春香 さん プロフィール

  •  
春香さん: 奮闘着
ハンドル名春香 さん
ブログタイトル奮闘着
ブログURLhttp://7hoshitentou898.blog.fc2.com/
サイト紹介文ブログ復活しました。なんだかんだで着物4年目。期間限定東京在住中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/02/02 22:10

春香 さんのブログ記事

  • 大英自然史博物館展
  • また上野へ行きました。絹木綿に八寸帯。雲は電気のスイッチ隠しw帯回り。好きな感じのコーデにできました。国立科学博物館で開催中の大英自然史博物館展。目玉は始祖鳥の化石!科学博物館大好きです。国立博物館より好きかも。ずっといれる。貴重な動植物・鉱物の標本の展示とともに、収集の歴史が解説されています。写真撮影可でした。フラッシュはもちろん禁止。押し花とはいえれっきとした標本。花瓶が描いてあるのが心憎い? [続きを読む]
  • 汗の季節に。洗える絹襦袢
  • ※メーカーのあさみさんでは、JIS規格のウォッシャブルではないということで、「洗える」として販売はしていないそうです。が、洗って使っている人が多い、ということでこのタイトルにしました。桜が散って、暖かいを通り越して汗ばむ陽気になりました。そろそろこれの出番です〜あさみの菱上布。単衣〜夏に使える絹の長じゅばん。洗っても縮みが少ないので、おうちで洗っているユーザーが多いと噂のこちら。また、とても丈夫で、 [続きを読む]
  • 最後の振袖
  • 遡ること半年ほど。結納の場で振袖を着ました。以前初釜で着たときとは小物を変えました。どうするか迷ったんですが。いくつかのお店で相談して、一回きりのことであまりお金もかけたくなかったことから、このような組み合わせに。(帯締め&帯揚げだけで8万とかの振袖にしか合わせられない組み合わせを勧められたりもしたんですよー。)留袖用の帯締め、帯揚げです。これなら既婚になっても使える。これが前回着た時。帯締めは今 [続きを読む]
  • 新日本髪体験
  • 新日本髪はまず、髪全体をホットカーラーで巻くところから始まりました。よく見る光景。当然後ろで何が行われていたかは私には見えなかったので、おそらくこんな手順でやってるんだなー程度の内容ですが、新日本髪とまではいかないまでも、いわゆる和髪…トップ、サイドにボリュームがあって、毛先がしまい込まれている髪型…の参考になるところもありそうなので載せますね(^^ゞ前髪をブロッキング。耳〜ハチまわりをブロッキング [続きを読む]
  • 色打掛は新日本髪で
  • 式後、東京で後撮りをしました。式・披露宴では白い物しか着なかったから色打掛も着たい!…70%せっかく東京にいるんだし、東京の思い出を!         …30%ってところでしょうか。桜を狙ったんですが、今年は遅かったから外れました(^-^;)よりベタな東京感を求めて、浅草ロケで写真撮影!さすが観光地で、一生分見知らぬ人のカメラにおさまりました…。お祝いの言葉も、海外からの旅行客から生鮮を運送中の運転手 [続きを読む]
  • 根津散策から茶の湯展
  • プルシェンコに続き真央ちゃんも引退。時代を進め、時代は変わった感じがします。今日は久しぶりに着物を着てお出かけ。根津から上野を歩きました。東京は有名な(?)街同士が歩ける距離なことが多くてびっくり。原宿〜表参道〜青山とか。永田町〜赤坂とか。政治家の密談が赤坂の料亭な訳がやっと分かった…。コーデです。春の草花の帯。遅かった感ありありですがいいのだ。後ろ。お太鼓大きかったな。曲がってるし。着ないとどん [続きを読む]
  • emi takazawa の刺繍花
  • 披露宴にて。ぜーーーったい着けたかった髪飾り。高澤恵美さんという方が作っている刺繍花です。美し〜〜。全て絹の糸の刺繍でできています。横振り刺繍というものだそう。雑誌で見て一目ぼれ。当時彼氏すらいなかったのに、結婚するときは絶対着けようと決心したのであった…。披露宴は髪型を洋髪にチェンジして、これを。披露宴はアットホームにしたかったので、みんなが見慣れている洋髪にしました。日本髪は、白無垢とのバラン [続きを読む]
  • 七緒の和トセトラ、行ってきました
  • 昨日は、銀座松屋で開催中の、七緒の和トセトラに行ってきました。雑誌のイベントなんて東京感満載です。おのぼりさん、ウッキウキです。---------------(会場到着)-------------------あっ、思ってたのと違って普通のデパートの催事だぁ(´・_・`)普通に松屋の呉服セールみたいのの隣でやっていて、スペースの大部分が販売スペースなのですね。イトノサキやはちすといった、気になっていたけど、なかなか行く機会のないお店が覗け [続きを読む]
  • 白無垢着姿 
  • 着付けも鬘付けも終わって出来上がり。白無垢はおそらくいちばんベタであろう鶴の柄。白無垢ってただ白いだけかと思いきや、意外と種類豊富でした。柄は御所車とか束ね熨斗とか、松とか。相楽刺繍のものや銀糸、虹色の糸が入ったもの(!)。相楽刺繍はぽこぽこしているのでかわいかったですね。何着か試着したのですが、柄の混んでいないもののほうが、絹のツヤが引き立ち綺麗でした。あとは私の背格好なのか、細かい柄よりは大振 [続きを読む]
  • お花見とAUN J  CLASSIC ORCHESTRA
  • 今日は暖かかったですね。桜も進みそう。結婚式記事の途中ですが、日曜日にお花見に行ってきました(^-^)/着物は着れなかったのですが。まずは上野公園。東京のお花見といえば上野公園のイメージ〜。宴会の人がたくさんでした。桜はまだ五分咲きくらい?隙間があります。野外ステージではAUN J  CLASSIC ORCHESTRAのコンサートが。※「写真撮ってSNSに載せてくださーい!」と言われたので載せております('◇')ゞこちらは、和太鼓 [続きを読む]
  • 角隠しor綿帽子?
