菊川広幸 さん プロフィール

  •  
菊川広幸さん: 創価の森通信
ハンドル名菊川広幸 さん
ブログタイトル創価の森通信
ブログURLhttp://sokafree.exblog.jp/
サイト紹介文創価の森通信フリーダムは、創価学会自在会をサポートします。
自由文音声ソフト対応の創価学会員のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供319回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2014/02/01 16:43

菊川広幸 さんのブログ記事

  • 元プロボクサーの人生
  • ☆すべてを捨てた男の人生.付き合いの深い職場関係者が元プロボクサーだったと知った。とても真面目で誠実な40代の男性である。日本ランキング4位までになったという。「せめて日本チャンピオンになりたかったでしょう?」(私)「世界チャンピオンになろうと思っていたので、当然なれると思っていました」(彼)「日本チャンピオンは通過点でしかなかったということ?」「はい... [続きを読む]
  • 創価学会任用試験日程と出題範囲(2017年)
  • ☆11月26日に任用試験.以下に、本年の創価学会任用試験の日時と内容を申し上げます。試験日時. 11月26日(日曜日) 昼の部 午後1時30分から2時30分. 夜の部 午後7時30分から8時30分.試験範囲. 生死一大事血脈抄(しょうじいちだいじけつみゃくしょう) 妙一尼御前御消息(みょういちあまごぜんごしょうしょうそく) 経王殿御返事... [続きを読む]
  • 金倉さんの人生
  • ☆美しい人生を歩みたい.日本点字図書館の解説YouTubeを以下に添付します。 YouTube解説「日本点字図書館の紹介YouTubeです。映像で見る日本点字図書館の歴史と現在と題れた詳しい内容で、創立者紹介、サービス紹介など20分間のボリュームです」先の記事で「私は金倉さんのように生きたい」と申し上げました。sokafree.exblog.jp/270621... [続きを読む]
  • 定年退職した男性の人生
  • ☆ストレス性難聴に耐える.私はビジネスマンとしては才能のない人間のように思います。それは、私が心に正直過ぎるということが原因しています。私は「私の心にウソがつけない」のです。他人よりも良い生活をすることを私は望みません。少し高い水準ならまだしも、圧倒的な格差で金持ちになろうとは思わない。それは逆に罪深いことであると感じてしまう。人並みで十分。少々、貧しくと... [続きを読む]
  • もんじゃ焼き屋の夜
  • ☆リラックスが一番.私が服用してる突発性難聴の薬の写真を以下に添付します。写真解説「ステロイド剤、ビタミンB12、胃腸薬など4種類の薬の写真です」会社のメンバーがもんじゃ焼きを食べたいという。背広に匂いが付きそうで、少々戸惑ったが仕方ない。「いいですよ、行きましょう」私は、もんじゃ焼き屋のノレンをくぐった。最初に、イカやウインナーなどを鉄板で焼きながら飲ん... [続きを読む]
  • 高級料亭の夜
  • ☆贅沢は幸せでしょうか.フランス料理店の食前のテーブル写真を添付します。写真解説「まっ白なテーブルクロスの上に大きな皿があり、その向こうに、まだお酒が注がれていないワイングラスが3つあります。左右にフォークとナイフがあります」人もうらやむワインやブランデーを飲み干す。食事は大都会の最上階の夜景を見ながらのもの。景気のいい話をし、この世はバラ色のごとき対話が弾む。... [続きを読む]
  • 突発性難聴と戦う
  • ☆耳が半分聞こえない!?ストレス社会と言われて久しい。うつ病はまん延し、神経がやられて社会の海に沈殿していく人が無数にいる。とは言え、この世は空前の繁栄した社会である。では、なぜ、こんなにも豊かで苦労の少ない世界でストレスに悩むのか?どう考えてもオカシイ。なぜだろうか。私は精神がやられたことはない。ただ、体には異変が起こる。さかのぼれば27歳の離婚劇は... [続きを読む]
  • 自分とは何だろうか
