せんり さん プロフィール

  •  
せんりさん: リストラ上等 しーずん6 クモの糸
ハンドル名せんり さん
ブログタイトルリストラ上等 しーずん6 クモの糸
ブログURLhttp://narikiti.blog.fc2.com/
サイト紹介文30代でリストラを経験。底辺をさまよいながら何とか生きています。 家族を守る為に日々奮闘中です。
自由文リストラを経験した人はどのような変化を辿るのか。家族を守る事は出来るのか。復活はできるのかそれとも逆転できるのか?どうなる事やら…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/02/02 09:37

せんり さんのブログ記事

  • 新しい職場でやっと派遣社員デビュー
  • 新しい職場での研修が始まりました。担当者は私と同年代の男性でした。研修期間はそう長くないとの事でしたのでした。最初は携帯電話の誕生から現在に至るまでのストーリー的な内容から始まり実際の仕事についての説明等々。今までの所に比べるとかなり薄い冊子でしたので覚える内容もやはり大きく違っていました。座学的な内容は一週間程度。次の週には現場で実際に応対している先輩たちの内容を聞かせて頂くという感じでした。既 [続きを読む]
  • 新しい仕事を決めてその日のうちに今までの仕事を辞める。
  • さてまたしても戦力外通告を受けた私でありますが、ショックだとか言っている暇などありませんので登録をかけた派遣会社で次々と話を聞いていました。多少時給が低くても覚える内容が少ない仕事で、交通の便もそれなりに良くて…。まあその程度の要望ではありましたが。色々と話を聞くと比較的簡単そうな仕事がありました。大手通信会社のコールセンター業務なのですがガラケーを利用している顧客に機種変更を促す業務との事。これ [続きを読む]
  • 若いときに流さなかった汗は老いてから涙となって返ってくる
  • 最近知った言葉です。まさに私にぴったりの言葉。しーずん1の最初の頃に若い頃に苦労をしなかったし苦労の仕方すら知らなかったというような事を書いたような気がしますが、まさにその通りです。若いときに苦労しなかったが故に特に資格や技能もなく底辺をさまよい続けているわけです。全て己が選んできた道なんですよね。クモの糸を掴むまで本当に大変でした。ちなみにこの言葉、鍵山秀三郎氏の人間を磨く言葉という本に記載され [続きを読む]
  • 研修は日程通り進んで行く
  • 研修は決して順調ではありませんでしたがカリキュラムは進み実際に現場で働いている人のやり取りを聞かせて頂く段階になりました。実際に応対している人の内容を初めから聞いてみると…。基本的に電話口のお客さんが怒っているような内容での入電が多く驚きました。そこで初めて講師の方からどうしてそのような内容で入電するのかという話がありました。どうやらお客さんは受付時にまとめてお金を払う契約については了承しているら [続きを読む]
  • 雑誌の取材を受けました。
  • 実は先日、とある雑誌記者の方から連絡を受けました。リストラについての特集を組むらしく実際にリストラを受けた事がある私に電話インタビューしたいとの内容でした。考えた事などなかったお申し入れでしたし、何かの間違いかもしくは冷やかしなのかとも思いましたが記者さんの名前も記載されていましたし雑誌は私も何度も拝見させて頂いた事のある雑誌でした。若干の迷いはありましたがブログでリストラを受けてからの道のりを綴 [続きを読む]
  • 不穏な空気が漂いはじめる。
  • バイトが慌しくなってきたその頃、本業はどうだったかといいますと…。最初は講義というか仕事の内容の説明も簡単ではあったのですが段々難しくなってきました。5人いた中で私の理解力は3番目程度だってと記憶しています。以前に旅行の受付コールセンターで勤務経験のある誰からみても1番目に理解していた50代の女性が、この内容はこの時給でやるようなものではないと言って急に辞めてしまいました。架電業務ならば、ある程度 [続きを読む]
  • 本業も副業も残念すぎて苦笑するしかない。
  • アルバイトの方ですが、居酒屋の調理補助スタッフとして採用となりました。居酒屋なので当然夜がメインとなるのですがランチ営業も行っているとの事ですし会社からも近いのでこちらに決めました。新店なのでスタッフのやりくりも難しいようで私のように仕事が休みの時しか働けない人間でも使って頂ける環境にありました。ありがたい事です。バイトは朝の9時から15時まで入れました。私の勝手な想像では、朝は仕込みの準備をして [続きを読む]
  • お金がないのでバイトも始めました。
