shidah さん プロフィール

  •  
shidahさん: SHIDAH'S  WEBSITE
ハンドル名shidah さん
ブログタイトルSHIDAH'S WEBSITE
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/shidah
サイト紹介文人生という摩訶不思議な旅を、みなさんと共に楽しんで参りましょう。
自由文海外の仕事・旅行で訪れたところ。NY,ロンドン、パリ、ロサンゼルス、サンフランシスコ他、米西海岸、シアトル、アトランタ、シカゴ、バッファロー、モントリオール、上海、桂林、広州、香港、マニラ、ソウル他、国内は大半行ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2014/01/30 18:41

shidah さんのブログ記事

  • 「世界一周の旅」は「JALアトランタ線就航記念」の旅であった。
  • 1980年、バブルは1989年であるから、其の10年前のことである。「JAlアトランタ線就航記念世界一周の旅」であった。何故そのような企画がなされたかというと、1890年当時は、日米貿易摩擦特に自動車の摩擦が広がり日本の自動車メーカーはアメリカに工場を作るという解決策に出ていた時である。何故「アトランタ」なのかというと「アトランタ」に日本の自動車メーカーが工場進出していたからである。今はわからないが、当 [続きを読む]
  • 「アメリカの美術教育」と日本との違い。
  • NYの近代美術館に行った時、目にしたことであるが、一枚の絵の前に子供たちが床に座り込んで、教師の説明を聞いていることであった。日本では美術館を訪れると、一列に並んで、時間待ちをしながら有名な絵の前を素通りしていくのである。この光景を目にして感じることは、やはり日本の教育には「ゆとり」がないなという感じである。「ゆとり」教育の弊害が言われ、また「ゆとりのない教育」に戻ったようであるが、やはり教育は「長 [続きを読む]
  • 「銃社会」アメリカ
  • 銃社会アメリカについては、色々言われているし、過去にも日本人の子供の犠牲者が出たり様々な社会問題を提起している。我々日本人がアメリカを訪れて驚く光景にホームセンターの一角で、モデルガンの展示のように「銃やライフル」がさりげなく売られていることである。前オバマ大統領も銃規制に力を入れてきたが、中々その効果は現れなかった。年間に何万人かが銃の犠牲になっているという事実があるが、ホームセンターでモデルガ [続きを読む]
  • NY「メーシーズ百貨店」の売却。
  • 先日ニュースでNYのメーシーズ百貨店が100店舗をカナダの企業に売却すると報道していた。NYに行った時に目にする一つに「メーシーズ百貨店」がある。当時の日本人の目からすると、さすがアメリカの百貨店だと思わされるのが、その壁面に「ワールドナンバーワンズストアズ」と書かれているのである。あの「メーシーズ百貨店」がカナダの企業に100店舗売却するということを報道でしり、何でだろうという思いがある。ロックフェラ [続きを読む]
  • 新大統領の思い?
  • 1989年に日本はバブルに湧き、私もそのおかげでNY、シカゴ視察を行うことができた。そのときのアメリカ、NYは日本のバブルと反対の局面にあったと思う。NYのトランプタワーもそのとき訪れたものである。もう日本人は忘れてしまったかもしれないが、当時日本のバブルの象徴的出来事がNYで起きていた。私自身も内心驚いたことであるが、日本の某大手不動産会社が、NYのロックフェラーセンターを買収したことである。ロックフェラ [続きを読む]
  • 大英博物館の「マグナカルタ」に感動する!!
  • 「世界一周の旅」のロンドンで行った、大英博物館の入り口すぐに、マグナカルタ〈大憲章)の実物が展示されていた。これが「マグナカルタ」の実物かと、世界史で学んだことを、思い出し感動したものである。確か1315年のはずであるから、今から702年前の、マグナカルタ(大憲章)の実物である。マグナカルタは確か憲法のようなものの初めてのものであるから、日本と比べると、イギリスの立憲主義の歴史にその価値を感ずる。 [続きを読む]
  • パンダのサーカス!!
  • 上海から桂林、広州、香港の旅の時のことである。上海雑技団(サーカス)に行った時のことです。何と驚くなかれ、パンダが確か10何頭で、色々芸をして見せてくれるのです。パンダだけです。記憶違いではないかと、ネットで見てみましたが、パンダの芸はありませんでした。もう30年も前の話ですが、当時は中国ではパンダもそのような、扱いを受けていたのでしょう。当時の様子を撮影していれば貴重な映像になっただろうなと残念 [続きを読む]
  • 欧米の百貨店は今が最盛期である。
  • NYの「メーシーズ(閉店しているかも?)」やロンドンの「ハロッズ」やパリの「プランタン」など欧米の百貨店は今のクリスマスシーズンが、一年で一番賑やかになっている。この時期に欧米への旅は、寒いシーズンであるが、費用も割安で行くことができる時である。クリスマスの飾りつけは10月頃から始まり、今がピークになっている。日本でも、様々な飾り付けなど欧米のようになってきているが、規模などでは及ばない。欧米には正 [続きを読む]
