春香 さん プロフィール

  •  
春香さん: 奮闘着
ハンドル名春香 さん
ブログタイトル奮闘着
ブログURLhttp://7hoshitentou898.blog.fc2.com/
サイト紹介文ブログ復活しました。なんだかんだで着物4年目。期間限定東京在住中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2014/02/02 22:10

春香 さんのブログ記事

  • 文金高島田のかつら その1 〜結婚式を挙げたので着物の話をしたい〜
  • 式の髪型は文金高島田。かつらをかぶりました。かつらは、メイクリハのときにサイズ合わせ用のかつらをかぶって、ジャストサイズのものが当日できてきました。サイズ合わせ用のは、かぶって抑えるとカチカチいってサイズがフィットするていう。それをもとに本番用のを作るっていう。髪も都度結い直しているそうです。で、この髪型のバランスについて聞いたこと。(あくまでそのスタッフさんの言っていたことなので、考え方は色々あ [続きを読む]
  • 羽二重の足袋  〜結婚式を挙げたので着物の話をしたい〜 
  • いきなり細かい話題から(笑)結婚式では白無垢を着たので、足袋は羽二重にしました。足袋屋の方によると、綿帽子の時は羽二重が正式だそうで、角隠しの時は綿でも可、とのこと。私は角隠しにしたので綿でもよかったのですがせっかくだし。絹だから洗えなくて、使い捨てです。なんて贅沢な〜!って感じですが、2回使えないというのが結婚式らしいというか日本人らしいというか。写真では全然わからない…。気持ち艶があるかな??手 [続きを読む]
  • 結婚式を挙げたので着物の話をしたい 〜序〜
  • 先日、結婚式・披露宴を行いました。場所は京都でした。夫も私も関西が長く、友人知人が関西に多い事や、親戚も京都なら旅行も兼ねられて楽しかろう、ということで。もちろん、私が京都大好きなことも大きいですが…。式場は鴨川沿いにあり、チャペルや披露宴会場からは東山が見えます。建物は有形文化財で、元は明治〜大正の古い旅館だとかで風情ありまくり。これ、エレベーターのドアです。式は人前式でしたが白無垢を着まして、 [続きを読む]
  • 2年くらい前にオクに出品した帯に再会した話
  • 2年近く前になりますが、とあるアンティーク帯をヤフオクに出品しました。これの右側。ひよこがかわいくて買ったのですが、かなり手入れが必要なうえ、自分では着こなせないので手放しました。で、先日。とあるリサイクル着物ショップ(人気)のネットショップにアップされていた!きれいに仕立て変えてもらって。同じものが2つある可能性は低いと思うので、里子に出した子だと勝手に思い込む。ヤフオクって業者さんが仕入れに使 [続きを読む]
  • 春が来るとはこんなふう 一目惚れの帯
  • 一番好きな季節は春です。特に始まったばかりの春。なのですが、実は春の柄の帯を1本も持っていませんでした。菊柄は3本もあるのに…。なんでかなーと考えてみると、多分、自分の中の「春」が明確すぎて、ぴったりくるものが見つからなかったんではないかと。やっとやっと、これだー!という帯が見つかりました。マルニ友禅工房さん。ひとめぼれ。春が来てうれしい気持ちが溢れているかんじ。春爛漫よりこういうひっそりした草花が [続きを読む]
  • 『着物&ゆかたのヘアアレンジ』 取っつきやすい着物ヘア本
  • こちらの本を買いました。着物&ゆかたのヘアアレンジ [ 主婦の友社 ]価格:1598円(税込、送料無料) (2017/3/14時点)親近感のある手頃なヘアアレンジが載っていて、なかなか使えます。結構、着物ヘアの本に載っているのって、「ザ・美麗」ってものが多くて、そういうのは確かに憧れるんですが、やっぱり難易度が高いし、普段の木綿着物にはもっと気楽な感じでいいのにな〜って思っていました。これは、ボリュームや面の艶は控えめ [続きを読む]
  • 伊達締め無しでも意外に大丈夫だった
  • 確定申告が終わりました。自営業ではないのに、ここ数年ずっと確定申告している…。こんなことならカードリーダー代が出るうちにe-taxにしておけばよかったなあ。そんな年度末を感じる休日、江戸小紋でおでかけの機会がありました。私は着付けに伊達締めを2本使っています。長襦袢に1本と、長着の胸紐に1本。先日出掛け先で食べた中華のコースが重たかったのが、食後気分が悪くなりまして(ーー;)その後も予定があり帰宅もできず、止 [続きを読む]
