岐阜の安 さん プロフィール

  •  
岐阜の安さん: 安 明高(大先達)のお遍路便り
ハンドル名岐阜の安 さん
ブログタイトル安 明高(大先達)のお遍路便り
ブログURLhttp://ameblo.jp/ohenro-nikki/
サイト紹介文錦札で参拝している四国霊場等と 仏教系詩人 坂村真民さんの作品を紹介してます。
自由文四国巡拝のきっかけは
昔、相方の親の葬儀で親戚の方が
西国観音霊場のご詠歌をろうろうと33番まで合唱されたのです
そのご詠歌に心地良さを感じた私は
両親の供養に
後日 相方と共に西国をお参りする事にしました
それが 事の始まりで
以来日本各地の寺院を参拝している内に
四国霊場にたどり着いた次第です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供534回 / 365日(平均10.2回/週) - 参加 2014/02/01 19:01

岐阜の安 さんのブログ記事

  • 雲水が修業に励む 新居浜の瑞応寺へ
  • 第64番前神寺から東へ14km程永平寺の流れを汲む曹洞宗別格本山へきました 達磨大師像 寺院名 ; 仏国山 瑞応寺 宗 派 ; 曹洞宗別格本山御本尊; 釈迦如来所在地; 愛媛県新居浜市山根町8-1T E L ; 0897-41-6563 瑞応寺は、文安5年(1448)生子山城主11代松木景村が、鎌倉から月担禅師を請して父母の菩提のために堂宇を建立されました天正13年(1585)豊臣秀吉の四国征伐の際、小早川隆景の攻略に [続きを読む]
  • H-29四国花遍路 61〜65
  • 今日は61番〜65番です 第61番  香園寺 本堂2階には本尊の大日如来さまが迫力あります境内には山頭火の句碑が 62番  宝寿寺 旧本堂・本堂・大師堂宝寿寺は四国八十八霊場会から正式に脱会したそうですここは霊場会の協定とは異なり納経時間が 8〜12時・13〜17時で押通してますこれでは他の寺院と足並みが揃わないので 四国八十八霊場会は香園寺の第二駐車場に62番宝寿寺の「仮礼拝所」を建設し24日から [続きを読む]
  • 厄除け祭りには鬼瓦の御輿がでる菊間の遍照院
  • 第53番 円明寺⇒第54番 延命寺へは広島方向の島を眺めながら36km程走行しますが日本一の鬼瓦生産地である菊間で厄除けの行事に鬼瓦の御輿がかつがれるお寺に来ました阿形鬼瓦 吽形鬼瓦 寺院名 ; 法佛山 日輪寺遍照院 宗 派 ; 真言宗豊山派 御本尊; 聖観音・厄除け大師 所在地; 愛媛県今治市菊間町浜 89 T E L ; 0898-54-3128 遍照院は弘法大師42歳の時の建立 [続きを読む]
  • H-29四国花遍路 56〜60
  • 今日は56番〜60番です第56番  泰山寺 お城のような石垣に沿って境内へ進みます本堂本堂右手の建物内には旧山門の阿形像と吽形像がこちらを見ておられます第57番  栄福寺 本堂大師堂第58番  仙遊寺 仁王門樹木を伐採してはっきりと本堂が見えます第59番  国分寺 本堂・大師堂第60番  横峰寺有料林道で山頂までドライブし境内へ来ると 屋根か落下したの雪があちこちにあります仁王門 [続きを読む]
  • 石手寺の地蔵院で種田山頭火に
  • 一昨年九州の霊場参拝の折季語や五・七・五と言った俳句の決まりにこだわらず、自らの思いをリズムに載せた自由律俳句で有名な放浪の詩人 種田山頭火に大分県の「宇佐神宮」で出逢えました この人は●酒癖が悪く●事業は色々するけど直ぐ失敗する●いろんなところに借金をする●自殺未遂は数知れず●夜逃げはする●おまけに出家して●行乞で7年間も西日本中心に放浪するほんとうに、どうしようもない でも憎めない  [続きを読む]
  • H-29四国花遍路 51〜55