  • 白無垢を着るとなると悩むのが角隠しにするか?綿帽子にするか?綿帽子は白無垢でしか付けられませんが、やっぱり見映えとかあるし。試着は両方してみました。綿帽子〜綿帽子のほうが優しい雰囲気になりますよね^ ^ギリギリまで悩んだんですが、角隠しに決めた理由は鬘がより見えるから(笑)綿帽子は今、洋髪用のもあって、鬘じゃなくても付けられるんです。(シルエットがちょっと違うのだけど)結婚式のプチテーマに「日本の良 [続きを読む]
  • 文金高島田のかつら その2 
  • さて、かつらですが。後ろから見るとこんな感じ。襟足的なものは無いんだなと。自前の襟足はかつらをかぶると伝えたら、ブライダルシェービングでがっつり剃られました。角隠しの後ろはこんなに浮いているんですね。そして前から。おでこ。おでこの広さは、指2本分がバランス良いそうです。これより広いと間抜けになるんだって(^-^;私の自デコ、指4本分あるんですけど…。 [続きを読む]
  • 文金高島田のかつら その1 
  • 式の髪型は文金高島田。かつらをかぶりました。かつらは、メイクリハのときにサイズ合わせ用のかつらをかぶって、ジャストサイズのものが当日できてきました。サイズ合わせ用のは、かぶって抑えるとカチカチいってサイズがフィットするていう。それをもとに本番用のを作るっていう。髪も都度結い直しているそうです。で、この髪型のバランスについて聞いたこと。(あくまでそのスタッフさんの言っていたことなので、考え方は色々あ [続きを読む]
  • 羽二重の足袋 
  • いきなり細かい話題から(笑)結婚式では白無垢を着たので、足袋は羽二重にしました。足袋屋の方によると、綿帽子の時は羽二重が正式だそうで、角隠しの時は綿でも可、とのこと。私は角隠しにしたので綿でもよかったのですがせっかくだし。絹だから洗えなくて、使い捨てです。なんて贅沢な〜!って感じですが、2回使えないというのが結婚式らしいというか日本人らしいというか。写真では全然わからない…。気持ち艶があるかな??手 [続きを読む]
  • 結婚式を挙げたので着物の話をしたい 〜序〜
  • 先日、結婚式・披露宴を行いました。場所は京都でした。夫も私も関西が長く、友人知人が関西に多い事や、親戚も京都なら旅行も兼ねられて楽しかろう、ということで。もちろん、私が京都大好きなことも大きいですが…。式場は鴨川沿いにあり、チャペルや披露宴会場からは東山が見えます。建物は有形文化財で、元は明治〜大正の古い旅館だとかで風情ありまくり。これ、エレベーターのドアです。式は人前式でしたが白無垢を着まして、 [続きを読む]
  • 2年くらい前にオクに出品した帯に再会した話
  • 2年近く前になりますが、とあるアンティーク帯をヤフオクに出品しました。これの右側。ひよこがかわいくて買ったのですが、かなり手入れが必要なうえ、自分では着こなせないので手放しました。で、先日。とあるリサイクル着物ショップ(人気)のネットショップにアップされていた!きれいに仕立て変えてもらって。同じものが2つある可能性は低いと思うので、里子に出した子だと勝手に思い込む。ヤフオクって業者さんが仕入れに使 [続きを読む]
  • 春が来るとはこんなふう 一目惚れの帯
  • 一番好きな季節は春です。特に始まったばかりの春。なのですが、実は春の柄の帯を1本も持っていませんでした。菊柄は3本もあるのに…。なんでかなーと考えてみると、多分、自分の中の「春」が明確すぎて、ぴったりくるものが見つからなかったんではないかと。やっとやっと、これだー!という帯が見つかりました。マルニ友禅工房さん。ひとめぼれ。春が来てうれしい気持ちが溢れているかんじ。春爛漫よりこういうひっそりした草花が [続きを読む]
  • 『着物&ゆかたのヘアアレンジ』 取っつきやすい着物ヘア本
  • こちらの本を買いました。着物&ゆかたのヘアアレンジ [ 主婦の友社 ]価格:1598円(税込、送料無料) (2017/3/14時点)親近感のある手頃なヘアアレンジが載っていて、なかなか使えます。結構、着物ヘアの本に載っているのって、「ザ・美麗」ってものが多くて、そういうのは確かに憧れるんですが、やっぱり難易度が高いし、普段の木綿着物にはもっと気楽な感じでいいのにな〜って思っていました。これは、ボリュームや面の艶は控えめ [続きを読む]