  • 先日、鍵コメントで応援を頂きました。コメント頂いた方もご苦労されていらっしゃるようでしたが私にも頑張って下さいとの事でした。本当にありがとうございます。もしご覧頂いてましたらお互いに頑張りましょう。研修が始まりましたが、この会社の研修は、通信業界の始まりからスタートでして丁寧に業界の世界観から自分たちのやる仕事までの落とし込みから始まりました。私にとっては初めての経験なので興味深く話を聞いていまし [続きを読む]
  • 派遣社員チャレンジ パート2
  • 新たな派遣先での研修が始まりました。集まった人数は30名程度でしょうか。随分と沢山の人を採用したものだと思っていましたが、簡単な自己紹介の後に二つの班?に振り分けられました。私の方は約5名程が電話業務、残りは事務方の業務との事でした。今回の職場は男性が異常に少ない。私を含めて3名ほどでした。今回の仕事の内容ですが、通信費を今まで別々に支払っていたものを一つにまとめて支払う為の手続きをする業務との事 [続きを読む]
  • 世の中の仕組みについて勉強を開始する。
  • 正社員と派遣社員からも戦力外通告を宣告された私ですが、この頃からひそかに世の中の仕組みについて独自に勉強を始めました。勉強を始めたといっても入りは素朴な疑問からです。例えば、金持ちは何故金持ちで貧乏人はどうして金持ちにはなれないのかといった所からです。友人や知人には比較的苦労していてお金があまりない人も多いのですが、中には成功をしている人もいます。色々と話を聞いてみると這い上がれない人は、基本的に [続きを読む]
  • もっとも底辺だった時期
  • はじめての派遣社員で研修期間終了と同時に終了してしまった私ですが次に紹介を受けた所は、大手通信会社の請求業務を行うコールセンターです。派遣会社の担当の方いわく、私と同じようにテクニカルのコールセンターでうまくいかなかった人も働いているので今度は大丈夫。簡単に働ける所だから心配しないでとの事でした。今回の勤務先は前回の場所と比べると若干質素なイメージではありましたがJRの駅とほぼ直結しているような場所 [続きを読む]
  • 負の連鎖
  • 先日ネットで40代4人家族の平均世帯年収なるものを調べてみました。あるサイトによると686万円にもなるのだとか。正直びっくりしました。ちなみに我が家の昨年の世帯年収はとても公表できるような内容ではなく…。贅沢はとうの昔に忘れましたがハングリー精神は培われました。正直な所、平均値は500万円くらいと思っていましたし、我が家の収入もリストラ勧告を受ける前のマックス収入4百数十万円程を目標としています。 [続きを読む]
  • りすとらあげいん
  • 結果は研修最終日の前日に発表と決まっていました。合格した者は最終日に最後の研修とお偉いさんからの話を聞くとの事でした。私の試験の結果はというと残念ながら不合格でした。リストラを受けてから、この時で丸5年が経っていましたが正社員どころか派遣社員からも戦力外通告を受けるというあまりにも残念な現実がそこにはありました。当然ショックでしたが、ふさぎ込んでいる暇などなかったものですから派遣会社の担当者に結果 [続きを読む]
  • やっと学んできた事が繋がりはじめる。
  • 後半戦がスタートすると新たに学ぶ事の他に今までの復習を兼ねたテストのようなものも行われはじめました。まわりのみんなは普通に8割がた正解しているのにたいして私は3割〜4割程度の正解率でした。今まで学んだ事が点と点の状態で線になっていない。繋がっていないわけです。後半戦も始まったばかりなので実戦デビュー前の筆記と実技の試験までには間に合うだろうと思ってはいました。思いとは裏腹になかなか成績は伸びず苦戦 [続きを読む]
  • 折り返し地点へ到着
  • 研修期間もついに折り返し地点へ突入しました。この頃には同期の仲間とも仲良くなり色々と話などもするようになりました。知り合った人の中には前職にHP作成の仕事をされていた方なんかもおり色々とアドバイスなんかも頂きました。その節はありがとうございます。研修の状況ですが、この頃は一番最悪でした。その日に習った事を完全に理解出来ないままに復習も殆ど出来ない状況だったので、覚えていないのに次に進み習った事を忘れ [続きを読む]
  • どんどん難解になっていく
  • 余裕でいられたのも最初の1週間くらいまででした。内容はどんどん難しくなっていきました。何とか理解するのがやっとの状況だったものですから家で復習でもと考えたのですがテキスト類の持ち出しが禁止されており復習する事は出来ませんでした。私が悪戦苦闘しているうちに一人、又一人少しずつ人が減っていきました。後で知った事ですが、テクニカルを必要とする仕事なわけで実は私のような素人は殆どおらず元々がある一定以上の [続きを読む]
  • 最後まで残るのは約半数。