  • 今日は51番〜55番です 第51番  石手寺横断歩道を渡るとお大師さまと手水鉢ここから山門までは仲見世参道です仁王門本堂第52番  太山寺 仁王門仁王門横の道から境内直前の6台程収容の駐車場へ進みます本堂大師堂 第53番  円明寺 仁王門 中門 本堂堂内には左甚五郎の龍があります 第54番  延命寺 仁王門 中門本堂第55番  南光坊 仁王門本堂大師堂 *:..。o○☆゚ [続きを読む]
  • 砥部のタンポポ堂 坂村真民記念館へ
  • 久万高原で 第45番岩屋寺・第44番大宝寺の参拝を終えると 三坂バイパスから松山市内に向かいますが坂道の途中今年は久し振りに「タンポポ堂」を訪れる楽しみが待ってます タンポポ堂 と言えば「念ずれば 花ひらく」の詩で知る人ぞ知る 砥部の坂村真民記念館へ行ってきました施設名 ;坂村真民記念館所在地; 愛媛県伊予郡砥部町大南705番地T E L ; 089-969-3643 今春は「 [続きを読む]
  • H-29四国花遍路 46〜50
  • 今日は46番〜50番です 昨夜から第46番浄瑠璃寺前松山の常宿「長珍屋さん」にお世話になりましたので6時からの朝食後一番に参拝開始です第46番  浄瑠璃寺境内への階段本堂 大師堂 第47番  八坂寺山門本堂・大師堂今年の大祭は4月29日に開催されます第48番  西林寺仁王門本堂・大師堂第49番  浄土寺仁王門本堂・大師堂 第50番  繁多寺山門 本堂・鐘楼・大師堂 *:..。o○☆゚・:, [続きを読む]
  • 願いが叶う日限り地蔵 大洲の清源寺
  • 第43番 明石寺から次のお寺までは山越えで80km程2時間超の走行かと思われますので大洲の街で ちょっとだけ休憩です「まちの駅 あさもや」で目ぼしい地場産品を見つけたので土産に伍代夏子さんの幟がはためいてますよ大洲を流れている川を歌った新曲船村徹さん作曲の「肱川あらし」*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ここでは観光客用の駐車場がありましたのですぐ近くのお寺へ参拝を 寺院名 ;清源寺 宗 派 ; 臨済宗妙心寺 [続きを読む]
  • H-29四国花遍路 41〜45
  • 今日は41番〜45番です 40番から60km走ってきました第41番  龍光寺本堂大師堂稲荷神社 第42番  仏木寺 仁王門 本堂・大師堂第43番  明石寺山門本堂 43番から山越えで80km走ってきました第45番  岩屋寺順打の時はいつも松山市内に遠いお寺から参拝します山門山門の手前で修行僧でもないのにお椀を持ってお布施を期待しているバカ者が居たので聞こえるように言ってやりました  [続きを読む]
  • 「道の駅みま」で村人が寝そべっていたよ
  • 昨日は足摺岬で夕方になりましたので60km程先の「道の駅宿毛」で車中泊朝 目を覚ますと足摺で私と会話しながら参拝していた親娘が隣の車中からひょっこりとおったまげたね*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆そんなんで今日は宿毛の第39番 延光寺から参拝スタート最近は無料の高速道路も延長されて 宇和島より南の津島町から利用できるようになり 走行時間が短縮できますので 第41・42番を参拝する前に 「道の駅みま [続きを読む]
  • H-29四国花遍路 36〜40
  • 今日は36番〜40番です第36番  青龍寺 山門第37番  岩本寺仁王門 本堂ご本尊が五体居られます第38番  金剛福寺 景観整備された仁王門前 本堂 第39番  延光寺仁王門本堂・大師堂第40番  観自在寺  仁王門 本堂*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆何かをしよう 何かをしようみんなの人のためになる何かをしようよく考えたら自分の体に合った何かがある筈だ弱い人は弱いなりに老い [続きを読む]
