井那間 光琳 さん プロフィール

  •  
井那間 光琳さん: 細密鉛筆画
ハンドル名井那間 光琳 さん
ブログタイトル細密鉛筆画
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/wps9y2al
サイト紹介文 細密な鉛筆画です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/02/02 04:11

井那間 光琳 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 入道雲を描きました。
  • 雲を、描いてみたくなりました。ただ雲と言ってもいろいろありますが、私は雲の中で一番好きなのが入道雲なので、入道雲を描いてみました。30×42のケント紙です。結果は以下のとうりひどい出来になってしまいました。青空の部分は、どこまでも澄んだ透明感が、なければいけないのに、濃いところや薄いところなど、塗り斑があって、まるで壁に見えてしまっています。本来紙の白さを100パーセント残して太陽に反射して光って [続きを読む]
  • 少女像完成図
  • こんな感じで完成しました。大変面倒くさい作業でしたが、こうして、出来上がってみると、苦労した甲斐があったなあと、思います。一生大切にしたい作品になりました。よかったら見てください。 [続きを読む]
  • 少女像途中図
  • 写真と見間違えるほどの、絵を描いたとしても、目の前で、まじまじ見られては、どんな達人でも絵だと分かってしまうと思うんですね。そうじゃなく2,3メートル離れた位置からみて、これは絵なのか写真なのか分からなくなる位の絵が描けたらいいなと私は思っています。そのためには、克服しなければいけない事が私には沢山あります。その一つに髪の毛があります。ただ髪の毛といっても、いろいろあって、長い髪や短い髪、黒い髪や [続きを読む]
  • 右を向く猫
  •  猫の写真集を見て描きました。この猫の写真は、細部 まで、鮮明に分かる写真で、毛の一本一本まではっきりわかります。その写真は一番下に載せましたが、撮り方が下手なので、そんな風に見えませんが、実際はもっと細部まで鮮明に分かります。なので今回は、その写真のとうり毛の一本一本までハッキリ分かるように描いてみました。それが上の写真です。描いた紙はA3の画用紙です。私は写真と見分けつかないような、絵を描いて [続きを読む]
  • THE PEAMAN
  • たかがピーマンされど、ピーマン。見た感じは簡単に描けそうなモデルなんですけどね、描いてみてほんと苦労しました。描いた紙はA3サイズの画用紙です。今回は大変だったけど、うまく描けたので、満足しています。これからは、絵とは関係ない話なんですけど、みなさん野菜や果実を、ガブリと噛んで甘酸っぱい味に思わずほっこりしたことは、おありでしょうか?多分だれしもあると思います。でもこの野菜や果実がいったい何から出来 [続きを読む]
  • 過去の記事 …