なおぼん さん プロフィール

  •  
なおぼんさん: なおぼん(wawabubu)のブログ
ハンドル名なおぼん さん
ブログタイトルなおぼん(wawabubu)のブログ
ブログURLhttp://vcrmnfeconi-wawabubu.blog.jp/
サイト紹介文のんべえで、エッチなおばちゃんです。理系女子だったので化学やアマチュア無線のことも書いてます。
自由文アラフィフの元理系女子です。世の中あきらめてます。
エッチなのは仕方ない。お酒も強いです。妄想癖があるので、ブログにはどこまで本当かわかんないことをいっぱい書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供349回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2014/01/31 16:15

なおぼん さんのブログ記事

  • さぐり
  • あたしは、エクセルシートのコピーの束を前に、電話をかけていた。指定暴力団「琴平会」の蒲生会頭に「寝てるだけやったら、これ頼むわ」と言って渡されたものだ。この紙束は住所録である。電話番号と住所、名前がカタカナで書いてあり、日付と時間ごとに電話に出た人間の性... [続きを読む]
  • 白拍子(しらびょうし)の尚子
  • 有楽斎(うらくさい)は、銚子の酒をあたしのツビに注いだ。※「ツビ」とは膣のことらしい。有楽斎とは織田長益で信長の年の離れた実弟。「いやっ。そんなっ」「うへへ、なんぼでも入るがな。ほら、もっと腰をあげんか。こぼすがな」にやにやと、有楽斎は行燈の灯りでおおき... [続きを読む]
  • 思索の涯(はて)
  • 寝ころんで天井の木目を見ながら、あたしは思索の旅に出ていた。「あたしはマルクス主義者なのだろうか?」かつて、学生時代に左翼思想にかぶれた時期があったことは認める。マルクスの『資本論』も読んでみた。長大な著作は、彼の粘着質な性格を表しているかのようだった。... [続きを読む]
  • 「型」や「枠」にはめる教育の是非
  • 「子供を型にはめてはいけない」とか「型にはめる教育」という表現があります。公教育を批判するのに使われるレトリックです。為政者の「型」にはめて、子弟を国家に隷従する、あるいは忠誠を誓うように教育することを言うのでしょう。「型」までいかなくても「枠」にはめる... [続きを読む]
  • スターマイン
  • 花火大会の季節ですけれど、こういった大会には「スターマイン」という仕掛け花火が打ち上げられます。ド派手な、華麗な、なんとも浮足立つような花火です。英語では「starmine」と綴りますが、「mine」ってなんでしょね?「あたしのもの」ですか?中学生の皆さんならそう答... [続きを読む]
  • 蓮舫さん、ちょっと待った!
  • 民進党の蓮舫代表が戸籍を公開するそうだ。自らの「二重国籍」疑惑を解消させるためだという。日本では、二重国籍が許されず、どちらかを選ばねばならない。日本人になるのか、外国人のままでいるのかである。そして、それをしない人には法務大臣が「どちらかを選びなさい」... [続きを読む]
  • スタミナとは?
  • この季節、良く聞く言葉が「スタミナ」ですね。どういう意味かあんまり考えたことがない言葉です。といいますのも、イメージで「スタミナ」の意味をなんとなくわかっているからかもしれません。スーパーマーケットの広告の食材部門には「スタミナ」の四文字が踊ってます。ウ... [続きを読む]
  • なおぼんの「性」物学
  • 学校の生物の授業はどうやら、ヒトへつながらない勉強だったように記憶しています。人間不在の生物学など無味乾燥じゃないですか?そこで、なおぼんが「性物学」と題して、科学的に「性」を掘り下げて人間賛歌を謳歌してまいりましょう。「性は生なり」老いも若きもセックス... [続きを読む]
  • 劉暁波氏を悼む
  • 劉暁波(リュウ・シャオ・ポー)さんが、中国の病院で収監されたまま病死した。天安門事件を主導し、中国の民主化を扇動し、ノーベル平和賞を受け、それがために中国共産党に疎まれ、反逆者として牢につながれた人だ。非暴力を唱え、最期まで誰をも恨まず、息絶えたそうだ。... [続きを読む]
  • PETによるがん検診