  • 生きながら棺に入られた船岡堂
  • 平日なのに高知の五台山は参拝客が多かったね 竹林寺境内で米を一升供えて祈願すれば一生に一つだけ願い事を叶えて貰えるお堂があるのですよ 寺院名 ;五台山竹林寺 船岡堂 宗 派 ; 真言宗智山派 御本尊; 不動明王 所在地; 高知県高知市五台山3577 T E L ; 088-882-3085このお堂は、明治中期 「廃仏毀釈の法難により疲弊の極みのあった竹林寺を再興するために 全国を勧進 [続きを読む]
  • H-29四国花遍路 31〜35
  • 今日は31番〜35番です第31番  竹林寺 本坊・納経所が工事中なので山門正面から入場します本堂 第32番  禅師峰寺仁王門本堂・大師堂境内からは桂浜が臨めます第33番  雪蹊寺本堂 第34番  種間寺 本堂大師堂第35番  清瀧寺本堂・大師堂 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ エゴを肥料とする 若い時は大いにこのエゴを獲得しなければならぬ若くしてこのエゴを持たない [続きを読む]
  • 28番奥之院 爪彫薬師堂が新品になってたよ
  • 第28番大日寺を参拝後境内から看板を頼りに奥之院を参拝してきました寺院名 ;爪彫薬師堂 宗 派 ; 真言宗智山派 御本尊; 薬師如来 所在地; 高知県香南市野市町母代寺 476 T E L ; 05875-6-0638 奥之院は弘仁6年(815)弘法大師が大日寺に留錫し楠木の大木に薬師如来を刻まれ爪彫り薬師として信仰を集め首から上の病に霊験があると伝えられてますご利益をいただいた人は穴のあいた石を奉納する風習 [続きを読む]
  • H-29四国花遍路 26〜30
  • 今日は26番〜30番です第26番  金剛頂寺 仁王門本堂第27番  神峯寺 仁王門 納経所前から本堂への階段本堂第28番  大日寺山門 本堂第29番  国分寺仁王門 本堂大師堂 第30番 善楽寺梅見地蔵 本堂*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆一遍一念この世は一遍ぎりだから一念を貫いてゆこう坂村真民 今日も命を授けていただきありがとう (^-^)二度とない人生 だか [続きを読む]
  • 室戸で幕末の志士 土佐の中岡慎太郎に
  • 第23番 薬王寺は夕方に参拝できましたので翌日は室戸の灯台から朝の太平洋が見れましたよ漁師さんは朝が早いですね室戸岬から 桂浜を眺めている人がいますね坂本龍馬を題材にした作品において必ずといっていいほど登場する人物の一人 富国強兵と武力討幕のための薩長同盟を構想し坂本龍馬と共に大政奉還の実現に尽力し陸援隊を組織して討幕戦に備えましたが京都近江屋で坂本龍馬と共に襲われたとされ30歳で生涯を終え [続きを読む]
  • H-29四国花遍路 21〜25
  • 今日は21番〜25番です第21番  太龍寺表参道は廃業した遍路宿坂口屋から3km程走行し 境内の1100m程手前から徒歩で登ります仁王門は 境内の200m程手前にありますので六地蔵さんに合掌しもう少しで境内に到着しますよ納経所と手水鉢のあいだには 中門があります本堂の参拝の次はふくろうさんの窓から鶴林寺を見て大師堂へ行きますよ大師堂の回廊を廻って裏手には高野山奥の院を模した弘法大師御廟があります第22番  [続きを読む]
  • 間男と共謀し亭主を殺した「お京塚」