  • 感動のピッタリ具合 むさしや足袋
  • 気になっていた足袋屋さん、むさしやに行ってきました。四谷駅から少し入ったとこにある小さなお店。何台もミシンの並んだ店…というより工房です。既成の足袋だけではなく、誂えもできます。とりあえず、足を測ってもらうと、既成の甲高でぴったりとのこと。試着すると本当にぴったりでした。私は足が22センチと小さい割に足首が太く、これまでは「ゆたか」とか「ふっくら」みたいなサイズのものを履いていました。が、足首に合わ [続きを読む]
  • 見応えアリ!「白洲正子ときもの」
  • 松屋銀座で開催中の展示会に行ってきました。不勉強で白洲正子さんについては、「白洲次郎の奥様で紬が好きだったらしい」くらいの認識しかありませんでしたが、行ってみたらとてもよかったです。ご本人の着物のほか、お母さまから受け継いだものや、貴重な能装束も展示されていました。驚いたのがこのお母さま。組紐を帯締めや羽織紐に使いだした方らしい。もっと昔から使われていたと思いきや、結構最近のことなのですね((+_+)) [続きを読む]
  • お正月なので華やか小紋
  • 神田明神にお参りに行きました。今日が着物初めです。華やか目のこんな小紋はお正月でもないとなかなか着られない(^^;あら、長襦袢が。帯周り。帯揚げを下ろしました。以前買っていたawaiさんの。神田明神は屋台が出て晴れやかな雰囲気。着物の人もチラホラいて、振袖のお嬢さんも。獅子舞をしていました!久しぶりに見た。ちびっこにミカンをあげるサービス精神。三角倒立したりハイパー開脚したりと高い身体能力を見せつける。楽 [続きを読む]
  • 謹賀新年  〜小さい頃はこんな着物を着てました〜
  • あけましておめでとうございます。東京での初お正月。お正月は郷土色が残っているというか、どんなものを飾って何を食べるのか、土地によって違うから、スーパーなんかを見ているだけでとても興味深いものです。しめ縄飾りのデザインも土地土地で違うのですよ〜。実家の八戸市のものは、東京に形は近いですが、鯛とか小判とか付いてキンキンモリモリしてる。とりあえず近くの神社にお参りし、西武の初売りをぷらぷらしてきました。 [続きを読む]
  • 肩裏って難しいわ…
  • こんばんはー。かなり前にコートにすべく買ったものの、単衣にするかどうするか悩んでいたベージュのお召。とうとう道行にすると決心しました。最初なぜか道中着しか頭になくて、道中着の形だと柄が合わない…と苦悩してたんですが、道行なら普通にいいな、と。アハ体験。なぜそんなとこに思考が固まっていたのか。さて、肩裏選び。最初、同系色にしようと購入したものは、当てて見たらイマイチ。奥の巻いてあるのが肩裏。なんとい [続きを読む]
  • 南部古代型染めの帯が増えた〜
  • 3連休、いかがお過ごしでしたか??せっかく東京にいるんだから!!と東京っぽいクリスマスの過ごし方を考えた結果、ディズニーシーに行きました。想像よりだいぶ楽しかったです。さすが夢の国。さて、なんとなく集めてしまう出身地・南部地方のもの。2本目の南部古代型染めの帯をゲットしました。shineiにて。明るい茶色の菊柄です。南部古代型染めの中では具象的なような。手持ちの一本は木綿地でしたが、これは絹の紬地。長く使 [続きを読む]
  • kimitoさんの七宝焼き体験に行きました
  • 最近、色々な着物ショップで見かけるkimitoの帯留め。モダンな七宝焼きが素敵で、私も1つ持っています。梅屋さんのアトリエオープンデーでワークショップが開催されるとのことで、行って来ました!梅屋さんも行ってみたい店の1つだったので一石二鳥ー。二子玉川ってセレブの街らしい、とドキドキしながら出発したはいいのですが、初めての東急。反対方向に乗ったよ:(;゙゚'ω゚'):「あれー、乗換案内ではもう着く時間なのにここど [続きを読む]
  • New!カレンブロッソはダークカラーで
  • 少し前にawaiさんでしていたカレンブロッソフェアーでお願いしていたものが出来上がってきました(*^^*)台は墨色で全体的にダーク。今持っているカレンブロッソは、白っぽいものが1、夏向けのものが1。秋口〜冬に似合うものがなかったのです。なんとなく私の中で、冬は白とか明るい色もありなのですが、秋はこっくりした色がいい!なんやかんや便利なのですよね、カレンブロッソ。草履は上からではなく下から水が入るので、ふいに [続きを読む]
  • 塩瀬の小紋てあるの…?