  • 無事に初日も終わり、新たな世界のスタートがはじまりました。私は喫煙者なので休憩時間や昼休みには喫煙所へ行きます。当然同じ顔ぶれが揃っているわけですが研修開始からわずか3日後…。いつもいた人がいないのです。まだ研修もスタートしたばかりで特段難しい内容ではありません。その後、姿を見かける事がなくなりました。自分が思っていた内容と違ったのが原因なのかも知れませんが今の所、座って話を聞くだけで日給1万円も [続きを読む]
  • ただただ圧倒されるばかり
  • 派遣社員として働く事となりました。初めての事だらけで右も左もわからずにスタートです。勤務初日、指定場所に集合という事でとあるビルでの待ち合わせです。市内中心部の新しくておしゃれな巨大なビルでした。ただただ驚くばかり…。こんな建物で働けるなんてと思う人もるのではないかというほど立派な物でした。同じ時期に研修を開始する人は約30名ほど。20台から40台くらいまでの年齢層が多かったですね。講師の先生は30代前 [続きを読む]
  • 40歳オーバー妻子持ちがはじめての派遣社員に。
  • 心身共に疲弊していましたがウツ状態でも働かなくてはなりません。カツカツで生活している為に無収入になるわけにはいかないからです。とりあえず何でもよいから仕事をしなくてはならないと思い派遣会社に登録をする事にしました。担当者にとにかく何でもよいので早く始める事が出来る仕事を紹介して頂く様話をした所、某大手通信会社の電話でのPC操作の案内があるとの事。時給は1250円との事で勤務時間も休日もきっちりしてい [続きを読む]
  • 親友との決別
  • こうして何とか仕事を続けてきましたが、新規で管理物件がどんどん増え続け現場の負担は増加して行きました。増員されるわけでもなく改善の要求をしても全く反映されず仕事はいつまで経っても終わる気配もなく…。器用にこなせる人ならば上手に立ち回りながらうまく処理できるのでしょうがあいにく私にはそのようなスキルがないためにとにかく休み返上で働くしかありませんでした。丸一ヶ月休みなく勤務を行った所、完全にウツ状態 [続きを読む]
  • 丸く収める仕組みを考えた
  • 退去の立会い業務が始まりました。実際に担当してみると当初は思ったほどもめるような案件はありませんでした。綺麗な建物に住む学生さんや若い人が多いので卒業や就職を機会に引越しする方が大半の為に同じ物件に2年〜4年程度で退去するパターンが多かった事と今の若い人はタバコを吸う人も少ない為に綺麗な部屋が多かったです。勿論、床に傷や汚れがあったり洗面所や風呂が汚れていたりと部屋や物件によって当然入居時のように [続きを読む]
  • 知らないって事は損をする事でしかない。
  • 前回の内容はあまりにも絶望的なものでしたが、当人的にはさほど悲観はしていませんしむしろ貴重な経験をしたと考えています。どん底に陥ればあとは這い上がっていくだけですからね。ただ圧倒的に残念なポイントがひとつあります。それは…。体験する時期を間違えている事。このような経験を学生時代等の若い頃に経験していれば問題ないのでしょうがこの年齢だと死活問題なわけです。例えるなら遊びを全く知らないサラリーマンが中 [続きを読む]
  • 肉といえば何肉を想像しますか?
  • リストラを経験してこの時点で約5年程が経過しました。この5年間なりふり構わず生きてきましたが退職時に多少なりともあったお金は少しずつ目減りをしていきました。理由は簡単。私のような特段スキルやマネジメント経験もない人間には一般社員のような仕事しかないこと。そうなると得られる給料だけでは圧倒的に足りないわけです。がむしゃらに働いてたまの休みにはひたすら眠るだけ。妻は子供が小さい事を理由に働きにでてくれ [続きを読む]
  • 何がトリガーとなったのかは本人しかわからない。
  • 前回の一件以来、友人のやり方に辟易していた社員が立て続けに2人退職しました。30人規模の会社で年間に3人も退職するとは相当異常な事態だと私は危惧しましたが、彼にとってはどこ吹く風。又、新しい社員を補充すればいいやってなものでした。そして新しく入ってくる社員は不動産業界あがりか食品業界あがりでした。当時は気がつきませんでしたが、長時間労働の環境下が常態化している人を採用する事で訴訟等のリスクを回避して [続きを読む]
  • 責任は誰がとる。
  • 無断欠勤して連絡のつかない同僚ですがLINEは既読になっていたのでとりあえず事件性ではなくほっとしました。後日、本人より今回のいきさつについての話がありました。どうやら彼の担当物件の建物で不具合が生じ問題解決の為に奔走したようなのですが、当初のかかるべきはずの費用と実際にかかった費用に落差があり更にいまだ未解決でオーナーや上司に報告できず自分で抱え込んでしまったとの事でした。完全に心が病んでしまった彼 [続きを読む]