  • 伊達締め無しでも意外に大丈夫だった
  • 確定申告が終わりました。自営業ではないのに、ここ数年ずっと確定申告している…。こんなことならカードリーダー代が出るうちにe-taxにしておけばよかったなあ。そんな年度末を感じる休日、江戸小紋でおでかけの機会がありました。私は着付けに伊達締めを2本使っています。長襦袢に1本と、長着の胸紐に1本。先日出掛け先で食べた中華のコースが重たかったのが、食後気分が悪くなりまして(ーー;)その後も予定があり帰宅もできず、止 [続きを読む]
  • 感動のピッタリ具合 むさしや足袋
  • 気になっていた足袋屋さん、むさしやに行ってきました。四谷駅から少し入ったとこにある小さなお店。何台もミシンの並んだ店…というより工房です。既成の足袋だけではなく、誂えもできます。とりあえず、足を測ってもらうと、既成の甲高でぴったりとのこと。試着すると本当にぴったりでした。私は足が22センチと小さい割に足首が太く、これまでは「ゆたか」とか「ふっくら」みたいなサイズのものを履いていました。が、足首に合わ [続きを読む]
  • 見応えアリ!「白洲正子ときもの」
  • 松屋銀座で開催中の展示会に行ってきました。不勉強で白洲正子さんについては、「白洲次郎の奥様で紬が好きだったらしい」くらいの認識しかありませんでしたが、行ってみたらとてもよかったです。ご本人の着物のほか、お母さまから受け継いだものや、貴重な能装束も展示されていました。驚いたのがこのお母さま。組紐を帯締めや羽織紐に使いだした方らしい。もっと昔から使われていたと思いきや、結構最近のことなのですね((+_+)) [続きを読む]
  • お正月なので華やか小紋
  • 神田明神にお参りに行きました。今日が着物初めです。華やか目のこんな小紋はお正月でもないとなかなか着られない(^^;あら、長襦袢が。帯周り。帯揚げを下ろしました。以前買っていたawaiさんの。神田明神は屋台が出て晴れやかな雰囲気。着物の人もチラホラいて、振袖のお嬢さんも。獅子舞をしていました!久しぶりに見た。ちびっこにミカンをあげるサービス精神。三角倒立したりハイパー開脚したりと高い身体能力を見せつける。楽 [続きを読む]
  • 謹賀新年  〜小さい頃はこんな着物を着てました〜
  • あけましておめでとうございます。東京での初お正月。お正月は郷土色が残っているというか、どんなものを飾って何を食べるのか、土地によって違うから、スーパーなんかを見ているだけでとても興味深いものです。しめ縄飾りのデザインも土地土地で違うのですよ〜。実家の八戸市のものは、東京に形は近いですが、鯛とか小判とか付いてキンキンモリモリしてる。とりあえず近くの神社にお参りし、西武の初売りをぷらぷらしてきました。 [続きを読む]
  • 肩裏って難しいわ…
  • こんばんはー。かなり前にコートにすべく買ったものの、単衣にするかどうするか悩んでいたベージュのお召。とうとう道行にすると決心しました。最初なぜか道中着しか頭になくて、道中着の形だと柄が合わない…と苦悩してたんですが、道行なら普通にいいな、と。アハ体験。なぜそんなとこに思考が固まっていたのか。さて、肩裏選び。最初、同系色にしようと購入したものは、当てて見たらイマイチ。奥の巻いてあるのが肩裏。なんとい [続きを読む]
  • 南部古代型染めの帯が増えた〜
  • 3連休、いかがお過ごしでしたか??せっかく東京にいるんだから!!と東京っぽいクリスマスの過ごし方を考えた結果、ディズニーシーに行きました。想像よりだいぶ楽しかったです。さすが夢の国。さて、なんとなく集めてしまう出身地・南部地方のもの。2本目の南部古代型染めの帯をゲットしました。shineiにて。明るい茶色の菊柄です。南部古代型染めの中では具象的なような。手持ちの一本は木綿地でしたが、これは絹の紬地。長く使 [続きを読む]