  • ☆創価学会員の人生.私が書いた筆文字の写真を以下に添付します。写真解説「自分とは何だろうか。自分は自分だけど、自分だけの自分ぢゃない、と墨字で書き、末尾に「ひ」という赤い判子を押しています」自分とは何でしょうか。どこから来て、どこに行くのでしょうか。自分とは、自分の人生の軌道だと私は考えるのです。どのように生き、どのように死んだかが問われるから。私の一生が、私... [続きを読む]
  • 盲目の戦災孤児の人生
  • ☆栄養失調で視力失う.読売新聞(8月15日)に戦災孤児の人生が語られていました。以下に、その記事の一部を抜粋して所感を述べます。1945年7月12日夜、福井県を米軍の爆撃機が襲った。敦賀市の7割の民家が焼き尽くされた。当時13歳だった小倉勇さんは、翌朝、変わり果てた母の姿を見つけた。いつも笑顔だった母の顔は黒く焼け焦げていた。母の亡きがらがトラック... [続きを読む]
  • サカマキガイの完全駆除 完了
  • ☆メダカの水槽が復活.メダカの復帰が可能となった水槽写真2枚を添付します。<写真解説>サカマキガイを完全に駆除し、水草を植えた状態の水槽です。水槽のライトをLEDに変更しました。水面には浮草も入れました」メダカ水槽が完全復活になりました。メダカはずっと屋外で飼育していました。長く着手していなかった水槽の復活でしたが、親戚の子供たちが夏休みで遊びにも来るので、そ... [続きを読む]
  • 今日だけ夏休みモード
  • ☆完全休日で過ごす.今日だけ、完全夏休みモードです。お盆休み返上で、8日間連続勤務していたのです。今まで掃除、整理整頓、買い物などをしていました。水槽の掃除も完了。メダカたち、喜んでいます。(笑い)長く苦しめられたサカマキガイも、ついに死滅したようです。過去:sokafree.exblog.jp/25984877/現在:sokafree.exblog.jp... [続きを読む]
  • 三度目の誓願勤行会
  • ☆大勝利の決意と祈り.当日の広宣流布大誓堂の写真を以下に添付します。写真解説「曇天の空の下に広宣流布大誓堂(こうせんるふだいせいどう)が聳えています」先日、誓願勤行会に参加しました。三度目で、私の奥さんと参加することができました。当日は曇天で、ときおり小雨も降りました。今の私の境涯からすれば、晴れていようと、雨だろうとよいのです。いつか嵐の日もあるかも。で... [続きを読む]
  • 北・米戦争が起こる可能性
  • ☆平和は本当に続くのか.戦争は高い勝算がなければ踏み切れない。やってみなければ分からないというようなギャンブルなら、やらない。しかし「米国はやるのではないか」・・そんな噂がある。国内には「戦争はありえない。やるはずない」と言う人が沢山いる。「朝鮮半島でひとたび有事なれば、無数の半島の住民が犠牲者になる。だから、実際に戦争などできるはずがない」という声だ。... [続きを読む]
  • 日本ファーストの会 誕生
  • ☆重箱のスミから脱却せよ!「日本ファーストの会」が発足しました。少し前から都民ファーストが国政進出するという噂がささやかれていた。いよいよ現実のものになるようですが、ネットには「なぜ国民ファーストでないのか」「日本ファーストは右翼的イメージだ」とする批判コメントが多く見られます。以下に「日本ファーストの会」について私の所感を申し述べます。なぜ「国民ファースト」... [続きを読む]
  • ひめゆりの塔と平和公園見学記
  • ☆世界に誇れる二大遺産.東京への飛行機の写真と沖縄上空の写真を添付します。写真解説「白雲のかかる晴天の下、フライトを待つANA旅客機とフライト直後の写真です。青い海が眩しく輝き、飛行機の翼が前方に見えます」沖縄で必ず見たいと思っていた戦没者の石碑・・その石碑のある「平和祈念公園」と「ひめゆり資料館」を見学しました。沖縄には「ありのまま」の戦争の遺品、壕、伝承された... [続きを読む]
  • もっと私たちは幸せに生きられる
  • ☆ヒロシマと沖縄に学ぶ.以下にヒロシマ「折り鶴」のYouTubeを添付いたします7月29日から連載を開始した「沖縄の戦争」シリーズ。その連載も次回で最後になります。まとめに使う写真は決めましたが内容はまだ考えていません。すでに全部、申し上げたいことは記しました。ですから、平凡なラストシーンになるかも知れません。昨日はヒロシマの日でしたね。原... [続きを読む]