  • まさかの?「トランプ大統領」
  • 過去のブログの記事に書いたものです。バブルの頃の話になるが、今やアメリカ大統領共和党候補になったトランプ氏は当時不動産王として、本まで出していた。その後、音沙汰もなく、気にも留めていなかったが、突然の如く共和党の大統領候補として登場してきたので、トランプ氏が出てきた時、どこかで聞いたことのある名前だなと思ったぐらいである。ああ、あの不動産王といわれた「トランプ氏」ではないかと。そういえば、当時NYに [続きを読む]
  • 欧米の「チップ」社会
  • 余り日本では報道されることもないことに、欧米の「チップ」なる制度がある。初めて海外に行くとまず最初にこのことに気づくだろう。普通、清算金額の10パーセントから20パーセントを「チップ」として清算時に支払う。これは欧米の海外旅行に出て初めて出会うことで、普通「ガイド」から飲食等の清算時に説明されることが多い思う。この「欧米」のチップなる制度?は、普通サービス業に携わる方達の収入が「チップ」で成り立ってい [続きを読む]
  • NY「ペンタホテル」が世界一周の旅のNYのホテルであった。
  • 世界一周の旅は、成田からシアトル経由アトランタへ。JALのアトランタ線就航記念世界一周の旅であった。当時アトランタは日本の自動車メーカーが工場進出し、アトランタ空港の広いイミグレに、歓迎日本の垂れ幕が出ていたほどである。アトランタ航空は当時は、世界で一番広い空港とのことであった。アトランタからNYを目指すことになるが、当時のNY行きサウスウェスト航空機がフラップの故障ということで、飛行機のなかや、空港で [続きを読む]
  • 「ブロードウエー」の通りの繁華街で被害に合う。
  • NYの旅の時であるが、宿泊先のNYヒルトンホテルから、昼間のウオルストリートのNY証券取引所(NYSE)の見学等の後に、夕食のため韓国焼肉料理店に、行きはブロードウエーの前の繁華街の通りを通り抜け、韓国焼肉料理店で食事をし、帰りは、二名で近道の裏道を抜け、ブロードウエーの前の工事中のビルの下を抜け、ホテルに戻ろうとしたところ、交差点で、肩が触れ合い、「ソーリー」と謝るが、「ガシャ・・・・・」と瓶が割れる音が [続きを読む]
  • 「シカゴ」は以外にもヨーロッパ調の街であった。
  • NYからバッファローへ飛び、ナイアガラの滝を見て、シカゴにやってきたが、観光の街のイメージが余りないシカゴの街は以外にも、ヨーロッパ調の街並みであった。宿泊ホテルも名前は忘れたがヨーロッパ調の作りのホテルであった。オバマ大統領の街でもあるが、その昔は禁酒法時代に「アルカポネ」が名をはせていたが、アルカポネがいたビルも残っていた。バスでミシガン湖畔を走ったが、まるで海岸線を走っているような壮大な湖であ [続きを読む]
  • 「トランプタワー」で食事をする。
  • バブルの頃の話になるが、今やアメリカ大統領共和党候補になったトランプ氏は当時不動産王として、本まで出していた。その後、音沙汰もなく、気にも留めていなかったが、突然の如く共和党の大統領候補として登場してきたので、トランプ氏が出てきた時、どこかで聞いたことのある名前だなと思ったぐらいである。ああ、あの不動産王といわれた「トランプ氏」ではないかと。そういえば、当時NYに行った時、トランプタワーに行ったこと [続きを読む]
  • 「英EU離脱」に思う。
  • 「英がEU離脱」を国民投票で決めた。その影響について色々コメントされているが、EUがECと言われた時代にNYの大手金融会社の二名の女性のエコノミストの話を聞く機会があり、「EC等世界のブロック化の動きがあるがどう思うか」質問したところ、「EC等ブロック化の動きは政治の問題であり、経済は世界で最強の企業が残って行くでしょう」との簡単、明瞭な答えであった。その後ECはEUになり、世界経済に影響を与えるマーケットになっ [続きを読む]
  • 「あれがパリの灯だ!!」
  • 37歳の時に世界一周の旅をしたが、初めて、NYからパリへ大西洋横断のフライトを経験する。NY発18:59、パリ行AF(エールフランス070便)で大西洋を横断して、パリに向かう。太平洋横断は今では日本人は大方の方が経験していると思うが、大西洋横断は、パリ直行便があるので、大西洋横断はしなくても済むので、経験者はあまり太平洋王横断よりは多くはないと思う。小学校か中学校の国語の本で、「リンドバーグ兄弟の大西洋 [続きを読む]
  • 「ワールドトレードセンター」で食事する。
  • NYからナイアガラの滝に行った時のことであるが、勤めていた会社のNY現法が例の「ワールド・トレードセンター」にあり、訪問した時に、最上階にあるレストランでランチをした。メニューは「サーモン・ステーキ」と珍しいものではなかったが、最上階のレストランから見る景色は、目に焼き付いている。雲も眼下にあり、飛行機も眼下を飛んでいるのである。まさか、あのビルが、「9.11」で、なくなってしまったなんということは信じら [続きを読む]