  • 京大病院でPET(ポジトロン断層法)検査を受けました。放射性元素を注射して、がん細胞特有の糖分子を追いかけます。だから検査前に糖分のあるものを摂取してはならず、絶食を命じられます。一種のシンチレーション検出(放射線蛍光検出)です。放射性核種は、測定前に加速器... [続きを読む]
  • 「出光」のロゴ
  • 出光興産のね「出光」のロゴがあるでしょう?書道をやってますとね、あの文字を見ると「うまいなぁ」と思うんです。バランスがいい。勢いがいい。品がある。そのどれもが、あたしの感想です。「出」の第一画の力強さが、「やるぞ」という意気込みを感じます。「光」の最終の... [続きを読む]
  • 口技
  • 「熟女の口技」・・・熟練の技ですねぇ。勉強になります。「こういうお店?」・・・おっさんの顔がバレバレなんやけど。ほんと近所のおっさんたち。「日本のトップフェラ」・・・見栄えのする男優さんを選ばれてます。美女と「おおまら」。ますらおぶりじゃぁ!「日本の射精... [続きを読む]
  • 過去完了形など
  • 英語には時制といって、日本語以上に時間にうるさい決まりがある。中学生の宿題などを見てやると、あたしもよく間違う。「なおぼんセンセ、完了形と過去完了形とどうちゃうの?」「そやなぁ、『冷やし中華はじめました』っていうのが(現在)完了形や。『きのうあたしがその... [続きを読む]
  • 男の欲求は抑えられないのか?
  • 男性に性犯罪者が有意に多いと、犯罪捜査の現場から言われます。下着泥棒や痴漢行為、隠し撮りなど挙げればきりがないが、ほとんどが男性の仕業だ。手の込んだ「知能犯」によるものも後を絶たない。また、わいせつ物陳列という「露出狂」も、暖かくなるとお出ましになる。「... [続きを読む]
  • あたしの師匠
  • もーね、これ、ここのブログを読んだらね、脱帽ですよ。だつぼう。ヅラなら取っちゃう。エロマンティック作家さんは「加藤はいね」という天性の、32歳(当時)で未貫通女性です。※ご本人が、そう言うてはります。看護師さんらしいですよ。ブログの更新がないままなんですけ... [続きを読む]
  • 水の生理
  • 大岡信の詩で「水の生理」という、たいそう長い詩がある。水の物語である。しかし私たちの体を作るのもその水であるという帰結。大海の水は、生命の水であるという壮大な叙事詩。少し引こう。ラストの部分だ。わたしたちのからだは地表の水分が蒸発して雲になり海となってふ... [続きを読む]
  • 蒟蒻問答
  • 雨に煙る里の風景は、一幅の水墨画に似て、静寂を切り取ったようだ。磨かれた縁側は黒く沈んで、あたしの足をぼんやり映していた。郭公が筒を叩くような声を響かせ、静寂を破る。「静中之動」と墨書する。躍動感が足りない。静謐(せいひつ)を破る「動」の勢いが足りない。... [続きを読む]
  • エロくねぇ!
  • 外は雨なんで、こういう表現遊びをやってみましょうか。エロ描写を学術論文風に…男性は陰核への刺激を続けながら、舌歯・口唇による女陰への愛撫を行う。これは数分程度で終えるようにし、ここまでを前戯(ぜんぎ)とするのが通常だが、女性の湿潤具合によっては若干の延長... [続きを読む]
  • だれが「情弱」だというのよ
  • 「情弱」という言葉があるらしい。そういう言葉を知らないあたしは「情弱」なのかもしれない。訊けば、「情報技術に弱い人間」のことだそうで、「仕事のできない人間」と同意だそうだ。ほっといてほしいわ。中高年のビジネスマンで、職場でも浮いているようなひとに「情弱」... [続きを読む]
  • 五本指の意味
  • 次なるブレインストーミングの「お題」としてあたしが考えているのが「人間の指がなぜ五本なのか?」です。この頃、子供らがちょっと忙しいらしくって、時間が取れないんですがそのうちやってやろうと思っています。あたしがこの疑問を持ったのが、大学院にいたころでした。... [続きを読む]
  • 棋王戦の予選の戦い
  • 今年の1月25日に大阪で行われた棋王戦の予選からです。「神童系」の藤井聡太四段と、「筋肉系」の豊川孝弘七段の対戦です。藤井四段が先手番、豊川七段が後手番です。早々に角換わりの様子となり、しかしながら、藤井四段は早々と十九手目で3七桂が飛び出させます。二十五手... [続きを読む]