  • 参考資料2:「ひめゆり」の由来
  • ☆www.youtube.com/watch?v=Wsn6KmgAP0wYouTube解説「ひめゆり学徒隊の生徒が卒業式に歌うはずだった「別れの曲」youtubeです」写真解説「沖縄本島の最南端の海岸線と、ひめゆり資料館の石碑の写真です」「ひめゆり」は植物の名のことではありません。沖縄県立第一高等女子高と沖縄師範学校女子部とのそれぞれに交友会誌がありました。県立第一高... [続きを読む]
  • ひめゆり平和祈念資料館の見学
  • ☆陸軍病院跡地の壕.ひめゆりの塔と陸軍病院跡地の写真3枚を以下に添付します。写真解説「1枚目はひめゆりの慰霊塔、2枚目はその慰霊塔に捧げられた献花。3枚目はひめゆり部隊が活動した陸軍病院の入り口(洞窟)の写真です」前回の記事を以下に示します。http://sokafree.exblog.jp/27030962/平和祈念公園の見学を終え、ひめゆりの塔に向かいました。... [続きを読む]
  • 戦争遺産が沖縄にはある
  • ☆沖縄の戦没者の意味.平和祈念公園「平和の広場」の写真を3枚添付します。写真解説「丸い池の中央に三角形のカタチをした石製のオブジェがあります。少数の見学者が記念撮影していました。丸い池の水の底には、アジアの地図が見えます」写真は平和祈念公園の「平和の広場」です。三角のオブジェは「平和の灯」と呼ばれています。広場から沖縄の南に広がる海が一望できます。この海の向こ... [続きを読む]
  • 沖縄戦の死者数
  • ☆「平和の礎」刻銘者数.「平和の礎」刻銘者数(平成28年6月現在)を以下に示します。尊き人々の人生に深く哀悼の祈念を申し上げます。「平和の礎」刻銘者数(平成28年6月現在)沖縄県 14万9425人. 県外都道府県 7万7417人.米国(U.S.A)1万4009人. 英国(U.K)82人. 台湾 34人.朝鮮民主主義人民共和国 82人. 大韓民国 365... [続きを読む]
  • 岡山県の出征兵の墓
  • ☆沖縄は捨て石ではない.平和記念公園の岡山県人の墓標の写真を添付します。写真解説「まるで手を合わせたかのような左右からの石柱の間に、岡山の塔と記された墓標があります。その向こうには水平線があり、白雲のかかる青空が広がっています」前回の記事を以下に示します。sokafree.exblog.jp/27026891/平和祈念公園には、他の都道府県の兵士を祭る石碑も多数あ... [続きを読む]
  • 沖縄・平和祈念公園の石碑
  • ☆恒久平和を誓う.平和祈念公園の石碑の写真を以下に3枚添付します。写真解説「石碑の3枚写真です。その石碑の周囲の草をむしり、献花する家族もいおられ、その写真も撮影いたしました。最後の1枚はアメリカ兵の名が刻まれた石碑です」前回の記事を以下に示します。sokafree.exblog.jp/27024571/私は導かれるように石碑の方向に歩きました。じぐざくに設置... [続きを読む]
  • 展望台からの平和祈念公園の風景
  • ☆海に隣接する公園.展望台から見える風景写真を以下に3枚添付します。写真解説「展望台から見える公園の石碑群、芝生や植樹、塔や朱色の資料館の屋根、海岸線、海などが映っている風景を角度を変えて写真に収めました」前回の記事を以下に示します。sokafree.exblog.jp/27020811/沖縄の戦争、ヒロシマの原子爆弾・・この2つの展示会を見て、私は打ちのめさ... [続きを読む]
  • 沖縄で見たヒロシマ展
  • ☆ヒロシマと沖縄の戦争.祈念館のヒロシマ原爆展の写真3枚を以下に添付します。写真解説「1枚目は原爆の熱線で溶けた三輪車。2〜3枚目は原爆で亡くなった人々の絵。赤く染まった川に流れる死体。大火傷の人間の悲惨な姿が描かれていました」前回の記事を以下に示します。sokafree.exblog.jp/27018853/先の記事で「沖縄戦の悲惨」について書きました。錆び... [続きを読む]