  • あー、真田丸あと1回で終わってしまう。伊達と上杉が胸熱でした…さて、以前、アンティーク着物フェアで手に入れたこの葉っぱ柄のカラフルな小紋。アンティークといってもサイズたっぷり。私の身長は162cmですがちょうどいい丈ですし、裄も66cmはある。胴裏も全く傷んでいないので、比較的新しいものとは思います。生地のアップ。葉っぱの中にところどころ、ピンク〜グリーンのきらきらで柄が入っています。写ってないと [続きを読む]
  • 葉っぱ柄の小紋で
  • 昨日記事にしたイベントに着ていった着物はこちらです。カラフルな葉っぱ柄の小紋。ところどころにキラキラした柄が入っています。吹き寄せ、松葉、観世水など…。長襦袢の裄が短いのがばれる〜。帯はくるり。芯が柔らかくてお太鼓にすると高さがでなくて手こずります。くるりの帯って、博多帯とかでも柔らかいのよねん。帯回り。くるりの新作帯揚げ使いました。すっきり。ふっかちゃんと並んだときのバランスを考えてこれにしまし [続きを読む]
  • Twitterアカウントについてお知らせ
  • Twitterから更新情報を見てくださっている方にお知らせです。ブログ更新通知用のアカウントを新しく作りました(^-^)プライベート用と一緒にしていたら、だんだん混沌としてきたので、思いきって分けることにしました。新しいアカウントはこちらです。Follow @yayoinosatoha 当面は、まず旧アカウントにツイートし、新アカウントでリツイートしていきます。一定期間後、新アカのみにします。お手数ですが、新アカウントのフォロー、 [続きを読む]
  • ゆるキャラが着れる着物を縫う人はすごい
  • 一時よりは落ち着いた感のあるゆるキャラブーム。とはいえ根強いファンを獲得したゆるキャラたちは、いまも着実に活動をしております。私は幼いころからあまりキャラものとか、ぬいぐるみに興味がありませんでした。にこにこぷん(@NHKおかあさんといっしょ)のじゃじゃまるが最後かなあ。もふもふしたものより、特撮が大好きです。シン・ゴジラは2回行きました。よかった。なのにこの歳になって職場の先輩に洗脳され、なぜかとあ [続きを読む]
  • くるりでも小物を〜
  • またまたお買い物記事です。ちょっと前に出たくるりの帯揚げ買いました〜。画像で見て、ストライプかと思ったら、地模様でした。一色で均一な印象の生地のもそれはそれでかわいいのですが、ちょっと柄っぽい帯揚げを入れると動きがでていいアクセントになりますねぇ。あと、ちりめん地は温かいうちは使うのに気がのらないので、違う生地感のものをそろえ中です。コーデしたので、またアップします♪ [続きを読む]
  • awaiさんで大人色小物
  • こんばんは。先日、夜の新宿で白い長ーーーーーーいリムジンを見て、「すごい!!!めっちゃ東京っぽい!!すごい!」と大興奮しました。叶姉妹とか乗ってそう。内輪差すごそう。さて、awaiさんに小物を見に行ってきました。2色染め分けの帯揚げが便利そうで、ずっとほしかったんです(#^^#)ピンクやグリーン、ブルーといったいつもの色に目が行く私に、お店の方がお勧めしてくれたのがセピア。一瞬、え??って思ったんです。喪? [続きを読む]
  • 探しに探した!理想のへちま帯板
  • こんにちは。とうとう炬燵にミカンを装備して、自堕落一直線です。やっぱ床暖オンリーより炬燵がいい〜。さて、こんな寒い時期でも、帯板はへちまを愛用しています。動くとなんだかんだ汗をかいたりして、蒸れると気持ち悪いから年中これ。ずっと使っていた初代がへたってきたので、新しいものを探しました。初代の不満も踏まえて…・色は白。夏に白の紗帯なんか結んでも透けないように。・裏も表も生地は天然素材。ここが化繊じゃ [続きを読む]
  • 木綿きものでいちょう並木
  • これからぐっと冷え込むみたいですね(´Д` )今の住まいは断熱イマイチなので、今から怖い!明治神宮外苑のいちょう並木を見に言って来ました。明治神宮と外苑は全然違うところにあるんですね…!!伊勢神宮の内宮と外宮みたいな感じなのかな。びっくりした〜。円錐型の背の高いいちょう達。地面にたっぷりの落ち葉。しかもギンナンくさくない!選別されてるのかな、感動した…ちょっとしたピクニックも兼ねていたので木綿に半幅帯 [続きを読む]
  • お茶のお稽古 11月①
  • 実はこの夏から期間限定で東京に住んでいます。今年の初めに元いたお茶のお稽古場を辞め、新しいところを探して再開するつもりでいたら引っ越すことに。こちらで新しい先生を探しても長く通えないことは分かっているので、習うのも失礼かなと思い、お休みするつもりでいました。だけどやっぱりお茶がした〜い!!色々検討した結果、チケット制で先生の固定していないところで習うことにしました。毎週毎月行くのも難しい状況もあり [続きを読む]
  • ちぐさの草履・キャメルクラッチにアンティークリボンの鼻緒
  • 少し前に、船場センタービルにある草履屋ちぐささんへ行ってきました。お目当てはずっと気になっていたキャメルクラッチ!以前試着をして、足裏にフィットする履き心地にうっとり。なかなか行けないでいたのですが、満を辞して。鼻緒は以前別の所で購入していたアンティークリボンのものにしました。お店のおっちゃんと相談しながらできあがったのがこちら。ちょっと台の色、冒険です。無難にブラウンやグレーも考えたのですが、S [続きを読む]