫と母の所に行った。毛布に椅子に冬用の服にお菓子に・・・たくさんの荷物を持って。母はお風呂に入っているとのことで部屋で待つこと20分きっとまた「あんたなぁ,私をこんな所に捨てて・・・」と目を三角にして言われるだろうなぁと覚悟して待った。「娘さんが来てくれているよ。」と部屋の外でスタッフの人の声がした。続いて「あぁ,ほんとう。」と穏やかそうな声が聞こえたので部屋から顔を出してみると母は気持ちよさそ [続きを読む]
  • 母には 申し訳ないけれど・・・( 。-_-。)
  • 先週の土曜日に母の所に行って以来どうしても母の所に行くことができなくなっていました。でも父がお菓子を買ってきてどうしても母にあげたいというので私一人がそのお菓子を持ってホームに行きました。玄関を開けロビーに母がいないことを確認しやっと中に入ることができましたがなぜか心臓がどきどきして息苦しくなりました。ホームの人は「どうぞお部屋に・・・」と言われたのですが私の足がそちらに向きません。事情を話しお菓 [続きを読む]
  • もう私は無理です (ノД`)
  • 昨日どうしても父が母の所に行くと言ったので連れて行くことにした。ちょっと前までは「わしはしばらく行かん方がええなぁ。」と言っていたのにこの心変わりはどうしたことか?私が渋ると場所も知らないのに自転車で行くと言い出す始末このあたりがやっぱり父もおかしいと言うことなんだろう。前の3倍くらいの距離のグループホームに着いて母の部屋に行った父はさっそくお決まりの愚痴を聞かされた。「こんな所におらされとんで。私 [続きを読む]
  • 失ったものと得たもの・・・皮肉な話
  • 母が新しい施設,グループホームに入所して6日目の昨日母の所に行った。数日間会わなかったことでホームの人になじんでいるかな・・・少し穏やかな表情になっているかな・・・とちょっと期待しでも内心はどきどきしながらベッドに横になっていた母に声かけをした。「おはよう。」と笑いかけると返ってきた表情は異常なものだった。「なんでこんな所に置いとくんな。夜は一人しか(ホームの人が)おらん。これやったらまだ前の所がま [続きを読む]
  • どこに行っても・・・( 。-_-。)
  • 昨日,母は老健からグループホームに引っ越しました。行くなり「なんで(部屋に行くまでの)廊下が長いんな。」と大声で言い車椅子でそこまで移動をし始めると「私は足が悪くて手も悪くて・・・自分でできん。」と言い張るのです。係の人が「私がいる所まで来てごらん。そこからは押してあげるから。」と言っても「それだったら今までの所と一緒やない。私はできんのやって言っとるのにぃ。」と自分でしようとしません。そして部屋に [続きを読む]
  • だんだんエスカレートしてゆく・・・(ー。ー)
  • 昨日の母の様子です。行った時,部屋の中で車椅子に座ったまま何かを食べていた。なのに私の顔を見るなり母 私やなんちゃ食べとらん。もういじめもええとこやぁ。  私や,91度も(熱が)出とったんで。そんでも無理矢理起こされた。  みんな食べよるのに,私やなんちゃない。私はお金がないけん。  どなんかして。(どうにかして。)  部屋に東の人(入所している人のことだと思う)が入れてくれた。  ここの人は何にもしてく [続きを読む]
  • グループホーム・・・費用が倍に (ー。ー)
  • 昨日認知症対応のグループホームに見学に行って来ました。外見はふつうのおうち3棟あってどの棟も9人ずつ入っているということでした。そのうちの1棟が1部屋空いたのでうちの母親にどうかというのです。そこの介護が手厚いかどうかということはちょっとの見学ではわかりようがありません。けれど今の所がいやでいやでしようがない母は今の所にこのままおいておくわけにはいきません。「こちらにお世話になります。」と言って帰っ [続きを読む]
  • とうとう・・・( 。-_-。)
  • 昨日母が入所している施設から電話があった。いろいろ前置きはあったが「今のお母様の状態だと,うちより認知症対応のグループホームがいいのではないかと・・・」ということだった。今いる所と同系列ということで「○○○○という所があるのですがどうでしょうか?」と紹介してくれた。「一度見学をさせてください。」ということで返事は保留したがこんな電話があるということは今の施設で母は「困り者」ということだろう。紹介先に [続きを読む]