  • 四国霊場 第19番立江寺の800m程手前江戸時代の遍路「お京」を祀った施設が老朽化したので最近改築されたへんろ小屋でもある 「お京塚」を参拝して来ました 施設名 ;京塚庵 所在地; 徳島県小松島市立江字中山1 島根県浜田市生まれのお京は 16歳で大阪新町へ芸者に売られ 芸妓を務めるうち要助と夫婦になりましたが 鍛冶屋長蔵と不倫の関係になり亭主の要助を二人して殺してしまいましたお京 [続きを読む]
  • H-29四国花遍路 16〜20
  • 今日は16番〜20番です 第16番  観音寺山門諸堂第17番  井戸寺 仁王門本堂第18 番  恩山寺山門大師堂・母公堂十大弟子 第19番  立江寺山門前を直進して無料駐車場へ仁王門本堂大師像 第20番  鶴林寺山門本堂*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆無礙 いつかは一箇の石となるではないか木を見よ草を見よこの無礙(むげ)の姿を見よ 坂村真民 今日も命を授けていただきありがとう (^-^)二度とな [続きを読む]
  • 四国別格 第2番札所 童学寺が炎上
  • 先月 3月25日の夕方 別格第2番札所の童学寺が炎上してしまいました今年の花遍路では 童学寺の住職にお会いしようと思い 初日の最後第11番藤井寺から20分程走行して訪れた処  坊守さん・子供さんと一緒に境内に居られましたので 火災当日の模様等をお聞きしながら お見舞いを渡してきたのですよ 現状は余りにも悲惨 そのものでした *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 現 [続きを読む]
  • H-29四国花遍路 11〜15
  • 今日は11番〜15番です第11番  藤井寺仁王門本堂本堂の天井龍を第12番  焼山寺仁王門諸堂34番種間寺の住職一行が読経を第13番  大日寺山門本堂 第14番  常楽寺本堂・大師堂あららぎ大師像 第15番  国分寺仁王門鐘楼・工事中の本堂 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 動く動くのだ停滞してはならぬ川や海が生きているのはいつも動いているからだ 坂村真民 今日も命を授けていた [続きを読む]
  • 行基が開山した脇町の最明寺
  • 四国霊場第10番切幡寺から西へ15km程奈良時代の僧侶、行基が開山した不動霊場へ来ました 寺院名 ; 弥天山 常光院 最明寺 宗 派 ; 真言宗大覚寺派 御本尊; 聖観音菩薩 所在地; 徳島県美馬市脇町大字猪尻字西上野44T E L ; 0883-52-1594最明寺は天平年間(729〜748) 行基が開山し創建されたそうです 又 鎌倉幕府五代執権の北条時頼が滞留したという伝説が伝わってます 毎年9 [続きを読む]
  • H-29四国花遍路 6〜10
  • 今日は6番〜10番です 第6番  安楽寺鐘楼門第7番  十楽寺 十楽寺は寺宝に真田幸村の茶釜が所以なのかこの日は地元の若き女性軍団から抹茶のお接待があり不調法ながら美味しく頂戴した・・・後私の納め札を貰って戴きましたが皆さん方は初めての錦札であったのか目が(@ ̄Д ̄@;)状態仁王門 本堂 第8番  熊谷寺仁王門多宝塔第9番  法輪寺仁王門本堂・大師堂第10番  切幡寺仁王門 [続きを読む]
  • 四国 2番 極楽寺と4番 大日寺で
  • 山門・本堂以外の話題として 第2番 極楽寺でまず初めに手水で清め隣の「子授招福大師」に参拝をしたのこれは「日本ブロ゙グ村」に挿入している私の画像で以前から懇意にして戴いている関西霊場会・元会長の寺岡特認先達さんが率いる「大阪極楽講」さんが奉納された石像なのです子授招福大師そして横山先達さん15248がブログで謎かけをされた「十界香炉」を探していると観音堂の前で発見できたのですよ *:..。o○☆゚・: [続きを読む]