フォトセラピスト さん プロフィール

  •  
フォトセラピストさん: 写真とイラストが奏でる心の詩(うた)
ハンドル名フォトセラピスト さん
ブログタイトル写真とイラストが奏でる心の詩(うた)
ブログURLhttp://photosays.seesaa.net/
サイト紹介文写真、イラスト、絵画等を介して、勇気や希望や夢や癒しになるような心の詩(うた)を贈ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 305日(平均0.1回/週) - 参加 2014/02/03 14:33

フォトセラピスト さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 旅蝶
  • 朝な夕なヒヨドリバナに寄り添ってアサギマダラのひと夏が行く夕影に蜩(ヒグラシ)の歌カナカナと夏の終わりの惜別唄う一陣の涼風背にして旅に出る遠い異国に夢を紡いで【独り言】アサギマダラは、集団で長旅をする蝶として知られています。真夏の蓼科御泉水自然園では旅立ちに備え大好きなヒヨドリバナに寄り添って、羽根を休めるアサギマダラの群れに出会うことができます。アサギマダラの旅はまさに命がけです。遠くは海を超え2,200 [続きを読む]
  • 天狗シデ
  • 深山(ミヤマ)にて 奇樹のイヌシデ 見上げると個性が一位と 諭される僕偏屈と言われてもいいじゃないこの世でたった一つの個性だから頑固者でもよいのです誰にも負けない個性だから変わり者と呼ばれても気にしない誰もたどり着けない個性だから(参考情報)2000年9月に国の天然記念物に指定された「大朝の天狗シデ群落」を散策し写真撮影してきました。北広島町の熊城山の裾野(標高650m)に約100本の天狗シデが群生しています。幹も [続きを読む]
  • 春の兆し
  • 春立ちて 河津桜は 匂い立ちメジロ枝々 蜜から蜜へ朔風(サクフウ)に春を感じることがあるほのかな香りを漂わせ花吹雪を身にまとい今年もまた春の兆しがやってきた【豆知識】万葉集や古今和歌集に、立春の頃の花(梅)とウグイスの短歌がありますが、実は、このウグイスはメジロのことであるとう説があります。この説には次の2つの根拠があるそうです。①梅の開花は1月下旬〜2月中旬で、立春は2月4日。ウグイスが鳴き始めるのは [続きを読む]
  • 水仙の歌
  • 霜風も 颪(おろし)も耐えた 雪中花科戸(しなと)の風に 東風を待つ (独り言)淡路島の灘黒岩水仙郷は、水仙の日本三大群生地の一つです。標高608メートルの諭鶴羽山(ユズルハサン)から海に続く急斜面の一帯に、約7ヘクタールにわたって約500万本もの野生の日本水仙が群生しており、盛期には白い絨毯が敷かれたようになるそうです。日当たりのよい斜面には、沖合を見つめ競うように咲き始めた日本水仙の姿がありました。身が引 [続きを読む]
  • 理想郷
  • 君と来て 栗林(リツリン)の池 水鏡棹さし船で ゆるゆると行く  この水面のように 穏やかに 棹さし船のように ゆるゆると春陽のように 麗らかに松林のように 凛として君とともに 歩いていこう何時までも 何処までも   (独り言)冬の栗林公園は、人が少なく静寂に包まれ、その風情を心置きなく味わうことができます。この日は、春のような穏やかな日で風もなく、南湖も北湖もまるで鏡のようでした。その昔行基がこの地を [続きを読む]
  • イヴの Stille Nacht (きよしこの夜)
  • イヴの夜 光の粒は 束となり聖歌とともに 胸に染み入るクリスマスキャロルが聞こえるかい?今年も精華の光の中で君の心の中にも僕の心とともにクリスマスキャロルを奏でよう今年も君とこの場所で無限の光の粒の中で君と僕の心の中でにほんブログ村(独り言)毎年、クリスマスシーズンに「きよしこの夜」を耳にするたび、オーストリアの小さなチャペルを思い出します。2000年にドイツ ブルクハウゼンに出張するまで「きよしこの [続きを読む]
  • 過去の記事 …